Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集 海外写真集|ヨーロッパ・スイス(ハイジの里・アルプスの国):アルプスの麓の町インターラーケンと世界遺産ユングフラウ(Jungfrau 「乙女」、「処女」の意味)を中心に ユングフラウヨッホ駅(海抜3454メートル)では、酸素が少なく普通に歩くだけで息切れ アイガー北壁

ホーム>海外写真集>ヨーロッパ>スイス連邦

スイス連邦( Switzerland ハイジの里・アルプスの国)

 アルプスの国・スイス連邦/スイス誓約者同盟(Swiss Confederation、通称は Switzerland)は、永世中立国、直接民主主義国家であるヨーロッパの連邦制共和国。ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインに囲まれた内陸に位置する。国内には、多くの国際機関の本部が置かれている。 国民皆兵国家である。2007年12月に訪問したアルプスの麓の町インターラーケンと世界遺産ユングフラウ(Jungfrau 「乙女」、「処女」の意味)を中心にアップしました。アルプスでは岩塩も多く採れる様で、太古の昔に海が隆起して出来たものです。自然の造詣は凄いと感じます。フランスからはTGVでジュネーブ到着、バスで「アルプスの少女ハイジ」の村の近くやリヒテンシュタインの城の遠景・氷河で削り取られた山々の風景を見ながらで非常に楽しかった。ユングフラウは世界遺産です。ヨーロッパ最高地に位置するユングフラウヨッホ駅(海抜3454メートル)では、酸素が少なく普通に歩くだけで息切れします。TGVは新幹線より乗り心地が良い感じ。駅には改札がありません。TGVには誰でも乗れます。乗って切符を買う方式です。日本の改札とは違い、大らかな部分があります。また列車の旅は良いですね。隣り合わせの異国の人とも身振り手振りで会話が出来ます。 


 海外旅行写真|ヨーロッパ(Europa travel picture)

■ [ オーストリア(Austoria (2005年(Wien)|2006年(Zaltburug))|チェコ(Cezh)|フランス(France (パリ(Paris)
  |ルーヴル美術館(Louvre))|オランダ(Holland、(スキポール空港アムステルダム))|ハンガリー(Hungary)
  |ドイツ(Germany (ベルリン、ポツダム(Berlin、Potsdam))|ロマンチック街道)|スイス(Switzerland)
  |イタリア(Italiana)|バチカン市国(Governor of Vatican City) ]
  

{一言コメント} スイス政府観光局

日本の食材もアルプスには多数ありました。カップラーメンだけでなくキッコーマン・・・日本もグローバル化してます。 因みに飛行機の中では、アイスが良いかカップラーメンが良いかとキャビンアテンダントから聞かれました。 多分に日本人旅行客が多いのでそうなった可能性も否定できません。

拡大○)は、画像クリックで拡大画像をご覧いただけます。   ご注意)写真は当方が撮影したもので著作権があります。

 スイス連邦( Switzerland ハイジの里・アルプスの国)

(スイス内索引) インターラーケン(Interlaken)ユングフラウ(Jungfrau)ジュネーブ

インターラーケン

世界の車窓から 10 スイス編 2 ~氷河急行とスイス鉄道の旅~

■インターラーケン(Interlaken)は、トゥーン湖とブリエンツ湖の間に位置する都市。12世紀に建てられた修道院を起源とする小さな街だが、ユングフラウ登山などへ向かう際の拠点であり多くの観光客が訪れる。人口は5691人(2004年)。確かに小さな町でした。冬のヨーロッパは日が落ちるのも早く、16時頃に暗くなると人気もまばらです。 

ヨーロッパの国々は駅のプラットフォームには誰でもが自由に入れ誰でもが自由に乗れるような感じで、日本の改札と比べ非常に自由度が高く感じた。国民性か?
スイス アルプス 切手
写真はアルプス切手

カップラーメン インターラーケン 駅前 コンビニ 

インターラーケンの駅前のキヨスクで見つけた日清のカップラーメン

インターラーケン駅に停車のベルリン行きの新幹線TGV

駅前で12月に路地で咲くアルプス地方の可憐な花々

新幹線 ヨーロッパ TGV  駅前 アルプスの花

TGV(テジェヴェ(仏)):フランス国鉄 (SNCF) が運行する高速鉄道の車両、およびそれの運行形態。「高速列車」を意味する の略(trainは列車、grandeは大きい、vitesseは速度を意味する)。日本の新幹線の営業速度を初めて塗り替えたことで世界の注目を集めた。

下はフランスからのTGVの列車の社内で隣り合わせたスイスの可愛い女の子で一生懸命勉強をしていました。お菓子を上げると可愛い笑顔を返してくれました
左はフランスからのTGVの列車の社内で隣り合わせたスイスの可愛い女の子で一生懸命勉強をしていました。お菓子を上げると可愛い笑顔を返してくれました

インターラーケンのホテルの踊り場においてあった案山子(カカシ)の人形。愛嬌タップリの感じします。


インターラーケンのホテルの踊り場においてあった案山子(カカシ)の人形。愛嬌タップリの感じします。鳥も逃げずに傍によりますね。可愛いクリスマスグッズも。

インターラーケンのホテルでの朝食(パン、フルーツ、コーヒー、ミルク) スイス

インターラーケンのホテルでの朝食(パン、フルーツ、ハム、コーヒー、ミルク)相当なボリュームがあります。下は町の陶器のおもちゃ類。

下は陶器のおもちゃ類。 スイス
スイス 鉄道 切手 蒸気機関車  スイス レース編み 切手 珍品

昔のスイスの鉄道切手(1847年の列車と100年後)上のTGVと比較すると新旧の列車の変化歴然ですね右は珍品のレース編みの切手、スイスはレース編みで世界的にも有名な国です。

■「アルプスの少女ハイジ」は児童文学的な作品で、スイスでの生活や動物の動きなどディテール細かくアニメで表現している。
■ハイジの村は、マイエンフェルト(Maienfeld)でリヒテンシュタインンに近いところです。チューリッヒからは50km程です。ハイジハウス(博物館)もあるそうです。今回はスキップ。

何故かスイスでロシアの
マトリョーシカ人形(Matryoshka doll)が販売。(拡大○

街角で見つけたスイスのガラス工芸品、スイスは
精密な物づくりが多いですね。(クリスマスグッズ)(拡大○

マトリョーシカ人形(Matryoshka doll)は、ロシアの木製の人形。単にマトリョーシカともいう。 ガラス工芸 スイス 写真

ホテルの近くの原石屋さん

スイス・インターラーケンののコンビニエンスストアー

インターラーケンの食事(新鮮野菜のサラダと鳥の胸肉の甘酢あんかけ、米は細長いが美味しかった)

スイスの料理 前菜 インターラーケン スイスの料理 鳥肉ハンバーグとライス インターラーケン

■スイスワインが造られ始めたのは古く、ローマ人がこの地に侵攻してきた紀元前一世紀のローマ時代にまで遡り、それ以来長い歴史と文化の中でワイン造りが受け継がれてきた、スイスワインは古い歴史を持つ由緒正しいワインですよ。美味しく希少価値が高いだけではなく、健康にも良いスイスワインにはアルペンチーズとのマリアージュが最高ですね。
■スイスではローマ時代より植えられている大変古いブドウ品種なども栽培され続けており、これに品種改良が加えられたりして(例えば最近注目されているディオリノワーなど)、この小さな国土に何十種類ものブドウ品種が存在し、まるでブドウ品種のデパート。スイスアルプスの清涼な水と空気を一杯に吸って育まれたスイスワインは、瑞々しくフルーティでとても美味しいものです。しかもほとんどのスイスワインはこの様な山間部産のため、手間の要る手入れと手摘みによる、大変人手のかかった「手作りワイン」。

芳醇な香りのスイスワイン 美味です 

芳醇な香りのスイスワイン
スイスの家並み 城 切手 建物

スイスの建物・家並み(切手)
アルプスの岩塩ランプ 温かみを感じます (アルプスの町インターラーケンにて)

アルプス 岩塩 ランプ

アルプスの岩塩ランプ ヒマラヤもうそうですが高い山は昔海の底でそれが隆起して出来たものが多く岩塩が多いです。 近隣のオーストリアのハルシュタット(世界遺産)には世界で最古の岩塩抗がある。紀元前400年以上も前に動物たちが食べているのに気付き発見された。此処は2.5億年前には海であり、1.5億年前に干上がって岩塩が取り残されたという。

 

インターラーケンのホテルは意外と質素で、珍しいので電話機を撮りました。ベッドはヨーロッパは大概ツインでなくダブルが
多いのですが珍しくツインでした。質素な感じが否めませんでしたが、思ったより暖房が良いせいか暖かく過ごせた。

△TOP

ユングフラウ(Jungfrau)

ユネスコ世界遺産 ユングフラウ山地の最高峰 

■インターラーケンからベルン高地鉄道(Berner Oberland-Bahn)でグリンデルヴァルト(東回りルート)かラウターブルンネン(西回りルート)へと登ることができる。さらに、ヴェンゲルンアルプ鉄道(Wengernalpbahn)に乗り換えると、クライネ・シャイデック(海抜2061メートル)まで到達できる。そこから、ユングフラウ鉄道が、ヨーロッパ最高地に位置するユングフラウヨッホ駅(海抜3454メートル)まで通じている。
 グリンデルヴァルト日本語観光案内所 


登山口:グリンデルヴァルト(拡大○)の駅舎です。下はレストランに置いてあったキッコーマン醤油です。

登山列車 ユングフラウ (スウィッチバック方式)

ヴェンゲルンアルプ鉄道の登山列車(スウィッチバック方式)

 

アルプスの少女・ハイジの村も近くに有ります。グリンデルヴァルトの村内には数多くのホテル、レストランがありグリンデルヴァルト駅前には日本人スタッフが常駐する日本語観光案内所もある。

スイス ユングフラウ グリンデルヴァルト(Grindelwald) 町並み

グリンデルヴァルト(Grindelwald)の町並み(赤色系の建物が多い)

グリンデルヴァルト(Grindelwald)は、スイス・アルプスにあるベルン州山岳地方(ベルナー・オーバーラント)を代表する観光の村であり、インターラーケンとともにベルナーオーバーラント地方の観光の拠点となっています。

グリンデルヴァルト(Grindelwald)の町並み(拡大○

グリンデルヴァルト(Grindelwald)へのケーブルカー(拡大○


ユングフラウヨッホ駅(3,451m)の当時の気象状況


ホテルの後ろに見えるのが有名なアイガー北壁(3,970m、
高さ1800mの岩壁)です。撮影は途中駅クライネ・シェーデッグ
(2,061m)から。世界遺産。拡大○

スイス ユングフラウ 頂上 紹介

■ユングフラウ頂上の周囲の山々の紹介図 標高3,571m 空気が流石に薄く、早足は禁物 高山病になる人も居ました。
ここからはアレッチ氷河などへ徒歩で行くことも可能であり、氷河ではスキーで滑ることも可能。

ユングフラウヨッホの頂上

スイス アルプス登山列車の信号機で日本とは少し違う様です

途中駅クライネ・シェーデッグのレストラン、春にはお花畑

ユングフラヨッホの頂上 スイス アルプス 世界遺産

右は登山列車の信号機で日本とは少し違う様です

■ユングフラウといえば、郷土料理「チーズ・フォンデェ(カクロンと呼ばれるチーズ鍋に、2〜3種のチーズをスイスワイン・白ワインで溶かし、パンの小片をからめて食べる料理)」ですか、でもスイスワインと下の料理は絶品でした。食文化は多彩。チーズフォンデュはスイス全土の名物(特にフランス語圏や山岳地方)。因みにスイスワインが造られ始めたのは古く、ローマ人がこの地に侵攻してきた紀元前一世紀のローマ時代にまで遡り、それ以来長い歴史と文化の中でワイン造りが受け継がれてきた、スイスワインは古い歴史を持つ由緒正しいワインなのです。

ユングフラウ ポテト料理
ユングフラウ料理(ポテト絶品でした) ポタージュは身にしみた

ユングフラウ ポテト料理 スープ 美味しい ポタージュ 食事

スイス連邦・ユングフラウへのアクセスマップ


大きな地図で見る
△TOP

ジュネーブ

スイスの首都です

■ジュネーブは人口は約18万人(2003年)、面積は15.86平方キロメートル、標高は373メートル。三日月形のレマン湖に面し、サレーヴ山(Mont Saleve)、ジュラ山脈等の山地に囲まれる。市内をアルヴ川、ローヌ川が流れる。世界の重要機関が集結した国際都市としてもあまりにも有名。


上段:ジュネーブ駅・・思ったより小さな都市でした。
市内はCOOP(生協)がやたら目立ちました。
 
下はジュネーブ駅前のホテル。

ジュネーブ 駅 構内 ポスター 女性

上はジュネーブ駅構内のクリスマスツリーとアンバランスな
女性のインナー姿の写真。 写真背景にも有る様に
女性のインナーの宣伝が乗り物含めそこかしこに掲載。

右はジュネーブ市内を走る日本では珍しい連結バス?(トラム)
連結車は珍しいですね?でもヨローッパでは凄く多いです。


アルプスの救護犬・大きなセントバーナード犬

ジュネーブ 連結バス

スイスのキリスト教会や家族にとって最も重要な年中行事はクリスマスです。クリスマスには、クリスマスツリーツリーを飾り、家族や友人と食事やプレゼント交換をし、クリスマスソングを歌ったり、クリスマスにちなんだ物語を朗読したりして盛大に祝います。 また、モミの小枝などで編んだリースに4本のろうそくを立てた待降節リースがあり、日曜日ごとにろうそくを1本ずつともし、クリスマスには、4本すべてのろうそくに火がともされる。ほのぼのとしてますよ。

スイスのクリスマス(2010年) 拡大はしません。

鉄道パスと鉄道チケットが買える【レイルヨーロッパ】
鉄道パスと鉄道チケットが買える【レイルヨーロッパ】

スイスの典型的な建物・家並み 切手

スイスの典型的な建物・家並み(1997年発行の切手) 積雪のため屋根の傾斜が急です。

[切手のリンク:ヨーロッパ切手デッドカントリー切手世界遺産衣装切手 ]
 

■スイスの国名の由来:Schwyzは古代ドイツ語で「酪農場」を意味する語が訛ったものだとされる。また、ラテン語の「Helvetia(ヘルヴェティア)」は、古代ローマの支配が及ぶ前からベルン周辺に住んでいたケルト系先住民族の部族名・ヘルウェティイ族に由来する。

△TOP

アルプスの救護犬・大きなセントバーナード犬(拡大○

アルプスの救護犬(拡大○

スイスでは救護犬も一緒に電車に乗ります。至極自然です。 当たり前ですよね。


スイス連邦( Switzerland ハイジの里・アルプスの国)

カウンター