Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集
オーナーが住んでいます三重県・名張市(隠(なばり)は名張の旧称)をご紹介 伊賀忍者、壬申の乱、芭蕉、観阿弥、江戸川乱歩・・

ホーム>サイト・オーナー紹介>名張・昨今


忍者 伊賀 名張 名張(隠、なばり)の昨今(三重県西部)のご紹介(トップページ)

 店長が住んでいます第二の故郷の三重県・名張市(隠(なばり)は名張の旧称)をご紹介します。
 上野盆地は三重県西部に位置する盆地。伊賀市、名張市が大部分を占めている。伊賀盆地ともいう。
 およそ400万年前は古琵琶湖の底だった。 古琵琶湖層群と呼ばれる三重県から滋賀県にかけて分布する地層における各累層の泥・砂・礫の構成比率の違いにより示されている。 400万年前は古琵琶湖の底だったため、古琵琶湖層という土壌を有する。湖底の泥が元となった粘土質であり、稲作が難しい土壌であったため、中世に住民が忍者と呼ばれる傭兵業に従事することになった。
 町の中には3本の川が流れ、街中で鮎釣ができます。また上流には観光名所の赤目四十八滝がありサンショウウオが生息し水の綺麗な風光明媚な所です。万葉の昔から宿駅として開け、壬申の乱に際して大海人皇子が東国へ逃れる際にも当地を経由した。墾田永年私財法の施行以降、東大寺の荘園として人口の増加が始まり集落として発達しはじめた。その事から今でも東大寺二月堂のお水取りで使われる薪を当地から納めています。 また伊賀地方はご他聞に漏れず、伊賀忍者の里で、忍者にまつわるものも多い所です。 実際は伊賀地域に広く忍者の生活・活動した跡が見られ、その中でも支配的地位にあった上級の忍者(上忍三家:服部・百地・藤林)は名張に拠点を置いていた。 伊賀忍者でなく名張忍者が正しいようです。 その後、忍者による陰謀が発端となり織田信長親子による伊賀忍者殲滅作戦、天正伊賀の乱が二度にわたって展開され、名張の地は事実上焦土と化した.。 昔は隠と書いてナバリと読んでいたようで、忍者の里に相応しいですね。 観阿弥創座之地です。 名張を伊賀地域に拡大すれば、徒然草の吉田兼好の終焉の地や平安時代の藤原千方の伝説、俳句の芭蕉の生誕地もあります。
 関西と東海の中間点であることから、関西系(オークワ・万代・イオン)、東海系(マックスバリュ東海、ユニー【アピタ】、ビバホーム)がそれぞれ出店。日清食品のどん兵衛きつねうどん・天ぷらそばの東日本仕様と西日本仕様が同じ市内で買える。同様に、関西限定品と東海限定品が同時に購入可能なことも多い。
※お断り 旧プラツリさんからページの情報及び画像を頂きました。画像のコメントに社名が入る事はご容赦ください。
PM2.5と花粉情報

三重県名張市に関するニュース (多数日々更新中)

  • 2020.11.20 国の文化審議会は11月20日、名張市本町の「旧喜多藤」など7件を含む全国104件を新たな登録有形文化財(建造物)にするように文部科学大臣に答申した。  国登録有形文化財は、消滅の危機にさらされている文化財建造物を後世に残していくための制度。 今回、対象になったのは旧喜多藤の別館、大広間棟、翠明荘、皐月寮、艶秀亭、便所棟、表門の計7件。 初瀬街道に面した本町通りに位置する喜多藤は、屋号「北出屋」として明治時代以前から旅館を経営していた。 後に「喜多藤」と改名し、1981年に廃業するまでは、名張川沿いに建つ料亭旅館として隆盛を誇ったという。  別館は切妻屋根の木造2階建てで、建築面積は、209平方メートル。大広間棟は入母屋屋根の木造2階建てで、44畳の大広間があり、結婚式の披露宴会場などに利用されていたという。  翠明荘、皐月寮、艶秀亭、便所棟は木造平屋建て。翠明荘と艶秀亭には客室が、皐月寮は4畳の茶室が設けられている。  調査を担当した市文化財調査会委員の岩見勝由さんは「名張の町で、これほど大きくて栄えた旅館は現存していない。保存状態も良く、当時の姿が残っている」と評価した。  「旧喜多藤」は、昭和56年に廃業した料亭旅館で、名張川沿いの歴史的景観を形成し、料亭旅館の繁栄を現在に伝えています。  このうち「大広間棟」は、昭和11年に建てられた2階建ての木造建築で、44畳ある大広間は結婚式の披露宴会場としても使われ、地域の人たちに親しまれてきたということです。

  • 2009.06.10 絶滅が心配されているギフチョウを守ろうと、市教委は八幡と夏秋地区の一部に生息する種を市文化財の天然記念物に指定した。市内の保護運動団体「伊賀ふるさとギフチョウネットワーク」の呼びかけなどに応えたもの。同地区でのギフチョウの採集を禁止し、採集した場合は5万円以下の罰金または科料を科す。ギフチョウは、日本固有のアゲハチョウの仲間で、環境省のレッドデータブックで絶滅危ぐ種II類に分類。伊賀地域は今回の指定地と伊賀市の予野・菖蒲池地区だけという。市内の天然記念物は県指定の1件を含めて6件目。 提供:月刊地球環境(日本工業新聞新社)



ご注意)画像の無断転用はお断りします。

■名張関連の索引 名張トップ 名張のイメージと概況 自然 文化 伝統 有名人 神社仏閣  雑学 { 比奈知・国津地区名張地区-新町、鍛冶町 他-名張藤堂家邸跡 他箕曲・百合が丘地区-この地区/古墳・遺跡赤目・錦生・黒田地区-赤目の神社・仏閣-赤目四十八滝 (1/2)-赤目四十八滝 (2/2)-この地区/古墳・遺跡蔵持・梅が丘地区-旧伊賀線(桔梗が丘〜西名張)-この地区/古墳・遺跡鴻之台・夏見地区美旗・桔梗が丘地区-美旗古墳群薦原地区(山添含む) }

■伊賀地方 地震の記憶【伊賀地方/地震の記憶
■伊賀市 写真集【伊賀市-歴史・文化−神社・仏閣 1−神社・仏閣 2−神社・仏閣 3−鳳凰寺廃寺,鳴塚古墳−新大仏寺,古琵琶湖−上野天神祭奥の細道

■歴史|天正伊賀の乱の索引 [ 天正の乱以前(平安時代に4鬼を使った藤原千方 他)|第一次天正伊賀の乱(百地三太夫,石川五右衛門 他)|第二次天正伊賀の乱(伊賀忍者・服部一族・・・)|その後(忍者の末裔? 観阿弥、芭蕉 他) ] 織田信長と伊賀忍者

※三重の索引 [ 三重県桑名市四日市鈴鹿市津市松阪市伊賀市名張市青山高原伊勢・志摩・鳥羽尾鷲市|特別編 (壬申の乱天正伊賀の乱) ]


 ■名張の名が歴史上で色々な漢字で表現されています。
 『古事記』では、安寧天皇(日本の第3代天皇)の条「伊賀須知之稲置、那婆理之稲置、三野之稲置之祖」。
  ナバリという地名の文献上の初見。 須知は、現在の名張市矢川付近、三野は、現在の名張市美旗付近。
  那婆理は、箕曲中村、瀬古口を中心とする地域。 古事記は日本最古の歴史書、8世紀初め編纂。
 『日本書紀』では、孝徳天皇の条「およそ機内は名墾横河より以来」 646年。 名墾横河は名張川。
  天武天皇の条「夜半に及びての郷に到り、隠の駅を焚き」 672年。
 『万葉集』では、「の山」。


近鉄名張駅西口のロータリにある桜の老木です。      名張駅東口にある江戸川乱歩の銅像です。   

名張 駅前の桜 老木 西口 名張駅東口にある江戸川乱歩の銅像


 怪奇小説で有名な作家・江戸川乱歩(三重県名賀郡名張町(現・名張市)に名賀郡役所書記の平井繁男・きくの長男として生まれる)が生まれた町でもあります。 以前は人口増加率で全国一位になった事もある大阪のベッドタウン(住民は昼間人口が極端に少ない典型的な町)で、 毒ブドウ酒事件とぶどう狩りでも全国的に有名な地域です。名張は花火大会が非常に多いところで、初夏から毎週のようにどこかで行われています。  所が驚いた事に昨年12月末の師走にも花火大会があったようで、写真にある方向で大きな花火が見えました。  一体全体どうなっているのだろうかと思います。2月は八日えびす、4月名張の駅前や運動公園は桜が満開です。  5月になればもうすぐぶどう狩りです。7月からは各所で花火大会・盆踊り大会。名張から2006年の芥川賞作家が出ました。 伊賀出身の松尾芭蕉の「奥の細道」の切手も収録しています。2006年春にFMなばり(83.5MHz)が開局し、 伊賀地区初のコミュニティFMが誕生しました。  尚作成に当たっては、名張市役所及び名張観光協会のHPを一部参考・引用させていただきました。

名張市の旧市街地







江戸川乱歩の二銭銅貨
のせんべいを販売。
名張 江戸川乱歩 二銭銅貨

どこにでもあるが懐かしい路地。(旧市街)

旧市街地の老舗の酒屋(右)
と軒先の杉の吊るし物


「虫籠窓」と「煙出し」

名張 大和屋 国登録有形文化財

名張 大和屋店舗 国登録有形文化財

名張の大和屋店舗が国登録有形文化財に(2009.06)

国の文化審議会が19日、文部科学相に答申した国登録有形文化財(建造物)に、県内からは亀山市白木町の市立白川小学校校舎南棟と同北棟、名張市本町の大和屋店舗が選ばれた。これで県内の登録有形文化財(建造物)は76件となる。
名張市本町の老舗和菓子店[大和屋店舗]は、旧市街地を通る初瀬街道沿いにある江戸時代末期の建物。2階部分を低くした木造2階建てで、上部は白漆喰で仕上げ、屋根の上に採光と煙出しのための小さな屋根を載せるなど、老舗らしいたたずまいをみせている。 栗羊羹が有名で祭事には行列のできるお店です。
住所:三重県名張市本町55 問い合わせ先:0595-63-2573

「虫籠窓」(むしこまど)は主に漆喰の塗屋造りと呼ばれる町家建築の二階部分に、縦に格子状に開口部を設けた固定窓のことを指します。多くは漆喰を塗り回され、窓といっても開け閉めできるものではなくささやかな明り取りや通風を目的としたものであろうと言われています。
「煙出し」は、商家の屋根には竈 (かまど)の煙を出すため越し屋根、煙突(煙だし小屋根)が設けられています。春日大社でも賄い所で見た事があります。よく考えられています。

名張市の旧町で江戸川乱歩の二銭銅貨のせんべいを販売してるお店(山本松寿堂 三重県名張市中町372-1)。

■『二銭銅貨』は江戸川乱歩による短編推理小説で,1922年に執筆され、1923年、雑誌『新青年』(大正12年4月号)に掲載された。この作品で乱歩は評判になり、作家として生計をたてていけるようになった。後の活躍の出発点ともいえる重要な作品。日本最初の本格探偵小説ともいわれています。少年探偵団シリーズの1つに、同名の『二銭銅貨』で若年層向けにリライトした作品がある。探偵役も無名時代の明智小五郎ということになっています。

日本:
 明治9年の2銭銅貨
 直径 31.81mm
 品位 銅980/錫10/.
     亜鉛10
 量目 14.26g

 角ウロコ
明治9年の2銭銅貨(表面) 明治9年の2銭銅貨(裏面)

名張市は怪奇小説で有名な作家・江戸川乱歩(三重県名賀郡名張町(現・名張市)に名賀郡役所書記の平井繁男・きくの長男として生まれる)が生まれた町でもあります。
『二銭銅貨』は江戸川乱歩による短編推理小説で,1922年に執筆され、1923年、雑誌『新青年』(大正12年4月号)に掲載された。この作品で乱歩は評判になり、作家として生計をたてていけるようになった。後の活躍の出発点ともいえる重要な作品。日本最初の本格探偵小説ともいわれています。少年探偵団シリーズの1つに、同名の『二銭銅貨』で若年層向けにリライトした作品がある。探偵役も無名時代の明智小五郎ということになっています。
世界の通貨の索引 [ コイン(coin):[世界日本]|紙幣:[世界日本] ] 世界の切手:コインと紙幣


名張市の猫達(旧町で)

名張市ホームページ 名張中学校

子供たちの間で有名な伊賀南部農協/カントリー・エレベーターです。
(名張市上小波田、観阿弥の創座の地や記念碑の近く)

名張 カントリー エレベータ 

カントリー・エレベーターは米の収穫時期に、農家の人々が稲刈りをした「もみ」を、カントリーエレベーターへ持ってきて、それを乾燥・調製しサイロに保管します。お米が必要な時に、もみ摺りをしてお米を出荷する施設のことを言います。

名張では雪もふります。

名張市の友好都市は、東京都・豊島区、中国・蘇州市で色々交流もあります。親善都市,は、イギリス・シェークスピアの故郷・ストラトフォード=アポン=エイヴォン、 南アフリカ・ドラッケンステイン、中国の蘇州市です。
以上です。 是非とも皆さんに、余り有名なものはありませんが、温泉旅館(赤目四十八滝周辺に多い、赤目温泉)や多少の旧跡(宇流富志弥神社 ほか)がある名張を訪れてほしいと思います。

また、伊賀地区(伊賀市、名張市)で平成12年3月に開館した「伊賀まちかど博物館」は、貴重なコレクションのほか、伊賀焼などの手仕事、この地域ならではの歴史や技術を見ることができます。

「はなびし庵」 店内の様子 古い書籍や印籠

書院造りの座敷

栗羊かん博物館 大和屋

栗羊かん博物館 大和屋

「はなびし庵」は、名張の古町に静かに佇んでいる大きな石の鳥居(通称一の鳥居)のすぐそば、すみた酒店の中にあります。「伊賀まちかど博物館」として、店の一角や築170年の座敷と庭を開放し、幕末の町家の雰囲気を味わっていただいています。

独特の手法で作りつづけて150年の和菓子の老舗。建物自体も江戸時代に建築され、170年を数えたもの。登録有形文化財に指定されています。

江戸後期に初代大西庄八が造り酒屋「ほてい屋」を譲り受け、屋号を以前材木商であった「木屋正」 と改め継承した。当時の風情を残した店舗兼主屋は登録有形文化財に指定されています。「而今(じこん)」

登録有形文化財 「喜多藤」入口 名張川沿いに建つ料亭旅館として隆盛を誇った

伊賀まちかど博物館 フォトミュージアム 写真の川地

伊賀まちかど博物館 フォトミュージアム 写真の川地

■伊賀まちかど博物館 フォトミュージアム 写真の川地:三重県下で現存する最古の写真館であり、全国でも数少ない写真館のひとつ。創業は明治10年。館長は5代目を継ぎ、コンピュータによる先端技術に取り組んでいます。明治期の名張の風景や人物、写真創成期のガラス写真、ヨーロッパから輸入されたカメラなどを見ることができます。

旧細川邸(やなせ宿)

鍛冶町 小林医院跡

岡村家住宅主屋

岩祭り 弁天岩 由緒書

岡村家住宅主屋 岩祭り 弁天岩

■旧細川邸は、江戸時代末期から明治初年に、薬商細川家(奈良県宇陀市大宇陀区)の支店として建てられました(大宇陀の細川家は、現在、歴史文化館「薬の宿」(宇陀市指定文化財)として公開されています)。登録有形文化財
■岡村家住宅主屋;旧初瀬街道に面して建つ平入町家。木造つし二階建。間口13m奥行13mと、比較的大きな町家。切妻造桟瓦葺で正面に瓦庇を付け、棟には小さな越屋根を設ける。右手を出入口とし、上屋は大壁で、窓四所を穿つ。近世名張の面影を伝える遺構。登録有形文化財
■岩祭り 弁天岩べんてんいわ由緒書;この処は、宇流冨志禰神社うるふしねじんじゃの初めての鎮座地であり、崇神天皇六十六年倭笠縫の里より御遷幸の途次御駐●になった処にして、俗称弁天岩と称した処であります。祭神"宇奈根命"は水、穀物の神であり、名の由来は元々の御神体である赤岩が置かれている場所が名張川のうねりの側にあることから、うねる→うなね(宇奈根)となったと言われている。また、このことから宇流冨志禰神社うるふしねじんじゃという名も"潤うふし水"という語源を元にできたと伝えられている。

PM2.5と花粉情報

環境省>微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報 現在の状況【速報値】(都道府県のサイト)も掲載されています。
■三重県の大気の状況( 一覧表示 : http://taiki-kanshi.eco.pref.mie.lg.jp/kankyo/jiho/taiki_jiho.html )
■「三重 花粉情報」本サイトの一部は三重県耳鼻咽喉科医会の支援で運営されています。


■パワースポットの写真と切手 [ 世界日本|日本(切手)|地元・名張 ]  
■日本三大霊山 [ 高野山比叡山恐山 ]・・日本最強のパワースポット


  

名張(隠、なばり)の昨今(三重県西部)のご紹介

カウンター