Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集
美術切手|(特別企画)メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art、略称:The Met)収蔵絵画
 アメリカ合衆国・ニューヨーク。 シカゴ美術館とボストン美術館の写真も追加してます。

ホーム>切手・題材・テーマ別>世界の美術・工芸>美術切手|(特別企画)メトロポリタン美術館収蔵絵画 アメリカ合衆国・ニューヨーク


美術切手と写真|(特別企画)メトロポリタン美術館収蔵絵画 アメリカ合衆国・ニューヨーク

 美術切手|(特別企画)メトロポリタン美術館収蔵絵画 アメリカ合衆国・ニューヨーク。 メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art、略称:The Met)について、1870年に出来た美術館で、現在では絵画・彫刻・写真・工芸品ほか楽器など300万点の美術品を所蔵する、名実ともに世界一の美術館のひとつである。  メトロポリタンの特色は、そのコレクションの幅がきわめて広く、古今東西の、あらゆる時代、地域、文明、技法による作品を 収集していることである。 もう1つの特色は、これだけの規模の美術館が、国営でも市立でもなく、純然たる私立の美術館である点である。 印象派の絵画が多い。 現在では絵画・彫刻・写真・工芸品ほか家具・楽器・装飾品など300万点の美術品を所蔵しています。 掲載物は1996年のメトロポリタン美術館125年の名画切手シリーズと当サイトでメトロポリタン所有のハッキリしている切手を中心にし、シカゴ美術館とボストン美術館の写真も追加しています。 1999年、2003年、2012年撮影分。 
*写真画像はクリックで大きな画像表示になります。


このページ メトロポリタン美術館収蔵絵画 索引
[ 先史代〜中世、ゴシック、ルネサンスバロック、ロココ、ロマン派、写実派耽美主義、印象派〜現代美術館や絵画の写真  ]

■巨匠の絵画切手 [ ボッティチェッリダ・ヴィンチラファエロミケランジェロデューラーティツィアーノルーベンスベラスケスアングルエル・グレコレンブラントカラヴァッジオフェルメールダイクドラクロワゴヤ|ゴッホ(no.1|no.2)|ルノワールマネとモネセザンヌゴーギャンマチスピカソダリ葛飾北斎安藤広重クリムトシャガールモディリアーニミュシャ ]

ページ内検索は Ctrl + F で出来ます

美術切手|(特別企画)メトロポリタン美術館収蔵絵画

メトロポリタンの特色は、そのコレクションの幅がきわめて広く、あらゆる時代、地域、文明、技法による作品を収集していることにある。そして最大の特色は、これだけの規模の美術館が、国立でも州立でも市立でもない、純然とした私立の美術館である点。入館料が美術館側の『希望額』として表示されているのも名物。 メトロポリタン美術館公式サイト (英語)

先史代〜中世、ゴシック、ルネサンス

中世の祭壇画、Christmas Altarpiece,Metropolitan Museum

コレッジョ 『4聖人』
メトロポリタン美術館 ガンビア

ルネサンス時代のジョヴァンニ・ディ・パオロ・ディ・グラツィア(Giovanni di Paolo di Grazia)の『天地創造と楽園追放』

メトロポリタン 美術館 中世の祭壇画、Christmas Altarpiece,Metropolitan Museum 『4聖人』 コレッジョ ルネサンス メトロポリタン美術館 ゴシック時代のジョヴァンニ・ディ・パオロ・ディ・グラツィア(Giovanni di Paolo di Grazia)の『天地創造と楽園追放』

コジモ・ロッセリの聖母子|Madonna and Child with Angels
|Cosimo Rosselli (Italian, Florentine, 1440-1507)

グラツィア(Giovanni di Paolo di Grazia)の『天地創造と楽園追放』 / Portrait of a Member of the Wedigh Family, Probably Hermann Wedigh |Hans Holbein the Younger (ホルバイン)

コジモ・ロッセリの聖母子|Madonna and Child with Angels|Cosimo Rosselli (Italian, Florentine) グラツィア(Giovanni di Paolo di Grazia)の『天地創造と楽園追放』 Portrait of a Member of the Wedigh Family, Hans Holbein the Younger

ロバート・ピーク・エルダーの『ヘンリーフレデリック(1594-1612)プリンスオブウェールズ』

ティツィアーノ 『若い男の肖像』 メトロポリタン美術館 ガンビア

ロバートピーク  Robert Peake (1576 - 1619 ヘンリーフレデリック(1594-1612)プリンスオブウェールズ

メトロポリタン美術館

『若い男の肖像』 チチアン ルネサンス期ヴェネツィア派最大の巨匠ティツィアーノ

Madonna and Child with Angels|Cosimo Rosselli (Italian, Florentine, 1440-1507) Tempera and gold on wood
The picture seems to have been painted about 1480-82, under the strong influence of Verrocchio, and is almost perfectly preserved. It is roughly contemporary with Rosselli's frescoes in the Sistine Chapel, Rome, where he worked alongside Perugino, Botticelli, Ghirlandaio, and Signorelli. The frame dates from the late sixteenth or early seventeenth century.

「ビーナスとキューピッド
(Venus and Cupid) 」|
ルーカス・クラナッハ

「Judith with the Head of Holofernes【ユディト】 」|ルーカス・クラナッハ メトロポリタン美術館

Saint Maurice, ca. 1522-25|Lucas Cranach the Elder (German, 1472-1553) and Workshop

Madonna and Child, ca. 1485|Filippino Lippi フィリッポリッピ
メトロポリタン美術館

「ビーナスとキューピッド (Venus and Cupid) 」  1530年頃 |ルーカス・クラナッハ 「Judith with the Head of Holofernes【ユディト】 」  1530年頃|ルーカス・クラナッハ Saint Maurice, ca. 1522-25|Lucas Cranach the Elder (German, 1472-1553) and Workshop Madonna and Child, ca. 1485|Filippino Lippi (Italian, Florentine, probably born 1457, died 1504)

Paradise (天国、predella panel), ca. 1445 Giovanni di Paolo

The Annunciation, parts of a polyptych, 1506 Gerard David

フィリッポ・リッピ(Fra Filippo Lippi) 2天使を伴う玉座の聖母子

Paradise (predella panel), ca. 1445 ジョヴァンニ・ディ・パオロ・ディ・グラツィア(Giovanni di Paolo di Grazia) The Annunciation, parts of a polyptych, 1506 Gerard David (Netherlandish) フィリッポ・リッピ(Fra Filippo Lippi) 2天使を伴う玉座の聖母子 / Madonna and Child Enthroned, with two Angels

■Madonna and Child, ca. 1485|Filippino Lippi (リッピ Italian, Florentine, probably born 1457, died 1504) Tempera, oil, and gold on wood
On the nearer column seen through the window is the coat of arms of the Strozzi family, for whom Filippino Lippi decorated a chapel in Santa Maria Novella, Florence (1487-1502). The picture seems to have been painted about 1485, and reveals, in the view through the loggia on the left and in the candlestick, the influence of Flemish painting. A variant of the composition, by Piero di Cosimo, is in the Royal Palace in Stockholm, and another, by the Master of the Naumburg Madonna, is at Mainz.

■Saint Maurice (サン モーリス also Moritz, Morris, or Mauritius) was the leader of the legendary Roman Theban Legion in the 3rd century, and one of the favorite and most widely venerated saints of that group. He was the patron saint of several professions, locales, and kingdoms. He is also a highly revered saint in the Coptic Orthodox Church.

「聖アンナと聖母子(Virgin and Cgild with Saint Anne) 」 
|アルブレヒト・デューラー

中世、ゴシックからルネサンスまで多数の画家の作品
ホルバイン、ティツィアーノ、コレッジョ  (メトロポリタン美術館)

「聖アンナと聖母子(Virgin and Cgild with Saint Anne) 」 |アルブレヒト・デューラー 中世、ゴシックからルネサンスまで多数の画家の作品(メトロポリタン美術館)

ラファエロの絵画 『玉座の聖母子と5聖人 (コロンナの祭壇画) 』 
1504-05 メトロポリタン美術館

ラファエロの絵画 『玉座の聖母子と5聖人 (コロンナの祭壇画) 』 1504-05 メトロポリタン美術館 実物

ラファエロの絵画 『玉座の聖母子と5聖人 (コロンナの祭壇画) 』 1504-05 メトロポリタン美術館 ラファエロの絵画 『玉座の聖母子と5聖人 (コロンナの祭壇画) 』

Human-headed winged lion (lamassu), 883-859 b.c.;
Neo-Assyrian period, reign of Ashurnasirpal II

ピエトロ・ペルジーノ Pietro Perugino|
『洗礼者ヨハネと聖ルキア』

Human-headed winged lion (lamassu), 883-859 b.c.; Neo-Assyrian period, reign of Ashurnasirpal II ピエトロ・ペルジーノ Pietro Perugino|『洗礼者ヨハネと聖ルキア』

「ヴィーナスとアドーニス (Venere e Adone)」 |ティツィアーノ・ヴェチェッリオ / 
「ヴィーナスとリュート奏者(Venus and The Lute Player)」|ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(Tiziano Vecellio)とその工房

「ヴィーナスとアドニス (Venere e Adone)」 1553-1554年|ティツィアーノ・ヴェチェッリオ  「ヴィーナスとリュート奏者(Venus and The Lute Player)」|ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(Tiziano Vecellio)とその工房

■「ヴィーナスとアドニス (Venere e Adone)」 1553-1554年|ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(伊: Tiziano Vecellio、1488年/1490年頃 - 1576年8月27 日)
10年以上にわたり断続的に描かれ続けた神話画連作ポエジアより『ヴィーナスとアドニス』。このポエジアの典拠は全てギリシア・ローマ神話の≪転身物語≫によるもので、本作はキプロス島の美少年アドニスに恋をしたヴィーナスが、危険な狩りに出ようとするアドニスを制止する場面を描いた作品。
■アントワーヌ・ヴァトー Jean Antoine Watteau  メズタン (Le Mezetin) 1717-1719年頃 ; イタリア喜劇の有名な役柄(役者)である≪メズタン≫を単身で描いた作品。画面中央でギターを弾くメズタンは役柄的には数多くの脇役のひとりであり、主人公の女性に密かな恋心を抱くものの、端から相手にされない男である。 メトロポリタン美術館

アントワーヌ・ヴァトー Jean Antoine Watteau  
「メズタン (Le Mezetin)」

アントワーヌ・ヴァトー Jean Antoine Watteau  メズタン (Le Mezetin)

△TOP

バロック、ロココ、ロマン派、写実派

『リュートを弾く若者』1596c メトロポリタン美術館? カラヴァッジオ

『リュートを弾く若者』1596c メトロポリタン美術館 カラヴァッジオ

『リュートを弾く若者』1596c メトロポリタン美術館 カラヴァッジオ 『リュートを弾く若者』1596c メトロポリタン美術館 カラヴァッジオ

■『リュートを弾く若者』は微妙に若者の表情や]リュートの左の置物が違う。

『音楽家たち (The Musicians)』(1595 - 96年)|ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(Michelangelo Merisi da Caravaggio)

Esther before Ahasuerus
アルテミジア・ジェンティレスキ(Artemisia Lomi Gentileschi)

『音楽家たち (The Musicians)』(1595年 - 1596年)|ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(Michelangelo Merisi da Caravaggio) Esther before Ahasuerus|アルテミジア・ジェンティレスキ(Artemisia Lomi Gentileschi)

シート地にロココのアレクサンドル・カバネル
(Alexandre Cabanel,1823-89の)『エコー』(メトロポリタン美術館)

ロココのフランソワ・プーシュの『ヴィーナスの化粧』
(メトロポリタン美術館) シート地にブーシェの自画像

『窓辺で水差しを持つ女(Vrouw met waterken)』 
フェルメール メトロポリタン美術館

ゴヤの『マヌエル・オソーリオ・マンリーケ・デ・スニガ』 (実物)

ゴヤの『マヌエル・オソーリオ・マンリーケ・デ・スニガ』

『窓辺で水差しを持つ女(Vrouw met waterken)』 フェルメール メトロポリタン美術館 ゴヤ ロマン派 絵画 『マヌエル・オソーリオ・マンリーケ・デ・スニガ』 ゴヤ ロマン派 絵画 『マヌエル・オソーリオ・マンリーケ・デ・スニガ』メトロポリタン美術館

■カバネルが1863年に描いた『ヴィーナスの誕生』は、19世紀のアカデミック絵画で最もよく知られている絵である。この絵はナポレオン3世が購入した。クリックで拡大します。切手はサントメプリンシペ 2009年発行
■上右のシートは、ロココのフランソワ・ブーシェ画『ヴィーナスの化粧』(メトロポリタン美術館)。シート地にブーシェの自画像と、『マリー=ルイーズ・オミュルフィ』(アルテ・ピナコテーク)、『水浴のディアナ』、『アイネイアスのために造った武器をウェヌスへ贈るウルカヌス』(ともにルーヴル美術館)です。 (拡大○)サントメプリンシペ 2009年
■ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル画 『ドブロリ公爵夫人』1853年 メトロポリタン美術館 (拡大○

■メトロポリタンに所蔵展示されているフェルメール作品は『窓辺で水差しを持つ女(Vrouw met waterken)』、『リュ−トを調弦する女(窓辺でリュートを弾く女)』、『眠る女』、『少女』、『信仰の寓意』の5点にも登る貴重なフェルメール絵画が展示されています。
『少女』 制作年代:1666?1667年頃|17世紀オランダの画家ヨハネス・フェルメール (Johannes Vermeer, 1632 - 1675)
『真珠の耳飾の少女』と同様、無地の暗い背景に少女の上半身のみが描かれている。しかし、『真珠の耳飾の少女』ほど評価は高くなく、絵全体の印象もかなり異なっている。実在のモデルを描いたものかどうかは定かでない。

フェルメール|『眠る女』

フェルメール|
『水差しを持つ若い女』

フェルメール|
『少女』

フェルメール|
『信仰の寓意』

フェルメール|『リュ−トを調弦する女(窓辺でリュートを弾く女)』

フェルメール|『水差しを持つ若い女』 フェルメール|『少女』 フェルメール|『信仰の寓意』 フェルメール|『リュ−トを調弦する女(窓辺でリュートを弾く女)』

■『窓辺で水差しを持つ女』は、左側に窓が置かれた部屋の中で日常生活を過ごす女性の単身像というフェルメールの典型的な作例のひとつであるが、その完成度は非常に高い。特に綿密な計算によって塗り重ねられた透明感を感じさせる色彩表現は特筆に値する。窓際で水差しを手に、おそらく窓を開けているのであろう女性の被る白頭巾の薄く青みがかった白色の表現は、背後の白壁と明らかに異なる存在感を放っており、その透明的でありながら明暗を明確に示す色彩の階調の変化は、観る者に清涼感すら感じさせる。また女性が左手に持つ、よく磨かれたであろう光沢感の強い銀の水差しの皿に映り込む、テーブルに掛けられたタペストリー布の類稀な反射表現は、否が応にも観る者の視線を水差しへと向けさせる。
■『ド・ブロイ公爵夫人』 メトロポリタン美術館 "Princesse Albert de Broglie" 夫人は第二帝政時代の最も教養あるサークルメンバーの一人。 夫人の身に着けている衣装や装飾品、そして背景に描かれている豪奢な調度品から、彼女が相当の富裕層の出身であることがわかります。 陶磁器のような美しい肌を露わにした格好をしていますが、慎み深い雰囲気は少しも損なわれていません。

オーギュスト・ドミニク・アングル画『ド・ブロイ公爵夫人』 (実物)"Princesse Albert de Broglie"

オーギュスト・ドミニク・アングル画『ド・ブロイ公爵夫人』1853年"Princesse Albert de Broglie"

オーギュスト・ドミニク・アングル画『ド・ブロイ公爵夫人』1853年 メトロポリタン美術館 "Princesse Albert de Broglie" オーギュスト・ドミニク・アングル画『ド・ブロイ公爵夫人』1853年

エル・グレコ 『トレド風景』
メトロポリタン美術館 バロック
(ギリシャ)

エル・グレコの絵画 
『嵐のトレド風景』 (実物)

The Calmady Children, 1823|サー・トーマス・ローレンス(Sir Thomas Lawrence)

ロココ フランソワ・ブーシェ
『ヴィーナスの化粧室』(1851)
(メトロポリタン美術館)

エル・グレコ(El Greco) 『嵐のトレド風景』 エル・グレコ(El Greco) 『嵐のトレド風景』 メトロポリタン美術館 The Calmady Children, 1823|サー・トーマス・ローレンス(Sir Thomas Lawrence) 『ヴィーナスの化粧室』 ブーシェ

エル・グレコの絵画 『羊飼いの礼拝(キリスト降誕)』、『自画像』、『Portraito of a Cardinal』、『十字架を担うキリスト』(実物) 

エル・グレコ(El Greco) メトロポリタン美術館 『羊飼いの礼拝(キリスト降誕)』 エル・グレコ(El Greco) メトロポリタン美術館 『自画像』 エル・グレコ(El Greco) メトロポリタン美術館 『Portraito of a Cardinal』 グレコ 『十字架を担うキリスト』

メトロポリタン ルノワールやフェルメール、モネ

ゴーギャンやジェリコー、ロマン派の絵画

メトロポリタン美術館 ルノアールやフェルメール、モネ ゴーギャンやロマン派の絵画

写実主義 クールベ画 『The Source, 1868』、
『The Bather, 1868(メトロポリタン美術館)』

■『ヴィーナスとアドーニス』(Venus and Adonis)は、ウィリアム・シェイクスピアの3つの長編詩の1つ。
ヴィーナスとアドーニスの話はオウィディウスの『変身物語』第10巻に由来する。オウィディウスはどのようにしてヴィーナスが最初の死すべき人間の恋人である美しいアドーニスを獲得したかを物語っている。二人はずっと一緒で、アドーニスの狩りにもヴィーナスはついて来た。ヴィーナスはアドーニスにアタランテーとヒッポメネース(Hippomenes。メラニオーンとも)の話をして、危険な動物の狩りをやめるよう説得した。しかし、アドーニスはその警告を無視し、猪に殺されてしまった。

「ヴィーナスとアドーニス」|ピーテル・パウル・ルーベンス
(Peter Paul Rubens) メトロポリタン美術館

『The Young Virgin(若い聖母)』 スルバラン バロック

「グレース・エリオット 夫人」
|トマス・ゲインズバラ

「ヴィーナスとアドニス」|ピーテル・パウル・ルーベンス(Peter Paul Rubens) 『The Young Virgin(若い聖母)』 スルバラン  Zurbaran 「グレース・エリオット (Grace Dalrymple Elliott)夫人」|トマス・ゲインズバラ (Thomas Gainsborough)

Francisco Goya(ゴヤ), 『バルコニーのマハたち Majas on a Balcony』, 1835 / Venus and Cupid, late 1520s|Lorenzo Lotto (ロレント・ロット , Venetian, ca. 1480-1556) / ロココ フランソワ・ブーシェ 『ヴィーナスの化粧室 (The Toilet of Venus)』(1851)

Francisco Goya, バルコニーのマハたち Majas on a Balcony, 1835 Venus and Cupid, late 1520s|Lorenzo Lotto (Italian, Venetian, ca. 1480-1556) ロココ フランソワ・ブーシェ  『ヴィーナスの化粧室』(1851) The Toilet of Venus

『女占い師』 ラトゥール 1632-35年頃 (メトロポリタン美術館) / 
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『悔い改めるマグダラのマリア』(1635年頃) Georges de La Tour , Mary Magdalene repent

女占い師 ラトゥール 1632-35年頃 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『悔い改めるマグダラのマリア』(1635年頃)

レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン(Rembrandt Harmensz. van Rijn|「自画像(Self-Portrait)」、「フローラ(Flora)」 
「ルーベンスと妻エレーヌ・フールマンと息子ピーテル・パウエル」|ピーテル・パウル・ルーベンス

レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン(Rembrandt Harmensz. van Rijn|「自画像(Self-Portrait)」 「フローラ(Flora)」 レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン 「ルーベンスと妻エレーヌ・フールマンと息子ピーテル・パウエル」|ピーテル・パウル・ルーベンス

「自画像(Self-Portrait)」 
レンブラント(Rembrandt)

ベラスケス 「オリバーレス公伯爵ガスパール・デ・グスマーン」 プラド美術館、マドリード

Portrait of Gerard de Lairesse, ca. 1665 Rembrandt (Dutch, 1606-1669)

『ヴァン・ダイク自画像
(Self-Portrait)』

「自画像(Self-Portrait)」 レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン(Rembrandt Harmensz. van Rijn) ベラスケス 「オリバーレス公伯爵ガスパール・デ・グスマーン」 1635  プラド美術館、マドリード Portrait of Gerard de Lairesse, ca. 1665 Rembrandt (Rembrandt van Rijn) (Dutch, 1606-1669) 『ヴァン・ダイク自画像

△TOP

耽美主義、印象派〜現代

印象派 モネ 『サンタドレスのテラス (海辺のテラス)』

印象派 スーラ 『グランド・ジャット島の日曜日の午後』(点描画)

メトロポリタン美術館 印象派 セザンヌの作品多数
『カード遊びをする男たち』・・・

印象派 絵画切手 モネ 『サンタドレスのテラス(海辺のテラス)』メトロポリタン美術館 新印象派 スーラ 絵画 切手 点描画 『グランド・ジャット島の日曜日の午後』 メトロポリタン美術館 印象派 セザンヌの作品多数

印象派 セザンヌ
『カルタ遊びの人々』(メトロポリタン美術館、フランス、1961年)

印象派 セザンヌ
『カード遊びをする男たち』( バーンズ・コレクション、ルワンダ)

印象派 絵画切手 セザンヌ カルタ遊びの人々(フランス、1961年) 印象派 絵画切手 セザンヌ 『カード遊びをする男たち』(ルワンダ)

セザンヌ |「トロネットへの道にある木々の後ろの家」

『浴女』 1892年|ルノワール

■スーラは、1884年、生涯最大の大作で代表作でもある《グランド・ジャット島の日曜日の午後》の制作に着手している。グランド・ジャット島に集う50人ほどの人物を点描で描き出したこの大作は、1886年の第8回印象派展(最後の印象派展)に出品されて話題となった。

セザンヌ |「トロネットへの道にある木々の後ろの家」 『浴女』 1892年|ピエール=オーギュスト・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir)

印象派 女流画家のカサット
『縫い物をする若い母親』
(ルワンダ)

印象派 ゴーギャン
『イア・オラナ・マリア (マリアを拝する)』(ルワンダ)

印象派 マネ 
『船遊び(ボート遊び) (En bateau)』(モナコ、1982年)

印象派 絵画切手 カサット 親子

印象派 絵画切手 ゴーギャン ルワンダ 『イア・オラナ・マリア (マリアを拝する)』 『船遊び(ボート遊び) (En bateau)』(モナコ、1982年)

メトロポリタン美術館(N.Y.)

印象派ドガの自画像や近代のアンリールソー 他

セザンヌやドラン、ゴッホ『糸杉』、ロートレック 他

メトロポリタン美術館 ドガ、シスレー、セザンヌ・・

メトロポリタン美術館 ルノワール、セザンヌの作品多数

メトロポリタン美術館 ドガ、シスレー、セザンヌ・・ メトロポリタン美術館 ルノアールの作品多数

ゴッホ 『アルルの女(読書するジヌー夫人、本を持つジヌー夫人)』
カメルーンとベトナム、イエメン発行 メトロポリタン美術館

印象派 マネやモネ、セザンヌ メトロポリタン美術館

印象派 ゴッホ 絵画切手 『アルルの女(読書するジヌー夫人、本を持つジヌー夫人)』 メトロポリタン美術館 『アルルの女(読書するジヌー夫人、本を持つジヌー夫人)』 印象派 ゴッホ 絵画切手 イエメン

印象派セザンヌの絵画 

林檎の籠(リンゴのバスケット) マルディ=グラ(謝肉祭の最終日,プーシキン美術館)


『マルディ=グラ(謝肉祭の最終日,プーシキン美術館)』、『温室のセザンヌ夫人(メトロポリタン美術館)』、『林檎の籠(リンゴのバスケット)』

『デラウェア川を渡るワシントン』( Washington Crossing the Delaware)  メトロポリタン美術館

『デラウェア川を渡るワシントン』(Washington Crossing the Delaware)

ワシントンの後ろに立って旗を持っているのが、ジェームズ・モンロー中尉であり、後の大統領である。
2004年時点で、メトロポリタン美術館の永久収蔵品となっている。

■『デラウェア川を渡るワシントン』(英: Washington Crossing the Delaware)は、1851年にドイツ系アメリカ人画家エマヌエル・ロイツェが描いた油彩画ある。題材はアメリカ独立戦争中の1776年12月25日にジョージ・ワシントンが大陸軍を率いてデラウェア川を渡ったことを記念するものである。この渡河によって大陸軍はニュージャージーのトレントンにおけるトレントンの戦いでドイツ人傭兵隊を急襲した。この絵はその美術的構成によって著名である。ジョージ・ワシントン将軍が不自然なくらい明るい空の色で強調されており、その顔はやがて昇ってくる太陽を捉えている。全体の色調は暗く夜明けを暗示させるものだが、絵全体に赤が繰り返し使われて浮かび上がっている。短縮遠近法で描かれており、遠くの船が絵に奥行きを与えて、ワシントンの乗る船が強調されている。 船に乗る人々はアメリカ植民地の断面を現しており、スコットランド風帽子を被った男、前面に座って隣同士に後方を向いたアフリカ人の子孫、舳先と船尾にいる西部のライフル銃射手、後方に近く広縁の帽子を被る2人の農夫(1人は頭に包帯を巻いている)、そして恐らくは男の服を着た女性であることを意味している赤いシャツを着た中性的な漕ぎ手などが描かれており、船の後方にはインディアンらしき者もいる。

印象派のゴッホやバロック、ロココの作品も 
ド・ブロイ公爵夫人 ドミニク・アングル メトロポリタン美術館

近代絵画のピカソ、セザンヌなどの作品

メトロポリタン美術館

耽美主義 ホイッスラー 『肌色と黒のアレンジメント - テオドール・デュレの肖像(メトロポリタン美術館)』、『ピンクと灰色のハーモニー:ミュー夫人の肖像』 他

Madame × (Madame Pierre Gautreau)|John Singer Sargent

ホイッスラー 絵画 ピンクと灰色のハーモニー:ミュー夫人の肖像 Madame × (Madame Pierre Gautreau)|John Singer Sargent マダムX

■Madame × (Madame Pierre Gautreau)|John Singer Sargent
サージェントは、1884年、パリのサロンに出品した『マダムX』という肖像画(ニューヨーク、メトロポリタン美術館蔵)によってスキャンダルにまきこまれることとなる。この肖像画は当初『・・夫人の肖像』という題名で発表されたものだが、明らかに当時の実在の女性であるゴートロー夫人(アメリカ出身で、フランス人銀行家のピエール・ゴートローと結婚した)を描いたものであると見なされた。この絵は人妻を描いたものとしてはあまりにも官能的であり品がないとして、当時の批評家から非難されたのである。 

△TOP

美術館や絵画の写真

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art、略称:The Met)の正面入口 ・・・・ 写真です(左:1999年、右2003年)

2012018.17 メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art、略称:The Met)の正面入口と向かい側のビル
メトロポリタン美術館  メトロポリタン美術館 メトロポリタン美術館 メトロポリタン美術館

☆メトロポリタン美術館 
実物写真 『花を持つ少女』

☆シカゴ美術館 ルノワール・
『テラスにて(On the Terrace)』

☆ルノワール・『すわる浴女』
(シカゴ美術館)

『ピアノに寄る少女たち』 オルセー美術館|ルノワール(Renoir)

メトロポリタン美術館 ルノワール 少女 印象派 ルノワール 印象派 絵画 『ピアノに寄る少女たち』 オルセー美術館|ルノワール(Renoir)

■鈴木 其一(すずき きいつ、寛政8年(1796年)4月 - 安政5年9月10日(1858年10月16日))は、江戸時代後期の絵師。江戸琳派の祖・酒井抱一の弟子で、その最も著名な事実上の後継者である。

鈴木 其一|『朝顔図屏風』 (メトロポリタン美術館) 六曲一双 紙本金地著色

鈴木 其一|『朝顔図屏風』 (メトロポリタン美術館) 六曲一双 紙本金地著色 鈴木 其一|『朝顔図屏風』 (メトロポリタン美術館) 六曲一双 紙本金地著色

△TOP

以下は、アメリカ合衆国関連の写真集です。
アメリカ合衆国旅行写真索引 [  Boston(1990年代)−ボストン(大学、古い街)−ボストン(歴史・食事)−ボストン美術館 +日本・アジアの美術プリマス(アメリカの故郷)Chicago(シカゴ)Newyork(1990年代)−NYC(繁華街,市街地)−NYC(エンパイア,博物館)−NYC(ナイトクルーズ他)−メトロポリタン美術館 +MET(西洋絵画−2) +MET(日本・アジア) +MET(他美術工芸)−アメリカ自然史博物館ロングアイランド(NY州)−Suffolkの風景・住宅−Suffolkの可愛い港町−Mattituck(ワインとUFO)−Suffolkのお店・食事−自然,動物,遊び,大学SaltlakeCity(ソルトレイク)サンフランシスコ   ]

また、マンハッタン北部にあるフォート・タイロン・パークの丘の上に建つ『クロイスターズ』もメトロポリタン美術館の分館で、フランスやスペインの廃僧院を解体輸送して再構築した建物内には、中世ヨーロッパ美術が展示されている。

その他美術関係の切手・写真(切手が主体)

■美術・工芸切手・写真の索引 [ トップ先史代中世|ルネサンス ( ア行〜タ行ナ行〜ワ行その他 )|バロックロココロマン派、新古典主義とアカデミック絵画写実主義印象派象徴主義、耽美主義近代絵画|日本(画家作品)|ポップ(モダン)|故宮博物館(絵画文物)|ルーヴル美術館メトロポリタン美術館プラハ美術館ウフィツィ美術館とアカデミア美術館バチカン美術館世界の美術工芸品仏教美術デザインキリスト教絵画の見方美術用語集(備忘録) ]

■美術工芸について参考にしているページ

1.Web Gallery of Art, (英語) 
2.Weblio 辞書文化美術用語集
3、レンブラントの絵画の説明(サルヴァスタイル美術館:西洋美術では参考になります)


美術切手|(特別企画)メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art、略称:The Met)
収蔵絵画 アメリカ合衆国・ニューヨーク と ボストン美術館、シカゴ美術館

カウンター