Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集 海外写真集|ヨーロッパ・オランダ ヨーロッパの玄関口のアムステルダム・スキポール空港を中心にKLM機中や関西国際空港(関空) 2011年にはアムステルダムの市内観光も実施、落ち着いた良い国と思いました。 運河の船から見たアムステルダム(別ページ)をお届けします。

ホーム>海外写真集>ヨーロッパ>オランダ・アムステルダム

Nederland(オランダ王国) ・・ ヨーロッパの空の玄関口アムステルダム・スキポール空港

 オランダ王国(Nederland)、通称オランダは、西ヨーロッパの立憲君主制の国家。海外領土としてカリブ海に6つの島を有する。憲法上の首都はアムステルダム(Amsterdam)だが、政治の中心は王宮や国会の所在地であるデン・ハーグ。 オランダは、ヨーロッパの交通、交易の要所。リベラルな政策、気風。人口密度が高い。堤防により囲まれた低地。世界第9位の天然ガス産出量を誇る資源産出国であり、チーズ、チューリップ、風車でも有名。 レンブラント、ゴッホやフェルメールなど有名な画家を多く輩出。株式会社発祥の国であり、ワークシェアリングや安楽死の合法化といったシステムを先進的に取り入れる一方で、小国ながら世界的な大企業を多く輩出したことから、小さな大国と称される。 オランダは山が無い国で、公園等で手軽に出来るロッククライミングは皆の楽しみだそうです。 トランジットで立ち寄ったヨーロッパの玄関口でハブ空港のアムステルダム・スキポール空港を中心に関西国際空港(関空)。 2011年のイタリア旅行の際にはアムステルダムの市内観光も実施、落ち着いた良い国と思いました。 運河の船から見たアムステルダムをお届けします。 誰しもが2度来たい街だそうです。 アムステルダムは50cm掘れば水が沸くそうです。 地下鉄などもってのほかです。
別ページでアムステルダムの観光情報。 補足で絵葉書も数枚入れました。


 海外旅行写真|ヨーロッパ(Europa travel picture)

■ [ オーストリア(Austoria (2005年(Wien)|2006年(Zaltburug))|チェコ(Cezh)|フランス(France (パリ(Paris)
  |ルーヴル美術館(Louvre))|オランダ(Holland、(スキポール空港アムステルダム))|ハンガリー(Hungary)
  |ドイツ(Germany (ベルリン、ポツダム(Berlin、Potsdam))|ロマンチック街道)|スイス(Switzerland)
  |イタリア(Italiana)|バチカン市国(Governor of Vatican City) ]
 

小さな画像はクリックで拡大します   ご注意)写真は私や娘が撮影したものです。(2006&7、11年) 著作権があります。

オランダ政府観光局

オランダ(Holland、(スキポール空港アムステルダム))

関空とKLM飛行機内

■シベリア(Siberia)は、ロシア連邦領内ウラル山脈分水嶺以東の、北アジアおよび東アジア地域の呼称。

関空ロビー

シベリア上空

機内(KLM航空)

機内の食事

関西国際空港 ロビー ドイツ KLM シベリア KLM 機内

ナビゲータが付いており、現在位置と外気温、移動距離や目的地までの距離時間、現地時間等を表示していました。

KLM 機内食

KLM航空の機内食は意外と
あっさり目です。エール・フランス
ともジョイントしたそうです。

関空 オランダ・アムステルダム行きKLM868便(拡大×)

KLMの機内食は寿司とハンバーグか蕎麦、ハイネケン(拡大×)

関空 アムステルダム行きKLM868便 機内食は寿司とハンバーグか蕎麦 機内食は寿司とハンバーグか蕎麦

機内のフライレコーダー(シベリア上空を飛行中、KLM、拡大×)

スウェーデン・ストックフォルム
上空の夕陽

機内のフライレコーダー(シベリア上空を飛行中 機内のフライレコーダー(シベリア上空を飛行中 ストックフォルム上空の夕陽

KLMオランダ航空のオランダ美人のスチュワーデスとイケメンのスチューワード(イタリア旅行)

バルト海の海岸線

KLMオランダ航空のオランダ美人のスチュワーデスとイケメンのスチューワード KLMオランダ航空のオランダ美人のスチュワーデスとイケメンのスチューワード バルト海の海岸線
△TOP

オランダ・スキポール空港

フランス、ドイツはオランダは乗り継ぎで、イタリアはアムステルダム見学

■オランダ・アムステルダムのスキポール空港は KLMオランダ航空、マーチンエア、トランスアビア航空などオランダの航空会社や、KLM と提携するノースウエスト航空のハブ空港となっている。

オランダ・アムステルダム

(ロボットの説明)このロボットは非常に優秀で、容姿等から人種を判別してるようです。最初は”ニーハオ”から始まり返事がないと”コンニチワ”と話しかけてきました。 電飾・飛行機はクリックで拡大
 

スキポール空港ロビーで
クリックで
拡大
オランダ アムステルダム スキポール空港 ロボット KLM

■オランダ王国、通称オランダは、西ヨーロッパの立憲君主制の国家。海外領土としてカリブ海に6つの島を有する。憲法上の首都はアムステルダムだが、政治の中心は王宮や国会の所在地であるデン・ハーグ。 ヨーロッパ北西部に位置し、東はドイツ、南はベルギーと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクス三国と呼ばれる。 ヨーロッパの交通、交易の要所です。

オランダのスキポール空港にて、どこの子供も無邪気で可愛い。
 

遅めの食事タイムです。時間がないので食事も選ぶのが大変で簡単で便利なマックのバーガー・セットで食事。サイズは日本と同じ様なものです。
 

右の写真は、オランダ・スキポール空港のロビーのシャンデリアとKLMオランダ航空のジャンボジェット。

オランダのスキポール空港のクリスマスツリー(2010年)


KLMオランダ航空(オランダ・スキポール空港)


オランダ・アムステルダムの地図情報

スキポール国際空港の情報(日本語) 

搭乗したKLM機

スキポール空港のオランダの木靴の土産 クリックで拡大します。

搭乗したKLM機 スキポール空港の木靴の土産

■可愛らしい丸みのある木靴は、白木をくり抜いて作ったシンプルなもので、色を塗って飾り物にしたり、特別な模様をあしらって花嫁衣裳や伝統的な民族衣装に合わせたりと、用途に合わせて数十種類あります。 なかでも無垢木の表情をそのまま使ったシンプルな木靴は、現在もガーデニング用に利用されています。湿めった土や砂を多く含んだオランダの土地には、木靴が適しているからです。木の断熱効果で、寒い冬でもあたたかい履物として重宝されています。

オランダ・スキポール空港の可愛い兄弟

オランダ・スキポール空港のクリスマスの綺麗なイルミネーション

スキポール空港の陶器で出来たチューリップと如雨露(ジョウロ)

スキポール空港の華・フランス女性 2011年3月 クリックで拡大

スキポール空港の華・フランス美人女性

スキポール空港の本物のチューリップ 球根も沢山ありました

■チューリップの生産地は、世界的にはオランダが非常に有名で、各国へ輸出されている。日本のホームセンターや園芸品店で販売されている球根は、ほとんどがオランダからの輸入である。
以下は2011年撮影、 クリックで
拡大 

スキポール空港の
本物のチューリップ 

チョコレートのケーキ
スキポール空港

オランダの可愛い姉弟(スキポール空港、2011年)

チョコレートのケーキ

ワインのショットバー
スキポール空港

スキポール空港

ワインのショットバー

オランダの可愛い姉弟(スキポール空港、2011年)

オランダの可愛い姉妹(指しゃぶりは万国共通?)

オランダの可愛い姉弟(スキポール空港、2011年) オランダの可愛い姉妹(指しゃぶりは万国共通?)
△TOP

オランダ・スキポール空港前

2011年3月

オランダ・アムステルダムのスキポール空港前の風景 人間モルモット(大きな輪の中に入り輪を回転する寂しい遊び) クリックで拡大

オランダ・アムステルダムのスキポール空港前の風景 人間モルモット(大きな輪の中に入り輪を回転する寂しい遊び) オランダ・アムステルダムのスキポール空港前の風景 人間モルモット(大きな輪の中に入り輪を回転する寂しい遊び)
△TOP

オランダ・アムステルダム

アムステルダムには風車が4基あるそうです。オランダは晴れが珍しい国だそうです。  クリックで拡大

■アムステルダム(オランダ語:英語:Amsterdam)は、オランダの北ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であり、憲法上に規定されたオランダの首都。現地語は「アムスタダム」と発音するそうです。 ただ政府、中央官庁、王室、国会など首都機能の殆どはハーグにある(王宮はアムステルダムにもあるが、国王は常住していない)。アムステルダムは商業および観光が中心だそうです。 元々は小さな漁村だったが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれた。16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網の目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぶ17世紀の豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの家などで広く知られています。 50cmも地面を掘ると水が湧き出すそうです。 またアパート生活者が多く、土地は殆どが国のもので水上生活者はリッチな人だそうです。 詳細は、アムステルダムでご覧下さい。

オランダ政府観光局

 アムステルダムは3月中旬には一斉に水仙とクロッカスの花が咲き乱れ楡の木が芽を吹きます。(拡大せず)

オランダは晴れが珍しい国だそうです。 アムステルダムは3月中旬には一斉に水仙とクロッカスの花が咲き乱れ楡の木が芽を吹きます
△TOP

KLMオランダ航空の機内食とテーブルワイン

オムレツ

鶏肉のカルボナーラ風

パスタの焼きそば風

少し甘めの筑前煮 美味

オムレツ 鶏肉のカルボナーラ風 パスタの焼きそば風 少し甘めの筑前煮 美味

TERRA ANDINA CHILE - Chilean Premium Wines

お食事タイムに飛行機から見えたロシアの街並み

TERRA ANDINA CHILE - Chilean Premium Wines 白 TERRA ANDINA CHILE - Chilean Premium Wines 赤ワイン 飛行機から見えたロシアの街並み
△TOP
[切手のリンク:ヨーロッパ切手デッドカントリー切手世界遺産衣装切手仮面切手舞踊・ダンス切手髪飾り ] 
 

オランダ出身の画家の絵画

■ヨハネス・フェルメール(1632年 - 1675年)はレンブラントと並び17世紀のオランダ美術を代表する画家とされる。生涯のほとんどを故郷デルフトですごした。『レースを編む女』の糸屑の固まり、『ヴァージナルの前に立つ女』の床の模様などが典型的な例として挙がる。 フェルメール
■フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)は後期印象派の中でも最も名の知られたオランダ出身の画家。1853年3月30日にオランダ南部のズンデルトに生まれる。祖父、父共に牧師だった。性格は激しく、家族を含め、他人との交流に難を抱えていた。今でこそ有名な画家であるが生前では1枚の絵(「赤いぶどう畑」)しか売れない画家でした。 ゴッホの絵画(no.1|no.2)

フェルメール・
『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』(蘭領アンチル)

フェルメール・
『レースを編む女』(フランス)

『オーヴェールの教会
(オーヴェールの聖堂)』
(フランス)、ゴッホ(拡大○

『日本趣味 : 梅の花
(Japonaiserie : l'arbre
(Prunier en fleurs))』、ゴッホ

フェルメール 『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』(蘭領アンチル) 『レースを編む女』(フランス) フェルメール バロック オランダ 『オーヴェールの教会(オーヴェールの聖堂)』(フランス) 印象派 ゴッホ 日本趣味 : 梅の花

オランダの風車・ギャラリーの切手(1963年)

6C:北オランダの干拓地の製粉用風車、8C:南オランダの同型、12C:郵便・製粉用風車、30C:典型的なオランダ風車(wip mill)

オランダの風車の切手オランダの風車の切手 6C:北オランダの干拓地の製粉用風車、8C:南オランダの同型、12C:郵便・製粉用風車、30C:典型的なオランダ風車(wip mill)オランダの風車の切手 6C:北オランダの干拓地の製粉用風車、8C:南オランダの同型、12C:郵便・製粉用風車、30C:典型的なオランダ風車(wip mill)

ワーテルローの戦い(ワーテルローのたたかい、英: The Battle of Waterloo、仏: Bataille de Waterloo)

ワーテルローの戦い(ワーテルローのたたかい、英: The Battle of Waterloo、仏: Bataille de Waterloo)

■ワーテルローの戦い(ワーテルローのたたかい、英: The Battle of Waterloo、仏: Bataille de Waterloo)は、1815年6月18日にイギリス・オランダ連合軍およびプロイセン軍が、フランス皇帝ナポレオン1世率いるフランス軍を破った戦いである。ナポレオン最後の戦いとして知られる。 英語での発音はウォータールーである。ドイツではラ・ベル・アリアンスの戦い(ラ・ベル・アリアンスのたたかい, 独:Schlacht bei Belle-Alliance)とも呼ばれる。ベルギーのラ・ベル・アリアンスを主戦場としたが、ウェリントン公により近郊のワーテルローの名を取り、このように命名された。


■オランダ王国(オランダおうこく、Koninkrijk der Nederlanden)、通称オランダは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。海外領土としてカリブ海に6つの島を有する。憲法上の首都はアムステルダムだが、政治の中心は王宮や国会の所在地であるデン・ハーグ。
ヨーロッパ北西部に位置し、東はドイツ、南はベルギーと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクス三国と呼ばれる。
ヨーロッパの交通、交易の要所。リベラルな政策、気風。人口密度が高い。堤防により囲まれた低地。世界第9位の天然ガス産出量を誇る資源産出国であり、チーズ、チューリップ、風車でも有名。ゴッホやフェルメールなど有名な画家を輩出。

鉄道パスと鉄道チケットが買える【レイルヨーロッパ】
鉄道パスと鉄道チケットが買える【レイルヨーロッパ】 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

Nederland(オランダ王国) ・・ ヨーロッパの空の玄関口アムステルダム・スキポール空港

カウンター