Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集
海外写真集|ヨーロッパ・フランス パリ市街地 2008年冬:オレンジ系の色や青いネオンのシャンゼリゼ通り、セーヌ川、ノートルダム寺院、エッフェル塔、ルーヴル美術館、エトワール凱旋門、コンコルド広場、パリ・リヨン駅、モンマルトル、モン・サン・ミッシェル 他

ホーム>海外写真集>ヨーロッパ>フランス共和国

Republique francaise(フランス共和国) パリ(Paris、巴里)の市街地

 フランスは、西ヨーロッパに位置する国で、ベルギー、ルクセンブルク、ドイツ、スイス、イタリア、モナコ、アンドラ、スペインと陸上国境を接する(この他海外領土サン・マルタン島でオランダとも陸上国境を接し、仏領ギアナではスリナム、ブラジルと陸上国境を接する)。 パリは紀元前200年頃、ケルト人 ガリアの漁民パリジィ族が(パリの語源)がシテ島に定住し始め、この国の名フランスは481年、フランク王国を建設したフランク人Frankの名に由来し、フランクは古ザクセン語のフランカfranca「投げ槍」にちなむ。   世界の芸術の都パリ(Paris、巴里、モナ・リザで有名なルーヴル美術館、凱旋門、セーヌ川、ノートルダム寺院、エッフェル塔、シャンゼリゼ、コンコルド広場)を中心にアップしました。 町全体・国全体が世界遺産や国宝の宝庫のイメージ沸きました。 2007年末は地下鉄に乗り各所を回りましたが、黒人の多さに目を奪われるほど多く。殆ど50%がその様に感じた。 パリは昼も夜も綺麗です。 昼よりむしろ夜の方がイルミネーションも多くオレンジ系の色や青いネオンでシャンゼリゼ通りは埋め尽くされていました。 フランスの後はパリのリヨン駅からTGVにのりスイスの首都・ジュネーブへ。フランス訪問時期は2008年クリスマス直前。


 海外旅行写真|ヨーロッパ(Europa travel picture)

■ [ オーストリア(Austoria (2005年(Wien)|2006年(Zaltburug))|チェコ(Cezh)|フランス(France (パリ(Paris)
  |ルーヴル美術館(Louvre))|オランダ(Holland、(スキポール空港アムステルダム))|ハンガリー(Hungary)
  |ドイツ(Germany (ベルリン、ポツダム(Berlin、Potsdam))|ロマンチック街道)|スイス(Switzerland)
  |イタリア(Italiana)|バチカン市国(Governor of Vatican City) ]
 

拡大○)は、画像クリックで拡大画像をご覧いただけます。   ご注意)写真は当方が撮影したもので著作権があります。

 フランス旅行

(フランス内索引) ルーヴル美術館 セーヌ川 凱旋門・シャンゼリゼ その他(市内風景)

パリ(ルーヴル美術館)

ルーヴル美術館の詳細は別ページ

絵画の切手は こちら でも。

パリ(セーヌ川から)

パリ(Paris、巴里)の市街地の風景(ノートルダム寺院、エッフェル塔、ルーヴル美術館・・)

■パリ市内を横断する川であり、パリのセーヌ河岸は世界遺産に登録されている。パリではセーヌ川の北部を右岸 (Rive Droite) 、南部を左岸 (Rive Gauche) という。パリ市中心部にある川中島であるシテ島は、パリ市発祥の地である。シテ島の東にもうひとつサン・ルイ島という島がある。セーヌ川は重要な運路であり、パリ市内では観光船のほか運搬船も多く行き来する。パリ市東部郊外のごく近い場所でセーヌ川とマルヌ川が合流し、ベルシーからパリに入り、途中サン・ルイ島とシテ島を抜け、アンヴァリッドのあたりで南西に折れ曲がり、そのまま15区と16区を抜けていく。パリを抜けた後は蛇行を繰り返し、ノルマンディー地方を経て大西洋へと流れていく。パリ市内には多くの橋がかかっており、歴史やいわくのある橋も多い。一番はパリのノートルダム大聖堂(フランス・カトリックの総本山)です。ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指す。


パリ・シテ島のノートルダム大聖堂・ノートル・ダム寺院

エッフェル塔 パリ フランス

エッフェル塔

フランス・パリのエッフェル塔のライブ・カメラです。

セーヌ川からのパリの風景
橋と建物

セーヌ川からのパリの風景
近代的な建物

セーヌ川からのパリの風景
パンテオン

セーヌ川からのパリの風景

■パンテオン (万神殿 ) はフランスのパリの5区、聖ジュヌヴィエーヴの丘に位置し、幅110メートル、奥行き84メートルのギリシア十字の平面に大ドームとコリント式の円柱を持つ新古典主義建築の建築作品である。18世紀後半に、サント=ジュヌヴィエーヴ教会として建設され、後にフランスの偉人たちを祀る霊廟となった。フーコーの振り子の実験が行われた場所でもあり、現在も天井からつるされた振り子が1日の時を刻むよう展示されている。

セーヌ川からのパリの風景
とパンテオン

セーヌ川からのパリの風景
と岸辺の建物

パリのノートルダム大聖堂

パリのノートルダム大聖堂
の近景

パリ最古の橋・ポン・ヌフ

■パリ(Paris、巴里)のシテ島にフランスの王妃、マリー・アントワネットが幽閉されていた牢獄が今も観光名所として残っている。その建物群は今の裁判所です。かつては王の居城だった建造物は10世紀もの長きにわたる改修と増築のあげく、ドアの数7000、廊下の総延長24キロメートル、窓の数3150にもなった。 1804年5月28日に帝政を宣言したナポレオン・ボナパルトの戴冠式は1804年12月2日にパリのノートルダム大聖堂で行われた。
ポン・ヌフ(Pont Neuf、フランス語で「新しい橋」の意味、なお「9番の橋」という解釈も可能ではあるがその意味ではない)はフランス、パリの現存最古の橋。橋はシテ島の西端をかすめてセーヌ川の左岸(南側)と右岸(北側)を結んでいる。シテ島の南側にアーチが5つ、北側にアーチが7つあり、全長238m、幅22m。橋の建設はアンリ3世によって決定され、1578年に起工、1607年に竣工した。

パリのノートルダム大聖堂

パリ最古の橋・ボン・ヌフ

マリーアントワネット幽閉の建物(コンシェルジュリー、
セーヌ川から、パリのシテ島)

セーヌ川から見えるパリの古風な街並みと交通機関のバス

マリーアントワネット幽閉の建物 パリ シテ島 セーヌ川からのパリの町並み

「パリのセーヌ河岸」は、フランスにあるユネスコ世界遺産のひとつ。首都パリを流れるセーヌ川の川岸のうち、シュリー橋からイエナ橋までのおよそ8kmほどが登録対象となっている。これには、中州であるシテ島とサン・ルイ島、および区域内に架かる橋も含まれている。登録対象地区はパリの中心部であり、この都市が辿ってきた歴史がよく現れている。この地区には、ノートルダム大聖堂などの中世の建築群や、エッフェル塔などの近・現代建築群のように観光名所としてもよく知られた建築群が含まれる。

セーヌ川のお洒落な橋(アレクサンドル3世橋 )の欄干

ノートルダム寺院:ノートルダム(Notre-Dame, 英語はOur Lady)はフランス語で「私達の貴婦人」という意味で、聖母マリアに与えられた称号。ファサードを装飾する彫刻、屋根の塔、その他多くの部分は、19世紀のゴシック・リヴァイヴァル期にウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュクによって大幅に改装されたものである。1831年のヴィクトル・ユーゴーの小説『ノートルダム・ド・パリ』(「ノートルダムのせむし男」)の舞台になった。
エッフェル塔:フランス革命100周年を記念して、1889年にパリで行われた第4回万国博覧会の為、2年2ヶ月という驚異的な速さで建築が行われたが、1人の死者も出さなかった。高さは324mとなっている。展望台は3つあり、高さは57.6m、115.7m、276.1mである。第2展望台までは階段でも昇ることが可能。水圧エレベーターなど、当時の基本構造は今でも現役で稼動している。鋼製ではなく錬鉄製の塔である。塔の支点の下には水平に保つためのジャッキがある。 エッフェル塔の傍からセーヌ川の観光船に。 パリの名物、近くの公園は大砲とか設置されていた。
■橋 ポンヌフ - パリのセーヌ川にかかる橋のなかで現存最古を誇る。
 アレクサンドル3世橋 - パリの橋の中で最も美しいとも評される橋。  

セーヌ川からの町並み・・ 日本と違い何故かゆったりとした気持ちになります。乗った観光船は写真のような
格好の船で、エッフェル塔の下の所から乗り込みました。デッキに出ると寒い事。 ですが街並みは流石に綺麗。

セーヌ川から見たルーヴル美術館 広さや大きさは壮観ですね(詳細は別頁で)

セーヌ川から見たルーヴル美術館

セーヌ川のお洒落な橋

セーヌ川のお洒落な橋
のデコレーション

セーヌ川からのパリの風景

セーヌ川からのパリの風景

セーヌ川のお洒落な橋
の欄干とエッフェル塔

セーヌ川からのパリの風景
マドレーヌ教会

■マドレーヌ教会はシャンゼリゼ大通の近く、コリント様式の柱。通称マドレーヌ寺院は、フランスの首都・パリ8区にある聖女マグダラのマリアを守護聖人とするカトリック教会。
オペラ・ガルニエは、第二帝政時代の華やかさを象徴。歌劇場。劇場の天井画はシャガール。

パリ市街地の有名な
オペラ・ガルニエ

△top

パリ(市内風景)

パリ(Paris、巴里) エトワール凱旋門(拡大○)・シャンゼリゼ通り・エッフェル塔、コンコルド広場他

エトワール凱旋門(高さ50m、幅45m)は、フランス・パリのシャンゼリゼ通りの西端、シャルル・ド・ゴール広場にある凱旋門。この凱旋門を中心に、シャンゼリゼ通りを始め、12本の通りが放射状に延びており、その形が地図上で光り輝く「星=エトワール」のように見えるので、この広場は「星の広場(エトワール広場) la place de l'Etoile」と呼ばれていた。エトワール凱旋門は、前年のアウステルリッツの戦いに勝利した記念に1806年、ナポレオン・ボナパルトの命によって建設が始まった。 凱旋門の彫刻は、非常に精緻に出来ています。 また、円形の道路に囲まれ、放射線条に多数の道路が走っています。 バスで行きましたが、目が回りそうです。 凱旋門は屋上に出れます。 夜はライトアップされ最高です。

エトワール 凱旋門 ナポレオン パリ フランス フランス パリ シャンゼリゼのイルミネーション

シャンゼリゼ通りのクリスマスシーズンのネオン(拡大○
後ろが凱旋門で前方がコンコルド広場 

エトワール凱旋門 パリ

■パリ(Paris、巴里)出身者・居住者は、男性がパリジャン (Parisien)、女性がパリジェンヌ (Parisienne) と呼ばれる。1960年代以降、旧植民地であったアフリカ中部・北部やインドシナ半島、更に近年は中近東や東欧、中国などからの移民も増え、パリジャン・パリジェンヌも多民族・多人種化している。 2008年の12月のパリ・シャンゼリゼは写真のような紫がかったイルミネーションで着飾っていました。 ホテルなどの各所は暖色系の黄色を主としてライトアップされ、見てるだけで楽しい気分です。 クリスマスは良いですね。 

コンコルド広場 芸術 噴水 

コンコルド広場・チュイルリー公園の芸術的な噴水

パリ 有名レストラン

昼間のシャンゼリゼの有名レストラン(カフェ)

エトワール凱旋門の内部
名前が多数刻まれている

エトワール凱旋門の壁面の彫刻(ラ・マルセイユ)

エトワール凱旋門・屋上は
パリ市内が一望可能

暮れなずむパリの街と塔

シャンゼリゼ通りの昼間の風景

コンコルド広場の
大観覧車とオベリスク

エッフェル塔とセーヌ川とパリジェンヌ

エッフェル塔とセーヌ川とパリ・ジェンヌ

サント・ジュヌヴィエーヴの丘
に建つパンテオン

シャンゼリゼ通りの
お洒落なお店

パンテオン (Pantheon de Paris,万神殿) はフランスのパリの5区、聖ジュヌヴィエーヴの丘に位置し、幅110メートル、奥行き84メートルのギリシア十字の平面に大ドームとコリント式の円柱を持つ新古典主義建築の建築作品です。フーコーの振り子の実験が行われた場所でもあり、現在も天井からつるされた振り子が1日の時を刻むよう展示されている。

夕食の卵焼き(オムライス)と魚(すずき)のムニエル&ポテトフライ(パリ、シャンゼリゼ)  オベリスク(ルクソール神殿の片割れ)
The Obelisk of Luxor at the center of the Place de la Concorde.

コンコルド広場(Place de la Concorde)は、パリの中心部、チュイルリー公園とシャンゼリゼ通りに挟まれてあります。1755年、Ange-Jacques Gabrielによって設計され、当初ルイ15世の騎馬像が設置されていたため「ルイ15世広場」と呼ばれていた。その後、フランス革命の勃発により、騎馬像は取り払われ、名前も「革命広場」に改められた。革命期には、ルイ16世やマリー・アントワネットの処刑が行われた場所でもある。1795年、現在の「コンコルド広場」という名前で呼ばれ始める(公式名になったのは1830年)。なお、広場の中心部には、エジプトのルクソール神殿から運んできたLuxor Obelisk(オベリスク、右の写真)が置かれている。

  パリ のオムライス シャンゼリゼ 
     夕食の卵焼き(オムライス)と魚(すずき)のムニエル&ポテトフライ(パリ、シャンゼリゼ)  

コンコルド広場のオベリスク オベリスク(エジプト ルクソール神殿の片割れ) The Obelisk of Luxor at the center of the Place de la Concorde.

Two 3,300-year-old twin obelisks once marked the entrance to the Luxor Temple.
Muhammad Ali Pasha, the Wali and self-proclaimed Khedive of Egypt, offered the two obelisks to France in 1829.
The first obelisk arrived in Paris on December 21, 1833. Three years later, on October 25, 1836, King Louis-Philippe of France had it placed in the center of Place de la Concorde.
The other obelisk remained on location in Egypt. In the 1990s, President Francois Mitterrand, as a symbolic gesture, officially renounced this second obelisk back to the Egyptians.

[切手のリンク:ヨーロッパ切手デッドカントリー切手世界遺産 ] △top

鉄道パスと鉄道チケットが買える【レイルヨーロッパ】
鉄道パスと鉄道チケットが買える【レイルヨーロッパ】

■ホテルは、パリ郊外です。
移動はもっぱらバスか
地下鉄(メトロ)です。

パリ その他

パリ・リヨン駅やシャゼリゼ通りのお店やイルミネーション その他地域

パリ・リヨン駅:パリ市内やその近郊では単にリヨン駅と呼ばれるが、全国版の路線図や時刻表、長距離列車の案内などではパリ・リヨン駅(Paris Gare de LyonまたはGare de Paris-Lyon)と呼ばれる。TGVリリア - スイス・ジュネーヴ、ローザンヌ、ベルン行に搭乗。


上段はパリ・リヨン駅の新幹線TGV乗り場 

パリ・リヨン駅のプラットフォームのテリア犬

GTV ニース駅のテリア

パリ・リヨン駅のTGVのプラットホームにて

上はプラットフォームにごく自然に自動小銃を抱えた兵士。陸続きで
国境がある大陸ならではで日本では考えられない光景です。

パリのシャンゼリゼ(フランス、1994年)

シャンゼリゼ(フランス、1994年)

下の写真は、宿泊ホテル(パリ)の朝の食事風景ですが、クロワッサンは個数限定でした。フランスでパンはクロワッサンは定番と思うのですが?他の国では食べ放題でした。

両サイドにCARTIER(カルティエ)やTIFFANY(ティファニー)などの高級ブランド店が軒を連ねたパリ(Paris、巴里)シャンゼリゼのRUE DE LA PAIX(リュー ド ラペ通り)で見かけたカルティエのショーウインドウの高級時計の数々

 両サイドにCARTIERやTIFFANYなどの高級ブランド店が軒を連ねたRUE DE LA PAIX(リュー ド ラペ通り)で見かけたカルティエのショーウインドウの高級時計の数々

左の写真は、宿泊ホテルの朝の食事風景ですが、クロワッサンは個数限定でした。フランスでクロワッサンは定番と思うのですが?

パリ・リヨン駅で見かけた可愛いフランス人の姉弟、絵になる。

TGV(フランスからスイス)の中で出た日本食弁当・量が多い。

■クロワッサン(仏: Croissant)は、三日月形に作るフランスパン。バターを多く使っており、サクサクした食感と甘みが特徴的である。フランスで作られるクロワッサンには、菱形のものと三日月形のものがある。 どちらの形状にするかは、使用している油脂で習慣的に決まっており、前者はバター、後者はマーガリンである。フランスで一般的に見かけるのは菱形のもので、日本でよく見かける三日月型のものは、フランスではスーパーマーケットなどで販売される安価品の目印となる。

リヨン駅で見かけた可愛いフランス人の姉弟 ヨーロッパ TGVの中で出た日本食弁当・量が多いですね

フランスのコックさんが
作ったのか味は良かったです。
塩鮭とポテトサラダ

下はフランス・パリのシャンゼリゼ通りのホテルのクリスマスのイルミネーション、
黄色い滝のようなイルミネーションはフランスならではのお洒落で流石です。

ミロのヴィーナス
(マダガスカル、1994年)

シャンゼリゼのホテルのイルミネーション

シャンゼリゼ(エリュシオン・極楽浄土)通りはパリ市内で最も美しい通りとされていて、特にフランスでは「世界で最も美しい通り (la plus belle avenue du monde)」と言う表現が使われている。約3kmでマロニエの並木道。

下は「HOTEL PARIS ORLEANS」(パリ・オルレアンホテル)

ミロのヴィーナス(マダガスカル、1994年)

フランス政府観光局
フランス政府観光局



右はパリ(Paris、巴里)
シャンゼリゼ通り凱旋門
近くのカルティエ(Cartier)
のショーウインドウ

シャンゼリゼ通り凱旋門近くのカルティエ(Cartier) HOTEL PARIS ORLEANS
△top

フランス・パリの地図


 

シャンゼリゼ通りのホテルの
クリスマスのイルミネーション

パリのノートルダム大聖堂
(バスの車窓から)

パリのモンマルトルの丘の周辺 違法駐車も多い
坂道が多いです。当日は小雨で往生しました。


モンマルトル (Montmartre) はパリで一番高い丘。セーヌ川右岸18区にあり、パリ有数の観光名所である。サクレ・クール寺院、テルトル広場、キャバレー「ムーラン・ルージュ」、モンマルトル墓地などがあります。 近くのスーパーでお土産のチーズ購入。

パリの街角(バスの車窓から)
ROLEXのお店

パリの建物(バスの車窓から)

パリ・リヨン駅の雑踏
フランスのハブ的な駅

パリ・リヨン駅近くの
古い重厚な建物

パリ・リヨン駅のスイス経由
ベルリン行きのTGV

パリ・ヴァンドーム広場と
トラヤヌス記念柱を模した
コラム(円柱)

ヴァンドーム広場(Place Vendome)とはパリの1区にある四角い広場で、テュイルリー宮殿の北、マドレーヌ寺院(教会)の東に位置する。ヴァンドーム広場はRue de la Paix(「平和通り」の意。高級ブランド店が並ぶことで有名)の始点でもある。ナポレオン1世はアウステルリッツの戦勝を祝賀して、トラヤヌス記念柱を模したコラム(円柱)を建てたが、これは現在も広場にあります。ヴァンドーム広場は、パリの広場の中でも一番の美しさと評判です。

スイスへ移動中のTGVから、名も知らぬフランスの田舎の駅

■TGV(テジェヴェ(仏語)、英語ではティー・ジー・ヴイと発音)は、フランス国鉄 (SNCF) が運行する高速鉄道の車両、およびそれの運行形態。「高速列車」を意味する 《Train's Grande Vitesse》の略(trainは列車、grandeは大きい、vitesseは速度を意味する)。日本の新幹線の営業最高速度を初めて塗り替えたことで世界の注目を集めた。

モン・サン・ミッシェル
フランス、1929-33年

切手は拡大しません。

モン・サン・ミッシェル サン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院。カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称される。主要部はゴシック様式だが、内部はさまざまな中世の建築方式が混ざり合って構成されている。教会堂はカロリング期の様式で、身廊はノルマン様式(11〜12世紀)、百年戦争後の1421年に破壊されたロマネスク様式の内陣はフランボワイアン・ゴシック様式(15世紀半ば〜16世紀初頭)として再建された。これら周囲を13世紀の重層構造の修道院建築と13〜15世紀の軍事施設が取り囲んでいる。 UNESCO世界遺産。 モン・サン・ミッシェルの上空からの景色は最高だそうです。

モン・サン・ミシェル フランス 世界遺産

モン・サン・ミッシェル(国連)

フランス・パリの情報の書籍やDVDを紹介

モン・サン・ミシェル

モン・サン・ミッシェル(国連)


Republique francaise(フランス共和国) パリ(Paris、巴里)の市街地

カウンター