Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集
海外写真集|ヨーロッパ・ドイツ ベルリン、ポツダム、フランクフルト:ベルリンの壁崩壊は、1989年11月9日 ポツダム広場、べりリンの壁、世界遺産サンスーシ宮殿、シャルロッテンブルグ゙宮殿、ベルリン大聖堂、ブランデンブルグ門、ライン川クルーズ、フランクフルト空港  他

ホーム>海外写真集>ヨーロッパ>ドイツのベルリン、ポツダム、フランクフルト

Deutschland(ドイツ連邦共和国) ・・ 一つの国生まれ変わったドイツ・ベルリン&ポツダム

 ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく)、通称ドイツ(旧西ドイツ)は、ヨーロッパ中部にある連邦制の共和国。首都ベルリン。北はデンマーク、東はポーランド、チェコ、南はオーストリア、スイス、西はフランス、ルクセンブルク、ベルギー、オランダと国境を接する。また、北部は、北西側が北海、北東側はバルト海に面する。領域は1990年のドイツ再統一(ベルリンの壁の崩壊)によって、ドイツ民主共和国(旧東ドイツ)を構成していた15県が6州として編入されて、現在の16州となった。アメリカ合衆国、日本に次いで世界第3位(為替レート換算値による)のGDPを誇る経済大国であり、欧州連合(EU)の中核国である。ベルリンとポツダムは2006年、フリードリッヒ2世の夏の離宮・世界遺産サンスーシ宮殿もupしてます。ベルリンの壁崩壊は、1989年11月9日に突如として東ドイツ政府が、東ドイツ市民に対して旅行の自由化(実際には旅行許可書発行の大幅な規制緩和)を発表した事に端を発し、双方の市民により壁が壊された。その後1年もせずにドイツは統一された。 ポツダムはポツダム宣言(The Potsdam Declaration、ポツダム会談での合意に基づいてアメリカ合衆国、中華民国および英国の首脳が、昭和20年(1945年)7月26日に大日本帝国に対し発した第二次世界大戦(大東亜戦争、太平洋戦争)の終結に関する13条から成る勧告の宣言)を発した町である。いずれも歴史の表舞台に大きくかかわっています。フランクフルト空港。  


 海外旅行写真|ヨーロッパ(Europa travel picture)

■ [ オーストリア(Austoria (2005年(Wien)|2006年(Zaltburug))|チェコ(Cezh)|フランス(France (パリ(Paris)
  |ルーヴル美術館(Louvre))|オランダ(Holland、(スキポール空港アムステルダム))|ハンガリー(Hungary)
  |ドイツ(Germany (ベルリン、ポツダム(Berlin、Potsdam))|ロマンチック街道)|スイス(Switzerland)
  |イタリア(Italiana)|バチカン市国(Governor of Vatican City) ]
 

(ドイツ内索引) ベルリン、ポツダム|ロマンチック街道( フュッセンローテンブルグヴァンハイム )|フランクフルト

下のサムネイルをクリッで大きな写真で閲覧できます。   ご注意)写真は私や娘が撮影し(2006&7年)著作権があります。

ドイツ・ベルリン(ポツダム含む)

ドイツ統一化されたときに発行された記念切手シート
ドイツ 統一 記念切手 ベルリン 壁

東西ドイツのベルリンの壁崩壊は、1989年11月9日に突如として東ドイツ政府が、東ドイツ市民に対して旅行の自由化(実際には旅行許可書発行の大幅な規制緩和)を発表した事に端を発し、双方の市民により壁が壊された。その後1年もせずにドイツは統一された。写真はその名残です。右の切手はその統一化されたときに発行された記念切手シートです。

■ベルリンは、1871年のドイツ帝国成立から1945年の第二次世界大戦の終結まで、ドイツ国の首都であった。ベルリンはドイツ東部の平原(北緯52度31分、東経13度24分)に位置し、周りをブランデンブルク州に囲まれている。面積は約890平方キロメートル、人口は約340万人(2005年11月)である。市の中央を東西にシュプレー川が流れており、テーゲル湖などの湖を擁している。

ベルリン市街の夜景

ベルリン観光局

ポツダム広場

ベルリンの壁戦後ドイツを
東西に2分したベルリンの壁

ドイツ ベルリン 市街地 夜景 ドイツ・ベルリン観光局 ドイツ ポツダム広場 ドイツ ベルリンの壁

ポツダム広場(Potsdamer Platz ポツダマー・プラッツ)はドイツ・ベルリンのミッテ区にある主要な広場で、また交差点。1920年代、30年代にかけて、ポツダム広場はヨーロッパ経済の中心地の一つだった。全盛期は1920年代でアレクサンダー広場とともにベルリンのナイトライフの中心だった。1961年8月31日に都市の中をつらぬく境界線に沿ってベルリンの壁が構築され、ポツダム広場は二つに分断された。かつてのにぎやかな交差点は荒地になってしまった。1990年以降、広場はベルリンの中心部からすぐという魅力的な場所のため、注目を集め、大きく変化しています。ポツダム広場の4区画のうち2番目に広い地区()はソニーが担当し、ヨーロッパ本社を建設した。ヘルムート・ヤーンによる印象的で、ガラスと鉄からできた軽快な一枚岩のソニーセンターはベルリンにおける近代建築の最高峰の一つだとみなされている。ソニーセンターには、戦前のベルリンを代表するホテル「エスプラナーデ」に残されていたカイザーザール(皇帝の間)を取り込むかたちで保存しており、レストランとして利用されている。 他にダイムラーシティーにはユダヤ博物館もあります。 

ポツダム広場
IMAXシアターのツリー

フリードリッヒ2世の夏の離宮・
世界遺産サンスーシ宮殿

ホテルのロビーのおいてある食べ物(パンとお菓子の家)
*お菓子の家はドイツではクリスマスケーキの代わりに食べるもの。

シャルロッテンブルグ゙宮殿
ドイツのベルリンにある
プロイセン王国の宮殿

ドイツ フリードリッヒ2世の夏の離宮・世界遺産サンスーン宮殿 ドイツ シャルロッテンブルグ゙宮殿 ドイツのベルリンにあるプロイセン王国の宮殿

サンスーシ宮殿は、ドイツ、ブランデンブルク州の州都ポツダムにある宮殿。「サンスーシ」とは、フランス語で「憂いなし」を意味し、日本や中国では漢訳して無憂宮とも表記する。サンスーシ宮殿は、プロイセン王国時代の1745年から1747年にかけて、フリードリヒ2世の命によって建てられた。ヴォルテールが一時期滞在したことでも知られる。
シャルロッテンブルグ宮殿(Schloss Charlottenburg)は、ベルリンにあるプロイセン王国の宮殿、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の后であるゾフィー・シャルロッテ(ルイーゼ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツ)の夏の離宮として1695年から4年にわたり建設させたものです。 プロイセン王国とはホーエンツォレルン家の支配したバルト海沿岸の王国です。
■ルイーゼ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツ(Luise Auguste Wilhelmine Amalie):消極的で優柔不断な国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世は暗愚にして軍隊は旧態依然、意気揚がるナポレオン軍にかなうはずもなく、1807年のティルジット条約によってエルベ川以西の領土は全て失われ、領土と人口は約半分になった。王妃はこのとき優柔不断な国王を激励し、自らもナポレオンと会談するなどしてプロイセンの存続に尽力したため、非常な尊敬を集めた。危機は改革を呼び、シャルンホルストやグナイゼナウ、クラウゼヴィッツが軍制改革を、シュタインに続いてハルデンベルクが自由主義的改革によって農民解放、行政機構の刷新を行った。夫であるフリードリヒ・ヴィルヘルム3世との間には、以下の5男4女(死産の1児を除く)をもうけた。、「美しき敵対者」「プロイセンの雌豹」などと評された。
 

ベルリンのテレビ塔と見本市会場

ドイツ連邦共和国・ベルリンのアクセスマップ

ポツダム(Potsdam)はドイツ連邦共和国東北部に位置する独立都市。ベルリンの西南近郊に位置し、ベルリンの中心街から約26kmである。ベルリンからSバーン(S-Bahn、近郊列車)で行くことができる。ハフェル川が流れ、いくつかの互いにつながった湖がある。王家の壮大な建造物は、18世紀半ば、主にフリードリヒ2世の治世の間に建てられた。そのうちの一つが、庭園とロココ様式の内装で有名なサンスーシー宮殿である。他には、新宮殿やオランジェリー宮殿がある。1745年にプロイセン王国のフリードリヒ大王が造営した夏の離宮サンスーシ宮殿や、第二次世界大戦末期の1945年にポツダム会談が行われたツェツィーリエンホーフ宮殿などが、1990年に「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。ポツダムはプロイセン王の夏の別荘でした。サンスーシー城、新宮殿、シャーロッテンホフ、金色に輝く中国茶館などいくつもの小さな建物のある広々とした公園など、過ぎ去った時代の華麗さ皆様の目を奪うことでしょう。

シャルロッテンブルグ゙宮殿
ドイツのベルリンにあるプロイセン王国の宮殿(拡大せず)

絵に描いたように美しいオランダ街のあるポツダムの中心部、伝統的なロシア建築のあるロシア地区アレクサンドローヴァも過ぎ去った日々を蘇らせてくれます

ドイツの名物料理
(ポテトとソーセージ)

ベルリン市内の大きな屋台で

ドイツ・ベルリンの
白身魚のランチ

ドイツ・マイセン制作風景

ドイツの名物料理 ポテト ソーセージ ドイツ ベルリン 屋台 フランクフルト・ソーセージ ベルリン ホテル ディナー 白身魚 ドイツ マイセン 陶器

□薀蓄)朝昼晩三食とも食べる量はほぼ同じである日本とはちがい、ドイツでは朝飯と夕飯は簡単なもので済ませ、そのぶん昼飯は時間をかけたっぷりと食べることが多いそうです。

マイセン(陶磁器)の事はコチラから情報が分ります。

ベルリンの市街地の町並み

映画ミッション・インポッシブル3
の舞台です

■ミッション:インポッシブル3、(Mission: Impossible III)は、2006年のアメリカ映画。トム・クルーズ主演の『ミッション:インポッシブル』シリーズの3作目

ベルリンの町並み ドイツ 映画 ミッション・インポッシブル3

クラリオン・ベルリンホテルの
部屋にてチップは1人1ユーロ

ヨーロッパの国々はクリスマス・シーズンともなると雰囲気が出ます。ビジネスや観光旅行。家族連れだけでなく、街全体でアダルトな感覚が楽しめますよ。

色々な味がありますよ。日本
では1種類しか販売されてない。

ベルリンの店先の
ヴォルビック

ドイツ ベルリン ホテル ドイツ ヴォルビック

■BERLIN, HOTEL (EX:CLARION HOTEL BERLIN CITY CENTER): ベルリン (旧名:クラリオン ベルリン シティーセンター)ベルリンの中心部、官庁街に建つデラックスホテル。バス停がすぐ近くにあり、主な観光スポットへのアクセスもよい。客室は最新の設備を備え、無線LANによるインターネットの利用もできる。2001年改装済み。

ベルリン市内のレストラン1.

ベルリン市内のレストラン2.クリスマスシーズンでツリーが       

ドイツ ベルリン レストラン ドイツ クリスマス ツリー

ドイツではクリスマスに向けて華やかに飾られた通りを抜けて、音楽隊やコーラスの歌が響くクリスマスマーケットに行ってみましょう。アドヴェントの期間には教会の鐘の音、塔から響くトランペット、そして教会内やマーケットのステージからはクラシックからゴスペルなど、いろいろな音楽が聞こえてきます。

ベルリン大聖堂
教会 1.

ベルリン大聖堂
教会 2.

クリスマスのイルミネーションが美しい歩行者天国やショッピングセンターを歩いてみましょう。見て歩くだけでも楽しいものです。なんでも揃っていて、どれも欲しくなってしまいます。12月はカルチャー面でもクリスマスが中心です。
■アドベント (Advent) とはキリスト教において、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のこと。日本語では「待降節(たいこうせつ)」「降臨節(こうりんせつ)」ともいいます。

ベルリン大聖堂 ドイツ ベルリン ベルリン大聖堂

■ドイツのベルリン大聖堂 (ドイツ語: Berliner Dom 、英語:Berlin Cathedral)とは、ベルリンのミッテ区にあるホーレンツォレルン王家の記念教会。ルーテル教会の大聖堂である。ひときわ目を引くドームが印象的な建物である。もともとの教会がヴィルヘルム2世の命令によって1905年に建て替えられ、現在の姿となった。王家ゆかりの人々の墓碑などがある。114mの高さを誇る天蓋は第二次世界大戦で被害を受けたが、1993年に修復され現在の姿を取り戻した。270段の階段を昇って天蓋部分へ出ることもできる。
■ブランデンブルク門(Brandenburger Tor統一ドイツの象徴)1788〜91年にプロイセン王国の凱旋門として、アテネの神殿の門を手本にして建てられた。ドイツ古典主義建築の傑作といわれる。門の上の勝利の女神と4頭立ての馬車カドリガは、1806年にプロイセンを破ったナポレオンがパリへ持っていってしまったが、1814年にベルリンに戻った。東西分裂時代は門のすぐそばに壁が築かれていたため、この門をくぐることはできなかったが、今では誰もが通れるようになった。 

クリスマスのベルリン・ブランデンブルグ門


クリスマスツリー

■2010年は4月2日から10月24日までデイリーでクルーズ船が運行します。全長1300キロメートルのライン川。その最も変化に富んだ景色の美しい約65キロメートルの区間は「ロマンチック・ライン」として、2002年にユネスコ世界遺産に登録されました。地元のワインを楽しみながら世界遺産を眺める船旅をお楽しみください。

ライン川クルーズ

ドイツのフランクフルト空港で撮影(スウオッチ)
  ドイツ フランクフルト空港で スウォッチ     

 △TOP

ドイツ・フランクフルト

・フランクフルト空港を中心に

■フランクフルト・アム・マインはヨーロッパの心臓部と言われているドイツの大都市。伝統と現代、商業と文化、活気と平穏など、息を呑むようなコントラストに彩られています。 世界の大都市としてのフランクフルトの特徴は、IAA国際自動車メッセや国際ブックフェアなどをはじめ、金融業界や生活に関する国際メッセが開かれること。理由はフランクフルトの地の利がいいからです。 

ドイツ フランクフルト空港 ドイツ フランクフルト空港 飛行機

■フランクフルト空港(ドイツのフランクフルト・アム・マイン(政治都市である首都ベルリンに対する経済の中心都市で、ニューヨーク、東京、ロンドンに次ぐ世界経済の重要拠点のひとつ)にあるドイツ最大の空港)はハブ空港の様で広さは日本国内では比較するものがない位広大です。

ドイツ・フランクフルト⇔オランダ・スキポールのKLM

移動中のKLM機内風景(CA(キャビンアテンダント))

フランクフルト⇔スキポールのKLM 移動中の機内風景(CA(キャビンアテンダント))

■ドイツ中央、ライン支流のマイン川に面したフランクフルトは、中央ヨーロッパ最大の空港を持つ国際都市である。欧州中央銀行や国際見本市の町としても有名だが、ハイデルベルクやライン川、ドイツメ街道、ロマンチック街道と、観光スポットへの起点として多くの観光客が訪れる町でもある。文豪ゲーテが生まれた町は、文化を育みながら世界へと飛躍していく。主な観光スポットとしては、Romerberg レーマーベルク/ Goethehaus ゲーテハウス/ Stadelsches Kunstinstitut シュテーデル美術館/Sachsenhausen ザクセンハウゼン/ Dom 大聖堂 などがあります。

ドイツ・フランクフルト空港構内

フランクフルト空港の可愛い兄妹
外人は何でも絵になります

フランクフルト空港
スキポール空港行き

フランクフルト空港の遠景

ドイツ・フランクフルト空港

ドイツ・フランクフルト空港

ドイツ・フランクフルト空港

■フランクフルト国際空港はドイツのフランクフルト・アム・マインにあるドイツ最大規模の空港で、ヨーロッパでは、ロンドンのヒースロー空港に次ぎ、二番目または三番目に大きい空港である。世界における国際線の主要なハブ空港のひとつ。

ドイツ・フランクフルト空港 ドイツ・フランクフルト空港 ドイツ・フランクフルト空港
△TOP

ドイツの民族衣装

ドイツの民族衣装(コスチューム)の切手
ドイツの民族衣装(コスチューム)の切手 シュライフェの衣装、ホイエルスベルダの衣装、カーメンツの衣装
シュライフェの衣装、ホイエルスベルダの衣装、カーメンツの衣装

■ドイツの領邦国家の切手は こちら です。
@バーデン(BADEN):南ドイツでライン川を境にフランスのアルザス・ロレーヌ地方と接する公国。 Aバイエルン(BAYERN):ルードウィヒの治めた南ドイツの王国。 Bハンブルグ(HAMBURG)やCプロイセン(PREUSSEN):プロシア。ドイツ東方の小国。初期の切手はフレデリック・ヴィルヘルム4世の肖像が多い。 Dザクセン(SACHSEN):チェコ共和国に接する王国。マイセン等で有名。 Eシュレスウィヒ・ホルシュタイン(SCHLESWIG HOLSTEIN):ユトランド半島の付け根に位置する小国。1850年から切手発行 FTRURNandTAXISやGヴュルテンベルグ(WURTEMBERG):南ドイツのバーデンとバイエルンに挟まれた王国。1851年に一番切手発行。

[切手のリンク:ヨーロッパ切手デッドカントリー切手世界遺産衣装切手仮面切手舞踊・ダンス切手髪飾り ] 
 

ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群(関連する世界遺産)

■ドイツの世界遺産は、(1)アーヘン大聖堂  (2)シュパイヤー大聖堂 (3)ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場 (4)ヴィースの巡礼教会 (5)ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト (6)ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル教会 (7)トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会 (8)ハンザ同盟都市リューベック (9)ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 (10)ロルシュの大修道院とアルテンミュンスター (11)ランメルスベルク鉱山と古都ゴスラー (12)バンベルクの町 (13)マウルブロン修道院の建造物群 (14)クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街 (15)フェルクリンゲン製鉄所 (16)ケルン大聖堂 (17)ヴァイマルとデッサウのバウハウスとその関連遺産群 (18)アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルター記念建造物群 (19)古典主義の都ヴァイマル (20)ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島) (21)ヴァルトブルク城 (22)デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国 (23)僧院の島ライヒェナウ (24)エッセンのツォルフェライン炭鉱業遺産群 (25)ライン渓谷中流上部 (26)シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区 (27)ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像 (28)ドレスデン・エルベ渓谷 (29)レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ (30)ムスカウ公園 (31)ローマ帝国の国境線 (32)メッセル採掘場の化石発掘現場 が登録されています。

■ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群(は、ドイツのポツダムとベルリンにある複数の旧宮殿建造物とその付属庭園(公園)その他の総称。ポツダム北東部とベルリン南西部に残されているプロイセン王国時代の宮殿群と庭園群が、この世界遺産の中核である。代表的なものとしては、フリードリヒ大王の離宮サンスーシ宮殿や、ポツダム会談で使われたツェツィーリエンホーフ宮殿がある。

ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群(1990、1992、1999)

CM)ワインの通販
ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群(1990、1992、1999) ドイツ 世界遺産 ワイン 株式会社ベルーナ 匠ソムリエ監修、直輸入、自社専門倉庫での品質管理【MyWineClub】

■ドイツワイン:ドイツは、寒冷な気候のために、ブドウの栽培が南部の地方に限られる。この地はブドウの栽培できる北限とされ、主にフランスに近いライン川やその支流沿いでワインが生産されている。主なアペラシオン(ベライヒ:13地区)としては、ライン川に面したラインガウやラインヘッセン、ライン川の支流であるモーゼル川、ザール川、ルーヴァー川の3つの川の流域にまたがるモーゼルがよく知られている。ブドウの品種は、安価なワインにはミューラー・トゥルガウが用いられるが、貴腐ワインをはじめとする高級白ワインはほとんどすべてがリースリングである。
ドイツで生産されるワインは、圧倒的に白ワインが多い。その厳しい気象条件のために、黒葡萄は十分に色付くことができず、数少ない赤ワインも、気候に恵まれた地域のものと比べると、より色が薄い。しかし、緯度が高いことを利用して、夏季に穏やかな日照時間を長く取ることによって、凝縮性が高く、独特な酸味と果実性に富んだワインが造られる。この酸味の豊かさが、ドイツワインの長命性、殺菌性に貢献していると言われている。ドイツでは、ワインを飲んで風邪を治療する人もいる。また、日照量の確保のため、ブレマー・カルモント(モーゼル)のように最大傾斜70度近くある畑も存在し、土壌の性質と相俟って、味に張りのあるワインが多い。

 

     

(ドイツ観光局)


■マイセン陶磁器日本語サイト
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

鉄道パスと鉄道チケットが買える【レイルヨーロッパ】
鉄道パスと鉄道チケットが買える【レイルヨーロッパ】

Deutschland(ドイツ連邦共和国) ・・ 一つの国生まれ変わったドイツ・ベルリン&ポツダム

カウンター