Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集 海外写真集|ヨーロッパ・イタリア共和国(Repubblica Italiana)  世界遺産 花の都・フィレンツェ (Firenze) サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)。 フィレンツェの大司教座聖堂であり、ドゥオーモ(大聖堂)、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼の三つの建築物で構成されています。 ピサ。 

ホーム>海外写真集>ヨーロッパ>イタリア共和国(Repubblica Italiana) 世界遺産 花の都・フィレンツェ (Firenze) サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)


世界遺産 花の都・フィレンツェ (Firenze) サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)とピサ

 世界遺産 花の都・フィレンツェ (Firenze) サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(Cattedrale di Santa Maria del Fiore)は、イタリアのフィレンツェにあるキリスト教・カトリックの教会。フィレンツェの大司教座聖堂であり、ドゥオーモ(大聖堂)、サン・ジョヴァンニ洗礼堂(Battistero di San Giovanni) 、ジョットの鐘楼 (Campanile di Giotto) の三つの建築物で構成されています。 三つの建築物とも世界遺産フィレンツェ歴史地区の一部として指定されています。 教会の名前は「花の(聖母)マリア」の意味のロマネスク様式の大聖堂。 大聖堂はフィレンツェでは何処にいても見える事で道に迷う事は有りません。 巨大なドームが特徴の大聖堂は、イタリアにおけるゴシック建築および初期のルネサンス建築を代表するもので、フィレンツェのシンボルとなっている。 石積み建築のドームとしては現在でも世界最大です。 鐘楼は大聖堂の南西隅に配置されている。 大聖堂の広場をへだてた東側には付属の美術館があります。 建築依頼主であるフィレンツェ羊毛業組合(当時一番の稼ぎかしら)は、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の建築責任者アルノルフォ・ディ・カンビオの後任を探し、1334年にジョットを指名した。彼は、鐘楼の計画を押し進めたが、塔の建築途中(1337年)に死去した。 このドゥオーモには曰くがあり、穏便に済んだが日本人の学生の落書きが過去2度有った。
近くでフィレンツェ発祥の綺麗なマーブル紙も購入。 色鮮やかなマーブル紙、良いですよ。 綺麗さ大きさ以上に強力なパワースポット!
説明資料作成では、ガイドブックやWikipediaを利用しています。 世界遺産の切手:イタリア
 


 海外旅行写真|ヨーロッパ(Europa travel picture)

■ [ オーストリア(Austoria (2005年(Wien)|2006年(Zaltburug))|チェコ(Cezh)|フランス(France (パリ(Paris)
  |ルーヴル美術館(Louvre))|オランダ(Holland、(スキポール空港アムステルダム))|ハンガリー(Hungary)
  |ドイツ(Germany (ベルリン、ポツダム(Berlin、Potsdam))|ロマンチック街道)|スイス(Switzerland)

■イタリア特別編 [ イタリアのトップミラノヴェローナヴェネツィア
フィレンツェドゥオーモヴェッキオ橋ウフィツィ美術館とアカデミア美術館 )|ローマコロッセウムフォロ・ロマーノ )|
バチカン市国
バチカン博物館ラファエロの間システィーナ礼拝堂 ) ]

下のサムネイルをクリックすると大きな写真で閲覧できます。   ご注意)写真は当方が撮影したもので著作権があります。

 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)

フィレンツェの「花の聖母マリア」の意味を持つ大聖堂

ドゥオーモのファサード(正面)

ドゥオーモのファサード(正面)

ジョットの鐘楼とクーポラ

ゴシック様式のジョットの鐘楼

ドゥオーモのファサード(正面) ドゥオーモの正面 クーポラと ジョットの鐘楼

ロマネスク様式の
ドゥオーモのファサード(正面)

ロマネスク様式の
ドゥオーモの正面の彫刻

■サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は、1296年から140年以上をかけて建設された。外装は白大理石を基調とし、緑、ピンクの大理石によって装飾され、すこぶるイタリア的なゴシック様式に仕上がっている。 クーポラとランターン(採光部)は初期ルネサンス、そして19世紀に完成したファサード(正面)はネオ・ゴシックによる混成様式です。 全長153m、最大幅90m、高さ107m。八角形の大クーポラの内径は43m。聖堂の大きさとしては世界で4番目に大きく、1380年には大聖堂の身廊が完成。 旧聖堂は、現在の教会堂の地下に眠っており、サンタ・レパラータ聖堂と呼ばれた。
中世・ジョットの絵画

■19世紀までサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のファサードは未完成のままであった。そこでフィレンツェの自治体は最初の構想をもとにファサードを再建することを決定、1864年にコンクールが行われ、エミリオ・デ・ファブリスによる新しいファサードが建設された。この建設は1876年に始まり、1887年に完成した。銅製の巨大な扉は1899年から1903年にかけて製作されたものである。
■ここにもミケランジェロのピエタがあります。大聖堂付属博物館には『ピエタ』ミケランジェロ・ブオナローティ(フィレンツェのピエタ(1547年? - 、フィレンツェ、ドゥオーモ博物館)未完成) があります。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のファサードの拡大

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のファサード

ドゥオーモのファサードの上層部の装飾

大聖堂に隣接するジョットの鐘楼の徒歩入場券

ドゥオーモのファサードの上層部の装飾 フィレンツェ 「花の聖母マリア」の意味を持つ大聖堂の入場券

■1420年8月7日、建設が開始され、1434年8月30日にはクーポラ頂頭部の円環が閉じられて一応の完成をみる。これにより、1436年3月25日には教皇エウゲニウス4世によって大聖堂の献堂式が行われた(この献堂式の際にギヨーム・デュファイ作曲のモテット「バラの花が先頃」が演奏された)。このクーポラは木の仮枠を組まずに作られた世界で最初のドームであり、建設当時世界最大であった。天蓋の天頂にあるブロンズ製の球は彫刻家ヴェロッキオが製作した。当時、ヴェロッキオの弟子であったレオナルド・ダ・ヴィンチは、このブロンズ球を天蓋に揚げる際に使われたフィリッポの機械に魅了され、スケッチに取って絶賛した。

八角形のサン・ジョヴァンニ洗礼堂
強力なパワースポット

サン・ジョヴァンニ洗礼堂の
北側の扉『天国への門』

サン・ジョヴァンニ洗礼堂 の前の広場の馬車


ゲーテも洗礼しました。

『天国への門』

サン・ジョヴァンニ洗礼堂の北側の扉『天国への門』の彫刻の拡大 ダビデとゴリアテ・・・

サン・ジョヴァンニ洗礼堂の北側の扉『天国への門』の彫刻  サン・ジョヴァンニ洗礼堂の北側の扉『天国への門』の彫刻  サン・ジョヴァンニ洗礼堂の北側の扉『天国への門』の彫刻 ダビデとゴリアテ

サン・ジョヴァンニ洗礼堂 :サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂付属の洗礼堂。 大聖堂の正面玄関に向き合って立っている八角形の建築物で、ロマネスク様式の最も重要な集中形式の教会建築のひとつである。 アーヘンの宮廷礼拝堂を想起させるが、祭室と壁内通路以外には付室を持たない非常に単純な形式の八角堂。この洗礼堂の起原は4世紀から5世紀にさかのぼる。現在の建物は、三つの建築物の中では最も古いロマネスク建築で、11世紀に起工されたもの。 北側の扉『キリストの生涯』ロレンツォ・ギベルティ、マゾリーノ、ベルナルド・ディ・ピエロ・チュッファーニ、パオロ・ウッチェロ、ドナテッロ、ミケロッツォ・ディ・バルトロメオ(1403年11月23日に制作の契約、1424年4月19日に東側入口に設置されたが、1452年に北側に移設された。)
■この洗礼堂はロレンツォ・ギベルティによる東側の扉が特に有名であり、後にミケランジェロが「天国への門」と呼んで賞賛したことから主にこの名で呼ばれる。現在の扉はレプリカで、本物はドゥオーモ付属博物館(ドゥオーモ美術館)に所蔵されている。

花の都フィレンツェ
 ドゥオーモとジョットの鐘楼

フィレンツェ歴史地区 イタリア 世界遺産 ルネサンス

ジョットの鐘楼と鐘楼内に置かれた鐘                  ドゥオーモのクーポラ(鐘楼からクーポラを眺める)

ジョットの鐘楼と鐘 ジョットの鐘楼と鐘

■クーポラの天蓋の天頂にあるブロンズ製の球(写真の2番目か一番右)は彫刻家ヴェロッキオが製作した。当時、ヴェロッキオの弟子であったレオナルド・ダ・ヴィンチは、このブロンズ球を天蓋に揚げる際に使われたフィリッポの機械に魅了され、スケッチに取って絶賛したそうです。
ジョットの鐘楼 (Campanile di Giotto) は、大聖堂の脇に建設されている高さ約84m、大聖堂と同じく赤、白、緑の大理石で作られているゴシック様式の鐘楼。 象眼や彫刻で飾られた基底部分はジョットの構想によるもので、56枚のレリーフと16体の彫刻(オリジナルはドゥオーモ付属博物館に収められている)で飾られ、どことなくアルノルフォ・ディ・カンビオによる装飾を想起させる。 最初はエレベータがあると思い、混雑するクーポラを辞めて、鐘楼にチャレンジ、ところが徒歩で挙句に果てには狭い通路、流石に途中でギブアップ、嫁さんは元気で頂上まで登りました。 ジョットの鐘楼の頂上からと2/3登ったところの2種類のフィレンツェの風景をご紹介します。

ジョットの鐘楼の頂上からの花の都フィレンテェの街並み風景 頂上はクーポラの頂上と略同じ位の高さで少し低い程度 
シエナ方面も見えます 赤い屋根の家々は、天気が良ければモット映える アカデミア美術館も見えます

ジョットの鐘楼の頂上からの世界遺産フィレンテェの街並み風景 トスカーナの丘、一番右ではサンタ・クローチェ聖堂(教会)も見えます

■ドゥオーモの中は、ステンドグラスが奇麗で天井がとても高い 。特にドーム型の天井(クーポラ)に書かれた天井画、「最後の審判」は必見です! また、大聖堂(ドゥオーモ)の内部空間はイタリア独特のゴシック様式で簡素である。しかし、それだけにギベルティなどが1432年から1445年にかけてデザインしたステンドグラスや、1526年から1660年にかけて作られた大理石の床、そのほかの装飾品をゆっくりと眺めることができる。 大聖堂へはいつでも無料で中に入ることができる。

ジョットの鐘楼とサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)のクーポラ 右側はみやげ物店や銅像も(拡大せず)

ジョットの鐘楼とサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)のクーポラ

Giotto(ジョット) : ジョット・ディ・ボンドーネ(Giotto di Bondone, 1267年頃 - 1337年1月8日)は、ゴシック期のイタリアの画家、彫刻家、建築家。平面的・装飾的なビザンティン絵画の描写法から現実味ゆたかなルネサンス絵画への先鞭をつけた。ヴァザーリによる近代最初の画家という評価をはじめ、生前から一貫して巨匠としての名声を保っている。ジョットの絵画においては人物は背後の建物や風景との比例を考慮した自然な大きさで表わされている。こうした描写方法は当時の絵画界においては革新的なもので、こうした点からジョットは「西洋絵画の父」といわれている。

イタリアの名物 ジェラート ドゥオーモの傍で一寸休憩
ジョットの鐘楼の登った後なので美味しさ一入でした

サン・ジョヴァンニ洗礼堂 の前の広場の馬車
馬も多少疲れ気味の感じです。

イタリアの名物 ジェラート イタリアの名物 ジェラート

フィレンツェの街並み(ヴェッキオ宮殿の近く) 人が多い!!

ジェラート(Gelato)はイタリア語で「凍った」と言う意味の名前がついた氷菓。 果汁、果肉、牛乳、砂糖、時にはコーヒーや香草などを混ぜた物を凍らせて作る。イタリア人の夏には欠かせないお菓子です。 一般的なアイスクリームと比べて空気含有量が35%未満と少なく密度が濃く味にコクがある。また、乳脂肪分は4〜8%で一般的なアイスクリームの約半分であり比較的低カロリーである。従って日本の乳及び乳製品の成分規格等に関する省令ではアイスクリームではなくアイスミルクに分類される。 通常、フルーツ系のジェラートは、果汁に水、砂糖、安定剤、卵白を加え攪拌し、空気を含ませながら凍らせて作る。
■ドゥオーモの後にある、ドゥオーモ美術館。 ミケランジェロのフィレンツェのピエタ、洗礼堂東扉『天国への門』ロレンツォ・ギベルティ、パオロ・ウッチェロ、ミケロッツォ・ディ・バルトロメオ、かつて大聖堂内部あるいは外部に安置されていた彫刻などを所蔵している。

ジョットの鐘楼の内部で階上を

ドゥオーモ美術館

ドゥオーモ美術館の隣の建物

ドゥオ-モの側の
お洒落なランタン

ドゥオーモの近くで警官にマーブル紙のお店を聞く

ドゥオ-モ美術館 ドゥオモ美術館の隣の建物 ドゥオーモの近くで警官にマーブル紙のお店を聞く

■フィレンツェに行ったら、マーブル紙を買って来てと娘に頼まれて、皆目見当も付かずに道端で警官に売ってる店を訪ねている場面です。 私も家内も全く知りませんでした。 皆さんはマーブル紙をご存知でしょうか? ヨーロッパの本などに使われているこのような文様が入った紙です。 このちょっと気の狂ったような色使いの紙は、17世紀頃からヨーロッパで使われ始め、その源流は日本の墨で文様を描く“墨流し”であるという説もあります。 作り方は、糊のようなどろっとした液体に顔料を垂らして、櫛などで模様を作り、紙に吸着させるというもの。 マーブル紙は、フィレンツェの伝統工芸だそうで、ドゥオーモの左手奥に沢山の老舗のお店がありました。 色鮮やかで綺麗な紙です。 また、カルトナージュ(好きな大きさにカットした厚紙を組み立て、お気に入りの布を貼ります。)は中世ヨーロッパで生まれた手工芸でもとは製本技術から発展しました。 マーブル紙で作ったカルトナージュも良いものですよ。

■フィレンツェ (Firenze) はイタリアのトスカーナ州フィレンツェ県に属する人口36万人の都市である。トスカーナ州の州都、フィレンツェ県の県庁所在地であり、近郊の人口は約20万人。古代ローマ時代、花の女神フローラの町としてフロレンティア (Florentia) と名付けた事が語源とされている。フィレンツェは古代にエトルリア人によって町として建設されたが、直接の起源は紀元前59年、執政官カエサルによって入植者(退役軍人)への土地貸与が行われ、ローマ殖民都市が建設されたことによる。中世には一時神聖ローマ帝国皇帝が支配したが、次第に中小貴族や商人からなる支配体制が発展し、12世紀には自治都市となった。街の歴史的な中心部は世界遺産・で、花の聖母寺ドゥオーモ、シニョリーア広場とヴェッキオ宮殿(市庁舎)、ミケランジェロ広場、ピッティ宮殿、ヴェッキオ橋とアルノ河、サンタ・クローチェ教会をはじめ、ミケランジェロやボッティチェッリ、ダ・ヴィンチ等の巨匠達の作品を鑑賞できるウッフィツィ美術館、アカデミア美術館、パラティーナ美術館、サンマルコ美術館、バルジェッロ美術館、メディチ家礼拝堂等見所はつきません。

 ピサ ピサ大聖堂 鐘楼・ピサの斜塔

ピサは行っておりません、行った方からの頂き物

ピサの斜塔 (ピサのしゃとう、Torre di Pisa) は、イタリアのピサ市にあるピサ大聖堂の鐘楼であり、世界遺産「ピサのドゥオモ広場」を構成する観光スポット。高さは地上55m、階段は297段あり、重量は14,453t、地盤にかかる平均応力は50.7tf/m2と見積もられている。一時傾斜の増大と倒壊の危惧があったがその後の処置により、当分問題ないと判断されている。現在の傾斜角は約5.5度で、傾斜の進行は止まっているそうである。
登られた方からは相当しんどかったとの事ですが、私の方もジョットの鐘楼を登り負けず劣らずでした。階段がらせん状で狭いこと、ある程度登らないと先が見えないことなどが疲れを倍化させる。

△TOP

 

■「ゴシック」という呼称は、もともと蔑称である。15世紀から16世紀にかけて、アントニオ・フィラレーテやジョルジョ・ヴァザーリらが、ルネサンス前の中世の芸術を粗野で野蛮なものとみなすために「ドイツ風の」あるいは「ゴート風の」と呼んだことに由来する(ゴート族の建築様式というわけではない)。

 

Florence Cathedral
The Basilica di Santa Maria del Fiore is the cathedral church (Duomo) of Florence, Italy, begun in 1296 in the Gothic style to the design of Arnolfo di Cambio and completed structurally in 1436 with the dome engineered by Filippo Brunelleschi. The exterior of the basilica is faced with polychrome marble panels in various shades of green and pink bordered by white and has an elaborate 19th century Gothic Revival facade by Emilio De Fabris.
The cathedral complex, located in Piazza del Duomo, includes the Baptistery and Giotto's Campanile. The three buildings are part of the UNESCO World Heritage Site covering the historic centre of Florence and are a major attraction to tourists visiting the region of Tuscany. The basilica is one of Italy's largest churches, and until the modern era, the dome was the largest in the world. It remains the largest brick dome ever constructed.
 

 美術関係のページのサイト内リンク

■美術・工芸切手・写真の索引 [ トップ先史代中世|ルネサンス ( ア行〜タ行ナ行〜ワ行その他 )|バロックロココロマン派とアカデミック絵画写実主義印象派象徴主義、耽美主義近代絵画|日本(画家作品)|ポップ(モダン)|故宮博物館(絵画文物)|ルーヴル美術館メトロポリタン美術館プラハ美術館ウフィツィ美術館とアカデミア美術館バチカン美術館世界の美術工芸品仏教美術デザインキリスト教絵画の見方美術用語集(備忘録) ]

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】   カウンター

世界遺産 花の都・フィレンツェ (Firenze) サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(Cattedrale di Santa Maria del Fiore