Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集 写真集|アメリカ自然史博物館(The American Museum of Natural History, AMNH)の写真集をご紹介。 ニューヨーク市マンハッタン区内アッパー・ウエストサイド (Upper West Side) にある科学博物館。動植物、鉱物など自然科学・博物学に関わる多数の標本・資料を所蔵・公開している。

ホーム>海外写真集>アメリカ自然史博物館の写真集


アメリカ自然史博物館(The American Museum of Natural History, AMNH)の写真集

 アメリカ自然史博物館(The American Museum of Natural History, AMNH)の写真集。
 アメリカ自然史博物館は、ニューヨーク市マンハッタン区内アッパー・ウエストサイド (Upper West Side) にある科学博物館。動植物、鉱物など自然科学・博物学に関わる多数の標本・資料を所蔵・公開している。1869年の創立以来約140年もの歴史があるこの博物館。
 ここは、とても数時間で内容を見れる場所ではありません。1週間位通わないと、とても内容が深く正直全貌は把握できません。

 The collections contain over 32 million specimens, of which only a small fraction can be displayed at any given time. The Museum has a scientific staff of more than 200, sponsors over 100 special field expeditions each year, and averages about five million visits annually. Located on the Upper West Side of Manhattan in New York City.    


アメリカ自然史博物館(The American Museum of Natural History, AMNH)の写真集

ご注意)画像の無断転用はお断りします。
 無断転載禁止 無断転載禁止
ページ内検索は Ctrl + F で出来ます

索引 [ 恐竜などの古生物の化石アフリカ・アジア・北アメリカにおける哺乳類人類学上の収集(アジア、太平洋、アフリカ、中南米・・)宇宙科学や地球科学に関する事アメリカ自然史博物館への道のり,内部の様子ブログ・FB ]

博物館の入口には、門番のようにアメリカ合衆国第26代大統領セオドア(テディ)・ルーズベルト剥製として展示されている。理由は、この博物館が、大統領を記念して建てられたからなのだ(映画でも、博物館員レベッカが説明している)。

恐竜などの古生物の化石

Fossil Halls

アメリカ自然史博物館(The American Museum of Natural History, AMNH)の正門は、巨大なローマ風バシリカに通じているが、そこにあるアロサウルスから我が子を守ろうとして後ろ足で立つバロサウルスの骨格標本は展示全体の中で際だっている。

One of the premier attractions in New York City is the Museum's series of fossil halls, including its two famed dinosaur halls in the David H. Koch Dinosaur Wing, as well as the Lila Acheson Wallace Wing of Mammals and Their Extinct Relatives.

Apatosaurus (アパトサウルス

Apatosaurus (アパトサウルス)
の赤ちゃんと案内の女性

Apatosaurus (アパトサウルス)

幼稚園のお友達も見学

Apatosaurus (アパトサウルス) Apatosaurus (アパトサウルス)

シーラカンス
(学名:Coelacanthiformes)

魚の骨が綺麗に残る化石

シーラカンス(学名:Coelacanthiformes)

■シーラカンス目は多くの化石種によって存在が知られており、古生代デボン紀に出現して広く世界の水域に栄えたが、約6500万年前(中生代白亜紀末)の絶滅イベント(K-T境界)を境にほとんど全ての種が絶滅した。

マストドンサウルス(学名:genus Mastodonsaurus)? 両生類の進化
古代生物(爬虫類?両生類?)の模型

小さな子供も興味津々

小さな子供も興味津々

両生類の進化 Buettneria perfecta ? Paracyclotosaurus ? マストドンサウルス ? のいずれか?
■Buettneria perfecta 分椎目(ぶんついもく、学名:Temnospondyli)は石炭紀、ペルム紀、三畳紀に非常に繁栄し、一部は白亜紀(1億4550万年前から6550万年前)前期まで生き延びた絶滅両生類のグループである。迷歯亜綱中で最大の目であり、水生、半水生、陸生、海生と多様な環境に進出し、全ての大陸から化石が発見されている。
■Paracyclotosaurus (Near Wheeled Lizard) is an extinct genus of temnospondyl amphibian, which would have appeared similar to today's salamander - but much larger, at up to 2.3 metres (7.5 ft) long. It lived in the Middle Triassic period (三畳紀(さんじょうき、Triassic period)は、現在から約2億5100万年前に始まり、約1億9960万年前まで続く地質時代である) , about 235 million years ago, and fossils have been found in Australia, India, and South Africa.
■マストドンサウルス(学名:genus Mastodonsaurus)は、約2億4500万- 約1億9960万年前のパンゲア大陸の淡水域に広く分布していた、大型両生類の一種(1属)。

大ガメの化石

魚の骨が綺麗に残る化石

大ガメの化石

恐竜のお勉強

neopterygians semionotids

シーラカンスの化石
(学名:Coelacanthiformes)

neopterygians semionotids

■ Coelacanths (シーラカンス) were thought to have disappeared from the fossil record about 70 million years ago, but in 1938 a fisherman caught a living coelacanth off the coast of South Africa. About 200 more specimens have been found in the western Indian Ocean since then.
シーラカンスとハイギョは「肉鰭類」という分類に属しますが、両生類の祖先も肉鰭類に属する動物であると考えられています。エウステノプテロンという肉鰭類の化石は、両生類の祖先に近いと考えられるそうです。

恐竜のお勉強

ワイオミングの
グリーンリバー産の小魚化石

ワイオミングのグリーンリバー産の小魚化石

翼竜 (Pterosaur, Winged lizard, pterodactyl) プテラノドン(学名:Pteranodon)
斧のような形状のトサカを有するプテラノドン・ステルンベルギの全身骨格化石標本。

Nodosaur armor

翼竜 (Pterosaur, Winged lizard, pterodactyl) プテラノドン(学名:Pteranodon) 翼竜 (Pterosaur, Winged lizard, pterodactyl) 翼竜 (Pterosaur, Winged lizard, pterodactyl) プテラノドン(学名:Pteranodon) Nodosaur armor

■翼竜 (Pterosaur, Winged lizard, pterodactyl) プテラノドン(学名:Pteranodon)は、中生代白亜紀後期の約8,930万- 約7,400万年前に生息していた翼竜の一種(1属)。多くの化石は北アメリカのカンザス州、アラバマ州、ネブラスカ州、ワイオミング州、サウスダコタ州で発見される。翼開長はロンギケプス種で約7 - 8m、ステルンベルギ種では約9mもの大きさになるが、揚力を稼き出すための翼は羽毛ではなく皮膚と同じ組織でできている、膜状の翼である皮翼で、骨格はいたって軽量な構造体となっている。 推定体重は15 - 20kg。
Pterosaurs are actually reptiles and were the first vertebrates to evolve flight capabilities. Pterosaurs varied greatly in size, ranging from sparrow-sized to having a wingspan of 40 feet.

Nodosaur armor 説明拡大

園児も恐竜見物を一休み

Allosaurus (アロサウルス)

The Glen Rose Trackway の Apatosaurus (アパトサウルス)

Allosaurus (アロサウルス) The Glen Rose Trackway の Apatosaurus (アパトサウルス) The Glen Rose Trackway の Apatosaurus (アパトサウルス)

■ Allosaurus (アロサウルス) : Allosaurus is shown feeding on a carcass with bones marked by grooves, possibly from the teeth or claws of the 140-million-year-old predator. Allosaurus teeth found nearby inspired the idea for the mount.
アロサウルス(Allosaurus、“異なるトカゲ”の意、かつての和名は異竜)とは、1億5500万年〜1億4500万年前の中生代ジュラ紀後期に生息していた大型肉食獣脚類に属する恐竜。
■The Glen Rose Trackway : The Glen Rose Trackway is a 107-million-year-old series of fossilized dinosaur footprints. Excavated from the bed of the Paluxy River in Texas, the trackway gives a picture of dinosaurs that in some ways is more striking than that offered by fossils.
Collected in 1938, the smaller prints are from a theropod, a dinosaur that walked on two hind feet. The larger ones were probably left by a plant-eating sauropod, such as Apatosaurus, the hind feet of which measured 3 feet in length.

Deinonychus (デイノニクス)

Deinonychus (デイノニクス) 肉食恐竜

Stegosaurus (ステゴサウルス)

Deinonychus (デイノニクス) Deinonychus (デイノニクス) Stegosaurus (ステゴサウルス)

■ Deinonychus (デイノニクス) : At 7 feet long, Deinonychus belonged to a group of dinosaurs called maniraptors, or "hand-robbers." Its hands and feet were equipped with sharp claws for catching and grasping prey. The dinosaur's hollow bones and long legs indicate swift and agile movement.
デイノニクス(Deinonychus,“怖ろしい鉤爪”の意)は、中生代白亜紀前期(約1億4,400万年前〜約9,900万年前)に生息した竜盤目 - 獣脚亜目 - ドロマエオサウルス科の代表的な肉食恐竜。

■Stegosaurus (ステゴサウルス) : At one time, some scientists thought Stegosaurus had a second brain since the one in its head seemed so small. Stegosaurus did, however, manage with one small brain.
Stegosaurus (ステゴサウルス)は、ジュラ紀後期から白亜紀前期にかけて、現在の北米(Stegosaurus armatus、S. mjosi)と中国(S. homeheni)に生息していた、体長7mほどの植物食恐竜。恐竜の中でも最も有名な属の1つ。

Warren Mastodon

Duck-Billed Dinosaur

Warren Mastodon Duck-Billed Dinosaur

■ Warren Mastodon : When found in a bog in Newburgh, New York, the Warren mastodon was still in the position in which it had died some 11,000 years ago: standing upright with its legs thrust forward and its head tilted upward, apparently gasping for air.
■ Duck-Billed Dinosaur (アヒルの口をした恐竜) : Anatotitan was a duck-billed dinosaur, one of the most widespread dinosaur groups. About 70 million years ago, duck-billed dinosaurs lived in the Americas, Europe, and Asia. Their habitats varied from forests in river valleys to swamps in coastal floodplains. Hadrosaurids
ハドロサウルス科 (Hadrosauridae) は中生代白亜紀の北半球に繁栄した恐竜の分類群。鳥盤目 - 鳥脚亜目に属し、分類学においては科の階級が与えられている。カモノハシ恐竜、カモハシ竜としても知られ、アヒルのように長く平たい口吻部が特徴的な草食恐竜が属する。

Tyrannosaurus rex
(ティラノサウルス)

Tyrannosaurus rex (ティラノサウルス)


「ティランノサウルス」「チラノサウルス」「タイラノサウルス」など数多く呼称

■エドモントニア (Edmontonia) は、中生代白亜紀後期のアメリカ大陸に生息していた曲竜類の植物食恐竜の属である。属名は「エドモントン産の」を意味する。 体長約6m。比較的狭い鼻面の頭部、短い首と太い樽状の胴体、太く短い四肢と幅広い肢端をもつ、鈍重な四足歩行の草食恐竜。背面及び尾には骨版とスパイクからなる装甲を持つ。肩には二対の大きなスパイクがあり、これで捕食者から身を守り、あるいは同種での儀礼的闘争を行ったと推定される。

鳥盤類(ちょうばんるい、Ornithischia、オルニスキア)の恐竜

エドモントニア
(Edmontonia rugosidens)

鳥盤類の恐竜  鳥盤類の恐竜

■鳥盤類(ちょうばんるい、Ornithischia、オルニスキア)は、恥骨が後ろを向く骨盤を持つ恐竜の仲間。剣竜、曲竜、角竜、さらにカモノハシ竜をはじめとする鳥脚類等が含まれる。

エドモントニア (Edmontonia rugosidens)

エドモントニア
(Edmontonia rugosidens)

エドモントニア (Edmontonia rugosidens)

Irish Elk

Triceratops  (トリケラトプス)

Triceratops  (トリケラトプス)

Irish Elk Triceratops (トリケラトプス) Triceratops  (トリケラトプス)

■ Irish Elk : Weighing around 1,500 pounds and rivaling a large moose in size, the Irish elk is one of the largest known deer. Originally discovered in bog deposits in Ireland, the Irish elk, or Megaloceros giganteus, lived on the European mainland as well. ヘラジカ
■ Triceratops (トリケラトプス) : This 65-million-year-old Triceratops has a large frill on the back of its skull, two large horns over its eyes, and a smaller horn on its nose. On the side of the skull on display is a partially healed injury, perhaps caused by a conflict with another Triceratops.
トリケラトプス(Triceratops)は、中生代白亜紀後期マーストリヒト階の北米大陸に生息した植物食恐竜の一属。白亜紀最後の恐竜の一つで、中生代の終わりとともに姿を消した。体長約9m、体重約5t〜8.5t。四足歩行。北米に生息した、最大にして最後の角竜。

象の祖先マストドンの骨格

AMNHの実際に触れる化石

象の祖先マストドンの説明

象の祖先マストドンの骨格 AMNHの実際に触れる化石

■象の祖先マストドンの骨格 
マストドン(英語:Mastodon、Mammut)は、ゾウ目マムート科マムート属に属する、大型の哺乳類の総称。
ゾウやマンモスに似ている。約4000万年前から11000年前まで生存していた。
中新世から更新世にかけて、ヨーロッパ大陸やアジア大陸、アフリカ大陸、北アメリカ、南アメリカなどに生息していた。体高は2〜3メートルで、短い褐色の毛を持っていたとも言われる。1万1000年前までアメリカに生息していたアメリカマストドン(M. americanum)をはじめ、数種類の化石が発見されている。

象の祖先マストドンの骨格

象の祖先マストドンの骨格

象の祖先マストドンの骨格

マンモスの骨格 マンモスの骨格 マンモスの骨格

Tyrannosaurus rex (ティラノサウルス) ・・ジュラシックパークで特に有名になった恐竜

Dinosaur Mummy

Tyrannosaurus rex (ティラノサウルス)の子供 Tyrannosaurus rex (ティラノサウルス) Tyrannosaurus rex (ティラノサウルス) Dinosaur Mummy

■Tyrannosaurus rex (ティラノサウルス) : The 4-foot-long jaw, the 6-inch-long teeth, the massive thigh bones-almost everything about Tyrannosaurus rex indicates the enormous power of one of the largest theropod dinosaurs that ever existed.

ティラノサウルス(学名:genus Tyrannosaurus)は、約6,850万-約6,550万年前の北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜。 大型獣脚類の1属。 他に「ティランノサウルス」「チラノサウルス」「タイラノサウルス」など数多く呼称がある。現在知られている限りで史上最大級の肉食恐竜の一つに数えられ、恐竜時代の最末期を生物種として約300万年生きたが、白亜紀末の大量絶滅によって最期を迎えている。推定される成体の体長は約11〜13m、頭骨長は約1.5mで、その体重は概ね5〜6tと推測されている。

■Dinosaur Mummy (恐竜のミイラ): The Museum’s dinosaur mummy is a fossilized imprint of the carcass of a duck-billed dinosaur. One of the most complete pieces of Mesozoic dinosaur remains ever found, this fossil represents one of the greatest discoveries in the history of paleontology.

Apatosaurus (アパトサウルス、別名:ブロントサウルス (Brontosaurus) )

Coelophysis (コエロフィシス)
初期の肉食恐竜

Apatosaurus (アパトサウルス、別名:ブロントサウルス (Brontosaurus) ) Coelophysis (コエロフィシス)

■ Coelophysis (コエロフィシス) : Museum explorers uncovered these Coelophysis specimens in a "death assemblage," in which a group of the same animal is found preserved. It is thought that these sites are the results of flooding, when carcasses were washed into a muddy pond and covered with silt.   コエロフィシス(Coelophysis )は、三畳紀後期(2億1000万年前)、北米に生息した初期の肉食恐竜。小型の動物を捕食していたと考えられている。また、共食いの習性があったのではないかと考えられている。アメリカ合衆国ニューメキシコ州リオ・アリバ郡のゴーストランチ(Ghost Ranch)からは多くの化石が出土している。
■ Apatosaurus (アパトサウルス、別名:ブロントサウルス (Brontosaurus) ) : The Museum's Apatosaurus, collected in the late 1890s, was the first sauropod dinosaur ever mounted. Museum preparators labored over the specimen for years before it went on view in 1905. It has been a focal point of the collection ever since.
アパトサウルス(学名:genus Apatosaurus)は、約1億5000万年前(の北アメリカ大陸に棲息していた、竜盤目- 竜脚形亜目- 竜脚下目- ディプロドクス科の大型草食性恐竜の一種(1属)。全長は約21- 26m、体重は推定方法によって幅があるが、約24- 32 tという見積もりがある。

△TOP

アフリカ・アジア・北アメリカにおける哺乳類

Mammal Halls

博物館の哺乳類ホール(Mammal Halls)のジオラマは、地理的な場所と慎重の正確な描写では、解剖学的に標本の取付け修正を行った世界で最も有名な場所の一つです。

With precise depictions of geographical locations and careful, anatomically correct mounting of the specimens, the dioramas in the Museum's Mammal Halls are among the most renowned in the world.

ヘラジカ( ムース、箆鹿、Alces alces)

ロッキーマウンテン・ビッグホーンシープ

ヘラジカ( ムース、箆鹿、Alces alces) ヘラジカ( ムース、箆鹿、Alces alces) アラスカ ロッキーマウンテン・ビッグホーンシープ ロッキーマウンテン・ビッグホーンシープ

■ヘラジカ( ムース、箆鹿、Alces alces)は、ヨーロッパではエルク(elk)と呼ばれ、北アメリカではムース(moose)と呼ばれる。体長240-310cm。肩高140-230cm。体重200-825kg。シカ科最大種であり、北方に生息する偶蹄類でも最大級の動物である。
■ビッグホーン(Ovis canadensis)は、動物界脊索動物門哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科ヒツジ属に分類される偶蹄類。別名オオツノヒツジ。

プレーリードッグ (Prairie dog)

ウサギ科(Leporidae) ロングアイランドではそこかしこで見れました

ミンク(Mink)

プレーリードッグ (Prairie dog) ウサギ科(Leporidae) ウサギ科(Leporidae) ミンク(Mink)

■プレーリードッグ (Prairie dog) は、ネズミ目(齧歯類)リス科プレーリードッグ属の動物の総称。すべて北米原産で、北米の草原地帯(プレーリー)に穴を掘って巣穴をつくり、群れで生活する。体長30-40cmほどで、毛色はおおむね淡い茶色。草食で、ムラサキウマゴヤシ(アルファルファ)、イネ科の植物を好む。

スカンク(Mephitidae)

アルマジロ(Armadillo)

ウッドチャック:マーモット(marmot、学名:Marmota)

スカンク(Mephitidae) アルマジロ(Armadillo)

■ウッドチャック:マーモット(marmot、学名:Marmota)は、ネズミ目リス科マーモット属の動物。マーモットは主に草食である。草、果実、コケ、木の根、花などを食する。

カナダオオヤマネコ(Lynx canadensis、英:Canadian Lynx)

ジャガー(別名:アメリカトラ、アメリカヒョウ|
学名:Panthera onca  英名:Jaguar)

ピューマ(学名:Puma concolor、英語名:Cougar)

カナダオオヤマネコ(Lynx canadensis、英名:Canadian Lynx) ジャガー(別名:アメリカトラ、アメリカヒョウ|学名:Panthera onca  英名:Jaguar) ピューマ(学名:Puma concolor、英語名:Cougar)

■ジャガー(別名:アメリカトラ、アメリカヒョウ|学名:Panthera onca  英名:Jaguar)は、木登りが得意で、ネコの仲間としては珍しく泳ぎも上手です。バク、カピバラ、魚、ときにはワニまで捕食するというジャングルでは最強の存在です。
■ハイイログマ(灰色熊・学名Ursus arctos horribilis)は、北アメリカに生息するクマ科の大型動物で、ヒグマの一亜種。最大級の個体は体重が450kg以上に達する。日本でもグリズリー(Grizzly)という英名がよく知られている。

ハイイログマ(灰色熊・学名Ursus arctos horribilis)

ヒグマ(ブラウン・ベア、羆、樋熊、学名:Ursus arctos)

狼(オオカミ、Wolf)

ジャガー(Jaguar)

ハイイログマ(灰色熊・学名Ursus arctos horribilis) ヒグマ(羆、樋熊、学名:Ursus arctos)

■ヒグマは、ネコ目(食肉目)クマ科に属する哺乳類で、ホッキョクグマと並びクマ科では最大の体長を誇る。ヨーロッパからアジアにかけてのユーラシア大陸と北アメリカ大陸に幅広く生息している。北アメリカ北西部に生息するハイイログマ(グリズリー、U. a. horribilis)、アラスカに生息するコディアックヒグマ(Kodiac Bear U. a. middendorfii)、北海道に生息するエゾヒグマ(U. a. yesoensis)など、いくつかの亜種が存在。オスの成獣で体長2.5-3.0mで体重250-500kg。メスは一回り小さく体長180-250cmで体重100-300kgほど。がっしりとした頑丈な体格を誇り、頭骨が大きく肩も瘤のように盛り上がっている。

アメリカバイソン(Bison bison) 別名アメリカバッファロー、アメリカヤギュウ。

アメリカバイソン(Bison bison) 別名アメリカヤギュウ。
△TOP

人類学上の収集(アジア、太平洋、アフリカ、中南米・・)

Human Origins and Cultural Halls

アメリカ自然史博物館(The American Museum of Natural History, AMNH)は、人類学上の収集でも傑出しており、以下のものがある。
アジアの人々のホール、太平洋の人々のホール、アフリカにおけるヒトのホール、アメリカ・先住民由来の収集物、そしてメキシコ及び中央アメリカからの収集物。 今回は主に先住民(ファースト・ネーション)の生活や持ち物、彫刻類などを。

The Hall of Human Origins explores the evolutionary story of the human family, while the Cultural Halls examine the cultures of Asia, Africa, North and South America, and the Pacific.

Tlingit MASK(仮面)

Tlingit Armor(鎧)

Tlingit Armor(鎧)

Tsimshian Mask

Tlingit Armor Tsimshian Mask

■The Tlingit Indians (トリンギット・先住民) are a prominent Native American group who still live in southeast Alaska. The armor of the 19th-century Tlingit is notable for its expert construction and expressive artistry.
The Tlingit body armor demonstrates a late-19th-century convergence of three cultures: the beautifully crafted armor is covered in Chinese coins the Tlingit received in trade from Boston sea merchants in exchange for sea otter pelts.

■Tsimshian もブリティッシュコロンビア州の川沿いや入り江に住んでいたペヌティ族の一員。

先住民が使う日用品類

ヌートカ族(Nootka)の仮面

グレートカヌー

先住民が使う日用品類 先住民が使う日用品類 ヌートカ族(Nootka, ヌーチャヌルス) 仮面 グレートカヌー

■ヌートカ族(Nootka, ヌーチャヌルス)はカナダ西岸(特にバンクーバー周辺)に住んでいる先住民(ファースト・ネーション)の人々の名前。ヌートカの名称はジェームズ・クックが西洋人としてはじめてこの民族に遭遇したときに、ヌートカ族が回っている(ヌートカ)とクックらに対して話したことに由来する。現在では山添に住む民という意味のヌーチャヌルス(Nuu-chah-nulth)と呼ばれることも多い(彼ら自身はこちらの呼び名を好んでいる)。

Kwakiutl(クワキウトル族) トーテムポールと儀式用の仮面

■トーテムポール(totem pole)は、北アメリカ大陸の太平洋に面した北西沿岸部に住む先住民の多くが、彼らの家の中、家の前、あるいは墓地などに立ててきた、柱状の木の彫刻で、人々の出自、家系に関わる紋章や、彼らが伝えてきて、かつ「所有する」伝説、物語の登場者などを彫刻したもの。北西沿岸インディアン(Northwest Coast Indians)とかつて呼ばれた先住民の居住領域は、北はアメリカ合衆国アラスカ州の太平洋岸から、南はカリフォルニア州の最北端にまで達する、太平洋岸である。

Kwakiutl(クワキウトル族)

Kwakiutl(クワキウトル族)

Kwakiutl(クワキウトル族)

■Kwakiutl(クワキウトル族)は北アメリカ大陸北西海岸地域(カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー島東岸北部から、その対岸の大陸側沿岸地域)に居住するサモン語族系先住民の総称。

Haida (ハイダ族)の仮面

Haida (ハイダ族)

■The Haida (ハイダ族) people are an indigenous people of British Columbia, Canada and British North America.
ハイダ族(Haida)は主にカナダ・ブリティッシュコロンビア州に居住する先住民族(ファーストネーション)。

トーテムポール(totem pole)

トーテムポール(totem pole)

世界で集めた先住民達のパイプ

AMNH 人類学部門

△TOP

宇宙科学や地球科学に関する事

Earth and Planetary Sciences Halls

地球惑星科学ホール(Earth and Planetary Sciences Halls)は、太陽系の起源と地球のダイナミックなプロセスについての手がかりを提供する隕石、鉱物、珍しい宝石など、顕著標本を展示。

The Earth and Planetary Sciences halls showcase remarkable specimens, including meteorites, minerals, and rare gems, that offer clues about the origins of our solar system and the dynamic processes of our planet.

触れる隕石

隕石の表面

非常に大きな隕石

隕石で出来たクレーター

隕石で出来たクレーター

■白雲母(しろうんも、muscovite)は、ケイ酸塩鉱物(フィロケイ酸塩鉱物)の一種。比重は2.9。モース硬度は2.5。耐熱性のある絶縁材料として、真空管やアイロンの内部、そしてマイカコンデンサに用いられた。

星雲とは何かの説明

空から見た地球の模型

大きな白雲母

■地球宇宙ローズセンター (Rose Center for Earth and Space)というプラネタリウムでの、地球や星の誕生物語は非常に面白かった。

地層のサンプル

硫黄の結晶

三葉虫

硫黄の結晶 三葉虫

■三葉虫(さんようちゅう、Trilobite)は、カンブリア紀に現れて古生代の終期(ペルム紀)に絶滅した節足動物である。古生代を代表する無脊椎動物であり、化石としても多産し、示準化石としても重視される。

魚の化石

珪化木 木の化石

珪化木 木の化石

レア鉱物・ペグマタイト

魚の化石 木の化石 レア鉱物・ペグマタイ

■珪化木(けいかぼく)は、植物の化石の一形態。木化石とも呼ばれるように、古代に何らかの原因で土砂等に埋もれた樹木が、膨大な年月をかけ地層からかかる圧力により木の細胞組織の中にケイ素と酸素、水素との化合物。
■ペグマタイト(pegmatite)は、大きな結晶からなる火成岩の一種。

△TOP

アメリカ自然史博物館への道のり,内部の様子

アメリカ自然史博物館(The American Museum of Natural History, AMNH)の場所は、セントラルパーク・ウェスト沿いの4ブロック(77〜81丁目間)。
- American Museum of Natural History
- Central Park West at 79th Street New York, NY 10024-5192

NYC地下鉄駅構内と地下鉄車内(空いています)

地下鉄のアメリカ自然史博物館駅 化石も いかにもです

NYC地下鉄駅構内と地下鉄車内 NYC地下鉄駅構内と地下鉄車内 地下鉄のアメリカ自然史博物館駅 化石も 地下鉄のアメリカ自然史博物館駅 化石も

ミュージアムショップの大きな恐竜

アメリカ自然史博物館の館内の様子 子供連れが多い

ミュージアムショップの大きな恐竜

映画「『ナイト ミュージアム』(原題: Night at the Museum)」の舞台にもなった。
地下鉄BC(81st Street)
バスM7 M10 M11 M86 M79

△TOP

ブログとFacebook

ブログ

アメリカ自然史博物館|Apatosaurus (アパトサウルス)の化石

FACEBOOK

2012.08|AMNH, NYC アメリカ自然史博物館.

△TOP

説明の補足ではフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を利用させていただきました。

アメリカ合衆国旅行写真 
 [ Boston(ボストン)|ボストン(大学、美術、,街) 2009&2012年|ボストン(歴史、食事)ボストン美術館|+日本・アジアの美術
 |プリマスは「アメリカの故郷」(America's Hometown)|Chicago(シカゴ)
 |Newyork(ニューヨーク) |NYC(繁華街・市街地)NYC(エンパイアステートビル、博物館)NYC(ナイトクルーズ他)
 |メトロポリタン美術館(MET、写真)| +MET(西洋絵画2) +MET(日本・アジア・アフリカの美術) +MET(他美術工芸、楽器など)
 |ロングアイランドSuffolkの風景・住宅Suffolkの可愛い港町Mattituck(ワインとUFO)Suffolkのお店・食事
 |ログアイランドの自然,動物,遊び,大学メトロポリタン美術館
 |ネバダ・アリゾナ・ユタSaltlakeCity(ソルトレイク)ラスベガスグランド・キャニオンアンテロープ・キャニオン
 |セドナ(Sedona)サンフランシスコ・ロサンゼルス
 |ハワイ州- オアフの文化・歴史1- オアフの文化・歴史2- オアフ島の自然  ]

鉱物関連の頁索引 [ 実際の 原石・岩石(世界日本)|化石| 切手の 原石・岩石・宝石恐竜・古代生物化石 ]

アメリカ自然史博物館(The American Museum of Natural History, AMNH)の写真集
ニューヨーク市マンハッタン区内アッパー・ウエストサイド (Upper West Side) にある科学博物館。動植物、鉱物など自然科学・博物学に関わる多数の標本・資料を所蔵・公開している。

アクセスカウンター