Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集 海外写真集|ヨーロッパ・イタリア共和国 フィレンツェ (Firenze)のメディチ家歴代の美術コレクションを収蔵するウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)とミケランジェロのダビデ像のアカデミア美術館(Galleria dell’Accademia)。イタリアルネサンス絵画の宝庫。

ホーム>海外写真集>ヨーロッパ>イタリア共和国(Repubblica Italiana) 世界遺産 花の都・フィレンツェ (Firenze)のウフィツィ美術館とアカデミア美術館


イタリア共和国 フィレンツェ (Firenze)のウフィツィ美術館とアカデミア美術館

 イタリア共和国(Repubblica Italiana)。 フィレンツェ (Firenze)のウフィツィ美術館 (Galleria degli Uffizi) とアカデミア美術館(Galleria dell’Accademia)。 
アカデミア美術館は、イタリアのフィレンツェにある美術学校であるフィレンツェ美術学校(アカデミア・ディ・ベッレ・アルティ・フィレンツェ、Accademia di Belle Arti Firenze)の美術館です。 ミケランジェロのダビデ像を設置する場所で当初作られました。 
ウフィツィ美術館 (Galleria degli Uffizi) は、初代トスカーナ大公コジモ1世の治世下、ジョルジョ・ヴァザーリの設計で1560年に着工し、1580年に竣工しました。 メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵する美術館であり、イタリアルネサンス絵画の宝庫です。 展示物は2,500点にのぼり、古代ギリシア、古代ローマ時代の彫刻から、ボッティチェッリ、レオナルド、ミケランジェロ、ラファエロらイタリアルネサンスの巨匠の絵画を中心に、それ以前のゴシック時代、以後のバロック、ロココなどの絵画が系統的に展示されています。 美術館の建物は、ドーリア式の回廊の上に2階、3階部分が建設されたルネッサンス様式の建築物で、全体としては巨大なU字型をしています。 すぐ側にはヴェッキオ宮殿やドゥオーモがあります。 「ウフィツィ」の名前の由来はイタリア語の Ufficio (英語の offices (オフィス) にあたる語)で、フィレンツェの行政機関の事務所がもとになっています。 また、アルノ川に面した川沿いの砂地に建築されており、基底部分は世界最初のコンクリート工法とも言われています。 説明資料作成では、Wikipediaとウフィツィ美術館公式ガイド集、アカデミア美術館公式ガイド集を利用しています。 参考写真は一部公式ガイド集を利用しました。
ページ内索引 [ ウフィツィ美術館アカデミア美術館 ]
 


 海外旅行写真|ヨーロッパ(Europa travel picture)

■ [ オーストリア(Austoria (2005年(Wien)|2006年(Zaltburug))|チェコ(Cezh)|フランス(France (パリ(Paris)
  |ルーヴル美術館(Louvre))|オランダ(Holland、(スキポール空港アムステルダム))|ハンガリー(Hungary)
  |ドイツ(Germany (ベルリン、ポツダム(Berlin、Potsdam))|ロマンチック街道)|スイス(Switzerland)

■イタリア特別編 [ イタリアのトップミラノヴェローナヴェネツィア
フィレンツェドゥオーモヴェッキオ橋ウフィツィ美術館とアカデミア美術館 )|ローマコロッセウムフォロ・ロマーノ )|
バチカン市国
バチカン博物館ラファエロの間システィーナ礼拝堂 ) ]

下のサムネイルをクリックすると大きな写真で閲覧できます。   ご注意)写真は当方が撮影したもので著作権があります。

 イタリア共和国(Repubblica Italiana) 花の都・フィレンツェ (Firenze) 

アカデミア美術館(Galleria dell’Accademia)

■アカデミア美術館(Galleria dell’Accademia)は、イタリアのフィレンツェにある美術学校フィレンツェ美術学校(アカデミア・ディ・ベッレ・アルティ・フィレンツェ、Accademia di Belle Arti Firenze)の美術館。 1784年設立で展示品の多くは設立時より所有。 1873年、ミケランジェロの傑作『ダビデ像』が、シニョーリア広場のヴェッキオ宮殿前から、天候や歳月による損傷を防ぐという理由でここに移設された。 アカデミア美術館のミケランジェロ作品は少数。  ミケランジェロ(ルネサンス)の絵画などの切手

フィレンツェ アカデミア美術館

フィレンツェ アカデミア美術館の内部の展示の様子 祭壇画

アカデミア美術館(Galleria dell’Accademia)の入口から「ダビデ」のトリブーナへ到達するまでに通るコロッソの間、フィレンツェの間、そして囚人の通廊には多くの芸術家の作品が展示されています。
右はトレチェント(14世紀)の間。

■ダビデ像のダビデは、旧約聖書で巨人ゴリアテとの戦いに臨み、岩石を投げつけようと狙いを定めている場面を表現している。

ミケランジェロの傑作『ダビデ像』 本物 アカデミア美術館

フィレンツェ アカデミア美術館の入口風景 大混雑

ミケランジェロの傑作『ダビデ像』

ダビデ(David)像は、ミケランジェロが1501年から制作を開始し、1504年9月8日に公開した彫刻作品。ピエタと並ぶミケランジェロの代表作であるばかりでなく、ルネサンス期を通じて最も卓越した作品の一つです。力強さと若き人間の美しさの象徴ともみなされる作品であり、芸術の歴史における最も有名な作品のひとつと言える。大理石で身の丈5.17メートルにかたどられたこの像は、旧約聖書の登場人物ダビデが巨人ゴリアテとの戦いに臨み、岩石を投げつけようと狙いを定めている場面を表現しています。

アカデミア美術館 ミケランジェロ 『パレストリーナのピエタ』

パレストリーナのピエタ ミケランジェロ

パレストリーナのピエタ ダビデ像の手前右側
(1555年? - 、フィレンツェ、アカデミア美術館)未完成

■ミケランジェロが制作した4作品(ただし、完成したのは「サン・ピエトロのピエタ」のみ)の通称と制作年、現在の収蔵場所は以下の通り。
サン・ピエトロのピエタ(1498年 - 1500年、サン・ピエトロ大聖堂) / フィレンツェのピエタ(1547年? - 、フィレンツェ、ドゥオーモ博物館)未完成 / パレストリーナのピエタ(1555年? - 、フィレンツェ、アカデミア美術館)高さ 253cm、未完成 / ロンダニーニのピエタ(1559年 - 、ミラノ、スフォルツァ城博物館)未完成 。 とりわけ「サン・ピエトロのピエタ」は、他の芸術家によっても同じ題材で数多く作られたピエタと比較しても肩を並べるもののない傑作であり、これによってミケランジェロの名声は確立された。また、視力を失いながら手探りで制作を続けたといわれる4作目「ロンダニーニのピエタ」はミケランジェロの遺作となった。

ダビデ像
(ミケランジェロ、ウルグアイ)

ダビデ像の口元と鼻筋(西ドイツ、1986年)

 

■『ダビデ像』:(フィレンツェ、アカデミア美術館、現在ヴェッキオ宮前にあるのはレプリカ)  高さ4.34mの巨大な像である。敵であるゴリアテを見据える激しい表情は「テリビリタ」と呼ばれる。

■ダビデの像はいくつも造られているが、なかでもミケランジェロによる作品(ダビデ像)は最高傑作と呼ばれ高い評価を受けている芸術作品です。 ところで、このダビデ像の男性器が包茎なのは、ルネサンスにおいてギリシャ芸術の手法を取り入れたからである。 実際にはダビデの生きた時代では男子は幼児の時期に割礼という形で、今でいう包茎手術を行うのがユダヤ教徒の伝統であったので、結果的にミケランジェロはデフォルメの仕方を間違えて聖書を曲げてしまったことになる。
割礼(かつれい)とは、男子の性器の包皮の一部を切除する風習。宗教上の理由によるものだが、衛生上の理由などで行われる場合がある。

ダビデ像(ミケランジェロ、キルギスタン)

■キリスト教の教典である旧約聖書のダビデは割礼を神との契約とするユダヤ人の王であるが、この彫像に割礼の痕はない。このことは、ダビデの父がユダヤ人ではなくパレスチナ人だったと考えているネストリアンやムスリムの歴史認識と一致している。また、瞳の形は丸ではなく、当時割礼に使われた器具と同様のハート型をしている。 唇も鼻の形もハート型していますね。 ダビデ像では、人体の重心を片方(ここでは右足)にのせ、もう片方(左足)を自由に遊ばせることで身体全体の流れをS字形にしてバランスを取る、いわゆる≪コントラポスト≫の構図を用いたことで、人間としての自然の動きに富んだ表現した。戦いを目前に自軍が怯むのを感じ、臆することなく敵陣ゴリアテを挑むような視線で見つめるダビデの緊張感に溢れる視線が、この彫刻を一層表現豊かな作品にしている。またダビデ像の瞳部分は、他に例の無いハート型で彫られている。(「ミケランジェロ」で掲載)

ダビデ(ラテン語: David)は古代イスラエルの王(在位:前1000年 −前961年頃)。ダヴィドとも。羊飼いから身をおこして初代のイスラエル王サウルに仕え、サウルがペリシテ人と戦って戦死したのち王位を継承するとペリシテ人を撃破して要害の地イェルサレムに都を置いて民族の統一を成し遂げた。旧約聖書の『サムエル記』『列王記』に登場し、『詩篇』の作者とされている。イスラム教においても預言者の1人に位置づけられている。英語圏の男性名デイヴィッド(David)などは彼の名に由来する。 ダビデはまた、ペリシテ人(小アジア海岸から東地中海岸各地にあらわれた民族)と戦うためイスラエル軍に従軍していた3人の兄に食料を送り届けるため陣営を訪れ、それが機縁となってペリシテ人と戦ってこれを撃破し、モアブを攻略してモアブ人たちをしたがえ、ハマテのゾバの王であるハダデゼルと戦って戦車1,000、騎兵7,000、歩兵20,000をそれぞれ生け捕りにした。さらに、ハダデゼルを援助しようとして現れたスリアの軍2万2,000名を壊滅させ、スリアには守備隊を置いて貢租を納入させた。 とりわけ、ペリシテ人の戦士ゴリアテを倒したことはダビデの名を高めた。

ゴリアテ(Golyat)は、旧約聖書のサムエル記に登場するペリシテ人の巨人兵士。身長は6キュビト半(約2.9メートル)、身にまとっていた銅の小札かたびら(鎧)は5000シェケル(約57キログラム)、槍の鉄の刃は600シェケル(約6.8キログラム)あったという。サウル王治下のイスラエル王国の兵士と対峙し、彼らの神を嘲ったが、羊飼いの少年であったダビデが投石器から放った石を額に受けて昏倒し、自らの剣で首を刎ねられた。この故事にちなんで、弱小な者が強大な者を打ち負かす喩えとしてよく使われる。

ボッティチェッリ 
『聖母子、幼い洗礼者ヨハネと2天使』 
フィレンツェ アカデミア美術館資料より

フィリッピーノ・リッピとピエトロ・ベルジーノの 『十字架降下』 
アカデミア美術館資料より

ジャンボローニャ(Giambologna)
『サビニの女たちの略奪』
アカデミア美術館資料より

ボッティチェッリ 『聖母子、幼い洗礼者ヨハネと2天使』 アカデミア美術館 フィリッポ・リッピとピエトロ・ベルジーノ 『十字架降下』 アカデミア美術館

『無原罪の御宿りの論議』 ジョバンニ・アントニオ・ソリアーニ (Giovanni Antonio Sogliani)

『聖母子、聖ヨセフと幼い洗礼者ヨハネ』
フランチャビージオ

『キリスト復活』 
ラファエッリーノ・デル・ガルボ

『無原罪の御宿りの論議』 ジョバンニ・アントニオ・ソリアーニ (Giovanni Antonio Sogliani) 『聖母子、聖ヨセフと幼い洗礼者ヨハネ』フランチャビージオ

フランチャビージオ(Franciabigio, 1482年 - 1525年1月24日)はルネサンス期イタリアの画家。フィレンツェ派に属する。

『キリスト復活』 ラファエッリーノ・デル・ガルボ アカデミア美術館

ラファエッリーノ・デル・ガルボ(Raffaellino del Garbo (1466 or perhaps 1476 - 1524) was a Florentine painter of the early Renaissance. )

ロレンツォ・モナコ
『モンテオルヴェートのトリプティク』

マーゾ・ダ・サン・フリアーノ
 『剛毅の寓意』

ピエル・フランチェスコ・フォスキ 
『聖家族と幼い洗礼者ヨハネ』

ロレンツォ・モナコ『モンテオルヴェートのトリプティク』 マーゾ・ダ・サン・フリアーノ 『剛毅の寓意』 ピエル・フランチェスコ・フォスキ 『聖家族と幼い洗礼者ヨハネ』

『婚礼の行列またはアディマーリの長持ち』 1450年頃 スケッジャ フィレンツェの間 アカデミア美術館資料より

『婚礼の行列またはアディマーリの長持ち』 1450年頃 スケッジャ 『婚礼の行列またはアディマーリの長持ち』 1450年頃 スケッジャ

マザッチョの弟のジョヴアンニ修道士もまた画家で、『スケッジャ』の通称で呼ばれる。婚礼祝宴の場面を扱っていると考えられるこの絵には、フィレンツエの当時の町並みと建築物(左側に洗扎堂)が見えます。 またルネサンス時代の衣装や服装も見て取れます。

カルロ・ポルテッリ 
『無原罪の御宿りの論議』

ヤコポ・ディ・チョーネ
『聖母の戴冠』

ヤコポ・ディ・チョーネ工房 
『キリストの幼児の物語』

マグダラのマリアの親方『改悛するマグダラのアリアとその生涯の8つの物語』

カルロ・ポルテッリ 『無原罪の御宿りの論議』 ヤコポ・ディ・チョーネ『聖母の戴冠』 ヤコポ・ディ・チョーネ工房 『キリストの幼児の物語』 マグダラのマリアの親方『改悛するマグダラのアリアとその生涯の8つの物語』

ポッピ(フランチェスコ・モランディーニ) 『愛徳の寓意』

アンドレア・デル・サルト 
『キリスト哀悼』

ブロンズィーノ 
『十字架降下(ピエタ)』

ポッピ 『愛徳の寓意』 フランチェスコ・モランディーニ アンドレア・デル・サルト 『キリスト哀悼』 ブロンズィーノ 『十字架降下』(ピエタ)

ヤコポ・ダ・ポントルモ画
『ヴィーナスとキューピッド』 アカデミア美術館

ドメニコ・ギルランダイオ画 
『聖ヤコブと聖ペテロに囲まれた聖ステバノ』 アカデミア美術館

ポントルモの代表的な寓意画とされる、この『ヴィーナスとキューピッド』(Venere e cupido) 。肉体の表現や構図などミケランジェロの素描に基づき制作された本作の主題は、題名の意味するものと同様に≪愛と美≫で、ミケランジェロの友人であったバルトロメオ・ベッティーニの為に制作されるが、その後、公爵アレッサンドロ・デ・メディチが所蔵することとなった。

ドメニコ・ギルランダイオ 『聖ヤコブと聖ペテロに囲まれた聖ステバノ』 アカデミア美術館

ミケランジェロの下絵にもとづくヤコポ・ダ・ポントルモ画
『ヴィーナスとキューピッド』 アカデミア美術館 

ブロンズィーノ 『コジモの妻となったエレオノーラ・ディ・トレドと、息子のドン・ガルツィア』(ウフィッツィ美術館蔵)


フィレンツェ アカデミア美術館 『ダビデ像』のそば

『コジモの妻となったエレオノーラ・ディ・トレドと、息子のドン・ガルツィア』です。ポントルモの最高傑作と言っても良いほどの素晴らしい肖像画です。フィレンツェのウフィッツィ美術館で是非ご覧になってください。 ヤコポ・ダ・ポントルモ(Jacopo da Pontormo, 1494年5月24日 - 1557年1月2日)。ポントルモは初期マニエリスムの代表的な巨匠で、ミケランジェロの人体表現やデューラーから影響を受けつつマニエリスムと呼ばれる絵画、ねじれのある構図や明るい色彩を持つ絵画を自分の個性としました。

アカデミア美術館前のアートブックショップ

アカデミア美術館に向かい道のりのフィレンツェの街並み

アカデミア美術館前のアートブックショップ アカデミア美術館に向かい道のりのフィレンツェの街並み

ウフィツィ美術館 (Galleria degli Uffizi)の入場券
ツアーで事前予約してました フィレンツェ

アカデミア美術館(Galleria dell’Accademia)の入場券
個人で事前予約してました
  フィレンツェ

△TOP

ウフィツィ美術館 (Galleria degli Uffizi)

 ウフィツィ美術館 (Galleria degli Uffizi)は基本写真撮影は禁止

■ウフィツィ美術館 (Galleria degli Uffizi) は、イタリアのフィレンツェにあるイタリアルネサンス絵画で有名な美術館である。1591年より部分的に公開されており、近代式の美術館としてヨーロッパ最古のものの1つである。 またイタリア国内の美術館としては収蔵品の質、量ともに最大のものである。1982年に世界遺産フィレンツェ歴史地区の一部として認定されている。また、Uffiziは英単語officeの語源でもあります。 メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵する美術館であり、イタリアルネサンス絵画の宝庫です。 館内は写真など一部を除き全面禁止で、撮れる範囲で他の作品は切手で代用をしています。 また参考写真は一部公式ガイド集を利用しました。

ウフィツィ美術館を予約する

ウフィツィ美術館の周辺風景
フィレンツェの路地

ウフィツィ美術館からみたドオゥーモとヴェッキオ宮殿の風景

ウフィツィ美術館の夜景と
ボッティチェッリ画『コジモのメダルを持つ青年』

ウフィツィ美術館からみた風景 ウフィツィ美術館の夜景とボッティチェッリ『コジモのメダルを持つ青年』

ウフィツィ美術館の展示物は2,500点にのぼり、古代ギリシア、古代ローマ時代の彫刻から、ボッティチェッリ、レオナルド、ミケランジェロ、ラファエロらイタリアルネサンスの巨匠の絵画を中心に、それ以前のゴシック時代、以後のバロック、ロココなどの絵画が系統的に展示されている。

ウフィツィ美術館の作品

ウフィツィ美術館の作品
『スザンナと長老(老人)たち』

『スザンナと長老(老人)たち』

ラファエロ 『ヒワの聖母』
ウフィツィ美術館

ヴェロッキオとダ・ヴィンチ 『キリストの洗礼』 ウフィツィ美術館

ボッティチェッリ 
『春(プリマヴェーラ)』の三美神

フィリッポ・リッピ 
『聖母子と二天使』

ラファエロ 『ヒワの聖母』 ヴェロッキオとダ・ヴィンチ 『キリスト洗礼』 フィリッポ・リッピ 聖母子と二天使

アルブレヒト・デューラー 
『東方三賢王の礼拝』

コレッジョ
『幼子イエスを礼拝する聖母』

パルミジャニーノ 『長い首の聖母』 ウフィツィ美術館

ヴェロネーゼ 『聖家族と聖カタリナと幼い洗礼者聖ヨハネ』

アルブレヒト・デューラー 『東方三賢王の礼拝』 コレッジョ『幼子イエスを礼拝する聖母』 ヴェロネーゼ 『聖家族と聖カタリナと幼い洗礼者聖ヨハネ』

ボッティチェッリ 『ヴィーナスの誕生』 ウフィツィ美術館資料より

ボッティチェッリ 『ヴィーナスの誕生』 ウフィツィ美術館

『春(ラ・プリマベーラ、La Primavera)』   ボッティチェッリ(フランス、2010年)

ボッティチェッリ
『ヴィーナスの誕生』

『柘榴(ザクロ)の聖母 』

ルネサンス ボッティチェッリ 絵画 『柘榴の聖母 』

『東方三博士の礼拝』と『東方三博士の礼拝』に書き込まれた
ボッティチェッリ自画像 フィレンツェのウフィツィ美術館

『マニフィカトの聖母』 ウフィツィ美術館 ボッティチェッリ 

『岩場の聖母』 ウフィツィ美術館 (マンテーニャ、グレナダ)

ルネサンス ボッティチェッリ 絵画 マニフィカトの聖母

ウフィツィ美術館蔵
マニフィカトは聖母賛美の意味

マンテーニャ ルネサンス 絵画 岩場の聖母

ウフィツィ美術館蔵

ボッティチェッリ 『受胎告知』(ウフィツィ美術館)、『春(プリマヴェーラ)』(ウフィツィ美術館)、
『聖母子と6聖人』(ウフィツィ美術館) サントメプリンシペ

代表作『聖母子と二天使』 (フィリッポ・リッピ、ミクロネシア)

『受胎告知』(ウフィツィ美術館)、『春(プリマヴェーラ)』(ウフィツィ美術館)、『聖母子と6聖人』(ウフィツィ美術館) 聖母子と二天使 フィリッポ・リッピ

『聖家族と幼児洗礼者ヨハネ(トンド・ドーニ)』 1504-06年頃 ミケランジェロ
イエスの顔と聖母マリアの顔の拡大(サンマリノ)

『聖母子と二天使』
(フィリッポ・リッピ、ルワンダ)

聖母子(リッピ、ルワンダ) ルネサンス 絵画

『ウルビーノのヴィーナス』と『ヴィーナスの鏡(Venus with a Mirror)』 ティツィアーノ

『ウルビーノのヴィーナス』は、西洋絵画における裸体表現の歴史を考えるうえで重要な作品である。ヴィーナスのポーズは、先述のジョルジョーネ作『眠れるヴィーナス』を下敷きにしているが、ジョルジョーネのヴィーナスが目を閉じているのに対し、ティツィアーノのヴィーナスは挑発的とも思える視線を観者の方へ向け、背景も屋外から室内に変えられている。『ウルビーノのヴィーナス』は、神話の世界の女神というよりは、肉感的な地上の女性のように見える。この作品は、ゴヤの『裸のマハ』、マネの『オランピア』などの源流と見なされている。西洋における裸体画の系譜は、神話の女神の理想化された容姿を描いたものから、現実世界の女性を描いた作品へと引き継がれていったのである。ウフィッツィ美術館蔵。

『ウルビーノのヴィーナス』

左右が逆 ヴィーナスを完全に目を覚ました姿で表現 ウフィッツィ美術館蔵

初期ルネサンス 
『ウルビーノ公夫妻の肖像』(ピエロ・デラ・フランチェスカ)

ボッティチェッリ 『マニフィカトの聖母』(Madonna del Magnificat)
  拡大○

ボッティチェッリ

ウフィツィ美術館収蔵の代表作品 : ミケランジェロ 聖家族(トンド・ドーニ) /フィリッポ・リッピ 聖母子と二天使 1455-60 /東方三博士の礼拝(1475年頃、サンドロ・ボッティチェッリ) /プリマヴェーラ(1477年-1478年頃、サンドロ・ボッティチェッリ) /サン・マルコ祭壇画(1483年、サンドロ・ボッティチェッリ) /ヴィーナスの誕生(1485年頃、サンドロ・ボッティチェッリ) /マニフィカトの聖母(1483-85年、サンドロ・ボッティチェッリ) /ザクロの聖母(1487年、サンドロ・ボッティチェッリ) /東方三賢王の礼拝(1504年、アルブレヒト・デューラー) /東方三博士の礼拝(1423年、ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ) /ウルビーノ公夫妻の肖像<対画肖像作品>(1472-74年頃、ピエロ・デラ・フランチェスカ) /アダムとイブ(1528年ルーカス・クラナッハ) /ウルビーノのヴィーナス(1538年、ティツィアーノ・ヴェチェッリオ) /受胎告知(1475-80年レオナルド・ダ・ヴィンチ)

ラファエッロ・サンティ

『ヒワの聖母』
ラファエロ 拡大○

『誹謗(ラ・カルンニア)』 ボッティチェッリ ウフィツィ美術館

『フローラ(Flora) 』(花の女神、イタリア、ウフィツィ美術館)

コレッジョ『幼子イエスを礼拝する聖母』ウフィツィ美術館

ラファエロ 聖母子 ルネサンス 誹謗(ラ・カルンニア) ボッティチェッリ 絵画 ルネサンス ブルキナ・ファッソ 『フローラ』(花の女神、イタリア) チチアン ルネサンス ティツィアーノ ルネサンス コレッジョ 絵画切手 幼児イエスを礼拝する聖母

レオナルド・ダ・ヴィンチ作 『受胎告知』 ウフィツィ美術館(フィレンツェ) ウフィツィ美術館資料より

レオナルド・ダ・ヴィンチ作『受胎告知』ウフィツィ美術館(フィレンツェ)

レオナルド・ダ・ヴィンチ作 『受胎告知』:聖母マリアは、聖胎を貞淑に受けとめる聖母マリアの姿。本主題『受胎告知』は中世〜ゴシック期より最も多く描かれてきた主題のひとつで、父なる神によって遣わされた大天使ガブリエルが主イエスの受胎を聖母マリアに聖告する場面である。 神の使者大天使ガブリエルは、祝福のポーズと共に聖母マリアへキリストの受胎を告げる、神の使者大天使ガブリエル。卓越した表情の描写や画面の構成力、背景の遠近法など、最初期作品とはいえ、画面からは画家の豊かな才能が随所に垣間見れる。

『東方三博士の礼拝 (Die Anbetung der Konige)』 拡大○

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン 『キリストの埋葬』
(Entombment of Christ) ウフィツィ美術館(フィレンツェ) 

東方三博士の礼拝 (Die Anbetung der Konige)

未来のユダヤの王イエスの降誕に際し、東方の三博士が星に導かれ幼子キリストの下を訪れ礼拝と黄金、乳香、没薬の3つの贈り物を捧げる場面。100×144cm

■初期のデューラーが手がけた祭壇画の代表的な作品『東方三博士の礼拝』。ウフィツィ美術館が現在所蔵する本作はフリードリヒ賢明公の依頼を受け制作されたもので、背景に描かれた小屋や、円形アーチの建築物によって強調される遠近法を用いた空間処理など、1494年から1495年までのヴェネツィア留学の成果が随所に表れている。キリスト教の祭壇画において最もポピュラーな主題のひとつ。

ウェイデン 『キリストの埋葬』 ウフィツィ美術館

聖ルチア祭壇画 ドメニコ・ヴェネツィアーノ 1445年頃 フレンツェ・ウフィツィ美術館 拡大

パルミジャニーノ

聖ルチア祭壇画 ドメニコ・ヴェネツィアーノ フレンツェ・ウフィツィ美術館

■ドメニコ・ヴェネツィアーノ. Domanico Veneziano (活動期 1438-61). イタリア 初期ルネサンス. 主としてフィレンツェで活躍した15世紀イタリア画家。生涯についてはほとんど不明。
中世の祭壇画はポリヴティク(多翼祭壇画)が多かったが、ルネサンスには聖人と聖母子が同一空間に描かれる単一パネルが好まれた。「サクラ・コンヴェルサツィオーネ(聖会話)」と呼ばれる形式です。この絵は単一とは言えアーチ列で3つに分かれている。トリプティク(三連祭壇画)とも見なされています。

聖母子と聖ザカリヤ、マグダラのマリア、幼児聖ヨハネ(Madonna col Bambino, san Zaccaria, la Maddalena e san Giovannino) 1530年頃

『聖母子と聖ザカリヤ、マグダラのマリア、幼児聖ヨハネ』 1530年頃 ウフィツィ美術館

■ウフィツィ美術館は1769年、ハプスブルク=ロートリンゲン家のレオポルド1世(後の神聖ローマ皇帝レオポルト2世)の時代に一般に公開されるようになった。彼は古代学者ルイジ・ランディを顧問としてコレクションの分類整理に着手し、それまで収蔵されていたマジョルカ陶器、武具類、科学部門のコレクションを他の博物館へ移管したり、売却したりした。19世紀後半には、ロマネスク以降の彫刻がフィレンツェ市内の国立バルジェロ美術館へ、エトルリアなどの考古遺物がフィレンツェ考古学博物館へ、それぞれ移管され、ウフィツィ美術館は絵画館としての性格を強めていく。この間にも絵画のコレクションは強化されていった。たとえば、レオナルド・ダ・ヴィンチの著名な「受胎告知」は、1865年に受贈したフェローニ・コレクションにあったものである。
1993年5月27日、美術館近くで自動車爆弾による爆発があり、通行人ら5人が死亡、50人以上が重軽傷を負った。建物の一部も壊れ、一部の美術品や資料も被害を受けた。

ボッティチェッリ 『ホロフェルネスの遺骸の発見』、『ユディットの帰還』 二連画 ウフィツィ美術館資料より 拡大○

ボッティチェッリ 『ホロフェルネスの遺骸の発見』ウフィツィ美術館資料より ボッティチェッリ 『ユディットの帰還』 ウフィツィ美術館資料より

レオナルド・ダ・ヴィンチ  『雪の聖母マリアの祝日 1473年8月5日』 ペン画 ウフィツィ美術館資料より

ウフィツィ美術館の第1回廊  ウフィツィ美術館資料より

ボッティチェッリ 『受胎告知』 ウフィツィ美術館資料より 拡大○

ヴェッキオ橋近くのアノル川からウフィツィ美術館の第1回廊を

ウフィツィ美術館の第一回廊 : 第一回廊の部屋には1200年代から1500年代の作品が時代順に展示されています。 その通路には、メディチ家コレクションの胸像と彫刻が、彫刻1体と胸像2体づつ規則的に展示されています。ヴォールト式天井は想像上の怪物や動物、サテュロスのグロテスク模様とメディチ家の功績や業績を描いたフレスコ画で装飾され、天井下の壁に沿って展示されているのは著名人(ジョヴィアーナシリーズ))と世界中の支配者の肖像画です。

ボッティチェッリ 『受胎告知』 ウフィツィ美術館 ヴェッキオ橋近くのアノル川からウフィツィ美術館の第1回廊を

フィレンツェの街並みと坂道
結構狭い感じ

フィレンツェ街角のパフォーマー
決って白の服装です

入口付近の天使の格好した
パフォーマー

フィレンツェの街並みと坂道 フィレンツェ街角のパフォーマー

イタリア人はパフォーマンスが好きなのか?何処にいってもチラッと見掛けるパフォーマー達。ウフィツィ美術館前では芸術作品を模したと思われるパフォーマーたちがたくさんいます。芸術作品も良いがパフォーマーも面白いですよ。

■フィレンツェ (Firenze) はイタリアのトスカーナ州フィレンツェ県に属する人口36万人の都市である。トスカーナ州の州都、フィレンツェ県の県庁所在地であり、近郊の人口は約20万人。古代ローマ時代、花の女神フローラの町としてフロレンティア (Florentia) と名付けた事が語源とされている。フィレンツェは古代にエトルリア人によって町として建設されたが、直接の起源は紀元前59年、執政官カエサルによって入植者(退役軍人)への土地貸与が行われ、ローマ殖民都市が建設されたことによる。中世には一時神聖ローマ帝国皇帝が支配したが、次第に中小貴族や商人からなる支配体制が発展し、12世紀には自治都市となった。街の歴史的な中心部は世界遺産・で、花の聖母寺ドゥオーモ、シニョリーア広場とヴェッキオ宮殿(市庁舎)、ミケランジェロ広場、ピッティ宮殿、ヴェッキオ橋とアルノ河、サンタ・クローチェ教会をはじめ、ミケランジェロやボッティチェッリ、ダ・ヴィンチ等の巨匠達の作品を鑑賞できるウッフィツィ美術館、アカデミア美術館、パラティーナ美術館、サンマルコ美術館、バルジェッロ美術館、メディチ家礼拝堂等見所はつきません。

フィリッポ・リッピ 『聖母戴冠』 (1441-44年頃、ウフィツィ美術館所蔵) ウフィツィ美術館資料より

フィリッポ・リッピ 聖母戴冠(1441-44年頃、ウフィツィ美術館所蔵)

ジョット 『マエスタ(オンニッサンティの聖母)』 1200年代

ルブラン自画像 ロココ
(ヴァザーリの廊下)

シモーネ・マルティーニとリッポ・メンミ 『受胎告知』 シエナ派

ロレンツォ・モナコとコジモ・ロッセリ 『東方3博士の礼拝』 ゴシック

ジョット 『マエスタ(オンニッサンティの聖母)』 1200年代 ルブラン自画像(ヴァザーリの廊下) シモーネ・マルティーニとリッポ・メンミ 『受胎告知』 シエナ派 ロレンツォ・モナコとコジモ・ロッセリ 『東方3博士の礼拝』

コジモ1世は住まいであったピッティ宮殿から、ベッキオ橋の2階部分を通り、毎日通う庁舎(現・ウフィツィ美術館)へ至る約1kmの通路(ヴァザーリの回廊)も造らせた。これもヴァザーリの設計で、1565年に半年足らずの工期で完成した。回廊の中には700点を超える絵画があり、中でも肖像画コレクションは有名です。 上のルブランの自画像もそこにあります。

ボッティチェッリ 『Madonna and Child (Madonna della Loggia) 』
1467年

ウフィツィ美術館 『聖母子(薔薇園の聖母』 ボッティチェッリ
フィリッポ・リッピに酷似

アントニオ・デル・ポッライオーロ
『ヘラクレスとアンタエウス』
(1478年頃)ウフィツィ美術館

アントニオ・デル・ポッライオーロ
『ヘラクレスとヒュドラ』
(1475年頃)ウフィツィ美術館

 ウフィッツィ美術館

ウフィツィ美術館 『聖母子(薔薇園の聖母』 ボッティチェッリ

Madonna of the Rosegarden (Madonna del Roseto) 1469-70 

△TOP

 美術関係のページのサイト内リンク

■巨匠の絵画切手 [ ボッティチェッリダ・ヴィンチラファエロミケランジェロデューラーティツィアーノルーベンスベラスケスアングルエル・グレコレンブラントカラヴァッジオフェルメールダイクドラクロワゴヤ|ゴッホ(no.1|no.2)|ルノワールマネとモネセザンヌゴーギャンマチスピカソダリ葛飾北斎安藤広重クリムトシャガールモディリアーニミュシャ ]

■美術・工芸切手・写真の索引 [ トップ先史代中世|ルネサンス ( ア行〜タ行ナ行〜ワ行その他 )|バロックロココロマン派、新古典主義とアカデミック絵画写実主義印象派象徴主義、耽美主義近代絵画|日本(画家作品)|ポップ(モダン)|故宮博物館(絵画文物)|ルーヴル美術館メトロポリタン美術館プラハ美術館ウフィツィ美術館とアカデミア美術館バチカン美術館世界の美術工芸品仏教美術デザインキリスト教絵画の見方美術用語集(備忘録) ]

 ルネサンスのはじまりと各派の特徴

■イタリア・ルネサンスの始まりはチマブーエあるいはその弟子ジオット(1276年? - 1337年)の絵画とされる場合も多い。しかし「人間性」を尊重した彫刻家ドナテッロと「線遠近法」を完成させた建築家フィリッポ・ブルネレスキの二人の特徴を絵画において融合させたマサッチオ(1401年 - 1428年)が始まりだとする見解もある。このことからドナテロ、ブルネレスキ、マサッチオは初期ルネッサンスの三大巨匠と呼ばれる。
ヴェネツィア派はルネサンス時代、特に15世紀後半から16世紀にかけてヴェネツィア共和国とその周辺で活躍した美術の流派。絵画、彫刻、建築など様々な分野でその特徴は見受けられるが、一般的には絵画の流派を指す。絵画においてはデッサンを重視したフィレンツェ派とは異なり、画面を色を使って構築し、流動的で詩的な雰囲気で人間の感覚に直接訴えかける効果を追求した。
ヴェネツィア派画家の一覧 :ヤーコポ・ベッリーニ 、ジェンティーレ・ベリーニ 、ジョヴァンニ・ベリーニ 、ヴィットーレ・カルパッチョ 、パオロ・ヴェロネーゼ 、ジョルジョーネ 、ティントレット 、ティツィアーノ
フィレンツェ派は、13〜17世紀のイタリアで、フィレンツェを中心に活躍した画派。ルネサンス美術は彼らが主導したことで発展し、その影響もヨーロッパ各地に大きく及んだ。フィレンツェは、盛期ルネサンスの初期の中心地でもあった。デッサンを重視
フィレンツェ派代表者画家の一覧 : ジョット・ディ・ボンドーネ 、マサッチオ 、フラ・アンジェリコ 、フィリッポ・リッピ・フィリッピーノ・リッピ父子 、ボッティチェリ 、レオナルド・ダ・ヴィンチ 、ミケランジェロ 、アンドレア・デル・サルト
シエナ派(イタリア語:Scuola senese、英語:Sienese School)は、ルネサンス期のイタリアにおいてシエナを中心に活動した画家群。 フィレンツェ派と較べると保守的で、後期ゴシック様式に傾倒した優雅で装飾的な画風が特色として挙げられる。その絵の中には、自然主義的なフィレンツェ派の絵とは異なる、神秘主義的な傾向が見受けられる。奇蹟を主な題材とし、時空は超現実的に歪曲し、それはしばしば夢のようで、彩色も非現実的
シエナ派の画家の一覧:ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ、シモーネ・マルティーニ 、ピエトロ・ロレンツェッティ 、アンブロージョ・ロレンツェッティ 、サセッタ 、ジョヴァンニ・ディ・パオロ 、アンドレア・ブリオスコ 、ソドマ 、ドメニコ・ベッカフーミ

■美術工芸について参考にしているページ

1.Web Gallery of Art, (英語) 
2.Weblio 辞書文化美術用語集
3、レンブラントの絵画の説明(サルヴァスタイル美術館:西洋美術では参考になります)

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】   カウンター

Building of the palace was begun by Giorgio Vasari in 1560 for Cosimo I de' Medici as the offices for the Florentine magistrates - hence the name "uffizi" ("offices"). Construction was continued to Vasari's design by Alfonso Parigi and Bernardo Buontalenti and ended in 1581. The cortile (internal courtyard) is so long and narrow, and open to the Arno River at its far end through a Doric screen that articulates the space without blocking it, that architectural historians treat it as the first regularized streetscape of Europe. Vasari, a painter as well as architect, emphasized the perspective length by the matching facades' continuous roof cornices, and unbroken cornices between storeys and the three continuous steps on which the palace-fronts stand. The niches in the piers that alternate with columns were filled with sculptures of famous artists in the 19th century.