Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集
美術切手|象徴主義、耽美主義、ラファエル前派の絵画 : ルドン、ホイッスラー、ムンク 他  象徴主義(symbolisme)は自然主義への反動、耽美主義は神秘主義に通じる。ラファエル前派は中世や初期ルネサンスの芸術を範とした

ホーム>切手・題材・テーマ別>世界の美術・工芸>象徴主義、耽美主義、ラファエル前派の絵画


西洋美術切手 象徴主義、耽美主義、ラファエル前派の絵画の切手

 象徴主義、耽美主義の絵画の切手。 象徴主義(symbolisme)は自然主義への反動であった。「観念に感受可能な形を着せる」ことが重要であった。自然主義者とは対照的に、象徴派は事物を忠実には描かず、理想世界を喚起し、魂の状態の表現を特別扱いする印象や感覚を探求した。 象徴主義はロマン主義の最も秘教的な側面とも関係があるが、何よりもシャルル・ボードレールに負う部分が大きい。
 、耽美主義は、その反社会的思潮から悪魔主義などと括られることもあるが、耽美主義じたいは悪魔主義や退廃芸術とは必ずしも一致しない。むしろ感性の復興という意味ではルネサンスとも通底している。その一方で神秘主義とも相通じるものもある。
  


ページ内の索引 [ 象徴主義耽美主義ラファエル前派 ]

ページ内検索は Ctrl + F で出来ます

■美術・工芸切手・写真の索引 [ トップ先史代中世|ルネサンス ( ア行〜タ行ナ行〜ワ行その他 )|バロックロココロマン派、新古典主義とアカデミック絵画写実主義印象派象徴主義、耽美主義、ラファエル前派近代絵画|日本(画家作品)|ポップ(モダン)|故宮博物館(絵画文物)|ルーヴル美術館メトロポリタン美術館プラハ美術館ウフィツィ美術館とアカデミア美術館バチカン美術館世界の美術工芸品仏教美術デザインキリスト教絵画の見方美術用語集(備忘録) ]

象徴主義

■象徴主義(しょうちょうしゅぎ。フランス語: symbolisme; 「サンボリスム」とも)とは、自然主義や高踏派運動への反動として1870年頃のフランスとベルギーに起きた文学運動および芸術運動で、象徴主義者を総称して「象徴派」(仏: symbolistes)と呼ぶ。ロシア象徴主義の開祖となった詩人ワレリー・ブリューソフなどにより、この運動はロシアにまで輸出された。「象徴主義」(symbolisme)という語は、1886年に「象徴主義宣言」(Le Symbolisme)を発表した詩人ジャン・モレアスが、「象徴」(symbole)という語の語源である「一緒に投げること」を利用し、抽象的な観念とそれを表現するべきイマージュの間にこれらの詩が打ち立てようと望む類比関係を指し示そうとして提案した。19世紀後半、従来のアカデミスムに対する反発として、一方に印象派の傾向、他方では象徴主義の傾向が見られた。象徴主義は人間の内面や夢、神秘性などを象徴的に表現しようとするもので、ギュスターヴ・モローなどが代表的な作家である。文学上の象徴主義と関連して名づけられた。ユイスマンスは『さかしま』の中でモローを高く評価している。 また、フランス象徴主義の先駆として、イギリスのラファエル前派が挙げられている。象徴主義はアール・ヌーヴォーなど世紀末芸術にも大きな影響を与えた。

オディロン・ルドン (Odilon Redon)

オディロン・ルドン(Odilon Redon, 1840年4月22日 - 1916年7月6日)は、19世紀−20世紀のフランス象徴主義を代表する画家。無意識下の世界を描写しかのような幻想性と夢想性に溢れた独自の世界観による絵画を制作。幻惑的かつ神秘的な絵画表現は同時代の絵画作品とは一線を画し、その強烈な個性は当時の象徴主義の文学者・批評家から一目を置かれていた。

アルノルト・ベックリン
(Arnold Becklin)

アルノルト・ベックリン(Arnold Becklin) は、19世紀のスイス出身の象徴主義の画家。19世紀末のヨーロッパの美術界はフランス印象派の全盛期であったが、戸外にキャンバスを持ち出し、外光の下で身近な風景を描き出した印象派の画家たちとは対照的に、文学、神話、聖書などを題材に、想像の世界を画面に表そうとする象徴主義の画家たちも同時代に活動していた。ベックリンはこうした象徴主義・世紀末芸術の代表的画家の1人。

『女性の横顔』
(フランス,1990年)

『ヴィーナスの誕生』
(スイス2001年)

『女性の横顔』(フランス,1990年) 象徴主義 ルドン

ムンク
 Edvard Munch

ムンクは19世紀〜20世紀のノルウェー出身の画家。『叫び』の作者として有名で、ノルウェーでは国民的な画家である。生と死の問題、そして、人間存在の根幹に存在する、孤独、嫉妬、不安などを見つめ、人物画に表現した。表現主義的な作風の画家として知られる。

切手は1963年ノルウェー発行

『ムンクの自画像』

『叫び (The Scream)』 1893年

ムンク 『豊饒(Fertility)』、『孤独(Loneliness)』

『ムンクの自画像』 ムンク 絵画切手 叫び (The Scream) 1893年 ノルウェー ムンク 絵画切手

ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau)

ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau, 1826年4月6日 - 1898年4月18日)は、フランスの象徴主義の画家である。パリに生まれパリで亡くなった。聖書や神話に題材をとった幻想的な作風で知られる。 1826年、パリに生まれた。1846年、エコール・デ・ボザール(官立美術学校)に入学。かたわら、ロマン派の画家テオドール・シャセリオーに指導を受けていた。 ロマン派の旗手ウジェーヌ・ドラクロワのアトリエにも出入りし、影響を受けている。 幻想的で美しい絵画です。 大作の多くは油彩画であるが、水彩による習作やデッサンなどにも画家の卓越した力量が示されている。 サロンや個展、万国博覧会などで作品を展示し、画家としての名声を確固たるものとしてゆくも、画家自身は孤高の存在であった。 1888年、美術アカデミー会員に選出、1891年からはエコール・デ・ボザール(国立美術学校)の教授となり、20世紀を代表する画家ジョルジュ・ルオーや野獣派(フォーヴィスム)の大画家アンリ・マティスらを教える。

象徴主義・ギュスターヴ・モローの絵画 『』、『一角獣(ユニコーン)』、『レダ』、『岩の上の女神』

レーダー (ギリシア神話) レーダー(レダ、Leda)は、ギリシア神話の人物である。アイトーリア王テスティオスの娘で、スパルタ王テュンダレオースの妻。ゼウスはレーダーを愛し、白鳥の姿に化けて彼女を誘惑した。鷹から逃れるために、白鳥の姿のゼウスはレーダーの腕の中に隠れた。密通によってレーダーは卵を産み、卵からヘレネーが生まれた。ヘレネーは後に「トローイアのヘレネー(トロイのヘレン)」として知られる美女になる。

ギュスターヴ・モローの『レダ』

ギュスターヴ・モローの『レダ』

ウィリアム・ラッセル・フリント(Sir William Russell Flint (4 April 1880 - 30 December 1969) )

ウィリアム・ラッセル・フリントは、イギリスの象徴主義の画家である。英国王立水彩画協会に1936年から1956年に属し、1947年にナイトの称号を。 ファンタスティックな美しい絵画です。女性の日常を描いた作品が多いようです。 まるで不思議の国のアリス。

 

エリフ・ヴェダー

エリフ・ヴェダー Elihu Vedder(米国1836-1923) 象徴主義

Elihu Vedder (February 26, 1836 - January 29, 1923) was an American symbolist painter, book illustrator, and poet, born in New York City.
Tiffany commissioned him to design glassware, mosaics and statuettes for the company. He decorated the hallway of the Reading Room of the Washington Library of Congress, and his mural paintings can still be seen there.

エリフ・ヴェダー(Elihu Vedder) 『Fortuna』、『Roman Model Posing』、『The Water Nymph』、『The Morning Glory 1899』

エリフ・ヴェダー Elihu Vedder 『Fortuna』、『Roman Model Posing』、『The Water Nymph』、『The Morning Glory 1899』エリフ・ヴェダー Elihu Vedder 『Fortuna』、『Roman Model Posing』、『The Water Nymph』、『The Morning Glory 1899』

ピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌ(Pierre Puvis de Chavannes)

ピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌ(Pierre Puvis de Chavannes, 1824年12月14日 - 1898年10月24日)は、19世紀のフランスの画家。世代的にはクールベやマネなどとほぼ同時代だが、シャヴァンヌの作風は写実主義、印象派、アカデミスムのいずれとも一線を画している。しいて分類すれば象徴主義ということになろうが、19世紀フランスにおいて位置付けのむずかしい画家である。倉敷の大原美術館に作品が収蔵されていることもあり、日本では比較的早くから雑誌『白樺』などで紹介され、当時留学中の黒田清輝らも師事していた。

ピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌ 
『The Toilette』、『希望 L'Esperance』オルセー美術館、『幻想 Fantasy』1866 大原美術館、『海辺の娘たち』オルセー美術館

ピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌ ピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌ

ピュヴィは、パンテオンや市庁舎等のパリの主要建築物をはじめ、リヨン美術館やボストン公立図書館など多数の壁画を担当した。彼の作風は、叙情性と象徴性を併せ持っており、どちらかというと保守的でアカデミックという評価を受けていた。

象徴主義の画家
@イギリス: エドワード・バーン=ジョーンズ / ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ / ジョン・エヴァレット・ミレー / ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス(John William Waterhouse, 1849−1917)British / オーブリー・ビアズリー(Aubrey Beardsley, Aubrey Vincent Beardsley, 1872−1898) British / ジョージ・フレデリック・ウォッツ(ジョージ・フレデリック・ワッツ)(George Frederick Watts, 1817−1904)British(ラファエル前派とも) / アルフレッド・ギルバート(Alfred Gilbert, 1854−1934)British(彫刻、アール・ヌーヴォーとも、アカデミー絵画とも) / 
Aフランス : ギュスターヴ・モロー / オディロン・ルドン / ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ / カルロス・シュヴァーベ / アルフォンス・オスベール / ギュスターヴ=アドルフ・モッサ(Gustav−Adolf Mossa, Gustave Adolphe Mossa, 1883−1971)French / ルシアン・レヴィ=デュルメール(Lucien Levy−Dhurmer, 1865−1953)French / 
Bベルギー : フェルナン・クノップフ /アントワーヌ・ヴィールツ / フェリシアン・ロップス / グザヴィエ・メルリ / エミール・ファブリ / コンスタン・モンタルド / レオン・フレデリック / ジャン・デルヴィル(Jean Delville, 1867−1953)Belgian / ジョルジュ・ミンヌ(George Minne, 1866−1941)Belgian / ジェームズ・アンソール(James Ensor, 1860−1949)Belgian /
Cオランダ : ヤン・トーロップ(Jan Toorop, 1858−1928)Dutch / 
Dスイス : フェルディナント・ホドラー(Ferdinand Hodler, 1853−1918)Swiss
Eドイツ : マックス・クリンガー(Max Klinger, 1857−1920)German / セルギウス・フルビイ(Sergius Hruby, 1869−1943)German / フランツ・フォン・シュトゥック(Franz von Stuck, 1863−1928)German / アルノルト・ベックリン(Arnold Bocklin, 1827−1901)German /
Fその他 : エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch, 1863−1944)Norwegian / アルバート・ピンカム・ライダー(Albert Pinkham Ryder, 1847−1917)American / ミハイル・ヴルーベリ(Mikhail Vrubel, 1856−1910)Russian

△TOP

耽美主義

耽美主義(たんびしゅぎ、aestheticism・唯美主義、審美主義とも)は、道徳功利性を廃して美の享受・形成に最高の価値を置く西欧の芸術思潮である。これを是とする風潮は19世紀後半、フランス・イギリスを中心に起こり、生活を芸術化して官能の享楽を求めた。1860年頃に始まり、作品の価値はそれに込められた思想やメッセージではなく、形態と色彩の美にある、とする立場である。ジェームズ・マクニール・ホイッスラー(アメリカ出身) /フェリシアン・ロップス 日本の文学作家では、谷崎潤一郎 、永井荷風 、北原白秋 が耽美主義。

ジェームズ・アボット・マクニール・ホイッスラー(James Abbott McNeill Whistler)

ジェームズ・アボット・マクニール・ホイッスラー(James Abbott McNeill Whistler, 1834年7月10日-1903年7月17日)は、19世紀後半のアメリカ人の画家、版画家。おもにロンドンで活動した。印象派の画家たちと同世代であるが、その色調や画面構成などには浮世絵をはじめとする日本美術の影響が濃く、印象派とも伝統的アカデミズムとも一線を画した独自の絵画世界を展開した。耽美主義の代表的画家とも目されるホイッスラーの絵画は、現実世界を二次元平面に再現することよりも、色彩と形態の組み合わせによって調和のとれた画面を構成することを重視していた。


『灰色と黒のアレンジメント-母の肖像』1871年

『灰色と黒のアレンジメント-母の肖像』パラオ

耽美主義 ホイッスラー 
シート地『紫と金の狂想曲No.2 金屏風』 ジャポニズム

『灰色と黒のアレンジメント-母の肖像』1871年 オルセー美術館

オルセー美術館

オルセー美術館

ホイッスラー 絵画 紫と金の狂想曲No.2 金屏風

■『紫と金の狂想曲No.2 金屏風』は、赤の帯を締め濃い紫の着物を身にまとったモデルの小さな横顔が心をゆすぶる。また、気になるのが手にもち熱心に眺めている浮世絵。敷物の上に散らばっているのをみると広重の『六十余州名所図会』のようだ。

耽美主義 ホイッスラー 『肌色と黒のアレンジメント - テオドール・デュレの肖像(メトロポリタン美術館)』、『ピンクと灰色のハーモニー:ミュー夫人の肖像』 他

ホイッスラーの肖像画

ホイッスラー 絵画 ピンクと灰色のハーモニー:ミュー夫人の肖像

ニューヨークのフリック・コレクション所蔵の《ピンクと灰色のハーモニー:ミュー夫人の肖像》(1881年)。ビール会社を営む家の後継者、ヘンリー・ミューは、結婚を記念にホイッスラーに夫人の肖像画を依頼した。
作品の題名に「シンフォニー」「ノクターン」「アレンジメント」などの音楽用語を多用することも、絵画は現実世界の再現ではなく、色彩と形態から成る自律的な芸術だとする彼の姿勢の反映といえよう。

耽美主義 ジェームズ・アボット・マクニール・ホイッスラーの絵画

ホイッスラー 絵画 ホイッスラー 絵画

ホイッスラー 『白衣の少女、白のシンフォニーNo.1(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)』、『白のシンフォニーNo.2ー白衣の少女』

ホイッスラー 『白衣の少女、白のシンフォニーNo.1(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)』、『白のシンフォニーNo.2ー白衣の少女』 ホイッスラー 『白衣の少女、白のシンフォニーNo.1(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)』、『白のシンフォニーNo.2ー白衣の少女』

ジェームズ・アボット・マクニール・ホイッスラー(James Abbott McNeill Whistler)は、1834年にアメリカのマサチューセッツ州に生まれ、1903年にロンドンで亡くなっています。享年69歳でした。1855年にパリに居を構え絵画制作をはじめています。1859年にはロンドンにアトリエを構え、パリとロンドンを行き来しながら制作活動をしたそうです。1863年に落選展に出品された「白のシンフォニー 第1番 白衣の少女」が評判を呼び、注目を集めました。代表作に「青と金のノクターン オールド・バターシー橋」や「灰色と黒のアレンジメント 第1番 画家の母の肖像」などがあります。同時代の印象派の作家たちとは一線を画して、地味な色彩のモノトーンの作品が多く、構図的にも浮世絵などの大胆な構図を採用し、後には抽象画的な作品を制作しています。

△TOP

ラファエル前派

■ラファエル前派(Pre-Raphaelite Brotherhood)は、19世紀の中頃、ヴィクトリア朝のイギリスで活動した美術家・批評家(また時に、彼らは詩も書いた)から成るグループ。ラファエル前派は、1848年、ロイヤル・アカデミー付属美術学校の学生であったダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハント、ジョン・エヴァレット・ミレイの3人の画家によって結成された。その少し後に4人、すなわちウィリアム・マイケル・ロセッティ(ダンテ・ゲイブリエルの弟、批評家)、ジェームズ・コリンソン(画家)、フレデリック・ジョージ・スティーヴンス(批評家)、トーマス・ウールナー(彫刻家)が加わった。
「ラファエロ以前」という言葉には、19世紀のアカデミーにおける古典偏重の美術教育に異を唱える意味があり、彼らはラファエロ以前の芸術、すなわち中世や初期ルネサンスの芸術を範とした(実際には、ラファエロ以後の絵画の影響も非常に大きい)。

サー・エドワード・コーリー・バーン=ジョーンズ(Sir Edward Coley Burne-Jones,)

■サー・エドワード・コーリー・バーン=ジョーンズ(Sir Edward Coley Burne-Jones, 1833年8月28日 - 1898年6月17日)は、イギリスの美術家。ラファエル前派と密接な関係を持つデザイナーで、ラファエル前派をイギリス画壇の主流に押し上げた。同時に、自身も数々の精巧で美しい芸術作品を作り上げた。

エドワード・バーン=ジョーンズ
|希望 ボストン美術館

ラファエロ前派の絵画 エドワード・バーン=ジョーンズ|希望

Lady Of Shalott John William Waterhouse Pre raphaelite artist romantic art Alfred Lord Tennyson



ラファエル前派の主題としては中世の伝説や文学、さらに同時代の文学にも取材している点が新しい。また従来のキリスト教主題を扱うにしても、伝統的な図像を無視する場合が多い。画風は、初期ルネサンスや15世紀の北方美術を真似て、明暗の弱い明るい画面、鮮やかな色彩、そして細密描写に特色がある。

その他美術関係の切手・写真(切手が主体)

■巨匠の絵画切手 [ ボッティチェッリダ・ヴィンチラファエロミケランジェロデューラーティツィアーノ(チチアン)ルーベンスベラスケスアングルエル・グレコレンブラントカラヴァッジオフェルメールダイクドラクロワゴヤ|ゴッホ(no.1|no.2)|ルノワールマネとモネセザンヌゴーギャンマチスピカソダリ葛飾北斎安藤広重クリムトシャガールモディリアーニミュシャ ]

掲載の象徴主義の主要な画家一覧:
オディロン・ルドン(Odilon Redon)、ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau)、アルノルト・ベックリン(Arnold Becklin)、ギュスターヴ・カイユボット(Gustave Caillebotte)、エドヴァルド・ムンク(Edvard Munc)、ウィリアム・ラッセル・フリント(Sir William Russell Flint)


美術切手|象徴主義、耽美主義、ラファエル前派の絵画 : ルドン、ホイッスラー、ムンク 他  象徴主義(symbolisme)は自然主義への反動、耽美主義は神秘主義に通じる。ラファエル前派は中世や初期ルネサンスの芸術を範とした

カウンター