Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集
美術切手|ロマン派の絵画とアカデミック絵画 : ロマン派のターナー、ジェリコー、シャセリオー、スロアガ アカデミック絵画のブグロー、ファレロ、エンネル、セイニャク 他

ホーム>切手・題材・テーマ別>世界の美術・工芸>ロマン派、新古典主義の絵画とアカデミック絵画


西洋美術切手 ロマン派、新古典主義の絵画とアカデミック絵画

 ロマン派と言えば誰しもが作風は情熱的な表現と大胆な色彩を持つドラクロワをあげるであろうと思います。あの熱烈な色彩とドラマティックな光は一度見れば忘れられない。また、スペインが生んだ・新古典主義の形式主義に挑戦たゴヤも捨てがたいものと思います。 スペインの切手にはゴヤの特集があります。 情熱を感じるからでしょうか。  ターナーはイギリスのいかにも曇った絵が多く、余り好きではありません。 同じイギリスの風景画家でもコスタンブルの方が何故か馴染みます。 何故かスペインの画家が多い。 お気に入りは女流画家のシャセリオーです。 旧約聖書の『エステル記』のヒロイン、エステルが侍女にかしづかれて、化粧している姿は何とも艶かしい。 女性が描く絵になる女性、見事の一言ですね。 ルーブル美術館にもあります。 掲載の画家は、ロマン派のターナー、ジェリコー、シャセリオー、スロアガ アカデミック絵画のブグロー、ファレロ、エンネル、セイニャク、ジェローム。 ドラクロワとゴヤは別ページにしています。
索引 [ ロマン派新古典主義アカデミック ] 
 


■美術・工芸切手・写真の索引 [ トップ先史代中世|ルネサンス ( ア行〜タ行ナ行〜ワ行その他 )|バロックロココロマン派、新古典主義とアカデミック絵画写実主義印象派象徴主義、耽美主義近代絵画|日本(画家作品)|ポップ(モダン)|故宮博物館(絵画文物)|ルーヴル美術館メトロポリタン美術館プラハ美術館ウフィツィ美術館とアカデミア美術館バチカン美術館世界の美術工芸品仏教美術デザインキリスト教絵画の見方美術用語集(備忘録) ]

ロマン派・ロマン主義

ページ内検索は Ctrl + F で出来ます

ロマン主義(ロマンしゅぎ、英語: Romanticism、フランス語: Romantisme、ドイツ語: Romantik、スペイン語: Romanticismo、ポルトガル語: Romantismo)は、主として18世紀後半から19世紀にかけて行われたヨーロッパ、及びヨーロッパの影響を受けた諸地域の精神運動のひとつである。
先行する新古典主義に対するロマン主義の反伝統的、反制度的表現を準用して、絵画においてもロマン主義の呼称が用いられる。ロマン主義に属する画家としては、スペインのゴヤ、フランスのドラクロワ、テオドール・ジェリコー、ギュスターヴ・ドレ、イギリスのウィリアム・ブレイク、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー、サミュエル・パーマー、リチャード・ダッド、イタリアのフランチェスコ・アイエツ、、スイスのヨハン・ハインリヒ・フュースリー、ドイツでは山岳・廃墟などをテーマにしたカスパー・ダーヴィト・フリードリヒ、フィリップ・オットー・ルンゲなどが挙げられる

ターナー
 Turner

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(Joseph Mallord William Turner, 1775年 -1851年)は、18世紀末〜19世紀のイギリスのロマン主義の画家。風景画で、想像力を働かせた作品が有名である。また、ターナーの登場によって絵画における風景画の位置付けが上がり、水彩作品の位置付けも変わったと思われる。バルビゾン派に影響を与えた。晩年には抽象画も描きこちらも後世に多大なる影響を与えていると言えよう。



ターナー 『平和−水郷』

ターナー 『吹雪−船出』

ターナー 『ベニスの兵器庫』

ターナー 『サン・ローラン』

ロマン ターナー 絵画切手 ロマン ターナー 絵画切手

テオドール・ジェリコー

テオドール・ジェリコー(Jean Louis Andre Theodore Gericault)は、ルーベンス風の劇的な表現を目指した画家で、『メデュース号の筏』のように、実際に起こった海難事件を扱った作品にその作風は健著である。ドラクロワが敬愛した作家で夭折した天才である。彼の作品はドラクロワなどにも影響を与え、ロマン派絵画の先駆者と見なされるが、画業半ばの32歳で早世している。



『メデュース号の筏(いかだ)』

『放火を逃れる傷ついた胸甲騎兵』

テオドール・ジェリコー ロマン派 絵画 『メデュース号の筏(いかだ)』 ルーブル美術館  『放火を逃れる傷ついた胸甲騎兵』 ジェリコー テオドール・ジェリコー ロマン派 絵画 ルーブル美術館  テオドール・ジェリコー ロマン派 

『白馬の頭部』

『突撃する近衛猟騎兵士官』

『サンペトリエールの精神病患者たち 賭博偏執狂』

テオドール・ジェリコー ロマン派 絵画 『白馬の頭部』 ルーブル美術館  テオドール・ジェリコー ロマン派  『突撃する近衛猟騎兵士官』 ジェリコー テオドール・ジェリコー ロマン派 絵画 『サンペトリエールの精神病患者たち 賭博偏執狂』 ルーブル美術館 

『突撃する近衛猟騎兵士官』

テオドール・ジェリコー ロマン派 

同時代に起きた生々しい事件を題材とした『メデューズ号の筏(いかだ)』がテオドール・ジェリコーの代表作である。『メデューズ号の筏』とは1816年、フランスの新植民地となったアフリカ西海岸のセネガルをめざしていたフリゲート艦メデューズ号がモロッコ沖で座礁するという事件が起こる。離礁することが出来なかったため、乗客は備え付けの救命ボートで避難しようとしたが、乗れる人数が限られており、乗客全員を乗せることは不可能であった。そのため、破損したメデューズ号の用材をロープでつなぎ合わせて臨時の筏を造り、救命ボートに乗りきれなかった149名を乗り移らせた。最初は救命ボートが筏を牽引していたが、漂流初日に悪天候に見舞われ、救命ボート自体の航行も危うくなると、ボートの乗組員が筏をつないでいたロープを切断してしまい、牽引船と保存食を失った筏はあてもなく荒海をさまようこととなった。筏は12日間漂流したあげく、他の船によって発見されたが、149名のうち生存者はわずか15名にすぎなかった。 当時のフランス政府はこの事件を当初ひた隠しにしたが、やがて人々の知るところとなり、12日間の漂流期間中、筏の上では殺人、食人を含む様々な非人間的行為が行われたことが明るみに出た。

ヴァルトミュラー(Ferdinand Georg Waldmuller、1793-1865)

『オルガ・タチチェック夫人』
(ユーゴスラビア、1984年)

『窓辺の幼児と農家の主婦』
(オーストリア、1947年)

フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー(オーストリア1793-1865):フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラーは、19世紀のオーストリア絵画に大きな影響を与えた画家です。ヴァルトミュラーは、肖像画、風景画、静物画、風俗画、さらには屋外で描く絵画など、様々なジャンルに優れていました。

ロマン派 ヴァルトミュラー(Ferdinand Georg Waldmuller、1793-1865) 『オルガ・タチチェック夫人』 ロマン派 ヴァルトミュラー(Ferdinand Georg Waldmuller) 『窓辺の幼児と農家の主婦』(オーストリア、1947年)

イグナシオ・スロアガ( スペイン、1870- 1945)

イグナシオ・スロアガ 『裸婦』 クリックで拡大

『裸婦』(パラグアイ)

イグナシオ・スロアガ(Ignacio Zuloaga 、1870年- 1945年)はスペイン バスク の画家。スペインのセゴビア県にはスロアガが買い取った城があり、アトリエとして使っていました。塔の内部は、スロアガの小さな美術館になっています。フラメンコに焦点をあてた画家。
スペインの女性は、矢張り顔が濃いですね。

イグナシオ・スロアガ(Ignacio Zuloaga 、1870年- 1945年)はスペイン バスク の画家  裸婦

イグナシオ・スロアガの絵画

Ignacio Zuloaga y Zabaleta (July 26, 1870 - October 31, 1945) was a Basque Spanish painter, born in Eibar, near the monastery of Loyola. He was the son of metalworker and damascener Placido Zuloaga and grandson of the organizer and director of the royal armoury in Madrid.

イグナシオ・スロアガの絵画 『』、『 Retrato de Rosario de Silva Gurtubay Duquesa de Alba』、
『Self Portrait by Ignacio Zuloaga』、『DESDE LA BARRERA』、『Biografia de Ignacio Zuloaga』、『』

ジョン・コンスタブル

英国自然主義画家ジョン・コンスタブル MC 『The Haywain』

ジョン・コンスタブル(John Constable、1776年6月11日 - 1837年3月31日)は19世紀のイギリスの画家である。ジョンコンスタブルは1776年6月11日、東バーグホルト、サフォーク、イギリスで生まれた。『カンスタブル』と表記することもある。カンスタブルは、自然の一切の被造物に対して、歓喜を持って接し、光や大気の作用を綿密に観察し自然の生き生きとした姿を捉えた。また、『キアスクーロ(自然の明暗)』を重視して風景の根底にある目に見えないが体感できるドラマを描き切った。ロマン派色が濃く劇的な画面を創造したターナーに対し、ジョンは終生故郷サフォーク周辺の身近な風景を描き続けた。

英国自然主義画家ジョン・コンスタブル MC 『The Haywain』

The Haywain by John Constable, is probably one of the most famous of all English paintings. Many a home has a print, but relatively few people know the story behind it.

Jozsef Borsos(1821-1883)

ミクロス・バラバス(Miklos Barabas, 1810-1898 )

Kaspar Jele(Austrian,
1814-1893)

『Lady in Fur-lined Jacket』
Jozsef Borsosは1821-1883、ハンガリーの肖像画家と写真家。

『イステヴァン・ビット婦人』
ハンガリーの画家。

『キリストの降誕』(英領インド洋テリトリ、1992年)

Jozsef Borsos  ハンガリー 1821-1883 Lady in Fur-lined Jacket ミクロス・バラバス(Miklos Barabas, 1810-1898 )  『イステヴァン・ビット婦人』  ハンガリー Kaspar Jele(Austrian, 1814-1893)  ロマン派 『キリストの降誕』

カール・シュピッツヴェーク(Carl Spitzweg,
ドイツロマン主義,1808年に南ドイツ生まれ)

■カール・シュピッツヴェーク(Carl Spitzweg,ドイツロマン主義,1808年に南ドイツ生まれ)はドイツで最も愛されている国民的画家であるが、日本ではほとんど知られていない。シュピッツヴェークはビーダーマイヤーの画家といわれており、19世紀前半のドイツの古きよき時代の情景をユーモアとペーソスを持って描いている。『本の虫』あるいは『サボテンフアン』などによって、好んでアウトサイダーを、彼らの変わった考えや、ひねくれた道楽を好んで描いた。また、『蝶追い人』という作品は蝶を追う昆虫収集家を指している。しかしながら彼の網は、目の前の道をひらひら飛ぶ巨大な青い蝶のためにはあまりにも小さいのである。シュピッツヴェークのおそらく最も著名な絵は『貧しい詩人』であり、屋根裏部屋に住む貧しい詩人を描いている。彼は上の屋根に空いた穴から滴り落ちてくる雨のしずくを避けるために傘を広げ持っている。

カール・シュピッツヴェーク(Carl Spitzweg,ドイツロマン主義,1808年に南ドイツ生まれ)

フランツ・クサーヴァー・ヴィンターハルター
(Franz Xaver Winterhalter,1805年4月20日 - 1873年7月8日)

フランツ・クサファー・ヴィンターハルター画・『オーストリア皇妃エリザベート』(『Theハプスブルグ』より) 拡大○

■エリーザベトは当時のヨーロッパ宮廷一といわれた美貌と、身長172cmと背が高く、ウエスト50センチで体重は50キロという驚異の体形。

■エリーザベト・アマーリエ・オイゲーニエ(Elisabeth Amalie Eugenie von Wittelsbach、1837年12月24日 - 1898年9月10日)は、オーストリア=ハンガリー帝国の皇帝(兼国王)フランツ・ヨーゼフ1世の皇后。フランツ・クサファー・ヴィンターハルター画・『オーストリア皇妃エリザベート』は、1865年 油彩、カンヴァス 国家家財管理局 宮廷家財庫 ウィーン家具博物館蔵。エリザベートが27歳の時の肖像。美しい人です。(実物、大きな絵画)

■フランツ・クサーヴァー・ヴィンターハルター(Franz Xaver Winterhalter,1805年4月20日 - 1873年7月8日)は、ドイツ・バーデン大公国のシュヴァルツヴァルト生まれの肖像画家。
パリに住みながらヨーロッパ中の貴族の肖像画を描いた。ヴィクトリア女王のお気に入りの画家であった。彼は他にもナポレオン・ボナパルト、フランス王ルイ・フィリップなどの肖像画も手がけた。

△TOP

新古典主義の画家

新古典主義(しんこてんしゅぎ)とは、18世紀後半以降、フランスで見られた古代ギリシア・ローマ(古典古代)への回帰運動を指して使われるようになった言葉である。新古典主義の主な画家としては、ダヴィッド、アングル、ジェラール、グロ等が挙げられる。 ロココ様式の華美で表層的な表現や、イリュージョニズムに熱狂するバロック様式へのアンチテーゼとして、デッサンと形を重視し、理性を通じた普遍的価値の表現を理想とした。 19世紀に入り、より感性的・情熱的で表現者自身の感覚を重視するロマン主義(ロマン派)が台頭し、新古典主義とは真っ向から対峙する事となる。新古典主義の巨匠アングルと、ロマン派の巨匠ドラクロワの対立は有名。

コリン Anais Toudouze-Colin

フランソワ・マリウス・グラネ ( Francois Marius Granet

『聖母子』1854年

『The Convent of St.Mary of the Angels』 クリックで拡大

『聖母子』1854年 Anais (or Colin, Adele Anais)

■コリン Anais Toudouze-Colinは、Anais (or Colin, Adele Anais) フランス第二帝政期(1852-1870)のファッション・プレートの挿絵画家 (1822-1899)。アナイスは、長年に渡り、数多くのファッション雑誌に、
夥しい数のファッション・プレートを描いた。

『The Convent of St.Mary of the Angels』

■フランソワ・マリウス・グラネ ( Francois Marius Granet 、 1777年 12月17日-1849年 11月21日 )は フランス の 新古典主義 の 画家 。1796年、パリに転居し、ジャック=ルイ・ダヴィッドに師事し、壁画を描きながら生計を立てる。

テオドール・シャセリオー
(Theodore Chasseriau)

テオドール・シャセリオー(Theodore Chasseriau  1819年9月20日 - 1856年10月8日)は、フランスの画家。自画像、歴史画、宗教画、寓意的な壁画、それにアルジェリア旅行にインスパイアされたオリエンタリズム溢れる作品が有名。シャセリオーは、カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島のサマナ(現ドミニカ共和国)に生まれた。父親はフランス人で、島がまだフランスの植民地(サン=ドマング)だった頃は行政職だった。母親はクレオールの地主の娘だった。1821年、家族はパリに移り、そこでシャセリオーはスケッチに早熟な才能を見せた。1830年、11歳の時、シャセリオーはアングルのアトリエに入ることを認められ、この新古典主義巨匠の愛弟子となった。アングルは人々にこう言ったそうだ。『見たまえ、紳士諸君。この子はきっと絵のナポレオンになるよ』。

女流画家



テオドール・シャセリオーの絵画 『アンドロメダ』、『海から上がるヴィーナス(ルーヴル美術館)』、『アポロとダフネ(ルーヴル美術館)』、『エステルの化粧(ルーヴル美術館)』

テオドール・シャセリオーの絵画 1841
『エステルの化粧(ルーヴル美術館)』

クリックで拡大

テオドール・シャセリオーの絵画 『アンドロメダ』、『海から上がるヴィーナス(ルーヴル美術館)』、『アポロとダフネ(ルーヴル美術館)』、『エステルの化粧(ルーヴル美術館)』 テオドール・シャセリオーの絵画  『エステルの化粧(ルーヴル美術館)』
テオドール・シャセリオーの絵画 『アンドロメダ』、『海から上がるヴィーナス(ルーヴル美術館)』、『アポロとダフネ(ルーヴル美術館)』、『エステルの化粧(ルーヴル美術館)』

■病気を患った後、サン・ロックならびにサン・フィリップ・デュ・ルール教会の装飾壁画を手掛けるが、これで心身疲れ果てたのだろう、病気が悪化して、1856年10月18日、シャセリオーは37歳の若さでパリで亡くなった。 シャセリオーの作品はピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ、ギュスターヴ・モローの作風に強い影響を与えた。さらに、シャヴァンヌらの作品を通じて、ポール・ゴーギャン、アンリ・マティスの作品にも反映されていると言われている。
■右はシャセリオーの傑作『エステルの化粧(ルーヴル美術館)』:旧約聖書『エステル記』のヒロイン、エステルが侍女にかしづかれて、化粧している。多くの娘たちの中から、ペルシャ王クセルクセスの王妃に選ばれたユダヤの娘エステルは、王の寵愛と美貌を武器に、ユダヤ人を憎む宰相ハマンのユダヤ人絶滅(ホロコースト)計画を阻止する。

『エステルの化粧
(ルーヴル美術館)』

Gheorghe Tattarescu (1818-1894)

"The Birth of Our Lord"

"The Birth of Our Lord" Gheorghe Tattarescu

"The Birth of Our Lord" Gheorghe Tattarescu

Gheorghe Tattarescu (1818-1894) pictor roman, pionier al neo-clasicismului si picturii in ulei, in pictura moderna romana.

新古典主義の画家

"The Birth of Our Lord" Gheorghe Tattarescu

The first is "The Birth of Our Lord", a work by 19th century Romanian painter, Gheorghe Tattarescu. The artist is considered one of the pioneers of Romanian neoclassicism. He studied for a number of years in the mid-1800s at the Accademica di San Luca in Rome and received a number of awards. Most of his works are dedicated to religious themes. The nativity scene reproduced on the stamps is from a painting in the metropolitan Cathedral dedicated to the Blessed Virgin in the city of lasi, Romania.

the school of Murillo (ムリーリョ派) バチカン、ピナコーテカ

"The Nativity and Adoration of the Shepherds", which is a copy attributed to the school of Murillo

"The Nativity and Adoration of the Shepherds", which is a copy attributed to the school of Murillo "The Nativity and Adoration of the Shepherds", which is a copy attributed to the school of Murillo


The Nativity and Adoration of the Shepherds", which is a copy attributed to the school of Murillo. This painting of the Adoration is considered one of the best copies and became part of the Vatican Pinacoteca collection in 1861 thanks to Pius IX.

同時代の画家

トレス(スペイン、1874-1930)

エスキべル(スペイン、1806-1857)

『裸婦』(パラグアイ、1976年)

『オレンジを持つ女』

『白馬に乗る騎士』

トレス(スペイン、1874-1930) 『裸婦』(パラグアイ、1976年)

フリオ・ロメロ・デ・トレス(J. de Torres,1874-1930) はスペインの画家でフラメンコで有名な画家。技術的にいえば典型的な古典的な油彩画法だが、描かれている対象が時代を超えて観る人を惹きつける。

トレス(スペイン、1874-1930)『オレンジを持つ女』

フリオ・ロメロ・デ・トレス(J. de Torres,1874-1930)

『白馬に乗る騎士』 プラド美術館 アントニオ・マリア・エスキべル(Antonio Maria Esquivel)、(1806-1857)  スペインの画家

アントニオ・マリア・エスキべル(Antonio Maria Esquivel)、(1806-1857) はスペインの画家です。プラド美術館に絵画が展示されています。

ジョン・ラッセル(john russell 1745-1806)

作者未詳)

『サクランボを持つ子供』

『ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)』

ジョン・ラッセルjohn russell 1745-1806

ジョン・ラッセル(john russell 1745-1806) はイギリスの画家で、パステル調の肖像画を得意とした。
John Russell (March 29, 1745 - April 20, 1806) was an English painter renowned for his portrait work in oils and pastels, and as a writer and teacher of painting techniques.

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)
△TOP

アカデミック絵画の画家

アカデミック美術(アカデミック美術、 英語:Academic art )とは、フランスの芸術アカデミーの規範に影響された絵画・画家たちを指す。芸術アカデミーでは新古典主義ならびにロマン主義運動の下で実践され、その2つを統合しようという試みがなされた。ヨーロッパのアカデミーまたは大学の影響を受けて作られた絵画・彫刻の様式のこと。この文脈においては、それまでアカデミック絵画と敵対していた絵画が、学者によって受け入れられると、今度はそれがアカデミック絵画になる。 プッサン派・ルーベンス派論争以来、多くの画家たちがこの2つの様式の間で仕事をした。しかし、19世紀の論争の時は、2つの様式、つまり新古典主義とロマン主義を統合しようという試みがなされた。それを成し遂げた画家として評論家たちが名前を挙げた中には、テオドール・シャセリオー、アリ・シェフェール、フランチェスコ・アイエツ、アレクサンドル=ガブリエル・ドゥカン、トマ・クチュールらがいる。後期のアカデミック画家、ウィリアム・アドルフ・ブグローは、良い画家である秘訣は『色と線を同じものとして見ること』とコメントした。トマ・クチュールは美術技法について書いた本の中でそれと同じ考えを推奨し、こう主張した。

アカデミック美術の主要な作家 フランス
アルフレッド・アガッシュ(Alfred Agache)画家 |ルイ・エルネスト・バリアス(Louis-Ernest Barrias)彫刻家 |ポール・ボードリー、画家 |アルベール=エルネスト・カリエ=ベルーズ(Albert-Ernest Carrier-Belleuse)彫刻家 |ウィリアム・アドルフ・ブグロー、画家 |シャルル・エドワール・ブーティボネ(Charles Edward Boutibonne) |シャルル・ジョシュア・シャプラン(Charles Joshua Chaplin)画家 |ピエール・オーギュスト・コット、画家 |トマ・クチュール、画家 |アレクサンドル・カバネル、画家 |アレクサンドル=ガブリエル・ドゥカン、画家 |ポール・ドラローシュ、画家 |デルフィン・アンジョルラス(Delphin Enjolras)画家 |アレクサンドル・ファルギエール(Alexandre Falguiere)彫刻家 |ジャン=レオン・ジェローム、画家・彫刻家 |ジャン=ジャック・エンネル(Jean-Jacques Henner)画家 |ポール・ジャマン(Paul Jamin)画家 |ジャン=ポール・ローランス(Jean-Paul Laurens)画家・彫刻家 |アントナン・メルシエ(Antonin Mercie)彫刻家 |エミール・ムニエル(Emile Munier)画家 |ギヨーム・セイニャク(Guillaume Seignac)画家

ウージェーヌ・アモーリ=デュヴァル(1808-1885)

アレクサンドル・カバネル(Alexandre Cabanel,1823-89) 

『ヴィーナスの誕生』
デュヴァル(リール美術館)

シート地にアレクサンドル・カバネル(Alexandre Cabanel,1823-89)『エコー』
(メトロポリタン美術館))。クリックで拡大します。 切手はサントメプリンシペ 2009年発行


カバネルが1863年に描いた『ヴィーナスの誕生』は、
19世紀のアカデミック絵画で最もよく知られている絵である。
この絵はナポレオン3世が購入した。

■ウージェーヌ・アモーリ=デュヴァル(1808-1885)、画家。
アングルの弟子。モンルージュ生まれ。

ウィリアム・アドルフ・ブグロー
(William Adolphe Bouguerea)

『ヴィーナスの誕生』
(オルセー美術館)

『ヴィーナスの誕生(全図)(1879)』(モナコ)(オルセー美術館)

■ウィリアム・アドルフ・ブグロー(William Adolphe Bouguereau, 1825年11月30日 - 1905年8月19日)は、フランスの画家。ラ・ロシェルに生まれる。19世紀フランスのアカデミズム絵画を代表する画家で、神話や天使、少女を題材とした絵画を多く残した。日本語では『ブーグロー』とも表記する。19世紀フランスのアカデミズム絵画を代表する画家、ブーグロー(1825-1905)の傑作『ヴィーナスの誕生』。 貝殻の上のヴィーナス、女神の誕生を祝福する海の神々、空を舞う天使たちが絶妙の構図で描かれている。画風はアングルなどの新古典主義の流れを汲む伝統的なもので、キリスト教、神話、文学などに題材をとった構想画のほか、肖像画を数多く残している。構図や技法はアカデミックなものだが、官能的な裸婦像、可憐な子どもの像、憂愁を帯びた若い女性の像などに独特の世界を築いている。甘美で耽美的な彼の画風は当時の人々の好みに合ったと見え、生前には彼の名声は非常に高かったが、20世紀以降、さまざまな絵画革新運動の勃興とともにブグローの名は次第に忘れられていった。

ウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画 『Elegy (1899)』、『エロスの誘惑に抗する娘』、『ニンフとサテュロス』、『ヴィーナスの誕生』

ウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画 『Elegy (1899)』、『エロスの誘惑に抗する娘』、『ニンフとサテュロス』、『ヴィーナスの誕生』 ウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画 『Elegy (1899)』、『エロスの誘惑に抗する娘』、『ニンフとサテュロス』、『ヴィーナスの誕生』

ウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画 『春の再来 (1886)』、『エロスの誘惑に抗する娘』、
『The Invasion (1893)』、『The Abduction of Psyche (1895)』

■ウィリアム・アドルフ・ブグローの代表作
地獄のダンテとウェルギリウス(1850年)』個人蔵
『小川のほとり(1875年)』個人蔵
『ヴィーナスの誕生(1879年)』オルセー美術館
『バッカスの幼年時代(1884年)』個人蔵

ウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画 『春の再来 (1886)』、『エロスの誘惑に抗する娘』、『The Invasion (1893)』、『The Abduction of Psyche (1895)』 ウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画 『春の再来 (1886)』、『エロスの誘惑に抗する娘』、『The Invasion (1893)』、『The Abduction of Psyche (1895)』

■ウィリアム・アドルフ・ブグローは、古代神話の主題から風俗画に至るまで美の極致と言えるほど、甘美で精緻な技術を駆使し、親近感を覚えてしまう現世的な美しい顔立ちで表現、長年古典鑑賞で見慣れている為、安心できる構図。芸術に触れて生活している者には、突然の出会いにハッと驚く作品群どれをとっても手抜きの無い精緻さ、制作姿勢の真摯さが感じとれる。 なのに、、少し恥ずかしくなる。 あまりの甘美さゆえに、通俗的なのではと、自戒の思いが恥ずかしさを刺激する。

ウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画 
、『Baigneuse (Bather 水浴する人)(1870)』

ウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画 シート地
『A Young Girl Defending Herself Against Eros (1880)』

ウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画 『水浴の後 (1894)』、『Baigneuse (Bather 水浴する人)(1870)』

クリックで拡大します。 『エロスの誘惑に抗する娘』 

ウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画 『A Young Girl Defending Herself Against Eros (1880)』


20世紀に入り、印象派、ポスト印象派、キュビスム(立体派)などのモダニスムの台頭とともに、これに対抗する旧勢力としてのアカデミックな絵画は等閑視されるようになり、やがて美術史から忘れ去られた存在となった。しかし、20世紀末頃からアカデミスム絵画を再評価し、美術史の上で正当に位置付けようとする動きが高まり、ブグローについても再評価がなされるようになった。

ウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画 
『La Nuit (1883)』、『After the Bath (1875)』

ウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画 『La Nuit』、『After the Bath (1875)』

ルイス・リカルド・ファレロ(Luis Ricardo Falero:1851-1896)

ルイス・リカルド・ファレロ(Luis Ricardo Falero,1851- December 7, 1896) was a Spanish painte(スペインの画家)r. He specialized in female nudes and mythological and fantasy settings.Falero had a particular interest in astronomy and incorporated celestial constellations into many of his works, such as "The Marriage of a Comet"(彗星の結婚) and "Twin Stars"(双子星、メトロポリタン美術館). His interest and knowledge of astronomy also led him to illustrate the works of Camille Flammarion. ファレロは天文学の知識が旺盛だった様です。魔女とか色々と女性の綺麗で魅力的な姿を描いています。いずれも美人です。

ルイス・リカルド・ファレロの絵画 『魅惑的な女、魔女(Enchantress)』、『干支のバランス(The Balance of the Zodiac)』、
『月の精(ムーンニンフ、Moon Nymph)』、『Vision of Faust』

<p>ルイス・リカルド・ファレロの絵画 『魅惑的な女(Enchantress)』、『The Balance of the Zodiac』、『Moon <p>ルイス・リカルド・ファレロの絵画 『魅惑的な女(Enchantress)』、『The Balance of the Zodiac』、『Moon

ジャン=ジャック・エンネル(Jean-Jacques Henner)

■ジャン=ジャック・エンネル Jean-Jacques Henner :19世紀末、印象派の画家たちがその才能を開花させた時代、革新的な画風を追い求めた彼らとは対照的に、ジャン=ジャック・エンネル(Jean- Jacques Henner 1829- 1905)は伝統を重んじるアカデミーの画家として活躍しました。サロンや芸術アカデミーを中心に着実にそのキャリアを重ねたエンネルは、当時のフランスの画壇におけるもっとも重要なアーティストのひとりに数えられています。ロマン派の画家。

エンネル
『Femme Femme Femme 』

エンネル 『La Fontaine』(泉)

エンネル 『The Magdalen』
(マグダラのマリア)

エンネル 『Nus feminins』

ギヨーム・セイニャク(Guillaume Seignac、1870-1924 )

ギヨーム・セイニャク画 『cupid』 天使

He was born in Rennes, France, on 1870, and died in 1924. Seignac ended up being a faithful aderherent to the acadamic tradition. He started training at the Academie Julian in Paris, where he spent 1889 through 1895. He had a lot of teachers there, including Gabriel Ferrier, and Tony Robert-Fluery. Tony Robert Fluery was a noted history and genre artist. Gabriel Farrel, on the other hand, had been an awarded Prix de Rome. He had another one(別名) named William Bouguereau(ウィリアム・アドルフ・ブグロー).

ギヨーム・セイニャク画 
『Psyche』、『Nymphe(ニンフ)』

ギヨーム・セイニャク画 
『La Libellule』、『la Nymphe De Foret(森のニンフ)』

 

初代レイトン男爵フレデリック・レイトン (Frederic Leighton, 1st Baron Leighton )

レイトン 『漁夫とセイレーン』

初代レイトン男爵フレデリック・レイトン (Frederic Leighton, 1st Baron Leighton, PRA, 1830年12月3日 - 1896年1月25日)は、イギリスの画家・彫刻家。彼の作品は歴史、聖書、古典的題材がほとんどである。レイトンはノース・ヨークシャーのスカボローで、輸出入専門業を営む一家に生まれた。彼はロンドンのユニヴァーシティー・カレッジ・スクールで教育を受けた。エドヴァルト・フォン・シュタインルとジョヴァンニ・コスタに教わる。24歳の時にフィレンツェへ行き、ヨーロッパ初の絵画を教える機関であったアッカデミア・ディ・ベッレ・アルティ(現在のアカデミア美術館)で学んだ。彼はボルゴ・アッレグリを通し、チマブーエの聖母の行列を描いた。1855年から1859年はパリで暮らし、そこでドミニク・アングル、ウジェーヌ・ドラクロワ、コロー、ジャン=フランソワ・ミレーと出会った。1864年、彼はロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの会員となり、1878年から1896年まで会長職にあった。彼の絵画は1900年のパリ万博でイギリス展示の象徴とされた。

『漁夫とセイレーン』

フレデリック・レイトン画 『Psamathe』他

『Actaea the Nymph of the Shore』、『漁夫とセイレーン』

ハンス・ザッカ(Hans ZATSKA dit P. RONSARD(1859-1945), Austrian)

可愛い天使の絵が多い

ザッカ画『サロメ』

ザッカ画『Goddess Of Spring』

ザッカ画『Paradise(パラダイス)』

ザッカ画『』

参考ページ) http://nhomthangmuoimot.blogspot.com/2010/08/hans-zatska-austrian-1859-1949.html

アンリ=ピエール ピクー (Henri Pierre Picou)

Henri-Pierre Picou (27 February 1824 - 17 July 1895) was a French painter born in Nantes. His oeuvre began with portraits and classical historical subject matter but he later moved on to allegorical and mythological themes(神秘額的なテーマ).
He was an academic painter(アカデミック美術) and one of the founders of the Neo-Grec school, along with his close friends Gustave Boulanger, Jean-Leon Gerome, and Jean-Louis Hamon, also academic painters. All of them studied in the workshops of both Paul Delaroche and later Charles Gleyre. Picou's style was noticeably influenced by Gleyre. While the rest of the group generally painted classical and mythological subjects, Picou also received commissions for large religious frescoes from many churches, including the Eglise Saint-Roch.

アンリ=ピエール ピクー (Henri Pierre Picou) 『The Birth of Venus』、『』、『Angel of Love』、『』

The Birth of Venusアンリ=ピエール ピクー (Henri Pierre Picou) 『The Birth of Venus』、『』、『Angel of Love』、『』

ジャン=レオン・ジェローム(Jean-Leon Gerome)

『闘鶏 ( Cockfight )』 1846年、Musee d'Orsay, Paris

ジャン=レオン・ジェローム(Jean-Leon Gerome)|『闘鶏 ( Cockfight )』 1846年、オルセー美術館 Musee d'Orsay, Paris
Jean-Leon Gerome (11 May 1824 - 10 January 1904) was a French painter and sculptor in the style now known as Academicism . He tried to improve his skills by painting The Cockfight (1846), an academic exercise depicting a nude young man and a lightly draped girl with two fighting cocks and in the background the Bay of Naples .
ジャン=レオン・ジェロームは、歴史や東方(オリエント地域)の描写を得意とした。技術向上をめざして描かれたのが、アカデミスム美術の規範に沿った習作『闘鶏』(1846年)である。裸身の若者と薄物をまとっただけの娘が闘鶏を眺めており、背景にはナポリ湾が見える。この作品は1847年のサロンに出品され、銅賞を獲得した。『闘鶏』はグレール画塾から興った新ギリシア運動(主な画家にアンリ=ピエール・ピクー[1824 - 1895]、ジャン=ルイ・アモンなど)の代表作と見なされており、強い影響力を持っていたフランスの詩人・批評家テオフィル・ゴーティエに支持された。

『闘鶏 ( Cockfight )』 1846年、オルセー美術館 Musee d'Orsay, Paris

その他美術関係の切手・写真(切手が主体)

■巨匠の絵画切手 [ ボッティチェッリダ・ヴィンチラファエロミケランジェロデューラーティツィアーノ(チチアン)ルーベンスベラスケスアングルエル・グレコレンブラントカラヴァッジオフェルメールダイクドラクロワゴヤ|ゴッホ(no.1|no.2)|ルノワールマネとモネセザンヌゴーギャンマチスピカソダリ葛飾北斎安藤広重クリムトシャガールモディリアーニミュシャ ]

掲載のロマン派・新古典主義・写実派・アカデミック美術の主要な画家一覧:
ウジェーヌ・ドラクロワ(Delacroix)、ゴヤ(Francisco de Goya)、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(Joseph Mallord William Turner)、ヴァルトミュラー(Ferdinand Georg Waldmuller)、Jozsef Borsos、ミクロス・バラバス(Miklos Barabas)、カール・シュピッツヴェーク(Carl Spitzweg)、オノレ・ドーミエ(Daumier)、ジャン=フランソワ・ミレー(Jean-F Millet)、ジーン・エティエン・リオタール(Liotard)、ギュスターヴ・クールベ (Gustave Courbet)、イグナシオ・スロアガ、テオドール・ジェリコー(Jean Louis Andre Theodore Gericault)、テオドール・シャセリオー(Theodore Chasseriau)、ウィリアム・アドルフ・ブグロー(William Adolphe Bouguereau)、ルイス・リカルド・ファレロ(Luis Ricardo Falero)、ジャン=ジャック・エンネル(Jean-Jacques Henner)、ギヨーム・セイニャク(Guillaume Seignac)、ジョン・コンスタブル(John Constable)


西洋美術切手 ロマン派、新古典主義の絵画とアカデミック絵画

カウンター