Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集
海外写真集|ヨーロッパ・チェコ プラハ: プラハのヴルタヴァ川(モルダウ川)とボヘミアの森、カレル橋と世界遺産・チェスキークルムロフ(中世からルネサンスにかけての街並み)、プラハ聖ヴィート大聖堂のステンドグラス、ミュシャの絵画

ホーム>海外写真集>ヨーロッパ>チェコ共和国


the Czech Republic(チェコ共和国) ヴルタヴァ川(モルダウ川)とボヘミアの森、チェスキークルムロフ

 チェコ共和国(Cezh,チェコきょうわこく)、通称チェコは、ヨーロッパ中部の国。首都は、プラハ(Praha)。政治的には東欧に分類されてきたが、ヨーロッパ共産圏の消滅後は、中欧または中東欧に分類されるようになった。北はポーランド、東はスロバキア、南はオーストリア、西はドイツと国境を接する内陸国。1993年にチェコスロヴァキアがチェコとスロバキアに分離し成立した。首都プラハ(世界遺産プラハ歴史地区)を中心に構成してます。昔学生時代はプラハの春と言って物語ったのを覚えています。一番切手を交えて紹介します。また昔「ボヘミアン」の歌があったかと思います。懐かしいですね。また世界遺産・チェスキークルムロフ(中世からルネサンスにかけての街並み)の写真も。ヴルタヴァ川(モルダウ川)は作曲家スメタナ「交響詩 我が祖国」 の題材にもある川です。まさにその美しい調べにのって、ドイツ国境の「ボヘミアの森」から流れだし、次第に川幅を広げながら村人たちの楽しい集いや古城を映して、ゆっくり北に向って流れていきます。首都プラハの街を貫流する頃には、もう堂々たる大河となり、やがて国境を越えるとエルベ川となって北海へ注ぐことになります。世界遺産・テルチ(おとぎの国の様)の切手も収録。プラハの地図やニュースも配信中。チェコ出身のミュシャのレトロな絵画切手も掲載。


 海外旅行写真|ヨーロッパ(Europa travel picture)

■ [ オーストリア(Austoria (2005年(Wien)|2006年(Zaltburug))|チェコ(Cezh)|フランス(France (パリ(Paris)
  |ルーヴル美術館(Louvre))|オランダ(Holland、(スキポール空港アムステルダム))|ハンガリー(Hungary)
  |ドイツ(Germany (ベルリン、ポツダム(Berlin、Potsdam))|ロマンチック街道)|スイス(Switzerland)
  |イタリア(Italiana)|バチカン市国(Governor of Vatican City) ]
 

下のサムネイルをクリックすると大きな写真で閲覧できます。   ご注意)写真は当方が撮影したもので著作権があります。

 the Czech Republic(チェコ共和国) ヴルタヴァ川(モルダウ川)とボヘミアの森、チェスキークルムロフ

プラハ(チェコ語、スロヴァキア語:Praha)は、チェコ共和国の首都であり、同国最大の都市である。人口は、約120万人。市内中心部をヴルタヴァ川(ドイツ語名モルダウ)が流れる。古い町並み・建物が数多く現存しており、毎年海外から多くの観光客が訪れる。カレル大学は中欧最古の大学である。尖塔が多くあることから「百塔の街」とも呼ばれる。ティコ・ブラーエが天体観測を行った天文塔もそのひとつである。9世紀後半にはプラハ城が建設された。

首都プラハの市場 ・・ プラハは世界遺産の町です。

首都プラハの市場

ホテルでのチップと
チェコの紙幣

「百塔の街」プラハを見渡す
丘の上で

チェコスロバキアの一番切手です。
プラハ城(ミュシャ)がデザインのモチーフになっています。

チェコの紙幣 百塔の街 プラハ チェコスロヴァキア 1番切手 プラハ城 手紙

チェコ・プラハの地図

大きな地図で見る

プラハ聖ヴィート大聖堂のステンドグラスはあの有名な画家アルフォンス・マリア・ミュシャ(Alfons Maria Mucha)によって製作されました。またチェコスロバキア共和国が成立すると、新国家のために紙幣や切手、国章などのデザインを行った。財政難の新しい共和国のためにデザインは無報酬で請け負ったといわれています。上記のプラハ城の切手もそのひとつです。

プラハの街の家並み

聖ヴィート大聖堂のステンドグラスは大変美しい。

チェコ プラハ 町並み 写真 チェコ プラハ 町並み 写真 教会 ステンドグラス

ヴルタヴァ川(モルダウ川)の西岸、フラッチャニの丘の上からプラハの市街を見下ろす歴代王の居城。名実共にプラハのシンボルであり、どこからでもプラハ市の美しい眺めを堪能できる。城壁に囲まれた広大な敷地には、旧王宮、大聖堂、修道院などが建つ。作曲家スメタナ「交響詩 我が祖国」 の題材にもある川です。

プラハ 音楽隊

ヴルタヴァ川に架かるプラハ最古の石橋・カレル橋(Charles Bridge)

兵士 行進 写真

■プラハだけでなくヨーロッパに現存する最古の石橋カレル橋:全長約520メートル、幅は10メートル近くもあり、両側の欄干に並ぶ30体の聖人像が。

ブルタヴァ川 プラハ最古の石橋・カレル橋

教会内部 1

教会内部 2

大きなオルゴール時計

大きなオルゴール時計 プラハ
チェコ プラハ
 

プラハの旧市街広場(ティーン教会、ヤン・フス像、旧市庁舎、天文時計)はプラハの心臓部とも言える広場。11世紀頃、ドイツやフランスなどと商業的関係の発展に伴い、教会や商人達の住居の土が建てられるようになって、次第にこの広場が形作られていった。また、ひろばを取り囲む建物群は、ゴシック様式、ルネサンス様式、」バロック様式など、プラハの歴史に登場したほとんどの時代様式が混在しています。天文時計は旧市庁舎の下の方にある。縦に二つの円が並んでおり、それぞれが作られた当時の宇宙観(天動説)に基づいた天体の動きと時間を表している。9:00〜21:00の毎正時になると、仕掛けが動き出します。
ボヘミア (Bohemia) は、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名です。ボヘミアは、古代にボヘミアからモラヴィア、スロバキアにかけての地域に居住していたケルト人の一派、ボイイ人に由来してます。
■最も有名なチェコ・ビールは、ピルスナー・ウルクエル(Pilsner Urquell / www.pilsner-urquell.cz)とブジェヨビツキー・ブドヴァル(Budvar、世界ではバドワイザーとして知られている)(www.budvar.cz)は、世界中で模倣されていますが、プルゼンとチェスケー・ブジェヨビツェで作られている、格別で不変の味のビールのみが本物です。
 

プラハ旧市庁舎の天体時計
(チェコ、1978年)

チェコの時計 天体時計 プラハ旧市庁舎

ボヘミアン舞踊ディナーショー

ボヘミアン舞踊ディナーショー

子供は何処でも可愛い
ですね。

チェコで最も美しい街チェスキー
クルムロフ(世界遺産)の城

ボヘミアン舞踊ディナーショー チェスキークルムロフ(世界遺産)の城 チェコ

チェスキークルムロフ:中世からルネサンスにかけての街並みがそのまま残っており、世界文化遺産にも登録されたチェコの世界有数の美しい歴史的都市です。町の中心にそびえる城がチェスキークルムロフ城。建てられたのは13世紀後半で、その後ルネサンス様式に改築。17〜18世紀にはバロック様式の建物も付け加えられ、それぞれの時代の様式が見事に調和する美しい城となりました。城の塔から見る緑に囲まれた町の風景はとても美しく、庭園や地下の洞窟を利用したギャラリーも見所です。
■チェコ料理は心地よくグルメ達を驚かせてくれます。近隣諸国(ハンガリー、オーストリア、ドイツ)の料理からの影響を受けようと、まだまだ伝統的古ボヘミア料理のレシピは健在です。チェコ料理の基本は、穀物、豆類、ジャガイモ、肉など自国で栽培収穫できる材料です。これら一見ありふれた材料から、チェコ料理にだけ見られる秀逸で工夫に富んだ料理が生みだされます。これらの料理には、チェコ風ダンプリング、豊富な種類のソースやスープ、スヴィチコヴァー・ナ・スメタニェ(牛ヒレ肉のクリームソースがけ)、そしてヴェプショ・クネドロ・ゼロ(焼豚にダンプリングとザワークラウトの付け合わせ)です。
■右は、チェコ出身の作曲家、スメタナ作のオペラ「売られた花嫁」。シート地に楽譜。(チェコ、1963年) 

チェコ出身の作曲家、スメタナ作のオペラ「売られた花嫁」。シート地に楽譜。
[切手リンク:ヨーロッパ切手デッドカントリー切手世界遺産 ] 

世界遺産・チェコのテルチ歴史地区のテルチは、チェコ・モラヴィア地方ヴィソチナ州の町。城と、良質の保存がなされているルネサンス様式の長い中心地が含まれる。1992年UNESCO世界遺産に登録。城の建設者ザハリアーシュ・フラデツで、彼にちなみ広場の名前がつけられた。彼の名はインドリフーフ・フラデツの市名にも含まれている。テルチは14世紀半ばに建設された。古代ローマ式の聖霊塔が既にこの定住地にあった。町の城壁と被昇天の聖母教会は、ゴシック建築である。(1994年)

■プラハは、1346年にボヘミア王カレル1世が神聖ローマ帝国の皇帝に選ばれ、カレル4世(ドイツ語名カール4世)となると、神聖ローマ帝国の首都はプラハに移され、プラハ城の拡張や、中欧初の大学、カレル大学の創立、カレル橋の建設とヴルタヴァ川東岸市街地の整備などの都市開発が行われ、ローマやコンスタンティノープルと並ぶ、ヨーロッパ最大の都市にまで急速に発展。「黄金のプラハ」と形容されるほどの大きな都市だったそうです。 プラハ旧市庁舎の天体時計は、「世界の時計や時刻に・・・」のページに掲載しています。

Prague is the capital and largest city of the Czech Republic.
The city proper is home to about 1.3 million people, while its metropolitan area is estimated to have a population of over 2.3 million. Prague has been a political, cultural and economic centre of Europe and particularly central Europe for the over 1,100 years of its existence. For centuries, during the Gothic and Renaissance eras, Prague was the permanent seat of two Holy Roman Emperors and thus was also the capital of the Holy Roman Empire. The city played roles in the Protestant Reformation, the Thirty Years' War, and in 20th-century history, both during the two World Wars and during the post-war Communist era.
Prague is home to a number of famous cultural attractions, many of which survived the violence and destruction of twentieth century Europe. Since 1992, the extensive historic centre of Prague has been included in the UNESCO list of World Heritage Sites, making the city one of the most popular tourist destinations in Europe, receiving more than 4.1 million international visitors annually, as of 2009. Prague is classified as a global city.

カレル橋はチェコ共和国の首都、プラハを流れるヴルタヴァ川(モルダウ)に架かっている橋(切手、2008年)

カレル橋はチェコ共和国の首都、プラハを流れるヴルタヴァ川(モルダウ)に架かっている橋

チェコの首都プラハにあるカレル橋はヨーロッパに現存する最古の石橋。神聖ローマ皇帝カール4世の治世下1357年に建設が始まり1400年に完成した。1841年までプラハ旧市街とその周囲をつなぐ唯一の橋であった。また、西欧と東欧の交易ルートとしてプラハが重要な地位を占めるようになった。最初は単に石橋、プラハ橋と呼ばれていたが1870年よりカレル橋と呼ばれるようになった。橋の長さは516メートルで幅は10メートル。16連のアーチから構成されている。また橋を守るために3つの塔が建てられておりとくに旧市街側の塔はゴシック様式の建築として名高い。橋の欄干には15体ずつ、合計30体の彫刻が並んでいる。その多くはバロック様式である。(チェコの世界遺産)

ご注意)写真は娘が撮影したもので著作権があります。


Czech Tourismーチェコ共和国オフィシャル観光案内

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 

個人旅行者を対象とした旅の情報、宿、食、交通機関、観光スポット等。チェコ情報

チェコの出身の画家アルフォンス・ミュシャのレトロな絵画

アルフォンス・ミュシャ画
拡大○

アルフォンス・ミュシャ画
「ヒヤシンス姫」拡大○

アルフォンス・ミュシャ画「芸術」(ダンス)(絵画)(音楽)・
チェコスロバキア

ミュシャ ミュシャ 「芸術」(ダンス)(絵画)(音楽)・チェコスロバキア ミュシャ 切手 「芸術」(ダンス)(絵画)(音楽)・チェコスロバキア ミュシャ 切手 「芸術」(ダンス)(絵画)(音楽)・チェコスロバキア ミュシャ 切手

■チェコで有名なものは、町並みや世界遺産の綺麗さと、個人的にはチェコの美術切手は綺麗さとその緻密さで有名で好きです。非常に美しい凹版印刷です。(絵画切手はこちら) その絵画に関して、200余年の歴史を誇るプラハ国立美術館は、ヨーロッパ有数の美術館として西洋絵画の名品を所蔵し、チェコ出身で画家ミュシャ(Alfons Maria Mucha)は、チェコの一番切手のプラハ城だけでなく、この美術館には大いに貢献しています。ミュシャが描く、優美な女性像、花や植物をモチーフとした叙情的な曲線、文様で装飾された作品は、世界中の多くの人々に愛されており、ミュシャはアール・ヌーヴォーを象徴する画家となっています。
■ワイン生産は南モラヴィアで最も盛んです。白ワインは国際コンテストで成功を収めています。人気のある葡萄品種にはグリューナー・ヴェルトリーナー、ミュラー・トゥルガウ、モラヴィア・マスカットなどが挙げられます。フランコフカやセントローレンスに代表される赤ワインも黙ってはいません。ボヘミアワイン、モラヴィアワイン、そして世界中のワインを取り揃えるワインバーはチェコ全国どこでもありますが、本物のワインセラーが持つ雰囲気は、他と変え難いものがあります。

チェコ・プラハのランタン
切手(チェコ、2003年)

チェコ・プラハのランタン(チェコ、2003年)

■首都プラハは忘れることのできない千年都市の雰囲気を持った、世界で最も美しい都市に属します。しかし無数の 博物館、美術館、そして記念物はここだけでなく、チェコ共和国のその他の地域でも見られます。
チェコ共和国の地図は、歴史的な町、城、教会、そして修道院に、文字どおりに覆われています。稀に見る文化遺産には、12 のユネスコ世界遺産が含まれています。これだけ世界遺産が密集している地域は世界のその他では決して見つかりません。 その自らの多彩さによって、サイクリングや水辺のレジャーなどの活動的な休暇のための、理想的な場所となっている、チェコの自然の美しさもお勧めします。70以上のゴルフ場がかりたて、冬休みには幾十ものスキーセンターが用意されています。 世界的に有名なのが、数百年もの伝統を持つチェコの温泉です。この快適な環境で、療養だけでなくリラクゼーションにもできます。 チェコを訪れる度に、チェコ料理、かの有名なチェコビール、そして格別なモラビアワインの、“味”のさらなる発見があります。クリスマスに、春休みに、夏に、そして秋に訪れて下さい。いつでも豊富なプログラムと “ヨーロッパのハート” の国の常に異なる顔が用意されています

チェコの女性・帽子(1977年)

チェコの女性がきれいなことは確かですね。「フランス女性は化粧で美しくなるが、チェコの女性は寝起きのままで美しい」という喩えがあります。切手は、チェコ女性の帽子のいろいろ。繊細な線と大胆な線が混在。

チェコの女性・帽子(1977年) チェコの女性・髪型(1977年)

チェコスロバキアの各地の民族衣装(1956年)
30h モラビア(Moravia)、1.20k ボヘミア(Bohemia)のBlata

1.40k スロバキア(Slovakia)のCicmany、
1.60k SlovakiaのNovohradsko


 
大人気日本旅行 『海外ツアー』

the Czech Republic(チェコ共和国) ヴルタヴァ川(モルダウ川)とボヘミアの森、チェスキークルムロフ 

カウンター