Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集
海外写真集|ヨーロッパ・オランダ 2011年にはアムステルダムの市内観光も実施、落ち着いた良い国と思いました。 運河の船から見た風車のアムステルダムをお届けします。風車と運河と画家のレンブラント、ゴッホやアンネの日記のアンネ・フランクが生きた町・アムステルダム。

ホーム>海外写真集>ヨーロッパ>オランダ・アムステルダム

Nederland(オランダ王国) ・・ 風車と運河とレンブラントやアンネ・フランクが生きた町・アムステルダム

 オランダ王国(Nederland)、通称オランダは、西ヨーロッパの立憲君主制の国家。 2011年のイタリア旅行の際にはアムステルダムの市内観光も実施、落ち着いた良い国と思いました。 運河の船から見たアムステルダムをお届けします。 誰しもが2度来たい街だそうです。 アムステルダムは13世紀に漁村として築かれた。 伝説によれば、犬を連れて小さなボートに乗った2人の猟師が、アムステル川の川岸に上陸して築いたということになっています。アムステル川をせき止めた(アムステルのダム:Dam in the Amstel)というのが街の名前の由来。 1300年(または1301年)に自由都市となり、14世紀にはハンザ同盟との貿易により発展した。 この町は自転車に乗る人が多く、車道と歩道の間に自転車専用路が設けられている。中央駅付近には巨大な駐輪場があり、絵葉書などにも自転車をあしらったものがある。 アムステルダムは50cm掘れば水が沸くそうです。 地下鉄などもってのほかです。 風車と運河のアムステルダム。 運河の橋げたの下から見える景色は、光が踊って何ともお洒落です。 風車と運河とレンブラント、ゴッホやアンネ・フランクが生きた町・アムステルダム。
ページ内のアムステルダムの観光情報。 補足で絵葉書も数枚入れました。


 海外旅行写真|ヨーロッパ(Europa travel picture)

■ [ オーストリア(Austoria (2005年(Wien)|2006年(Zaltburug))|チェコ(Cezh)|フランス(France (パリ(Paris)
  |ルーヴル美術館(Louvre))|オランダ(Holland、(スキポール空港アムステルダム))|ハンガリー(Hungary)
  |ドイツ(Germany (ベルリン、ポツダム(Berlin、Potsdam))|ロマンチック街道)|スイス(Switzerland)
  |イタリア(Italiana)|バチカン市国(Governor of Vatican City) ]
 

小さな画像はクリックで拡大します   

オランダ政府観光局

オランダ(Holland、(スキポール空港アムステルダム))

オランダ・アムステルダム

アムステルダムには風車が4基あるそうです。オランダは晴れが珍しい国だそうです。  クリックで拡大

アムステルダム(オランダ語:英語:Amsterdam)は、オランダの北ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であり、憲法上に規定されたオランダの首都。現地語は「アムスタダム」と発音するそうです。 ただ政府、中央官庁、王室、国会など首都機能の殆どはハーグにある(王宮はアムステルダムにもあるが、国王は常住していない)。アムステルダムは商業および観光が中心だそうです。 元々は小さな漁村だったが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれた。16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網の目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぶ17世紀の豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの家などで広く知られています。 50cmも地面を掘ると水が湧き出すそうです。 またアパート生活者が多く、土地は殆どが国のもので水上生活者はリッチな人だそうです。

オランダ政府観光局

 アムステルダムは3月中旬には一斉に水仙とクロッカスの花が咲き乱れ楡の木が芽を吹きます。(拡大せず)

オランダは晴れが珍しい国だそうです。 アムステルダムは3月中旬には一斉に水仙とクロッカスの花が咲き乱れ楡の木が芽を吹きます

典型的なオランダの田舎の風情のアムステルダムの郊外にある風車(実際に人が生活中)

印象派の絵の様な運河風景

典型的なオランダの田舎の風情のアムステルダムの風車(実際に人が生活中) 典型的なオランダの田舎の風情のアムステルダムの風車(実際に人が生活中) 印象派の絵の様な運河風景

アムステルダムの風車の側で
クロッカスと水仙、のどかに草を食む牛たち のんびりしています

アムステルダムで購入した絵葉書から「風車とチューリップ畑」

オランダが生んだバロックの巨匠レンブラントの銅像とお花畑

クロッカスと水仙、のどかに草を食む牛たち のんびりしています アムステルダムで購入した絵葉書から「風車とチューリップ畑」 オランダが生んだバロックの巨匠レンブラントの銅像とお花畑

アムステルダムの郊外と言ってもバスで20分程度の所ですが、道は広く、すいています。大きな建物が沢山あります。電車は路面電車(トラム)。 人が少ないが理由あるそうで、オランダは人口の1箇所集中は避け分散してるとの事です。首都とは言え人口は70万人と聞きました。

ダム広場(de Dam)は、オランダの首都アムステルダムの中心部にある広場で、もとはアムステル川をせき止める堰(ダム)のあった場所です。 「アムステルダム」の市名の語源であり、歴史的な中心地。 その北には新教会(Nieuwe Kerk)がある。そのほか広場の南にマダム・タッソー蝋人形館、北西にデパートデ・バイエンコルフ(de Bijenkorf)があります。

アムステルダムの中心街の王宮(現在修理中)とその前の広場・ダム広場の風景です。 雑踏と路面電車(トラム)。

アムステルダムの中心街の王宮(現在修理中)とその前の広場の風景です。 雑踏と路面電車。 ダム広場 アムステルダムの中心街の王宮(現在修理中)とその前の広場の風景です。 雑踏と路面電車。

アムステルダムの中心街はホテルやケンタッキーフライドチキンのお店もあります。ダムラック通り。 驚くのは自転車の利用者が多い事。

親子 アムステルダムの中心街はホテルやケンタッキーフライドチキンのお店もあります。驚くのは自転車の利用者が多い事。 アムステルダムの中心街はホテルやケンタッキーフライドチキンのお店もあります。驚くのは自転車の利用者が多い事。

アムステルダム中央駅(Station Amsterdam Centraal スタシオン・アムステルダム・セントラール)は、1889年に開業したオランダの首都アムステルダムにあるオランダ鉄道の駅。Amsterdam CSとも略記される。駅はアムステルダム市中心部の北側、アムステル川の旧河口部分のアイ湾を埋め立てた人工島(Stationseiland)の上にあります。 昔、東京駅を作る際に参考にされた駅だそうで、確かに見ての通り東京駅の皇居側と色も含めて凄く似ています。

アムステルダムの街並み、今でも中世の綺麗な街並みが残り、印象派の絵画の世界も散見される

ムント広場とムントタワー(Munttoren)

アムステルダムの街並み、今でも中世の綺麗な街並みが残り、印象派の絵画の世界も散見される

遠くに跳ね橋が

アムステルダムの街並み、ムントタワー(Munttoren)

ムントタワー(Munttoren)は、オランダのアムステルダムにある塔である。ムント塔とも呼ばれる。六差路のムント広場(Muntplein)の西に建っています。 「ムント(Munt)」とは「貨幣、鋳貨する」の意味。1672年にフランスがアムステルダムを侵略した際、この塔を貨幣鋳造所として利用していた事からムントタワーと呼ばれる様になった。17世紀までアムステルダムはシンゲル運河沿いに城壁が築かれ街を取り囲んでいた。17世紀になり街は発展し城壁が取り払われたがこの塔だけが残された。後にこの塔の上に時計台が取り付けられ現在の姿となった。基の塔自体は15世紀頃に建てられた物である。

観光船で巡るアムステルダム運河と街並み、建造物

■アムステルダムは首都というよりも『コスモポリタンな村』といった方が近いかもしれない。 幾世紀に渡り、異端な人々すら暖かく受け入れてきた港町の歴史。クリエイター達を惹きつけて止まない自由な気風。 豊かな文化と歴史遺産がつまった街並に、斬新でモダンなデザインが散りばめられる。 一見すると相容れない対極にあるものが、絶妙なバランスで融合しあう...それがアムステルダムの魅力だ。
■アムステルダム港は外航船が通航できる北海運河によって北海と結ばれている。市街地中心部を網の目状に張り巡らされている運河は、各所の閘門を経由してアムステル運河や北海運河と接続されている。また、主要な運河を横切る道路や鉄道路線の橋は、跳ね橋のような可動橋となっている。運河は観光用のクルーズ船が運航されている他、市街地中心部と市北部の間のアイ湾を横断するフェリーのみは無料で運航されている。

アムステルダム中央駅とアムステルダム港旅客ターミナル

ゴッホの描く跳ね橋と同じもの

運河沿いの立派な家

アムステルダム中央駅とアムステルダム港旅客ターミナル アムステルダム港旅客ターミナル ゴッホの描く跳ね橋と同じもの 運河沿いの立派な家

■北のベニスとも呼ばれるアムステルダム(Amsterdam)
水の都アムステルダムの運河クルーズ!運河沿いには17世紀の豪商の邸宅が立ち並び、教会やレンガ造りの建物、再建した帆船など水上から町並み含めてご覧いただけます。 また運河は海水で無く真水です。 運河沿いの家は今では非常に高額で一般人の購入は困難で、大手の会社や国が所有しています。 色々な家は、年数も相当経ており傾いて、隣の家に寄り添っているところもあります。
【場所】Holland International Canal Cruise 、【住所】Prins Hendrikkade 33a 、【最寄駅】アムステルダム中央駅

中華料理屋さん

マヘレの跳ね橋 Magere Brug

双子の家(双子が住んでいた)

マヘレの跳ね橋 Magere Brug 双子の家(双子が住んでいた)かわいらしい家です

マヘレの跳ね橋(Magere Brug)は、17世紀に建造されたマヘレの跳ね橋。夜になると昼間とはまったく違う幻想的な美しいイルミネーションでライトアップがされます。現在の木造の橋は、20世紀に入って改装されたものですが、1994年までは電動装置が取りつけられていませんでした。現在は、電動で橋の開閉は20分おきに行われています。
■プリンセンフラハト通り263番地にあるオットーの会社の建物。この建物の裏につながって存在する「後ろ家」の三階と四階部分にアンネ・フランクの隠れ家があった。現在アンネ・フランク財団によって管理されており、アムステルダムの観光名所の一つである。

モンテルバーンス塔 Montelbaanstoren

モンテルバーンス塔 Montelbaanstoren アムステルダム


Oudeschans運河
絵になる風景ですね

モンテルバーンス塔 Montelbaanstoren

モンテルバーンス塔(Montelbaanstoren)は、 1512年にまず中世アムステルダムの防衛施設の一部として下の部分が建造されました。1606年にH.デケイセルにより八角形の構造物と透かし細工を施した木造の先がとがった形の屋根が追加されました。1611年に塔が傾き始めたため、住民はすぐにロープを塔の先に縛り、引っぱり戻したということです。また、この建物はレンブラントの版画作品の中に何度か登場しています。住所: Oude Waal/Oudeschans 2, Amsterdam

オランダ・アムステルダムの運河沿いの街並み

飾り窓地区(Red Light District)は、アムステルダムの風俗地区。ダム広場から徒歩5分の旧教会の裏手あたり。あまり治安の良いところではないので、日が暮れてからの独り歩きや、狭い路地は避けてください。またプライバシーの観点から、飾り窓の写真撮影は厳じられています。 最近ではアムステルダム市が飾り窓を買い上げ、若手アーティストの作品を発表するギャラリーに転換するなど、文化的側面も持つ。 飾り窓とはオランダ・アムステルダム中心部にある風俗街デ・ワレン(De Wallen)の俗称。観光名所である旧教会(Oude Kerk)の裏側に広がる。売春婦が窓越しに客と交渉することから、売春婦を商品に見立てて飾り窓と呼ばれるようになった。オランダでは売春が合法的に行われている。

アムステルダムで購入した絵葉書から「アムステルダムの運河と風景」 殆どそのままの風景です

アムステルダムで購入した絵葉書から「アムステルダムの運河と風景」  アムステルダムで購入した絵葉書から「アムステルダムの運河と風景」 

『アンネの日記』(アンネのにっき)は、ドイツ系ユダヤ人少女アンネ・フランク(Annelies Marie Frank)による日記様の文学作品。第二次世界大戦の最中のナチス・ドイツ占領下のオランダ・アムステルダムが舞台となっている。ナチスのユダヤ人狩りを避けるために咳も出せないほど音に敏感だった隠れ家に潜んだ8人のユダヤ人達の生活を活写したもの。執筆は密告(密告者の詳細はいまだ不明)によりドイツ秘密警察に捕まるまでのおよそ2年間に及んだ。彼女の死後、父オットー・フランクの尽力によって出版され、世界的ベストセラーになった。 1942年6月12日から1944年8月1日まで記録されている。1944年8月4日にゲシュタポに隠れ家を発見され、隠れ家住人は全員がナチス強制収容所へと移送された。アンネは姉のマルゴット・フランクとともにベルゲン・ベルゼン強制収容所へ移送された。同収容所の不衛生な環境に耐えぬくことはできず、チフスを罹患して15歳にしてその命を落とした。
『アンネの日記』は、一少女の内的葛藤と成長を描き出した作品であるとされている。第三者(アンネはキティーと呼称)に宛てた手紙を模した独特な表現スタイルは、内面の吐露をより印象深いものにする。特に際立つのが、早熟さ、そして鋭い観察力と批判精神である。それは時に、他者に対して辛辣過ぎる程ですらある。

△TOP

オランダ出身の画家の絵画

ヨハネス・フェルメール(1632年 - 1675年)はレンブラントと並び17世紀のオランダ美術を代表する画家とされる。生涯のほとんどを故郷デルフトですごした。『レースを編む女』の糸屑の固まり、『ヴァージナルの前に立つ女』の床の模様などが典型的な例として挙がる。 フェルメール
フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)は後期印象派の中でも最も名の知られたオランダ出身の画家。1853年3月30日にオランダ南部のズンデルトに生まれる。祖父、父共に牧師だった。性格は激しく、家族を含め、他人との交流に難を抱えていた。今でこそ有名な画家であるが生前では1枚の絵(「赤いぶどう畑」)しか売れない画家でした。 ゴッホの絵画(no.1|no.2)

フェルメール・
『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』(蘭領アンチル)

フェルメール・
『レースを編む女』(フランス)

『オーヴェールの教会
(オーヴェールの聖堂)』
(フランス)、ゴッホ(拡大○

『日本趣味 : 梅の花
(Japonaiserie : l'arbre
(Prunier en fleurs))』、ゴッホ

フェルメール 『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』(蘭領アンチル) 『レースを編む女』(フランス) フェルメール バロック オランダ 『オーヴェールの教会(オーヴェールの聖堂)』(フランス) 印象派 ゴッホ 日本趣味 : 梅の花

オランダの風車・ギャラリーの切手(1963年)

6C:北オランダの干拓地の製粉用風車、8C:南オランダの同型、12C:郵便・製粉用風車、30C:典型的なオランダ風車(wip mill)

オランダの風車の切手オランダの風車の切手 6C:北オランダの干拓地の製粉用風車、8C:南オランダの同型、12C:郵便・製粉用風車、30C:典型的なオランダ風車(wip mill)オランダの風車の切手 6C:北オランダの干拓地の製粉用風車、8C:南オランダの同型、12C:郵便・製粉用風車、30C:典型的なオランダ風車(wip mill)

ワーテルローの戦い(ワーテルローのたたかい、英: The Battle of Waterloo、仏: Bataille de Waterloo)

ワーテルローの戦い(ワーテルローのたたかい、英: The Battle of Waterloo、仏: Bataille de Waterloo)

■ワーテルローの戦い(ワーテルローのたたかい、英: The Battle of Waterloo、仏: Bataille de Waterloo)は、1815年6月18日にイギリス・オランダ連合軍およびプロイセン軍が、フランス皇帝ナポレオン1世率いるフランス軍を破った戦いである。ナポレオン最後の戦いとして知られる。 英語での発音はウォータールーである。ドイツではラ・ベル・アリアンスの戦い(ラ・ベル・アリアンスのたたかい, 独:Schlacht bei Belle-Alliance)とも呼ばれる。ベルギーのラ・ベル・アリアンスを主戦場としたが、ウェリントン公により近郊のワーテルローの名を取り、このように命名された。


■オランダ王国(オランダおうこく、Koninkrijk der Nederlanden)、通称オランダは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。海外領土としてカリブ海に6つの島を有する。憲法上の首都はアムステルダムだが、政治の中心は王宮や国会の所在地であるデン・ハーグ。
ヨーロッパ北西部に位置し、東はドイツ、南はベルギーと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクス三国と呼ばれる。
ヨーロッパの交通、交易の要所。リベラルな政策、気風。人口密度が高い。堤防により囲まれた低地。世界第9位の天然ガス産出量を誇る資源産出国であり、チーズ、チューリップ、風車でも有名。ゴッホやフェルメールなど有名な画家を輩出。
デザインの国 オランダ :オランダ人によるデザインは「ダッチデザイン」(Dutch Design)と称され、世界中に発信されています。その「ダッチデザイン」を最も深く理解できる場所は、もちろんオランダ以外にありません。ダッチデザインの特徴は、分析し、合理的原則のもとに組み立てること。一見シンプルではあるけれど、考え抜かれた機能構造をもつものが数多く見られます。ダッチデザインを端的に表現するときには、実用的、シンプル、率直さ、電気的、一風代わったユーモアのセンス、といったキーワードがよく使われます。
リートフェルトやモンドリアンらデ・スタイル派アーティストの作品は、直線を多用し、すっきりとした佇まいを見せながらも、その背景に様々な意味付けや現実的な構造が見られます。ピート・ズワルトは20世紀における新しいタイポグラフィー(活字デザイン)の分野の第一人者ですが、彼はデ・スタイル派のモチーフ色を活用し、実験的かつ直感的なタイポグラフィーを生み出しました。
 


鉄道パスと鉄道チケットが買える【レイルヨーロッパ】

鉄道パスと鉄道チケットが買える【レイルヨーロッパ】 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

オランダ王国編|アムステルダム・風車と運河とレンブラントやアンネ・フランクが生きた町

カウンター