Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集 海外写真集|ヨーロッパ・イタリア共和国(Repubblica Italiana)  世界遺産 ヴェローナ(Verona) ヴェローナはシェイクスピアの戯曲『ヴェローナの二紳士』、『ロミオとジュリエット』の舞台でも有名。中世の町並みにローマ遺跡が残り、円形劇場(アレーナ・ディ・ヴェローナ)で知られている。ジュリエットの家は、癒し系の強力なパワースポットです。

ホーム>海外写真集>ヨーロッパ>イタリア共和国(Repubblica Italiana)世界遺産 ヴェローナ


イタリア共和国(Repubblica Italiana) 世界遺産 中世の都市 ヴェローナ (ジュリエット、オペラ・・)

 イタリア共和国(Repubblica Italiana)。 世界遺産 中世の都市ヴェローナ(Verona)。 ヴェローナは、人口27万人のイタリアの都市であり、ヴェネト州ヴェローナ県の県庁所在地です。 アディジェ川沿いにあり、ガルダ湖の約30km東に位置しています。 ヴェローナは古代遺跡で世界遺産に登録され、シェイクスピアの戯曲『ヴェローナの二紳士』、『ロミオとジュリエット』の舞台としても知られる。 ヴェローナは、中世の町並みにローマ遺跡が残り、円形劇場(アレーナ・ディ・ヴェローナ)で知られている。このアレーナでは毎年7月〜9月にかけ野外オペラが上演される。 人口は25万人。 紀元前49年にユリウス・カエサル(シザー)はヴェローナの属する北伊属州の自由民全員にローマ市民権を与えており、この地域はルビコン川以南のローマ本国と変わりないほどローマ化していた。 そしてアウグストゥス帝の時代にはローマ本国に組み入れられた。 ヴェローナはヴェネツィアの西約100kmにあります。 ヴェネツィア、ミラノから鉄道で1時間半から2時間程度。 ジュリエットの家は、癒し系の強力なパワースポットです。
 説明資料作成では、Wikipediaを利用しています。 世界遺産の切手:イタリア
  


 海外旅行写真|ヨーロッパ(Europa travel picture)

■ [ オーストリア(Austoria (2005年(Wien)|2006年(Zaltburug))|チェコ(Cezh)|フランス(France (パリ(Paris)
  |ルーヴル美術館(Louvre))|オランダ(Holland、(スキポール空港アムステルダム))|ハンガリー(Hungary)
  |ドイツ(Germany (ベルリン、ポツダム(Berlin、Potsdam))|ロマンチック街道)|スイス(Switzerland)

■イタリア特別編 [ イタリアのトップミラノヴェローナヴェネツィア
フィレンツェドゥオーモヴェッキオ橋ウフィツィ美術館とアカデミア美術館 )|ローマコロッセウムフォロ・ロマーノ )|
バチカン市国
バチカン博物館ラファエロの間システィーナ礼拝堂 ) ]

下のサムネイルをクリックすると大きな写真で閲覧できます。   ご注意)写真は当方が撮影したもので著作権があります。

 イタリア共和国(Repubblica Italiana) 世界遺産 中世の都市 ヴェローナ (ジュリエット、オペラ・・)

■イタリアは地中海に突き出した長靴型イタリア半島、および周辺の島(サルデーニャ島、シチリア島など。コルシカ島はフランス領)から構成されている。東はアドリア海、西でティレニア海とリグリア海、南でイオニア海と地中海に面している。国境を接する国としては、大陸部では西側をフランス、北側をスイスとオーストリア、東側をスロヴェニア。アドリア海を挟んで、クロアチア、アルバニア、ギリシアなどとも地理、歴史的に結びつきが強い。キリスト教・カトリック教会の治めるバチカン市国があるが、これはイタリアの首都ローマが周囲を囲んでいる。他にもアドリア海近くのサンマリノ共和国を包み込むように接する。 ルネサンス(仏: Renaissance 直訳すると「再生」)とは、一義的には、14世紀 - 16世紀にイタリアを中心に西欧で興った古典古代の文化を復興しようとする歴史的文化革命あるいは運動を指す。また、これらが興った時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある。

 ヴェローナ(Verona)

■ヴェローナは、イタリアの北部、ミラノ〜ヴェネツィアを結ぶ横の線(それぞれフランス南部、東欧へと続く)と、ローマ〜ドイツを結ぶ縦の線の交差するところにあり、そのため交通の要所として古代ローマ時代から栄えてきました。 その為、 中世の町並みがよく残っています。 街の中心部には、アウグストゥス帝時代の紀元1世紀に建造されたと言う円形競技場(アレーナ・ディ・ヴェローナ)があり、街の象徴となっている。毎年夏には、アイーダなどの野外オペラが開催される。1822年にはロッシーニが自作の「ラ・サンタ・アッレンツァ La Santa Alleanza」というカンタータの指揮をしている。
またヴェローナは、シェイクスピアの戯曲『ヴェローナの二紳士』、『ロミオとジュリエット』の舞台としても知られている。 2000年、ヴェローナ市街として、世界遺産(文化遺産)に登録された。シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の舞台であり、映画や舞台でおなじみのバルコニーは観光名所となっている。 ここは「ジュリエッタの家」と呼ばれており、館内には当時の家具や日用品が展示されている。 前庭にはジュリエッタの像もある。VENEZIA(ヴェネツィア)、VICENZA(ヴィチェンツァ)、PADOVA(パドヴァ)、MANTOVA(マントヴァ)とは、電車、車ともに約1時間の距離にあります。

 ヴェローナの市街地風景

ヴェローナの市街地

ヴェローナの市街地

ヴェローナの市庁舎(ブラ広場)

ヴェローナ ブラ広場

ヴェローナの市庁舎(ブラ広場) ヴェローナ ブラ広場

古代ローマ時代の円形競技場(アレーナ・ディ・ヴェローナ)

毎年夏には、アイーダなどの野外オペラが開催される。

古代ローマ時代の円形競技場(アレーナ・ディ・ヴェローナ) 古代ローマ時代の円形競技場(アレーナ・ディ・ヴェローナ)

■ヴェローナは、中世の町並みにローマ遺跡が残り、円形劇場(アレーナ・ディ・ヴェローナ)で知られている。このアレーナでは毎年7月〜9月にかけ野外オペラが上演される。
シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の舞台であり、映画や舞台でおなじみのバルコニーは観光名所となっている。ここは「ジュリエッタの家」と呼ばれており、館内には当時の家具や日用品が展示されている。前庭にはジュリエッタの像もある。

アレーナ・ディ・ヴェローナ(Arena di Verona)はイタリア・ヴェローナにある古代ローマ時代の屋外闘技場跡地。Arena"とはラテン語で「砂」を意味し、これは闘技あるいは演劇などの催される平土間部分に敷き詰められた砂に由来している。
長径139メートル、短径110メートルの楕円形のこの闘技場はアウグストゥスの治世(紀元前27年 - 紀元14年)の末期か、あるいは遅くとも紀元後30年頃完成したと考えられているが正確な日時は特定されていない。もともとはローマ時代の都市を防御していた壁の外側に位置していたが、市域の移動に伴い、現在ではヴェローナ市街地のほぼ中心に位置している。観客席は44段の大理石製で、収容人数は約25,000人であったとされている。

シニョーリ広場とダンテ・アリギエーリの像(it:Palazzo del Podesta (Verona))

シニョーリ広場&エルベ広場  サンマルコの円柱、マッフェィ宮殿

シニョーリ広場とダンテ・アリギエーリの像(it:Palazzo del Podesta (Verona)) サンマルコの円柱 マッフェィ宮殿

シニョーリ広場:ローマ帝国時代にはフォールム(中央広場)があり、その頃はエルベ広場と一つであった。広場の中央にはダンテの像が立っている。 ランベルティの塔 はシニョーリ広場のそばに建つ。高さ84m。

ヴェローナ・シニョリーナ広場 
マドンナの噴水とランベルティの塔(MC、1977年)

エルベ広場

ヴェローナ エルベ広場

ヴェローナ エルベ広場

ヴェローナ・エルベ広場

カステルヴェッキオ
ヴェッキオ城(Castel Vecchio)

ヴェローナ カステルヴェッキオ

シニョーリ広場(Piazza dei Signori.)&エルベ広場 マドンナの噴水やリストランテ、正面はマッフェィ宮殿

ランベルティの塔

Piazza dei Signori. マドンナの噴水 Piazza dei Signori. ランベルティの塔 ヴェローナ

リストランテ:イタリア語でレストランの意。一般的にトラットリア、ピッツェリア、オステリアに比べ高級で、コースで食事が供される(もちろん、リストランテとは名ばかりの店や、高級なトラットリアもある)。

ヴェローナのエルベ広場(it:Piazza delle Erbe (Verona))

シニョーリ広場&エルベ広場の建築物

ヴェローナの広場

エルベ広場:エルベとは野菜の意味。その名の通り野菜の市が開かれた場所。長方形の大きな広場で、古代ローマからの歴史を持つ。広場には、ヴェネツィア共和国の象徴であった'サンマルコの円柱やカンピオーネの作によるマドンナの噴水がある。広場の奥には17世紀に建てられたバロック様式のマッフェィ宮殿が建つ。

ヴェローナ

カステルヴェッキオ(it:Castelvecchio (Verona))

ヴェローナ カステルヴェッキオ カステルヴェッキオ(it:Castelvecchio (Verona))

ヴェッキオ城(カステルヴェッキオ、Castel Vecchio) :14世紀後半にカングランデ2世により建築された。以後は、スカラ家の居城として用いられる。赤いレンガでできている城壁と6つの塔、跳ね橋が残る。ナポレオンがヴェローナを支配したときはこの城が兵舎として使われた歴史も持つ。現在は、市立博物館となっている。 

カステルヴェッキオのレリーフ

カステルヴェッキオ(it:Castelvecchio (Verona))の城壁と門

カステルヴェッキオ(it:Castelvecchio (Verona)) ヴェローナ カステルヴェッキオ

城からアディジェ川に向って、スカリジェロ橋がかかる。橋は、白い石で基礎とアーチが、他の部分は赤いレンガで作られた3重橋。第二次世界大戦中に退却するドイツ軍により爆破されてしまった。しかし戦後、石を拾い集めて復元されたそうです。 カステルヴェッキオの外壁には戦争のレリーフもありました。

ヴェローナの街中のファッション・ストリート LOVE、アクセサリー、瀟洒なブティック ジュリエット・グッズが沢山あります

ヴェローナの街中のファッション・ストリート LOVE、アクセサリー、ブティック  ヴェローナの街中のファッション・ストリート LOVE、アクセサリー、ブティック  ヴェローナの街中のファッション・ストリート LOVE、アクセサリー、ブティック

ヴェローナの女性ファッション(ブティックのディスプレイ)

ヴェローナ街角の彫像

ヴェローナ街角 結構狭い

ヴェローナの女性ファッション(ブティックのディスプレイ) ヴェローナの女性ファッション(ブティックのディスプレイ) ヴェローナ街角の彫像

■1405年にヴェローナはヴェネツィアの支配下に入った。ルネサンス期のヴェローナは商業また文化の中心として発展した。この世紀における人口には振幅が激しく、1511年に38,000人だった人口は1512年には25,000人に減少し、1526年には55,000人に上るが、1530年にはペストのため20,000人に減少している。数多くの学校が生まれ、ヨーロッパ規模の文化的な活動が展開された。
■バスターミナルは駅前にあり、市バス(オレンジ色のバス)のチケットは駅構内のたばこ屋で販売しています。ちなみに青いバスは中・長距離バスで、チケット売場はターミナル横のオフィスになります。
 1日券もありますが、見所は旧市街の狭い範囲に集中しているので、旧市街までの往復分として2枚購入するだけでいいと思います。旧市街まで1.5kmほどなので、時間がある場合は徒歩で移動も可。

ジュリエットの町で見つけた可愛いブローチ(ネコ、魚)

ジュリエットの町で見つけた可愛いブローチ(ネコ、魚)

△TOP

 世界遺産 ヴェローナのローマ遺跡

この地点がドイツのロマンチック街道の始点

ヴェローナのローマ遺跡

ヴェローナのローマ遺跡

ヴェローナ ローマ遺跡 ヴェローナ ローマ遺跡

ヴェローナも日常の家屋とローマ遺物が違和感も無く一体化している。日本は特別保存ですが、凄く不思議です。 余りに遺跡が多いことからそうなったのかも知れません。 トリムもそうでしょう。

ヴェローナのローマ遺跡と一般建築の融合 古いものを大切に

ヴェローナの歴史は先史時代に遡る。先史時代末期にはすでに集落が作られていた。ラエティー人、エトルリア人、ガリア人、ローマ人と交流があったことが出土品からわかっている。紀元前1世紀には、ポンペイウス法によりローマ植民地の地位を与えられ、のち紀元前42年または41年にローマの領土に編入され、ローマ都市となった

「狼の乳を吸うロムルスとレムス」の像

ヴェローナ ローマ遺跡 「狼の乳を吸うロムルスとレムス」の像

どこにいってもあります。必ずオオカミは左を向いています。

△TOP

 ヴェローナのハムレットで有名な「ジュリエッタの家」

「ジュリエットの家」

(it:Casa di Giulietta)

イタリアのヴェローナには中世の町並みがよく残っている。 シェイクスピアの戯曲『ヴェローナの二紳士』、『ロミオとジュリエット(ハムレット)』の舞台としても知られる。2000年、ヴェローナ市街として、世界遺産(文化遺産)に登録された。 ロミオとジュリエットに肖りたい若い男女が大勢いました。ジュリエットの家は、癒し系の強力なパワースポットです。
It is a balcony of "Giulietta's house" famous for shakespearian 'Romeo und Julia'.
右端の鍋つかみは、その場で刺繍をしてくれます。場所は、ジュリエットの家の中庭(下の左2枚)の写真を写しているところにあります。また中庭の左側には2−3軒お土産やがあったと思います。

「ジュリエッタの家」(it:Casa di Giulietta)の庭

「ジュリエッタの家」の観光客

「ジュリエッタの家」
のバルコニー

「ジュリエッタの家」
あやかりグッズ ハート

ヴェローナ ジュリエットの家 (it:Casa di Giulietta) ヴェローナ バルコニー ジュリエット The Balcony of Juliet's house ヴェローナ ジュリエットの家 あやかりグッズ

「ジュリエッタの家」のブロンズ像

「ジュリエッタの家」の像

ヴェローナの結構派手目の市内観光バス

ヴェローナ ジュリエットの像 ヴェローナ ジュリエットの像 ヴェローナの観光バス

「ジュリエッタの家」は、、ヴェローナの細いカペッロ通りから入口を入ると中庭で、ここにバルコニーがあります。その手前にジュリエット像が立っているのですが、この胸に触ると幸せになると言われているので摩擦でつるつるになっています。 シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の舞台であり、映画や舞台でおなじみのバルコニーは観光名所となっている。ここは「ジュリエッタの家」と呼ばれており、館内には当時の家具や日用品が展示されている。 前庭にはジュリエッタの像もあります。 ジュリエット像の右胸を触ると、幸せな結婚が出来るという言い伝えがあるそうです。だから、ジュリエット像の右胸は、みんなが触る為、銅色のままです。 写真でも女性が触っています。

ヴェローナには“ジュリエットクラブ”があります。ジュリエットへの手紙はこちらへどうぞ。 返事がくることもあるそうです!!
CLUB DI GIULIETTA via Galilei 3  37100 Verona  Italy    e-mailでも大丈夫です
There seems to be a legend that a happy marriage can be done by touching a right chest of the Juliet image.
映画「ジュリエットからの手紙」:映画の中でも登場するヴェローナにある“ジュリエットクラブ”には、今なお世界中から年間5000通もの恋の悩みを綴った手紙が届き、その“ジュリエットレター”1通ずつに“ジュリエットの秘書”と呼ばれる女性たちが返事を書いているという。

△TOP

 ヴェローナのハムレットに関するおまけ(拡大しません)

「ロミオとジュリエット」 アンコーラ社発行資料より転載

「ロミオとジュリエット」 アンコーラ社発行の本の表裏 F.ハイエス作「接吻」、「ジュリエッタの家」のブロンズ像、ヴェローナの街、ロミオの家

ヴェローナ    ロミオの家 ヴェローナ

■ロミオの家とされているものは、スカラ家の廊のすぐ脇の通りVia delle Arche Scaligere にあります(建物の上のM字型の胸壁が目印)。

「ジュリエッタの家」の内部、「ジュリエッタの家」のブロンズ像とバルコニー、「ジュリエッタの家」の内部、ジュリエットの墓の入口

ヴェローナ The Balcony of Juliet's house  

ジュリエットの墓の入口、16世紀に発行されたダ・ボルトの本の口絵、アディジェ川の左岸から見たカステルヴェッキオ、
サン・ゼーノ・マッジョーレ教会(Basilica di San Zeno)の「テオドリックの狩」 
サンフランチェスコ・アル・コルソ教会にジュリエットの墓があります。1930年代にはその墓で愛の儀式というセレモニーも行なわれていた。

ヴェローナ ジュリエットの墓  ヴェローナ 

サン・ゼーノ広場とサン・ゼーノ・マッジョーレ教会(:Basilica di San Zeno)、カステルヴェッキオ(コルソ通り側のファサード)、
アルケ・スカリジェーレのカンシニョーリオの記念碑、スカリジェーリ宮殿の中庭のランベルティの塔とラジョーネ階段、
アディジェ川に架かるスカリジェロ橋(Ponte di Castelvecchio)

ヴェローナ   ヴェローナ 

■スカリジェロ橋(Ponte Scaligero)は、白い石と赤いレンガの調和が美しい三重橋。城と同じ頃に完成されたが、この橋の目的は向こう岸に渡るというよりも敵に攻め込まれたときに町から逃げるためであったようだ。第2次世界大戦下の1945年に退却するドイツ軍によって爆破されたが、戦後石の断片を川から拾い集め昔ながらの姿に架け直された。
■ジュリエットのモデルとなったカプレーティ家の娘の家(ただしシェークスピアがイタリアを訪れた記録はない)。映画や舞台で有名なバルコニーも見られ、また前庭にはジュリエットの像も建つ。館内には当時の家具や日用品を展示。また、ロミオの家も残っている。
■『ロミオとジュリエット』の初演年度については諸説あるが、概ね1595年前後と言われている。
Romeo and Juliet is a tragedy written early in the career of playwright William Shakespeare about two young "star-cross'd lovers" whose deaths ultimately unite their feuding families. It was among Shakespeare's most popular archetypal stories of young, teenage lovers.

■シニョリーア:領主制度 イタリア各地にシニュリーア広場は、古代ローマ時代の公共広場に起源し、領主の広場若しくは公共広場の意味。
■アディジェ川(Adige)は、イタリア北部を流れアドリア海に注ぐ、イタリアで2番目に長い川である。流域面積12,100平方kmは、ポー川、テヴェレ川に次いで3番目となる。 オーストリアとスイス国境に近いアルプス山脈のヴェノスタ渓谷(Val Venosta、Hochvinschgau)上流のレージア峠付近に源を発し概ね南へ流れ、平野部でポー川に沿って東に転じ、キオッジャ周辺でアドリア海に注ぐ。

△TOP


『ロミオとジュリエット』(または『ロメオとジュリエット』、Romeo and Juliet )は、ギリシャ神話の『ピュラモスとティスベ』(『桑の木』)を元にしたイングランドの劇作家ウィリアム・シェイクスピアによる戯曲。舞台は14世紀のイタリアの都市ヴェローナ。そこではモンタギュー家とキャピュレット家が、血で血を洗う抗争を繰り返している。 
あらすじは、 モンタギュー家の一人息子ロミオは、ロザラインへの片思いに苦しんでいる。気晴らしにと、友人達とキャピュレット家のパーティに忍び込んだロミオは、キャピュレット家の一人娘ジュリエットに出会い、たちまち二人は恋におちる。二人は修道僧ロレンスの元で秘かに結婚。ロレンスは二人の結婚が両家の争いに終止符を打つきっかけになる事を期待する。 しかし、その直後、ロミオは友人と共に街頭での争いに巻き込まれ、親友・マキューシオを殺された仕返しにキャピュレット夫人の甥ティボルトを殺してしまう。ヴェローナの大公エスカラスは、ロミオを追放の罪に処する。一方、キャピュレットは悲しみにくれるジュリエットに大公の親戚のパリスと結婚する事を命じる。 ジュリエットに助けを求められたロレンスは、彼女をロミオに添わせるべく、仮死の毒を使った計略を立てる。しかし、この計画は追放されていたロミオにうまく伝わらなかった。そのため、ジュリエットが死んだと思ったロミオは彼女の墓で毒を飲んで死に、その直後に仮死状態から目覚めたジュリエットもロミオの短剣で後を追う。事の真相を知り悲嘆に暮れる両家は、ついに和解する。
 

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】   カウンター
 

イタリア共和国(Repubblica Italiana) 世界遺産 中世の都市 ヴェローナ (ジュリエット、オペラ・・)