Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集
国内写真集|関西・奈良の世界遺産・春日大社 : 藤原氏の守護神である武甕槌命と経津主命、祖神である天児屋根命と比売神を祀る。
春日大社の万灯籠、奈良公園のニホンジカと春日山原始林は天然記念物、若草山の山焼き。

ホーム>海外写真集>日本国内>関西奈良・春日大社)


奈良・春日大社の良い所・お気に入りの場所の写真集

春日大社入口の狛犬

画像クリックで拡大します。

 関西・奈良・春日大社(かすがたいしゃ、Kasugataisha)の良い所やお気に入りの場所を旅行写真と切手でご案内します。 世界遺産の春日大社は、奈良県奈良市の奈良公園内にある神社である。旧称春日神社。式内社(名神大社)、二十二社の一社で、旧社格は官幣大社。全国にある春日神社の総本社である。藤原氏の守護神である武甕槌命と経津主命、祖神である天児屋根命と比売神を祀っています。春日大社の創立は、社伝では768年と伝えられますが、実際には奈良時代初めに遡ると考えられています。古くから神の降臨する山として神聖視されていた春日山・御蓋山の西麓に、藤原氏の氏神を祀ったもので、藤原氏や朝廷の崇敬を受けて繁栄しました。 春日山は841年に狩猟と伐採が禁止されて以来、大社の神山として守られてきました。明治になって国有地となり、奈良公園に編入された後、春日山原始林として1924年に天然記念物に、1955年には特別天然記念物になっています。 鹿が有名です。 奈良公園や切手も交えてご紹介します。 古都奈良の文化財(世界遺産登録年:1998年、World Heritage.) 最下段に春日大社のニュースも。 春日大社もパワースポット。 平城遷都1300年祭ホームページ


ご注意)画像の無断転用はお断りします。

■日本の写真・風景
 [ トップ北海道東北関東(首都圏)|中部北信越関西京都奈良大阪市)|四国山陽・山陰九州沖縄 ]

奈良・春日大社(古都奈良の文化財(世界遺産登録年:1998年))

■春日大社は、奈良県奈良市の奈良公園内にある神社で、旧称春日神社。式内社(名神大社)、二十二社の一社で、旧社格は官幣大社。全国にある春日神社の総本社である。 藤原氏の守護神である武甕槌命と経津主命、祖神である天児屋根命と比売神を祀る。四神をもって藤原氏の氏神とされ、春日神と総称される。神紋は下がり藤。武甕槌命が白鹿に乗ってやってきたとされることから、鹿が神使とされる。広大な境内には多数の摂末社がある。本殿の東側には比売神の御子神として天押雲根命を祀る摂社若宮神社があり、若宮神社、夫婦大国社を始めとする本殿東側の十二社は、「福の神十二社めぐり」として古来より崇敬を集めている。 

奈良・春日大社の中門
(重要文化財)

奈良・春日大社の入口の鳥居

春日大社の世界遺産の石碑

春日大社入口の狛犬

春日大社の入口 春日大社が世界遺産のモニュメント

春日大社の
世界遺産のモニュメント

春日大社入口の狛犬

奈良・春日大社の万灯籠

奈良・春日大社の万灯籠

奈良・春日大社の回廊の灯篭

奈良・春日大社の万灯籠

奈良・春日大社の万灯籠 奈良・春日大社の回廊の灯篭

奈良・春日大社の万灯籠

■世界遺産・奈良の春日大社の万灯籠は、約800年昔から行われて来た行事で境内にある3000基の境内にある灯籠は、昔から今日に至るまで、藤原氏をはじめ、広く一般国民から奉納されたものなんだそうです。それだけ、庶民信仰が厚かったといえるのでしょう。灯籠には、あらかじめ崇敬者の方々に願いを書いていただいた和紙が貼ってあり万灯籠の日に参列した方々に浄火を入れてもらいます。昔は油料の続く限り毎晩点燈され、特に雨乞祈願には万燈が行われた記録があるようです。 
■「なら燈花会」とは、1300年前に都として栄えた奈良。 広大な自然の中に古代日本のおもかげが今も残る。そんな奈良にふさわしい、どこか懐かしさを感じ、心を癒してくれるろうそくのやさしい灯り。『なら燈花会』はゆったりと時の流れる世界遺産の地、奈良に集う人々の祈りをろうそくの灯りで照らし出します。毎年、奈良公園を中心にお盆の時期に開催されています。

奈良公園の「なら燈花会」

奈良公園の「なら燈花会」

奈良公園の「なら燈花会」

東大寺前の「なら燈花会」

東大寺前の「なら燈花会」

奈良公園の「なら燈花会」 奈良公園の「なら燈花会」 奈良公園の「なら燈花会」 奈良公園の「なら燈花会」

若草山の山焼き

春日山の山焼き(1996年)

春日大社の本殿と藤棚

三笠山が若草山だといわれています。若草山の山焼き行事は、1月第2日曜日。奈良の若草山は標高342m、3つの山が重なっていることから、三笠山とも言われています。
その若草山の山焼きの行事は、 山に火を入れ山全体を燃やしてしまうという古都奈良の新年を飾る炎の祭礼です。

春日山の山焼き 奈良 世界遺産 切手 春日大社の本殿と藤棚 奈良 世界遺産
春日山の山焼き

若草山山焼きは、毎年1月15日に行われる古都奈良の代表的な行事の一つであります。当日は、山麓の野上神社で祭儀が行われた後、午後6時ごろ、山の四周から一斉に点火され、約30万m2のなだらかな山が炎につつまれます。
切手では、夜空を焦がして燃えさかる華麗な炎に、奈良公園の樹々と興福寺五重塔をシルエットにして、山焼きを象徴的に表現しています。

■江戸時代にそれまで春日社興福寺の領地であった花山・芳山(春日奥山)若草山は江戸幕府より没収され公儀の山となりました。若草山の山頂にある鶯塚(うぐいすづか)古墳は5世紀頃築造されました。全国的にも山の山頂に作られた古墳はめずらしいそうです。南向きの前方後円墳で全長103m、前方部幅50m、後方部径約61m、の2段築成で、墳丘前方部の各所と後円部西側に円筒埴輪列が確認されている。又後方部の頂上に亨保十八年(1733年)に建てた「鶯陵」の碑があります。 若草山は奈良市春日野町。
■春日山原生林(世界遺産)とは、春日大社の山として神聖視され、樹木伐採が長らく(千年以上に渡り)禁じられてきたため、森林が極相に達した原生林が広がっている地域である。 野生の鹿が多いことでも有名です。 50km近い距離があっても移動しているようです。 鹿せんべいを与える時は注意してください。 奈良の東大寺や春日野のシカ達は、噛んだり蹴ったりは平気です。 

奈良・春日大社の入口の
咲き誇る桜の木(2010.03)

奈良・春日大社の境内の
鹿(2010.03)

平城宮跡( Heijo Palace )・大極殿、
春日大社・中門(重要文化財)

平城宮跡 大極殿、春日大社 中門(重要文化財)

Kasuga Grand Shrine (春日大社, Kasuga-taisha) is a Shinto shrine in the city of Nara, in Nara Prefecture, Japan. Established in 768 AD and rebuilt several times over the centuries, it is the shrine of the Fujiwara family. The interior is famous for its many bronze lanterns, as well as the many stone lanterns that lead up the shrine.
The architectural style Kasuga-zukuri takes its name from Kasuga Shrine's honden (sanctuary).
Kasuga Shrine, and the Kasugayama Primeval Forest near it, are registered as a UNESCO World Heritage Site as part of the "Historic Monuments of Ancient Nara".
March 13 is the Kasuga Matsuri ("Monkey Festival"), which features gagaku and bugaku dance performances.

切手でめぐる奈良・春日大社

春日大社・回廊、春日大社・中門

春日大社

銀鶴(ギンヅル
、日本・春日大社)

春日大社・回廊、春日大社・中門、薬師寺・西塔・東塔、薬師寺・薬師如来坐像、唐招提寺・金堂、唐招提寺・千手観音立像 春日大社 銀鶴(ギンヅル、日本・春日大社) 切手

マナズルの学名:Grus vipio

■春日大社の中門・御廊(ちゅうもん・おろう)は重要文化財に指定され、中門は御本殿の直前にある楼門で約10mの高さがあります。中門正面の唐破風(からはふう)は明治時代に取り付けられました。 御廊は中門から左右に約13m、鳥が翼を広げたように延びています。現在御本殿の祭典では、神職の座る場所ですが、昔は興福寺の僧侶が御経をあげる場所でした。
■若宮御料古神宝類 源義経が奉納したと伝えられる大鍬型赤糸威竹に虎金物の鎧。銀鶴(ギンヅル、日本・春日大社)は、若宮神社は1135年に創建された。古神宝は創建当初、貴族たちが奉納した品々といわれる。全部で14種ある。 銀鶴〔ぎんつる〕は室内の飾り物で、御子神〔みこがみ〕の玩具として納められたとも考えられている。(平安時代)
■春日大社の駐車場でもらえる交通安全の神鹿お守りステッカー 

春日大社の駐車場でもらえる交通安全のお守りステッカー

世界遺産・春日大社へのアクセス地図

■春日大社へのアクセス情報
所在地 奈良県奈良市春日野町160   
営業時間 【開門時間】6:30〜17:30(4月〜10月)7:00〜16:30(11月〜3月)
休業日 無休    
入場料 萬葉植物園500円 宝物殿400円    
駐車場 有・約100台(1000円/日)
アクセス JR・近鉄奈良駅からバスで春日大社本殿行き8分、春日大社本殿下車すぐ。又は市内循環バス春日大社表参道下車、徒歩10分。
問合せ先 春日大社   TEL 0742-22-7788

なら燈花会(フレーム切手のシートから)

「なら燈花会(とうかえ)」は、古都の夜を幻想的に彩る灯りのイベント。
奈良公園に広がる7つのエリアで、2万本以上のろうそくが美しい灯の花を咲かせます。

国宝・『春日大社赤糸威鎧』

■国宝・『春日大社赤糸威鎧』は、現存する鎧のなかでも、特に豪華な金物僧職が施された作品で、日本を代表する鎧。源義経が奉納したと伝えられる。若宮祭などの祭礼用に造られたか、奉納のために制作されたものと考えられている。 茜で染められた赤の組紐でつづられ、兜の金銅大鍬形と吹返しの竹と雀の透彫、大袖の竹と虎の透彫金物があり、「竹虎雀餝」と称される。(鎌倉時代)

春日大社に関する書籍・CDの紹介

春日大社 世界遺産 国宝・『春日大社赤糸威鎧』 鎌倉時代

■奈良特別編 [ 奈良 全体東大寺春日大社法隆寺薬師寺、唐招提寺長谷寺室生寺談山神社
  當麻寺壺阪寺大神神社・箸墓古墳平城京周辺藤原京と橿原神宮おふさ観音・町屋唐古・鍵遺跡
  旧月ヶ瀬、都祁山辺郡山添西ノ京(歴史の道)宇陀市宇陀郡(曽爾、御杖)天理市(山の辺の道1)
  天理市(山の辺の道2)桜井市(泊瀬の道)橿原(飛鳥の道)明日香村御所市(葛城の道)生駒郡(平群の道)
  大淀・下市の道吉野山奈良・吉野・宮滝吉野・洞川温泉※特別 壬申の乱  ]
 日本三大霊山 [ 高野山比叡山恐山 ] 仏教切手[ 仏教美術の切手と説明 ]

■名張・万葉の会 [ トップ大阪・藤井寺(葛井寺と古市の古墳) ]

■日本の国宝の切手 [ 世界遺産(日本全体のトップ)|建築物絵画工芸品 ] 

      特別編 奈良の古墳の壁画(高松塚、キトラ) 

奈良・春日大社の良い所・お気に入りの場所の写真集

カウンター