Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集
美術切手|印象派とフォービズムの絵画 : マネ、モネ、ピサロ、シスレー、ドガ、カサット、ロートレック、カイユボット、セザンヌ、ゴーギャン、スーラ、コロー、フォービズムのドラン 他

ホーム>切手・題材・テーマ別>世界の美術・工芸>印象派とフォービズムの絵画


西洋美術切手 印象派とフォービズムの絵画の切手

 印象派(Impressionnistes)または印象主義(Impressionnisme)は、19世紀後半のフランスに発し、ヨーロッパやアメリカのみならず日本にまで波及した美術及び芸術の一大運動。 印象派とは、ヨーロッパの絵画界を中心とした大きな芸術運動である。19世紀末から20世紀初頭にかけて発生した。写実主義から抽象主義への変化の、初期段階であると考えられている。 1874年にモネ、ルノワール、セザンヌ、ドガ、ピサロ、シスレーらが展覧会を開いた。 彼らの作品のスケッチ的な性格をジャーナリストがからかって『印象派』とつけた呼び名が始まりであるといわれる。 コローやバルビゾン派の画家達の自然観察を基にした作品や、ドービニー、ヨンキント、ブーダンの感覚をすばやく描き止め、明るくいきいきした効果を作り出す考え方が印象派の画家達に大きな影響を与えたといわれる。彼らは、光が作り出す瞬間の印象を新鮮に描き止めることに苦心した。シュヴルールやヘルムホルツの科学的な理論から『筆触分割』『視覚混合』といった手法も取り入れた。また、日本の浮世絵や写真をヒントに思いがけない切り取りや、上から見おろした構図等も用いた。フォーヴィスム(Fauvisme、野獣派)は、20世紀初頭の絵画運動、1905年にパリで開催された展覧会サロン・ドートンヌに出品された一群の作品の、原色を多用した強烈な色彩と、激しいタッチを見た批評家ルイ・ボークセル(Louis Vauxcelles)が『あたかも野獣の檻(フォーヴ、fauverie)の中にいるようだ』と評したことから命名された。運動の中心人物であるアンリ・マティス、アンドレ・ドラン達であった。派は不明でも同時代の画家(ルーマニア・アマン他)も掲載中。ゴッホとルノワール、マネ、モネ、セザンヌ、ゴーギャン、マチスは別の特設ページでご覧頂けます。
 


このページ以外の印象派・フォービズムの画家
[ 印象派トップゴッホ(NO.1NO.2マネとモネセザンヌゴーギャンルノワールマチス ]

ページ内の索引 [ 印象派フォービズム ほか ]

ページ内検索は Ctrl + F で出来ます

■美術・工芸切手・写真の索引 [ トップ先史代中世|ルネサンス ( ア行〜タ行ナ行〜ワ行その他 )|バロックロココロマン派、新古典主義とアカデミック絵画写実主義印象派象徴主義、耽美主義、ラファエル前派近代絵画|日本(画家作品)|ポップ(モダン)|故宮博物館(絵画文物)|ルーヴル美術館メトロポリタン美術館プラハ美術館ウフィツィ美術館とアカデミア美術館バチカン美術館世界の美術工芸品仏教美術デザインキリスト教絵画の見方美術用語集(備忘録) ]

印象派

ドガ
 Edgar Degas

ドガは裕福な銀行家の家庭に生まれ、当初は法律を学んでいた。1855年にアングルの弟子ラモートの元で学び、1856年にイタリアへ留学し、この頃は古典的な画法や主題を手がけていた。1865年にカフェ・ゲルボワに集う画家達と交流するようになり、古典的な絵に対する関心を失い、印象主義運動に関わり、1874年の第一回印象派展に参加し 、その後は印象派の画家として人物の動きを主題にした絵を描き続けた。殊に踊り子と浴女を題材にした作品が多く、彼女らの一瞬見せた何気ない動作を永遠化する素描力は秀逸である。パステル画もよくした。また、晩年は視力の衰えたためもあり、踊り子などを題材とした彫刻作品も残している。




『浴槽の裸婦』ほか
(モザンビーグ、2002年)

『花を持った踊り子』
ドガ(フランス)

『ダンス教室(バレエの教室)』
オルセー美術館(モナコ)

踊り子
ドガ(ルワンダ)

『浴槽の裸婦』ほか(モザンビーグ、2002年) ドガ

ドガの裸婦画シート(表示)

印象派 絵画切手 ドガ 踊り子 バレー Edgar Degas 印象派 絵画切手 ドガ 踊り子(モナコ) バレー 印象派 絵画切手 ドガ 踊り子 バレー

■『アプサントを飲む人』は、画家の友人で女優のエレン・アンドレが、パリのカフェ≪ヌーヴェル・アテーヌ≫でアプサントと呼ばれる度の強い蒸留酒の水割りを飲む姿と、その傍らに彫刻家で禁酒主義者であったマルスラン・デブータンの姿を描いた作品で、ドガの辛辣で鋭敏な現実社会への観察が顕著に示されている。カフェ≪ヌーヴェル・アテーヌ≫における朝食時の日常の一場面であり、これらは当時のパリに蔓延し社会的な問題になっていたアルコール中毒が本作には克明に描写されたものである。
■ロンシャン競馬場(ロンシャンけいばじょう、Hippodrome de Longchamp)は、フランス、パリ西のセーヌ川沿い、ブローニュの森の中にある世界で1番美しいと言われる競馬場。凱旋門賞など、フランス競馬の主要なレースが行われることで知られる。

ドガ 『ロンシャンの競馬馬』(1873-1875) ボストン美術館

ドガ 『ロンシャンの競馬』(1873-1875) "Les Courses a Longchamp"

『花瓶と女』
ドガ(モナコ、1984年)

『アプサントを飲む人(カフェにて
)』オルセー美術館(イタリア)

ドガの裸婦画(モザンビーク、2002年)

『花瓶と女』(モナコ、1984年) ドガ 印象派 絵画 『アプサントを飲む人(カフェにて)』オルセー美術館(イタリア) ドガ 印象派

『浴槽の裸婦』、『踊り子』、『入浴後』、『背中を拭く女』パステル、『2人のブルーダンサー』、『髪を梳く女』パステル、オルセー美術館

"Woman in the Bath", "After the Bath", "The Tub", "Woman Combing Her Hair", and "Two Dancers (Deux Danseuse)"


ドガの裸婦画(モザンビーク、2002年)『浴槽の裸婦』、『踊り子』、『入浴後』、『背中を拭く女』パステル、『2人のブルーダンサー』、『髪を梳く女』パステル、オルセー美術館

踊り子ドガ(レソト)

ユーゴスラビアのドガの踊り子

印象派 絵画切手 ユーゴスラビアのドガの踊り子 バレー

ドガ 『浴女』(土候国AJIMAN)

ドガ 『浴女』(土候国AJIMAN)

ドガ 『浴女』(土候国AJIMAN)

ドガ 『浴女』(土候国AJIMAN)

ドガの絵画

ドガの絵画

ドガ ドガ

1834年、パリに銀行家の息子として生まれる。「ドガ」(de Gas)という貴族風の苗字を持つが、ドガ家はフランス革命後に勢力を伸ばした新興ブルジョワで、エドガー・ドガの生まれた頃にはさほど裕福ではなかったらしい。ドガは1855年、エコール・デ・ボザール(官立美術学校)でアングル派の画家ルイ・ラモートに師事した。1856年、1858年にはイタリアを訪れ、古典美術を研究している。

ドガの絵画 踊り子

ドガの絵画

ユーゴスラビアのドガの踊り子

印象派 絵画切手 ドガ 踊り子 バレー ユーゴスラビア

『浴女』(土候国AJIMAN) ドガ

印象派 ドガの絵画 入浴後の裸婦 色の具合がまさしく印象派ですね

(土候国AJIMAN) ルノワール 印象派 浴女 ドガ

『浴女』(土候国AJIMAN) ドガ

印象派 ドガ 踊り子

■踊子たちにしろ、着飾った婦人たちにしろ、裸婦にしろ、ドガの描く女たちは洗練されて凄く美しい。
ドガの描く水浴する女の根本は娼婦の心象・形象から発生したものであるが(性病感染の予防から当時、娼婦は全裸で水浴していたものの、一般的な女性は全裸で水浴することはなかった)、そこにはレンブラント(例:レンブラント作『バテシバ』)や、ブーシェ(例:ブーシェ作『水浴のディアナ』)など過去の巨匠らの描く裸婦像からの影響や関連性が指摘されている。パステル画が多い。

ピサロ
 CAMILLE PISSARRO

ピサロは、パリ万国博覧会の美術展でコローやクールベの作品に感銘を受けたという。特にコローの作品には感動したらしく、実際にこの先輩画家のもとを訪れたりもしている。パリでは画塾アカデミー・シュイスに学び、そこでモネと知り合う。1860年代にはパリ近郊のルーヴシエンヌ、ポントワーズなどで、モネ、ルノワールらとともに戸外にキャンバスを持ち出して制作した。1870年には普仏戦争を避けてロンドンへ渡り、現地で落ち合ったモネとともにターナーらの作品を研究した。



ピサロの自画像

『キャベツ畑の小径』(フランス)

ピサロの絵画

印象派 絵画切手 ピサロ 『キャベツ畑の小径』(フランス)


カミーユ・ピサロは温厚な性格で知られエドゥアール・マネ、エドガー・ドガ、クロード・モネ、ルノワール、アルフレッド・シスレー、フレデリック・バジール、ギヨマンなど他の印象派の画家たちや、後期印象派を代表する画家ポール・ゴーギャンなど後世の画家らとも交友を重ねる(中でもポール・セザンヌにとっては最も良い理解者のひとりであった)。

『隣村の入口』(モナコ)

ピサロ|「The Louvre, Winter Sunshine, Morning」

印象派 絵画切手 ピサロ 『隣村の入口』(モナコ) 印象派 絵画切手 ピサロ

ピサロの絵画

シスレー
 Alfred Sisley

アルフレッド・シスレー(Alfred Sisley, 1839年10月30日 - 1899年1月29日)は印象主義を代表する芸術家の一人。彼は初めコローに心酔して画家となったが、その後モネの影響を受け印象派となったのちも自然の風景をこよなく愛し、新鮮な風景画を数多く残している。 ルノワール モネと並ぶ印象派の代表的画家。初めはクールベの影響を受けた写実派であったが、モネ、ルノワールらと出会って印象派となる。



『洪水と小舟』オルセー美術館
(モナコ)

『ルヴシエンヌの初雪』
(パラグアイ)

『モレの水門』(拡大○

『モレジーのレガッタ』
(モナコ、1989年)

印象派 絵画切手 シスレー 『洪水と小舟』オルセー美術館(モナコ) 印象派 絵画切手 シスレー 『ルヴシエンヌの初雪』(パラグアイ) 『モレの水門』 シスレー 印象派 シスレー 『モレジーのレガッタ』(モナコ、1989年)

『ルヴシエンヌの初雪』人物も木も建物も全部が主張せず、いったい何が主役なのか分かりません。初雪すら申し訳なさそうに積もっています。

"Bridge at Villeneuve-la-Garenne", "The St. Martin Canal in Paris", and "Boat in the Flood at Port-Marly",他(シスレー絵画、2001年

ルノワール
 PIERRE-AUGUSTE RENOIR

言わずもがなの有名な印象派の画家です。ルノワールはフランス印象派を代表する画家で、その暖かみある画風から日本でもかなりの人気を誇っています。印象派らしく風景画や静物画にも取り組みましたが、何よりも人間への関心が強く、健康美あふれる裸婦や少女、さらに恋人や友人たちの幸福そうな生活情景を描いた傑作を数多く残しています。 ルノワールの実際の絵画は、アメリカ写真集のニューヨーク編シカゴ編に掲載。




ページに移動

カイユボット

ギュスターヴ・カイユボット(Gustave Caillebotte、(1848年8月19日 - 1894年2月21日))は、フランスの画家で、印象派絵画の収集家で、印象派の画家たちの経済的支援者であった。カイユボットはパリ出身でパトロンとしても著名。幾度かの印象派展に参加しているが、その作風は写実的である。


ギュスターヴ・カイユボットの絵画 『 床削り』 他

カサット
 Mary Stevenson Cassatt

カサット(Mary Stevenson Cassatt、1844-1926)は女流の画家・版画家です。フランス印象派で活躍したアメリカ出身の画家メアリー・カサット。日常的な情景や子供の作品多い。成人してからはフランスで生活することが多かった。そこで最初に友人になったのがエドガー・ドガ。特に母と子など母子像を描く上での心象(イメージ)に関する革新的表現は、当時から非常に高く評価された。『縫い物をする若い母親』はメトロポリタン美術館蔵。
カサットの絵画はほのぼのとする暖かさを感じます。


(アメリカ、カサット)

カサットの絵画 アメリカ合衆国 女性画家 『海岸で遊ぶ子供たち』

『海岸で遊ぶ子供たち』他

『縫い物をする若い母親』
(ルワンダ、カサット)

カサット 『母と子(指をしゃぶるアン)』(Friends of Children モナコ)

『舟遊びする人達』
(アメリカ、1966年)

印象派 絵画切手 カサット 親子

メトロポリタン美術館

オルセー美術館

印象派 絵画 切手 アメリカの親子(カサット)

カサット 『母と子(指をしゃぶるアン)』(Friends of Children フランス)

カサット 『自画像』

カサット 『桟敷席のリディア』、『愛撫』

カサット 『自画像』 カサット 『愛撫』、『桟敷席のリディア』カサット 

『沐浴(湯浴み)』
(ルワンダ、カサット)

カサット 『縫い物をする若い母親』、『母と子(指をしゃぶるアン)』オルセー美術館

印象派 絵画 切手 ルワンダの親子(カサット) 沐浴(湯浴み)


■カサットが描く『沐浴(湯浴み)』は、1893年にパリで開催された画家の個展で展示された作品のひとつである本作に描かれるのは、カサットの典型的な画題である≪母と子≫を用いた沐浴の情景である。

カサット 『縫い物をする若い母親』

『沐浴(湯浴み)』は、母親に抱かれながら足を洗われる子供の白い肌や子供の腰に巻かれる白布、陶製の水差し、水桶など、はやや暗めの色調が支配する画面の中で一際存在感を示しているほか、密着する母子の距離感(両者の寄り添う姿)に双方の緊密な関係性を見出すことができる。
■ヘイヴマイヤーなど裕福な画家の友人らへ印象主義者たちの作品の購入を勧めたことによって、実質的に米国における印象派を普及させたことは、メアリー・カサットの最大の功績のひとつに挙げられる。

ロートレック
 Henri de Toulouse-Lautrec

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(Henri de Toulouse-Lautrec (1864−1901))は、スペイン国境に近い南フランスのアルビに生まれた。家は代代この地方の領主の貴族で、彼も本来その家を継ぐべき嫡男であった。しかし、生まれた時から虚弱な体質であったらしく、少年時代、ほんのわずかの事故で二度にわたって足の骨を折ってからは、再び健康な体に戻ることはできなくなった。だが、画家になる天性の才能に恵まれていたかれは、驚くべき多くの素晴らしい作品を遺した。画家を目指しパリに出た彼は、酒に溺れ、わざと自分の肉体を痛めつけていた。ムーラン・ルージュのポスターが大成功をおさめてからは、殺到する注文をこなす為、過労もあって、20世紀の明け染めた年、彼は故郷のマルロメの城で、母親に見守られながら、37年という短い生涯を閉じた





『馬に乗る女性の曲芸師』
(シルク・フェルナンド:調馬師)

『酒場の英国女性』

『リンガ・ロンガ・ルーを歌うイヴェット・ギルベール』

ロートレック 

印象派 絵画切手 ロートレック アラブ サーカス (シルク・フェルナンド:調馬師) 印象派 絵画切手 ロートレック 『酒場の英国女性』 印象派 絵画切手 ロートレック 『リンガ・ロンガ・ルーを歌うイヴェット・ギルベール』 印象派 絵画切手 ロートレック

ロートレック 『ムーラン・ルージュにはいるラ・グーリュー』

『ムーラン・ド・ラ・ギャラットにて』シカゴ美術研究所 ロートレック 

ロートレック 『ムーラン・ルージュにはいるラ・グーリュー』 『ムーラン・ド・ラ・ギャラットにて』シカゴ美術研究所 ロートレック

ムーラン・ルージュにとって代わられるまで、ムーラン・ド・ラ・ギャレットはパリで人気のダンスホールだった。ルノワールも常連の一人だった。

ロートレック 

ロートレック 
『アリスティド・ブリュアン』

印象派 絵画切手 ロートレック アラブ 印象派 絵画切手 ロートレック アラブ 『アリスティド・ブリュアン』

ロートレック 『靴下を履く女』オルセー美術館、『化粧』オルセー美術館、『女道化師シャ=ユ=カオ』 ほか

ロートレック 『靴下を履く女』オルセー美術館、『化粧』オルセー美術館 

ロートレック 

『ムーラン・ルージュにて、
ムーラン・ルージュのダンス』

ロートレック 『ムーラン・ルージュでワルツを踊る2人の女性』、『ムーラン・ルージュにはいるラ・グーリュー』、『ジュスティーヌ・デュール』(オルセー美術館) ほか

印象派 絵画切手 ロートレック アラブ 印象派 絵画切手 ロートレック アラブ 『ムーラン・ルージュのダンス』

『婦人たち』(ハンガリー、1976年)

『ジュスティーヌ・デュール』(オルセー美術館)は、モンマルトルの一角、ベール・フォレの庭園で描かれた。珍しく戸外での作品。しかし、ロートレックにとって戸外の作品でも、外光を追及するとかはなく、あくまでも関心はモデルに集中していた。

印象派 絵画切手 ロートレック ハンガリー

■『ムーラン・ルージュにはいるラ・グーリュー』 ラ・グーリューは、ムーラン・ド・ラ・ギャレットを振り出しに、ジャルダン・ド・パリ、ムーラン・ルージュなどの出演していた人気ダンサー。節制を欠いた生活だったため、数年後にはスターの座を降り、寂しい晩年だったと伝えられる。その容姿にはルートレックの容赦ないデフォルメが加えられている。

ロートレック 『女道化師シャ=ユ=カオ』、『ピアノの先生』、『ムーラン・ルージュにはいるラ・グーリュー』 

女道化師シャ=ユ=カオ ロートレック  

■ムーラン・ルージュ (Moulin Rouge) は1889年に誕生したパリのモンマルトルにあるキャバレーである。フランス語で「赤い風車」という意味で、実際に屋根の上に赤い風車がある。 歌やダンス、フレンチ・カンカン、大道芸を組み合わせたショーで有名。また、画家のロートレックがここに通いつめ、踊り子たちをモデルに数々のポスターを描いたことでも有名である。 ここで活躍した著名なミュージシャンとしてはエルビス・プレスリー、フランク・シナトラなど多数いる。ムーラン・ルージュの公式ページ(フランス語、英語)

ロートレック 『ムーラン・ルージュにはいるラ・グーリュー』 ほか

1891年、27歳。初のポスター「ムーラン・ルージュ」を制作。 以後数年間は制作と旅に忙しかった。
1896年、32歳のとき、マンジィ・ジョワイヤンの画廊で二度目の個展を開いた。
1897年、33歳、フロショ通りに新しいアトリエを構えた。ポスターの制作を辞めて、石版画に熱中する。しかし、このころからロートレックの飲酒が深くなっていった。翌年の冬あたりから幻覚症状を起こすようになっていた。
1899年、35歳。2月にアルコール中毒が原因の発作を起こした。ロートレックの母親は治療のため彼を監禁することを決意。力づくであった。ロートレックが画室から出たところを拉致して、ヌイーイのサン=ジャム精神病院に入れた。
ロートレックは自由を奪われてしまったことに耐えられなかった。正常であることを証明するために、記憶だけで『サーカス』シリーズを制作した。ジョワイヤンら友人らの奔走もあって、退院。
ロートレックは36歳になって、再び飲酒癖が始まってしまった。完全に健康が蝕まれてしまった。1901年、渾身の力で制作活動を続けていたが、8月20日、発作の再発。ロートレックは母親の購入したマルロメの城館で、母親のそばで死にたいと望んだ。9月9日に37歳で息を引き取った。
母親はアトリエにあった作品をアルビ美術館に寄付した。のちにロートレック美術館とも言われるようになる。
 

ロートレック 『ムーラン・ルージュでワルツを踊る2人の女性』、
『ムーラン・ルージュにて』 

ロートレック 『』 

ムーラン・ルージュでワルツを踊る2人の女性 ロートレック

ゴッホ

牧師や教師の職に失敗し、27歳で独学で油彩を学び、農民の働く姿など今まで扱われなかったテーマを厚いタッチで筆跡を強烈に残し、光を強調した豪快な作風が特徴。

ゴッホは特集を組んでます。コチラをクリックして下さい。

ジョルジュ・スーラ
 Georges Seurat

ジョルジュ・スーラ(Georges Seurat、1859-91)『点描』という技法を特徴とする新印象主義は、印象派をルーツに持ち、同時にこれを超える新しい芸術という二面性をそなえています。1880年代に印象派の即興性が問題になったとき、造形理論に科学的根拠を与えることで活路を開こうとしたのが新印象派でした。そしてその主導者といえば、ジョルジュ・スーラ(1859年〜91年、フランス)ですが、31歳4ヶ月という若さで夭折したスーラには、遺された作品数がわずかしかありません。ニューヨークのメトロポリタン美術館とシカゴ美術館で大きなスーラの作品を見たときは、感動ものでした。 




『グランド・ジャット島の日曜日
の午後』(点描画)

『裸婦』(1881-82、コートールド美術館)、『横に腰掛けるモデル』(1887、オルセー美術館)と自画像、『立ち姿のモデル』(1887、オルセー美術館)、『横に腰掛けるモデル』の一部。地に『ポーズをとるモデルたち』(1888、バーンズ財団美術館)と『化粧する若い女』(1890、コートールド美術館)とサインなど。(サントメプリンシペ、2008年)

新印象派 スーラ 絵画 切手 点描画 『グランド・ジャット島の日曜日の午後』

1884年、生涯最大の大作で代表作でもある《グランド・ジャット島の日曜日の午後》の制作に着手している。グランド・ジャット島に集う50人ほどの人物を点描で描き出したこの大作は、1886年の第8回印象派展(最後の印象派展)に出品されて話題となった。

印象派 絵画 スーラ 『裸婦』(1881-82、コートールド美術館)、『横に腰掛けるモデル』(1887、オルセー美術館)と自画像、『立ち姿のモデル』(1887、オルセー美術館)、『横に腰掛けるモデル』の一部。地に『ポーズをとるモデルたち』(1888、バーンズ財団美術館)と『化粧する若い女』(1890、コートールド美術館)とサインなど。(サントメプリンシペ、2008年)

スーラ『牧童と牛』(ハンガリー)

『』(ハンガリー) スーラ 印象派 絵画

フランスの『サーカス』
(画家スーラ)

■『サーカス』は、スーラの傑作で、当時パリでおこなっていたフェルナンド・サーカスの興業風景を描いた作品である。画面中央に配される女性の曲馬師や白馬、画面前景に大胆に配される道化師(ピエロ)、右端に配される鞭を持った黒服の男、そしてサーカス小屋の丸い壁など構成される画面は曲線を多用されており、画面の中で弾むように躍動し、サーカスの愉快な雰囲気を見事に捉えている。オルセー美術館蔵

『黒いリボン(Le Noeud noir)』
(フランス、1991年)

画家スーラの肖像(モナコ)

フランスのサーカスの切手(スーラ) 馬 『黒いリボン』(フランス、1991年) スーラ Le Noeud noir 画家スーラの肖像(モナコ) 印象派

スーラの肖像の背景に「グランド・ジャット島の日曜日の午後」(1884-86・シカゴ美術館所蔵)。

コロー
Jean-Baptiste Camille Corot

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(Jean-Baptiste Camille Corot,1796-1875)。19世紀の4分の3を生き、次世代の印象派との橋渡しをした画家である。詩情あふれる森や湖の風景画で知られるが、『真珠の女』のような人物画にも傑作がある。1825年から計3度イタリアへ旅行し、イタリア絵画の明るい光と色彩にも影響を受けている。理想化された風景でなく、イタリアやフランス各地のありふれた風景を詩情ゆたかに描き出す手法はのちの印象派の画家たちにも影響を与えた。


『ナルニ橋』(フランス)

『マントの橋』
(フランス、ルーヴル美術館)

『モルトフォンテーヌの思い出』
(ブータン、1968年、立体切手)

『ルイス』(ユーゴスラビア)

『ナルニ橋』(フランス) コロー 印象派 『マントの橋』(フランス) コロー 印象派 『モルトフォンテーヌの思い出』(ブータン、1968年、立体切手) コロー 印象派


皇帝ナポレオン3世が買い取った作品|ルーブル美術館

カミーユ・コロー(1796-1875)。 印象派 『ルイス』(ユーゴスラビア)

モルジブで発行された『ルーブル美術館』の美術から印象派・コローの作品

印象派・コロー 『真珠の女』

『Young Woman in Greek Costume』

『青い服の婦人』(Lady in Blue)
印象派・コロー

『ドレッシングルームの若い娘』

カミーユ・コロー(1796-1875) 印象派 『真珠の女』 カミーユ・コロー(1796-1875) 印象派 Young Woman in Greek Costume カミーユ・コロー(1796-1875) 印象派 『青い服の婦人』 カミーユ・コロー(1796-1875) 印象派 

『ティヴォリのエステ家別荘の庭(The garden of the Villa d'Este) 』 イタリアの世界遺産

■真珠の女(Lady in Blue、1868-70年頃)(ルーヴル美術館)
コローが没するまでアトリエに置いていた作品。モデルはロマン派の画家テオドール・シャセリオーのモデルも務めたとされるベルト・ゴルトシュミットという人物。まとっている衣装はイタリア中部のアルバーノ地方の民族衣装で、コローが弟子の画家でローマにいたエドゥアール・ブランドンに依頼して調達したものである。両手の組み方には『モナ・リザ』との類似が指摘される。『真珠の女』と通称されているが、額に影を落としている真珠のようなものは、木の葉を綴った冠の一部である。
■青い服の婦人(1874年)(ルーヴル美術館)
最晩年の作品で、画家の死後、1900年のパリ万国博覧会で初めて公開された。モデルは、コローの他の絵でもモデルを務めているエマ・ドビニーと推定されている。   提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

カミーユ・コロー(1796-1875) 印象派 ルーブル美術館 『ティヴォリのエステ家別荘の庭(The garden of the Villa d'Este) 』

『マントの橋』(1868-70年頃)
(ルーヴル美術館)

『コローの自画像』

『Chartres Cathedral, 1830』

『ドゥエの鐘楼』

カミーユ・コロー(1796-1875) 印象派 『マントの橋』 カミーユ・コロー(1796-1875) 印象派 『コローの自画像』 カミーユ・コロー(1796-1875) 印象派 Chartres Cathedral, 1830 カミーユ・コロー(1796-1875) 印象派 ドゥエの鐘楼

『コローの自画像』(Niger、1968年)

『コローの自画像』(Niger、1968年) 印象派 コロー

印象派 その他の画家
  

『ゆりかご』ベルト・モリゾ(Berthe Morisot、1841年〜1895年

ベルト・モリゾは数少ない女性画家、19世紀を代表する画家である。
ゆりかご 印象派 絵画切手 ベルト・モリゾ(Berthe Morisot)

■ベルト・モリゾ(Berthe Morisot、1841年-1895年)は、マネの絵画のモデルとしても知られる、19世紀の印象派女性画家。マネに絵画を学びながら、彼のモデルを多く務めた。マネとの恋仲を噂されることもあったが、実際は1874年に彼の弟ウージェーヌ・マネと結婚した。1879年に娘ジュリーを出産。 モリゾの画風は自然の緑を基調としたものが多く、穏やかで、母子の微笑ましい情景などが特徴的である。男性中心の19世紀における女性画家ということもあって、フェミニズム研究でのアプローチが多い。 ルノワールやマラルメとの親交もあった。モリゾの死後、マラルメ、ルノワール、ドガは16歳で孤児となったジュリーの後見人となる。
 

■シュテファン・ルキアン Stefan Luchian or Lukian (1 February 1868-28 June 1917) was a Romanian painter, famous for his landscapes and still life works. 風景と静物画が得意。

シュテファン・ルキアン( ルーマニア、Stefan Luchian、1868-1917 )
 『花』、『果物と花瓶』

シュテファン・ルキアン( ルーマニア、Stefan Luchian、1868-1917 )
『Old Man Nicolae the Fiddler, 1906』

シュテファン・ルキアン( ルーマニア、Stefan Luchian,St Luchian、1868-1916 ) 『花』、『果物と花瓶』 シュテファン・ルキアン( ルーマニア、Stefan Luchian,St Luchian、1868-1916 ) 『花』、『果物と花瓶』 シュテファン・ルキアン( ルーマニア、Stefan Luchian、1868-1916 )      『Old Man Nicolae the Fiddler, 1906』

ピエール・ボナール(フランス, Pierre Bonnard、後期印象派)
 『ル・カネの食堂の片隅』

ピエール・ボナール(フランス, Pierre Bonnard、後期印象派) 『ル・カネの食堂の片隅』

■『浴槽に入る薔薇色の裸婦(浴槽のピンク色の裸婦)』は、ボナールが長きにわたって親密な交際を続けてきたマリア・ブールサン(通称マルト)と結婚する前年(1924年)に制作された、浴槽に入る女性を画題とした裸婦作品で、ボナールの他の裸婦作品同様、マルトをモデルとしている。画面中央に配される、外側が濃緑の浴槽へ左足の甲を洗いながら入るマルトの姿は女性らしい丸みを帯びた柔らかな姿態で描かれており、薔薇色の肌が明瞭な光によって輝いている。
■『逆光の裸婦』は、ベルギーのブリュッセルにある王立美術館に所蔵される本作は、後に最愛の妻となるマリア・ブールサン(通称マルト)をモデルに室内の≪裸婦≫を描いた画家の典型となる裸婦作品のひとつである。『薔薇の長椅子(ソファー)のある化粧室』、『オー・デ・コロン』など過去、複数の名称で呼称された本作では、画面中央やや右側に香水(オーデコロン)を己の体に付ける若いマルトが一糸纏わぬ姿で描かれており、その無防備で私的な情景は、あたかもマルトの日常を垣間見ている感覚すら(本作を)観る者に抱かせる。

ボナールの日本の女性と裸婦 印象派の人はジャポニカ

ボナールの日本の女性と裸婦 印象派の人はジャポニカ

ピエール・ボナール画  『』、『逆光の裸婦(薔薇の長椅子のある化粧室、オー・デ・コロン)ベルギー王立美術館』

ピエール・ボナール画  
『浴槽に入る薔薇色の裸婦(浴槽のピンク色の裸婦)』、『』

逆光の裸婦(薔薇の長椅子のある化粧室、オー・デ・コロン) 浴槽に入る薔薇色の裸婦(浴槽のピンク色の裸婦)

■ピエール・ボナール(Pierre Bonnard 1867-1947)は19世紀末から20世紀前半にかけて活躍したフランスを代表する画家。幻想性と非現実性を調和させた柔らかな色彩を効果的に用いた独自の表現様式を確立し、明瞭な光と華やかさ満ちた絵画を制作。人物画、特に裸婦作品が著名であるが、風景画や肖像画、風俗的画題の作品でも優れた作品を残すほか、石版多色刷りポスターや版画、装飾デザインなども手がける。

■印象派の背景・
@ジャポニスム:多くの画家が表現方法を模索する中、1867年パリ万国博覧会が行われる。これには日本の幕府、薩摩藩、佐賀藩が万博に出展し、日本の工芸品の珍奇な表現方法が大いに人気を集めた。次の1878年パリ万博のときには既にジャポニスムは一大ムーブメントになっていた。日本画の自由な平面構成による空間表現や、浮世絵の鮮やかな色使いは当時の画家に強烈なインスピレーションを与えた。そして何よりも、絵画は写実的でなければならない、とする制約から画家たちを開放させる大きな後押しとなった。 
A写真の発明:絵具が発達し、絵画の教育システムが確立し、絵画が産業化していく一方で、1827年に写真が発明される。写真は瞬く間に改良されて、肖像写真として利用されるようになる。 正確に描写するだけなら、絵画より写真の方がはるかに正確で安価で納期が早い。写真が普及し始めると画家たちが職にあぶれるようになった。 また、瞬間をとらえた写真の映像は、当時の人々にとって全く新しい視覚であり、新たなインスピレーションを画家たちに与えることになった。
 
B第1回印象派展の開催:1874年にモネ、ドガ、ルノワール、セザンヌ、ピサロ、モリゾ、ギヨマン、シスレーらが私的に開催した展示会は、後に第1回印象派展と呼ばれるようになる。当時この展示会は社会に全く受け入れられず、印象派の名前はこのときモネが発表した『印象、日の出(Impression, soleil levant)』から、新聞記者が「なるほど印象的にヘタクソだ」と揶揄してつけたものである。このときを印象派の成立としているが、これ以前にもウィリアム・ターナー(イギリス)の様に印象派に通じる画風や、バルビゾン派など屋外の風景を多く描いた印象派前夜と呼び得る画家達も存在している。また、後にはスーラ、ゴッホ、ポール・ゴーギャンなどのポスト印象派、新印象派へと続くものとなった。

印象派の画家の作品 ルノワール他(コンゴ、2005年)
印象派の画家の作品 ルノワール他

⇒写真の発明による肖像画産業の低迷と、「見た感じ」の面白さに気付いたヨーロッパの画家たちは、写実主義から離脱し、絵画独特の表現方法を探索し始めた。 そのような中で、細部やタッチにこだわらず、新たな空間表現と明るい色使いを多用した印象主義が発生した。印象派の絵画は、それまでの西洋絵画に付きものの難解な寓意やアトリビュートを読み解く必要がほとんどなく、歴史や宗教に関する素養が無くても鑑賞を楽しむことができた。このため大衆に受け入れられ人気を博した。

印象派画家の一覧

以下の表は主な印象派の画家の一覧。印象派展出品回の項目が空白は、その画家が一度も印象派展に出品しなかった事を示します。

印象派の画家

生年

没年

印象派展出品回

備考

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー

1796年

1875年

 

活動時期が他の印象派の画家よりも早いため、写実主義(バルビゾン派)の画家とされる事が多い。

カミーユ・ピサロ

1830年

1903年

1〜8(全回)

印象主義から離れ点描技法を用いていた時期があるため、新印象派の画家とされる事もある。

エドゥアール・マネ

1832年

1883年

 

印象派とは密接な関係にあるが、芸術運動としての印象派とは一線を画して活動していたため、印象派の画家ではないとする見方もある。

エドガー・ドガ

1834年

1917年

1〜6、8

他の印象派の画家とは異なり、古典的手法を重視していた。

アルフレッド・シスレー

1839年

1899年

1〜3、7

 

ポール・セザンヌ

1839年

1906年

1、3

ポスト印象派の画家とされる事も多い。

クロード・モネ

1840年

1926年

1〜4、7

 

ベルト・モリゾ

1841年

1895年

1〜3、5〜8

 

ピエール=オーギュスト・ルノワール

1841年

1919年

1〜3、7

稀にポスト印象派の画家とされる事がある。

アルマン・ギヨマン

1841年

1927年

1、3、5〜8

 

メアリー・カサット

1844年

1926年

4〜6、8

 

ギュスターヴ・カイユボット

1848年

1894年

2〜5、7

 

ポール・ゴーギャン

1848年

1903年

5〜8

ポスト印象派の画家とされる事も多い。

エヴァ・ゴンザレス

1849年

1883年

   

フィンセント・ファン・ゴッホ

1853年

1890年

 

ポスト印象派の画家とされる事も多い。

フォービズム

■フォーヴィスム(フォービズム、Fauvisme、野獣派)は、20世紀初頭の絵画運動、1905年にパリで開催された展覧会サロン・ドートンヌに出品された一群の作品の、原色を多用した強烈な色彩と、激しいタッチを見た批評家ルイ・ボークセル(Louis Vauxcelles)が『あたかも野獣の檻(フォーヴ、fauverie)の中にいるようだ』と評したことから命名された。運動の中心人物であるアンリ・マティス、アンドレ・ドラン達であった。 マチスは別ページで掲載。

ドラン
 Andre Derain

ドラン(Andre Derain)は、アンリ・マティスらとともにフォーヴィスム(野獣派)の運動において指導的役割を果たした画家。風景、人物、静物などさまざまな画題の作品がある。作風も、ポール・シニャック風の点描に近い技法を用いた風景画から、キュビスム風の静物画まで幅広い。

 
 

はしけ・フランス

ドラン 絵画切手 はしけ フランス

同時代の画家

テオドール・アマン(Theodor Aman)(1831-1891)

ルーマニアの画家。

『Giurgiuの戦い』

『家族でピクニック』

『画家のスタジオ』

『ブラカレストにあるアマン美術館』

テオドール・アマン(Theodor Aman)(1831-1891)  ルーマニアの画家 『Giurgiuの戦い』 『家族でピクニック』 テオドール・アマン(Theodor Aman)(1831-1891)  ルーマニアの画家 『画家のスタジオ』 『ブラカレストにあるアマン美術館』

テオドール・アマン(Theodor Aman)(1831-1891) :ブカレストの美術学校の初代校長になったテオドール・アマンは、フランスで絵画修行を行い、ルーマニア近代絵画の基礎を築きました。Theodor Aman 's name is connected with the first collective exhibitions with a periodical character and with the first Bucharest picture gallery

テオドール・アマン 『自画像』

『インテリアの中の婦人』

ルーマニア 10 lei 印象派画家ニコラエ・グリゴレスク
Nicolae Grigorescu の肖像画 2008年 ポリマー紙幣

テオドール・アマン(Theodor Aman)(1831-1891)  ルーマニアの画家  自画像 テオドール・アマン(Theodor Aman)(1831-1891)  ルーマニアの画家 『インテリアの中の婦人』 ルーマニア 10 lei 印象派画家ニコラエ・グリゴレスク 2008年 ポリマー紙幣

ミス・ポップ Misu Popp (1827-1892 壁画家、ルーマニア)

ニコラエ・グリゴレスク Nicolae Grigorescu

『女性の肖像画(Lady in blue)』 Misu Popp

『赤い頭巾の少女(Fetita Cu Basma Rosie )』
ニコラエ・グリゴレスク Nicolae Grigorescu ルーマニア国立美術館

 『女性の肖像画(Lady in blue)』 Misu Popp (1827-1892) 『赤い頭巾の少女』ニコラエ・グリゴレスク Nicolae Grigorescu

Misu Popp (1827-1892) was a Romanian painter and muralist.
Born in Brasov, he was the eighth child of Ioan Popp Moldovan de Galati (1774-1869) and Elena (1783-1867), born Ivan, a family from the Fagaras region. His father was a church muralist, painter and sculptor.
Misu Popp finished his art studies in 1848, at the Academy of Fine Arts from Vienna, where he developed a serious academic style.

Nicolae Grigorescu (May 15, 1838-July 21, 1907) was one of the founders of modern Romanian painting. (ルーマニア絵画創始者)
1838年ドンボピッツァ県ピタルに生まれ、1907年プラホヴァ県クンピナに歿する。グリゴレスクは10歳の時、ブカレストのイコン画家、おそらくアントン・クラデックの工房に入った。15歳の時から初め兄やその他の地元の職人の協力をえて教会での制作に従事した。

Nicolae Grigorescu

Nicolae Grigorescu

Nicolae Grigorescu

Camil Ressu (28 ianuarie 1880, Galati - 1 aprilie 1962, Bucuresti)
Cosasi odihnindu (1925)

『農家の女性』
Nicolae Grigorescu

Gheorghe Petrascu
『Casa veche』

Camil Ressu Cosasi odihnindu  (1925) 『農家の女性』 Nicolae Grigorescu Gheorghe Petrascu『Casa veche』

Camil Ressu (January 28, 1880 - April 1, 1962) was a Romanian painter and academic, one of the most significant art figures of Romania.Born in Galati, Ressu originated from an Aromanian family that migrated to Romania from Macedonia at the start of the 19th century. His father, Constantin Ressu, who was a journalist and had studied law in Brussels, was an artist in his spare time. In 1887, Ressu was enrolled at the School of Fine Arts in Bucharest.

Gheorghe Petrascu[Romanian Painter, 1872-1949]、ルーマニア

ヴェネツィアの建物の風景 MC( 1972 UNESCO,Save Venice,Venezia,Venedig,3053,cards) ヴェネツィア救済 Gheorghe Petrascu

ヴェネツィアの建物の風景( 1972 UNESCO,Save Venice,Venezia,Venedig,3053,cards)  

ヴェネツィアの建物の風景 MC( 1972 UNESCO,Save Venice,Venezia,Venedig,3053,cards) ルーマニアの画家 Gheorghe Petrascu

ヴェネツィアの建物の風景( 1972 UNESCO,Save Venice,Venezia,Venedig,3053,cards)  

■印象派・フォービズム、象徴主義の絵画
■音楽史論では、19世紀末から20世紀初頭にかけての、ドビュッシーやラヴェルといった作曲家たちの音楽を「印象派」とすることが多い。それまでにワーグナーやリストによって展開されていた機能和声の崩壊を推し進め、また形式を崩し構造を断片化し、一方で全音音階・教会旋法・五音音階の多用による旋法性を基盤に、新たな音楽の確立を目指し、20世紀以降の音楽に多大な影響を与えた。対位法の欠如といった属性も特徴である。

その他美術関係の切手・写真(切手が主体)

■巨匠の絵画切手 [ ボッティチェッリダ・ヴィンチラファエロミケランジェロデューラーティツィアーノ(チチアン)ルーベンスベラスケスアングルエル・グレコレンブラントカラヴァッジオフェルメールダイクドラクロワゴヤ|ゴッホ(no.1|no.2)|ルノワールマネとモネセザンヌゴーギャンマチスピカソダリ葛飾北斎安藤広重クリムトシャガールモディリアーニミュシャ ]

掲載の印象派とフォービズム、象徴主義の主要な画家一覧:
エドゥアール・マネ(EDUARD MANET)、クロード・モネ(CLAUDE MONET)、ピサロ(CAMILLE PISSARRO)、シスレー(Alfred Sisley)、ドガ(Edgar Degas)、カサット(Mary Stevenson Cassatt)、ロートレック(Henri de Toulouse-Lautrec)、ポール・セザンヌ(Paul Cezanne)、ゴーギャン(Paul Gauguin)、ジョルジュ・スーラ(Georges Seurat)、コロー(Jean-Baptiste Camille Corot)、シュテファン・ルキアン(Stefan Luchian)、マチス(Henri Matisse)、ドラン(Andre Derain)、テオドール・アマン(Theodor Aman)、ベルト・モリゾ(Berthe Morisot)、フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)、ピエール=オーギュスト・ルノワール(PIERRE-AUGUSTE RENOIR)、ピエール・ボナール(Pierre Bonnard )


美術切手|印象派とフォービズムの絵画 : マネ、モネ、ピサロ、シスレー、ドガ、カサット、ロートレック、カイユボット、セザンヌ、ゴーギャン、スーラ、コロー、フォービズムのドラン 他

カウンター