Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集 海外写真集|ヨーロッパ・フランス ルーヴル美術館:ルーヴル美術館は、パリにあるフランスの国立博物館 凄いの一言!ヨーロッパ旅行の日程中、1日をかけて見学しましたが、相当な早足で歩き回ってもさすが全ては見切れません。教科書の美術品勢ぞろい。

ホーム>海外写真集>ヨーロッパ>フランス共和国>パリ・ルーヴル美術館(Louvre )

フランス共和国 パリ(Paris、巴里)・ルーヴル美術館(Louvre)と作品 世界遺産

 フランス・パリ(Paris、巴里)のルーヴル美術館は、パリにあるフランスの国立博物館、世界遺産のルーヴル宮殿。  建物は、1190年にフィリップ2世(フィリップ・オーギュスト)が パリ防衛のための城砦を築いたのに始まります。 ルネサンス様式の宮殿に改築された16世紀のフランソワ1世の時代から ナポレオン3世の時代まで実に3世紀以上を費やして完成した壮大な建物で、 16世紀以降、近代までのフランス建築ならびに装飾の粋を集めるものである。 フランソワ1世以後の歴代王室の収集品を基として、 フランス革命後の1793年8月10日にフランス共和国により公開された。入口はガラスで出来たピラミッド型のもので、ガラスのピラミッド下のナポレオン広場には、各言語版の館内案内図が常備されたインフォメーション・カウンターや入場券売場があり、ここからシュリー、ドゥノン、リシュリューの各翼や、レストラン、カフェテリア、ミュージアム・ショップへと向かうことができる。 ヨーロッパ旅行の日程中、1日をかけて見学しましたが、相当な早足で歩き回ってもさすが全ては見切れません。「芸術の都」という異名が言い表すように、フランスのパリ(Paris、巴里)は絵画から彫刻、流行、音楽に至るまで、さまざまな芸術の世界的な中心地として名を馳せている。 ルーヴル美術館は、メトロポリタン美術館(アメリカ合衆国ニューヨーク)などと並んで世界最大級の美術館の1つであるとともに、アシュモリアン美術館(1683年)や、ドレスデン美術館(1744年)、バチカン美術館(1784年)と並んで、ヨーロッパで最も古い美術館の1つに数えられる。世界遺産パリのセーヌ河岸に包括登録されている。
 


 海外旅行写真|ヨーロッパ(Europa travel picture)

■ [ オーストリア(Austoria (2005年(Wien)|2006年(Zaltburug))|チェコ(Cezh)|フランス(France (パリ(Paris)
  |ルーヴル美術館(Louvre))|オランダ(Holland、(スキポール空港アムステルダム))|ハンガリー(Hungary)
  |ドイツ(Germany (ベルリン、ポツダム(Berlin、Potsdam))|ロマンチック街道)|スイス(Switzerland)
  |イタリア(Italiana)|バチカン市国(Governor of Vatican City) ]
 

拡大○)は、画像クリックで拡大画像をご覧いただけます。   ご注意)写真は当方が撮影したもので著作権があります。

 フランス旅行

(フランス内索引) ルーヴル美術館 セーヌ川 凱旋門・シャンゼリゼ その他(市内風景)

宿泊ホテルはパリ郊外のホテルで、地下鉄(メトロ、アクセスはメトロ1,7号線パレ・ロワイヤル-ミュゼ・デュ・ルーヴル駅 (Palais Royal-Musee du Louvre) 下車)で訪問、地下鉄の車中は東京並みに賑わっていました。
ルーヴル美術館は、パリの中心部、セーヌ川の右岸に位置し、ルーヴル宮殿の大部分を占めている。その起源は12世紀末に建造の始まったパリの街を守護するための要塞であり、時代の変遷とともにフランス王家の宮殿、そして美術館へと変貌を遂げてきました。
展示館は、東端のクール・カレ(方形中庭、Cour Carree)を囲むシュリー翼 (Aile Sully)、その南西からセーヌ川沿いに西へと伸びるドゥノン翼 (Aile Denon)、シュリー翼の北西からリヴォリ通りに沿って西へと伸びるリシュリュー翼 (Aile Richelieu) に分けられる。 展示の対象は19世紀前半までを対象としています。 印象派などは少しを除き展示していません。 オルセー美術館他が展示。

パリ(ルーヴル美術館)

ルーヴル美術館

絵画の切手は こちら でも。

フランス・ルーヴル美術館の入り口はイオ・ミン・ペイナポレオン広場のガラス製のピラミッドから入ります。 写真撮影は日本と違い自由です。 沢山の絵描きさんの卵たちが喪主に励んでいました。昔教科書で見たモナリザやミロのヴィーナスは流石に圧倒的な力で見るものに迫ってきます。下段はルーヴルの3-4階から見た対面のルーヴルで中を道路が通っています。
ルーヴル美術館 (ルーヴルとパリの美術)

ルーヴル美術館 ピラミッドの入口

ルーヴル美術館の全景

ルーヴル美術館 フランス パリ

■ルーヴル美術館の収蔵品は、古代エジプト美術、ヘレニズム彫刻やギリシア盛期のローマン・コピーを含む古代ローマ彫刻、古代オリエント美術、中世・ルネサンス・バロック・ロココなど各時代のヨーロッパ諸国の絵画などの充実した収蔵品で知られる。なお、近代(19世紀後半-20世紀前半)の作品(印象派以降?)は国立オルセー美術館、現代の作品はポンピドゥー・センターに収蔵されている。 また、世界三大秘宝は、ツタンカーメン黄金のマスク、ミロのヴィーナス、モナ・リザ と言われています。 フランス革命で散逸したため、宝飾品についてはほとんど残っていない。 世界三大美術館は、メトロポリタン美術館、ルーヴル美術館、エルミタージュ美術館です。ルーブル美術館は、日本の美術館と大きく違う点として、写真撮影ができたりイーゼルを立てて模写する事もできるので世界中から画家や美術家、イラストレーター等アーティストを目指す人たちが独学の為に集る。パリの小・中学生が美術の授業の一環として館内で模写していることもある。 同じ様にメトロポリタン美術館も写真撮影が可能。  

人類の至宝(モナ・リザ、ミロのヴィーナス(メーロスのアフロディーテ)、サモトラケのニケ)(拡大○)  とルーヴル美術館  

ダヴィンチ モナリザ 絵画   ルーヴル ミロ ヴィーナス   ルーヴル サモタラケ ニケ 彫像 リーブル美術館の切手

モナリザ:イタリアの天才画家 レオナルド・ダ・ヴィンチ(1503 - 1506)が描いた世界で一番有名な油絵。 油彩、ポプラ材、77cm×53cm。 意外と小さな作品でしたが、人は相当多かったです。 ルーヴル美術館では撮影は出来てもそばには警備員が数名。
「サモトラケのニケ」(フランス語: Victoire de Samothrace, 英語: 英語: Winged Victory)は、ギリシャ共和国のサモトラケ島(現在のサモトラキ島)で発掘され、現在はルーヴル美術館に所蔵されている勝利の女神ニケの彫像である。現存するギリシャ文明・ヘレニズム時代の彫像の中で、女神ニケを題材にしたものとして貴重な彫像でもある。その題材のみならず、優美でダイナミックな姿や翼を広げた女性という特徴的なモチーフなどが印象的で、各地にレプリカが作られ親しまれている。大理石製で高さは328cm。

ミロのヴィーナス:ギリシア神話におけるアフロディテの像とされ,高さは203cm。材質は大理石。B.C.130年頃に、Alexandros of Antioch によって作成されたと考えられている。
■サモトラケのニケ:ギリシャ共和国のサモトラケ島(現在のサモトラキ島)で発掘され、勝利の女神ニケの彫像である。大理石製で高さは328cm。紀元前2世紀頃の作であり、紀元前190年、シリアのアンティオコス3世との海戦に勝利したロードス島の人々がそれを祝ったものとする説がある。また、逆風を受けて船の舳先に立っていたとされる。踊り場に位置し、見るからに威圧感を感じました。ニケはスポーツ用品メーカ”NIKE”の原点です。

ルーヴル オダリスク 絵画 アングル

アングル・『横たわるオダリスク』 拡大○

■アングルは絵画における最大の構成要素はデッサンであると考えた。その結果、色彩や明暗、構図よりも形態が重視され、安定した画面を構成した。その作風は、イタリア・ルネサンスの古典を範と仰ぎ、写実を基礎としながらも、独自の美意識をもって画面を構成している。『横たわるオダリスク』に登場する、観者に背中を向けた裸婦は、冷静に観察すると胴が異常に長く、通常の人体の比例とは全く異なっている。同時代の批評家からは「この女は脊椎骨の数が普通の人間より3本多い」などと揶揄されたこの作品は、アングルが自然を忠実に模写することよりも、自分の美意識に沿って画面を構成することを重視していたことを示している。こうした「復古的でアカデミックでありながら新しい」作画態度は、近代の画家にも影響を与えた。印象派のドガやルノワールをはじめ、アカデミスムとはもっとも無縁と思われるセザンヌ、マティス、ピカソらの画家にもその影響は及んでいる。(ウィキペデアより抜粋)

ボッティチェッリ・『婦人に贈り物をするヴィーナスと三美神』
(レンミ荘壁画)1483年頃  (拡大○

ドラクロア・『民衆を導く自由の女神』 (拡大○


■ドラクロア・『民衆を導く自由の女神』 :第二王政復古の政府による憲法違反に反対した自由主義的な共和主義者が、1830年7月27日、28日、29日、すなわち「栄光の3日間」と呼ばれる期間にパリで引き起こした人民の蜂起は、フランス・ブルボン朝の最後の王シャルル10世を失脚させ、その代わりにオルレアン公ルイ・フィリップを王位に即けた。この歴史的な出来事の証人であるドラクロワは、そこに現代的な主題を見出し、それを体系的に、しかしギリシア独立戦争を描いた時と同様のロマン主義的情熱をもって、絵画化している。

ラファエロ・《聖母子と幼き洗礼者聖ヨハネ/美しき女庭師》

《聖母子と幼き洗礼者聖ヨハネ/美しき女庭師》 ラファエロ ルーヴル

ルーヴル美術館 フランス ブーシェの間
18世紀半ば、ポンパドゥール侯爵夫人お気に入りの画家フランソワ・ブーシェは、華々しい活躍をして一時代を画した。ブーシェの経歴は公には成功していたが、ディドロと百科全書派からは批判を受けている。安易な技術にたより、軽薄な主題を描いている、と非難されたのである。

プーシェの絵葉書と切手(ロココ、狩から戻ったディアナ)

プーシェ・『水浴のディアナ』 (拡大○

■プーシェ・『水浴のディアナ』:1742年に制作され、サロンに発表されたこの裸婦像は、1852年にルーヴル美術館に収蔵された。19世紀初頭以降ルーヴルに収蔵されたブーシェの最初の作品で、これにより、革命家からあまりに軽薄な絵画とみなされて姿を消していた、ブーシェの作品の長きに渡る不遇に終止符が打たれたのである。 おそらく1742年のサロンに展示されたと思われる《ディアナの水浴》は、美術愛好家の蒐集室向けに制作された小型の絵画連作の一つである。

大きな古代ギリシャ時代の甕・容器(紀元前)

聖母子像(カメオ?)

ルーヴル美術館 ギリシャ時代 ルーヴル美術館 聖母子像

ルーヴル美術館の中での絵画の配置 絵画のコレクションはフランソワ1世の時代、フォンテーヌブロー宮殿に絵画室を設けたことに始まり、ルイ14世の時代に飛躍的に増大した。リシュリュー翼3階の全室、シュリー翼3階のほぼ全室、ドゥノン翼2階の大部分が絵画の展示にあてられている。
フランス絵画はリシュリュー翼3階の1室から18室、これに続くシュリー翼3階の19室から73室に時代・流派順に展示されるほか、ドゥノン翼の75室から77室にもある。
13世紀のチマブーエからルネサンス期を経て18世紀までのイタリア絵画は、ドゥノン翼2階に展示されている。展示は『サモトラケのニケ』像の脇の第1室にあるボッティチェッリのフレスコ画から始まり、セーヌ川沿いに延びるグランド・ギャルリを経て、25室に至る。
初期ネーデルラント、オランダ、フランドル、ドイツなどのいわゆる北方絵画はリシュリュー翼3階にある。
スペイン絵画はドゥノン翼2階、グランド・ギャルリーを抜けた先の26室を主として、その脇の27から31室の小部屋があてられている。

■ルーヴル美術館(フランス王室のコレクションを基に1793年に開館、フランス・パリ(Paris、巴里))を最初に訪れると、皆さんは「ミロのヴィーナス」、「サモトラケのニケ」、「モナ・リザ」という、ルーヴルの三大貴婦人に出会うことに出来ます。ルーヴル美術館の作品は印象派を除いた作品(印象派以前=18世紀以前の絵画や工芸品・遺物)が多く、理由は近くに印象派中心のオルセー美術館があるのが理由と思います。まさしく生きてる美術工芸の教科書ですね。ハムラビ法典もあったようですが残念ながら見る事が出来ませんでした。目的を絞って見たとしても、全体を見るには1週間は必要かと思います。 

ルーヴル美術館公式サイトの日本語版
 

古代ギリシャ時代の
甕・容器(紀元前(拡大○))

『ナポレオン1世の戴冠式』 
部分 (ダヴィッド)

『レカミエ婦人』
(ダヴィッド)

『道化師(ピエロ(旧称ジル))』
部分(ヴァトー)

『リュートを持つ女』
(ジャン=アントワーヌ・ヴァトー)

『レカミエ婦人』(ルーブル、本物) ダヴィッド 新古典主義 ロココ 『道化師』(モナコ、1972年) ヴァツー ロココ アントワーヌ・ヴァトー ロココ 画家 『リュートを持つ女』(フランス) ワトー

■『レカミエ婦人』(ダヴィッド):パリのとある銀行家夫人であるジュリエット・レカミエは、当時最も知られた婦人の一人であった。ポンペイ様式の家具に囲まれて「古代風」の衣裳に身を包んだ夫人を、飾り気のない背景の中に描いたこの肖像画は、1800年において前衛的な作品であった。寝台の上に優雅に横たわったレカミエ夫人が、観者の方を振り向いている。腕と足が露になった古代風の白いドレスを身に纏っており、ソファー以外には足台と古代から想を得た大燭台しかない、がらんとした室内に描かれている。

ミロのヴィーナス
(マダガスカル、1994年)

■『リュートを持つ女』:ヴァトー好みの主題を、洗練された筆致とマティエールを用いて描き出した優美な作例である。ここでは、若い女性があたかも空想上の人物のように非個性的に描かれており、音楽の擬人像と考えられる。

ルーヴル美術館の中での絵画以外の配置 古代オリエント部門の展示場は、リシュリュー翼1階西側の1から9室、それに続くシュリー翼1階北側の10から21室、及び、10室の南に続くAからD室である。 
古代ギリシア、古代ローマの文化はルネサンス期以降の西洋において常に古典して尊重されてきた。展示室は主に1階と2階であり、シュリー翼の南西部及びドゥノン翼の東端という、ルーヴルの中でももっとも早く宮殿化された部分に位置している。

ミロのヴィーナス(マダガスカル、1994年)

フランス・パリ・ルーヴル美術館への地図

ルーヴル美術館

ルーヴル美術館

ルーヴル美術館の中庭と噴水(拡大○

ルーヴル美術館 ルーヴル美術館

ルーヴル美術館の天井画

タニスの大スフィンクス 
アメン・ラー神殿旧所在

スフィンクス エジプト ルーヴル美術館

■タニスの大スフィンクス(古王国時代、紀元前2600年頃) この薔薇色花崗岩(エジプト・アスワン産)のスフィンクスが、古代エジプト美術部門の入り口にあります。古代エジプト美術部門の最後にあたるローマ時代とコプトのエジプトは、ドゥノン翼で展示されています。 シャンポリオンは、1822年にヒエログリフ(象形文字)を解読しました。次いでシャンポリオンは、1826年にルーヴル美術館に古代エジプト美術部門を設立するにあたって、シャルル十世にこの彫像の精華を含む個人コレクションを取得してもらいました。 ここでスフィンクスには、猛獣であり太陽の象徴でもあるライオンのイメージと、頭巾(ネメス)、頭を持ち上げたコブラ(ウラェウス)、つけひげとカルトゥーシュ(楕円形王名枠)に記された名のおかげで王と分かるイメージとが混在しています。 

ルーヴルの展示物 豚と魚
テラコッタ

ルーヴルの名画

ルーヴルの有名絵画
『サビニの女たち (Sabines) 』
・ダヴィッド

ルーヴル・『牡牛柱頭装飾』
イラン・王宮の謁見の間
B.C.500年頃

ルーヴルの有名絵画
『マルガリータの母、王妃マリアーナの肖像』・ヴェラスケス

サビニの女たち (Sabines) ヴェラスケス

■新古典主義における最も重要な画家のひとりジャック=ルイ・ダヴィッドの典型的な歴史画作品『サビニの女たち』。古代ローマの歴史家ティトゥス=リウィウス著『ローマ建国史』などに記されている、ローマ人によって未婚の女性を略奪されたサビニの男たちが、女を奪い返そうとローマ市内へ攻め入るものの、既にローマ人と結ばれていた≪サビニの女≫らが争いを仲裁する場面を描いた作品。隣国のローマ人によってサビニの女たちが掠奪された後、サビニの男たちは女たちを奪回しようとした。ダヴィッドが描くことにしたのはこのエピソードである。
■右の絵は、聖イルデフォンソの画家(15世紀末カスティーリャで活動(トレドおよびバリャドリード))『聖イルデフォンソへのカズラ授与』1490−1500年頃 バリャドリードの教会中央祭壇画 油彩 木(森松材) 

ルーヴルの名画(拡大○

聖イルデフォンソの画家《聖イルデフォンソへのカズラ授与》

ルーヴルの名画 ボッティチェリ 『聖母子と少年聖ヨハネ』

ボッティチェリ 
『聖母子と五人の天使』

ルーヴルの名画

ボッティチェリ  ボッティチェリ 聖母子と五人の天使

ルーヴルの名画
フランドル絵画

ルーヴルの名画 ラファエロ 『フランソワ一世の聖家族』

ルーヴルの名画
ゴヤ・『黒衣の貴婦人』

ルーヴルの名画
聖母子

ルーヴルの名画・ラファエロの
『ジョヴァンナ・ダラゴーナの肖像』を模写の画家

ルーヴルの名画
ドラクロア・
『サルダナバールの死』

ルーヴルの名画
ムリーリョ・、『ロザリオの聖母』

ルーヴルの名画
祭壇画 『聖なる家族』
三位一体

ルーヴルの名画

『ハムラビ法典』(B.C.1792頃)
バビロニアの記念石碑・玄武岩
美術館資料より転載

ルーヴルの名画 『聖なる家族』 ロレンツォ・ロット

『ハムラビ法典』(B.C.1792頃)

ルーヴル美術館から見たセーヌ川とパリ市街地の風景

■ドミニク・アングルが描いたジャンヌ・ダルクの肖像画です。 ジャンヌ・ダルクは百年戦争末期の1429年に突如あらわれた謎の少女です。神のお告げを聞いたと言って王太子シャルルのためにイギリス軍に包囲されたオルレアンを救い、ランスの教会でフランス国王シャルル7世として戴冠させました。 この絵はそのときの様子を描いたもので、1854年にオルレアンで開催されたジャンヌ・ダルク記念祭典に出展されました。

ルーヴルの名画
アングル・『ジャンヌ・ダルク』

■ルーヴル美術館は、パリの中心部、セーヌ川の右岸に位置し、ルーヴル宮殿の大部分を占めている。 「パリのセーヌ河岸」は、フランスにあるユネスコ世界遺産のひとつ。 首都パリを流れるセーヌ川の川岸のうち、シュリー橋からイエナ橋までのおよそ8kmほどが登録対象となっている。これには、中州であるシテ島とサン・ルイ島、および区域内に架かる橋も含まれている。登録対象地区はパリの中心部であり、この都市が辿ってきた歴史がよく現れている。この地区には、ノートルダム大聖堂、ルーブル宮殿などの中世の建築群や、エッフェル塔などの近・現代建築群のように観光名所としてもよく知られた建築群が含まれる。

 切手でルーヴルと名画をご紹介

ルーヴル美術館の外観と内部、展示風景、デューラーの自画像とダ・ヴィンチの名画・モナリザ

<p>ルーヴル美術館の外観と内部、デューラーとダ・ヴィンチの名画</p><p>ルーヴル美術館の外観と内部、デューラーとダ・ヴィンチの名画</p>

『ジョヴァンナ・ダラゴーナの肖像(Jeanne d'Aragonの肖像)』
1518 ルーヴル美術館

『青い冠の聖母』(Madonna with the Blue Diadem) 拡大○
1510-11 ルーヴル美術館

『フランソワ一世の聖家族』(ラファエロ)ルーヴル美術館 拡大○

『十字軍のコンスターチノープル入城』(フランス) ルーヴル美術館

『Jeanne d'Aragonの肖像』 ラファエロ ルネサンス 『青い冠の聖母』(Madonna with the Blue Diadem) ラファエロ 『フランソワ一世の聖家族』(ラファエロ)ルーヴル美術館 『十字軍のコンスターチノープル入城』(フランス) ドラクロワ

ラファエロの絵画 『冠の聖母 Madonna with the Blue Diadem 』
1510-11 ルーヴル美術館

ラファエロ 『フランソワ一世の聖家族』 1518 ルーヴル美術館

冠の聖母 Madonna with the Blue Diadem 『フランソワ一世の聖家族』(ラファエロ)ルーヴル美術館

《聖家族と聖エリザベツ、幼児聖ヨハネと二天使》(フランソワ1世の聖家族)

ドラクロワ画 『アルジェの女たち』 ルーヴル美術館

ドラクロワ画 『女とオウム(オダリスク)(Femme aux perroquet)』、『アスパジーの肖像(混血娘アリーヌ)』ルーヴル美術館

ドラクロワ 『アルジェの女たち』ルーヴル美術館

『リヴィエール嬢の肖像(Portrait of Mademoiselle Riviere )』 1805 ルーヴル美術館、『オイデップスとスフィンクス』、
『Madame Marie Marcotte』、『マダムリヴィエール』 1805 ルーヴル美術館、 アングル画

新古典派 アングル 絵画 『マダムリヴィエールの肖像(Portrait of Mademoiselle Riviere )』、『オイデップスとスフィンクス』、『Madame Marie Marcotte』、『マダムリヴィエール』 新古典派 アングル 絵画 『マダムリヴィエールの肖像(Portrait of Mademoiselle Riviere )』、『オイデップスとスフィンクス』、『Madame Marie Marcotte』、『マダムリヴィエール』

ヴァトー
『道化師』(モナコ、1972年)

ダヴィッド 『ヴィーナスと三美神に武器を取り上げられるマルス』 ブリュッセル王立美術館、『サビニの女たち』(Les Sabines )ルーヴル美術館

『道化師』(モナコ、1972年) ヴァトー ロココ

シャセリオー『エステルの化粧
(ルーヴル美術館)』

『アルノルフィーニ夫婦』
(ブータン、1970年、立体切手)

『宰相ニコラ・ロランの聖母』
(カメルーン,ルーブル美術館)

チマブーエ 『聖母と天使たち』 1270頃 ルーヴル美術館 拡大○

ヤン・ファン・エイク 『アルノルフィーニ夫婦』(ブータン、1970年、立体切手) (オータンの聖母子) ヤン・ファン・エイク フラントル 画家 『宰相ロランの聖母』

 美術関係のページのサイト内リンク

■美術・工芸切手・写真の索引 [ トップ先史代中世|ルネサンス ( ア行〜タ行ナ行〜ワ行その他 )|バロックロココロマン派、新古典主義とアカデミック絵画写実主義印象派象徴主義、耽美主義近代絵画|日本(画家作品)|ポップ(モダン)|故宮博物館(絵画文物)|ルーヴル美術館メトロポリタン美術館プラハ美術館ウフィツィ美術館とアカデミア美術館バチカン美術館世界の美術工芸品仏教美術デザインキリスト教絵画の見方美術用語集(備忘録) ]

■巨匠の絵画切手 [ ボッティチェッリダ・ヴィンチラファエロミケランジェロデューラーティツィアーノルーベンスベラスケスアングルエル・グレコレンブラントカラヴァッジオフェルメールダイクドラクロワゴヤ|ゴッホ(no.1|no.2)|ルノワールマネとモネセザンヌゴーギャンマチスピカソダリ葛飾北斎安藤広重クリムトシャガールモディリアーニミュシャ ]
写真 [ ルーヴル美術館ウフィツィ美術館とアカデミア美術館バチカン美術館 [ ラファエロの間システィーナ礼拝堂 ]|ボストン美術館 [+日本・アジアの美術編 ]|メトロポリタン美術館(西洋絵画1) [+MET(西洋絵画2)+MET(日本・アジア)+MET(他美術工芸) ] |〔 エルミタージュ美術館 旧館−エルミタージュ美術館 新館 ] ]

■浮世絵関連の頁索引 [ 浮世絵切手日本の絵画印象派・ゴッホプラハ美術館収蔵広重北斎趣味の雑貨(版画) ]

△top

■美術工芸について参考にしているページ

1.Web Gallery of Art, (英語) 
2.Weblio 辞書文化美術用語集
3、レンブラントの絵画の説明(サルヴァスタイル美術館:西洋美術では参考になります)

フランス共和国 パリ(Paris、巴里)・ルーヴル美術館(Louvre)と作品 世界遺産

カウンター