Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集 関西・和歌山の良い所・お気に入りの場所の写真集|日本三大霊山の一つ高野山・奥の院 弘法大師信仰の山、世界遺産・紀伊山地の霊場と参詣道は、和歌山県・奈良県・三重県にまたがる、寺院や参詣道(熊野古道、大峯奥駈道、高野山町石道)などの総称

ホーム>海外写真集>日本国内>関西(和歌山)高野山


関西・和歌山の良い所・お気に入りの場所の写真集 日本三大霊山の一つ高野山・奥の院

高野山・大門(バスから)


高野山・西の大門(バスから)
高野山のシンボル的なもの
画像クリックで拡大します。

 関西・和歌山の良い所・お気に入りの場所の写真集 日本三大霊山の一つ高野山。 日本三大霊山とは高野山、比叡山、恐山を言います。 高野山は、和歌山県北部、周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地に位置する。100ヶ寺以上の寺院が密集する、日本では他に例を見ない宗教都市である。京都の東寺とともに、真言宗の宗祖である空海(弘法大師、774年〜835年)が宗教活動の拠点とした寺であり、真言密教の聖地、また、弘法大師信仰の山として、21世紀の今日も多くの参詣者を集めている。 紀伊山地の霊場と参詣道(きいさんちのれいじょうとさんけいみち)は、和歌山県・奈良県・三重県にまたがる、寺院や参詣道(熊野古道、大峯奥駈道、高野山町石道)などの総称。2004年7月7日、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。 空海は宝亀5年(774年)、讃岐国屏風浦(香川県善通寺市)に生まれ、俗姓を佐伯氏といった。 南無とは従いますの意味だそうです。 流石に境内はコウヤマキ((高野槙・高野槇、Sciadopitys verticillata)は、マツ目コウヤマキ科の種で日本固有種)が多い。 切手以外は殆ど拡大あり。 

平城遷都1300年祭ホームページ(the 1300th Anniversary of Nara Heijo-kyo Capital)


ご注意)画像の無断転用はお断りします。

■日本の写真・風景 [北海道東北関東中部北信越関西奈良)|四国山陽・山陰九州沖縄
 奈良特別編 [ 東大寺春日大社法隆寺 ] 日本三大霊山 [ 高野山比叡山恐山 ] 仏教切手[ 仏教美術の切手と説明 ]

■日本の国宝の索引 [ 世界遺産(日本全体奈良京都日光琉球)|建築物絵画工芸品 ]

和歌山・高野山

■真言宗の開祖空海(弘法大師)が、桓武天皇の勅許を得て、延暦23年(804)私費で唐に渡り、 唐の長安において、唐の国師である青龍寺恵果阿闍梨から真言密教を授かり、20年掛かるものを2年で習得し帰朝してここに開山した。帰朝の船中か ら、師より授けられた三銛(さんこ:仏具)を空中に投げ、「伽藍建立の妙地を示し給え」と心に念じたところ、三銛の一つは高野山の松の樹に掛かって、まばゆいばかりの光を放っていた。それを見た空海は、この地こそ真言密教の修禅にふさわしい地で あるとして開山を決意した、と伝わる。残りの2つは、一つは京都の東寺、2つ目は四国の青龍寺(四国八十八ヶ所霊場第36番札所)と言われています。 相撲の朝青龍は青龍寺の近くに住んでいたことから四股名を名づけたそうです。 青龍寺の本堂、大師堂、薬師堂が一直線に並ぶのは唐の青龍寺を模したもの。 四国八十八カ所霊場36番札所。本尊の波切不動明王(秘仏)は、空海が唐から帰国する途中で嵐に遭った際に波切不動明王が現れて波を切り開いたといい、その時に見た不動明王をかたどったため波切不動明王といわれ漁業関係者の信仰を集めている。 高野山は大まかには、西の大門→金剛峯寺→奥の院となります。奥の院に至るまでにお寺さんが密集しています。

高野山・奥の院

■奥の院 :寺院群の東端にある一の橋から二の橋を経て御廟橋まで、約2キロにわたる参道沿いに無数の石塔が立ち並ぶ。御廟橋を渡ると空海入定(にゅうじょう)の地とされる奥の院である。一番奥には空海が今も瞑想されている御廟があり、その手前には信者が供えた無数の灯明がゆらめく燈篭堂がある。空海は62歳の時、座禅を組み、手には大日如来の印を組んだまま、永遠の悟りの世界に入り、今も高野山奥の院で生きていると信じられている。「死去」と言わず「入定」というのはそのためである。奥の院参道に沿って並ぶ石塔の数は10万基とも20万基とも言われ、皇族から名もない人々まで、あらゆる階層の人々が競ってここに墓碑を建立した。 高野山の奥の院には上杉謙信・景勝霊屋(たまや)、松平秀康及び同母霊屋、佐竹義重霊屋など、建造物として重要文化財に指定されているものをはじめ、平敦盛、熊谷蓮生房、織田信長、明智光秀、曾我兄弟、赤穂四十七士、法然、親鸞、初代 市川團十郎、俳優の鶴田浩二など古今のさまざまな人物の墓碑や供養塔がある。また芭蕉や高浜虚子の句碑もある。戦国武将や江戸期の武人の墓所が多いが、中には源平の熊谷直実、平敦盛などなど、かつての恩讐を忘れ、うっそうと生い茂る杉木立の静寂の中にに眠っているようである。
 

高野山 奥の院・二の橋の入口
の「南無大師遍照金剛」の石柱
 

奥の院 白蟻(シロアリ)の塚

奥の院 韓国の方の墓所

奥の院 「親鸞聖人の墓所」

高野山 奥の院・二の橋の入口 奥の院 白蟻(シロアリ)の塚 奥の院 「親鸞聖人の墓所」

高野山 奥の院・落書塚

高野山 奥の院・2股・三股の杉の木(特別母樹林)

高野山 奥の院・父母恩重碑

父母恩重碑 高野山

高野山 奥の院・加賀前田家

高野山 奥の院・法然上人

高野山 奥の院・豊臣家墓所

高野山は秀吉によって安堵された。そのせいか、この一族の墓所は一段高いところに設営されている。

■奥の院は、地表と川と橋の三重構成になっており、橋を渡ってからは死後の世界で、その下を流れる川を「三途の川」に見立 てているのだという。皇室・貴族関係をはじめ、法然(浄土宗)、親鸞(浄土真宗)などの宗派をこえた各宗派の開祖、文人、 庶民にいたるまであらゆる階層の人々が供養塔を建立している。橋を渡れば、当たり前だが俗物的な行為は全て禁止です。御廟橋に入るときはお辞儀し、出るときは再度お辞儀と「南無大師遍照金剛」が必要です。 本廟は灯篭堂の裏で、お姿は灯篭堂の地下で見る事が出来ます。空海は835年3月21日、62歳の時生身のま ま定入したという伝説があり、五穀を絶って即神仏となり、高野山の本廟で永遠に生き続けています。 

弘法大師御廟(国史跡史蹟)
の前の燈篭堂が正面に

弘法大師御廟(国史跡史蹟)
の前の最後の無明の橋(御廟橋)

無明の橋(御廟橋)の手前の
水かけ地蔵等

水かけ地蔵等は全身に水を掛けるのではなく、足元に水を注ぐのが礼儀です。殆どの人が作法を間違っています。この無明の橋の下を流れているのが「玉川」と言い、流水灌頂(水子供養)や、真冬の水行を行う川。

弘法大師御廟(国史跡史蹟)の前の燈篭堂が正面に 弘法大師御廟(国史跡史蹟)の前の最後の橋

高野山・高野山の正門にあたる大門(重文、バス車窓から)

■戦国時代、武力をたくわえていた高野山は織田信長と対立するようになった。比叡山焼き討ちを行った信長は、高野山の僧をも大量に殺害し、天正9年(1581年)には高野攻めが行われるが、ほどなく信長自身が本能寺の変にたおれたため、高野山は難をまぬがれた。続く豊臣秀吉は、当初は高野山に寺領の返還を迫るなど圧力をかけたが、当時高野山にいた武士出身の僧・木食応其が仲介者となって秀吉に服従を誓った。のちに秀吉は応其に帰依するようになり、寺領を寄進し、また亡母の菩提のため、山内に青巌寺(総本山金剛峯寺の前身)を建てた。
■大門は、左右に金剛力士像(法橋運長作)が仁王立ちする大門は高野山一山の総門です。ここからの眺めは素晴しく晴れた日には山越しに遠く瀬戸内海が望めます。1705年再建。国の重要文化財と世界遺産に指定されている。

高野山・大門(バスから)

高野山 奥の院・護摩堂

高野山 奥の院・御供所

高野山 奥の院・
ピラミッド状の無縁塚

高野山 奥の院・英霊殿

高野山 奥の院・「中の橋」

高野山 奥の院・歌碑

涼しさや 奥の院まで 坂もなく

  建碑:昭和59年5月20日
  建碑者:森白象

森白象は昭和55年(1980)高野山真言宗管長・金剛峯寺第四〇六世座主に就任されました。ホトトギス同人。

高野山 奥の院・「一の橋」付近

高野山 奥の院・入り口
「一の橋」

高野山 奥の院・「一の橋」
渡りすぐの左側

高野山 奥の院・
「一の橋」付近の参道

高野山 奥の院・「必救一念石」

「必救一念石」

■高野山・赤松院で、住職による特別法話と、. 12年に一度、御開帳される、秘仏の「寅年守り本尊・虚空蔵菩薩」をじっくり、拝観させて頂きました。

■赤松院略縁起  当院は廷長元年(九百二十三年)平安中期聖快阿闍梨の創立で山本坊と云われていました。 その後元弘(千三百三十一年)鎌倉後期護良親王当院に御在住当時、赤松則村随従し入道して円心と称され、 以後赤松院と改め、赤松家一族の菩提所となり、江戸期には細川、有馬家の菩提所となり、現本尊十一面観世音菩薩と共に自己の寿像並に系譜等を納められる。 二〇〇〇余坪の庭園は広大幽邃なる、林泉の美を以って山内第一と称せられ、静寂な環境にして知られる。当山の中心に位置し奥の院には一番近くの宿坊で参拝には便利。

高野山・赤松院の精進料理

高野山・赤松院の山門

高野山・赤松院の本堂

高野山・赤松院の境内

高野山の精進料理

■精進料理(しょうじんりょうり)の精進という言葉は、仏の教えによって、ひたすらに仏道修行に努めることを言い、悟りを極めるための大きな過程の一つです。 その精進の実践方法の中に、美食を戒め粗食であれという行いがあります。また、殺生を戒める仏教の教えにより、肉類魚介類を使用せずに、穀物・豆類・野菜などの食材だけで料理をしたのです。 精進料理は、各宗派で独自の精進料理が生まれ時代を経て、工夫されてきました。 たとえば、高野豆腐は弘法大師が、唐のから豆腐の製法を持ち帰り、厳しい冬の保存食としてできあがったものです。 また肉や魚に見せかけた「もどき料理」などもあり、その代表が「雁もどき(がんもどき)」です。 精進料理は、食材の味を生かすため、調味料の使用を抑え、また食材を余すところなく使い切って無駄を出さない事が精進料理の基本です。 こうやどうふとごまとうふ。

高野山・恵光院の本堂

■恵光院は、本堂に阿弥陀如来様・お大師様・お不動様をお祀りし日々精霊のご供養を執り行っております。又、護摩堂は毘沙門天を本尊に不動明王、愛染明王をお祀りし毎朝護摩を焚いて御祈願致しております。

高野山・恵光院の山門

高野山・赤松院前の
恵光院の護摩堂

■熊谷寺は圓光大師(法然上人)・見真大師(親鸞上人)・熊谷蓮生法師(熊谷直実公)の御旧跡、法然上人二十五霊場の番外札所です。  熊谷寺は桓武天皇(737〜806)の皇子、葛原親王(786〜853)の御願により、承和4年(837年)に建立せられ、宗祖弘法大師(774〜835)の法孫、真隆阿闍梨が初代住職です。  寿永3年(1184年)2月7日、摂津(今の神戸市)一の谷における源平の合戦(鵯越の逆落とし)に敗れた平家方の将兵は友軍の軍船に逃れましたが、この時遠浅の海に駒を乗り入れた武将を呼び返した熊谷直実は格闘数合やがて組敷いて首級をあげようと良く見ると、一子小次郎直家と同年輩の美少年、平家の大将参議経盛(1,125〜1,185)の末子敦盛(1,169〜1,184)でした。  直実は同じ日の未明、敵の矢に傷ついた直家の「父よ、この矢を抜いてたべ」との願いを耳にするも、敵中の事とて傷の手当てをする暇なく敵陣深く突入した時の親心の切なさを思い起こし、敦盛の首を斬るに忍びず、暫し躊躇ったのですが、心を鬼にして首を掻き斬ったのです。  かくて直実はほとほと世の無常を感じて発心し、当時日本一の上人と尊崇されていた吉水の法然上人の弟子となり「法力房蓮生」の名を与えられ、専心念仏の行者となったのです。 或る時御三方(法然上人・親鸞聖人・熊谷蓮生)庭前の井戸の水鏡にて各々のお姿を写され、自らその像を彫られました。 その御尊像を奉安してあるのが、表門の横にある「圓光堂」です。

高野山・熊谷寺の山門(表門)

高野山・熊谷寺の蓮生法師
大往生の元祖

高野山・熊谷寺の
「高野山圓光大師廟」

高野山・熊谷寺の由緒書

熊谷蓮生法師

■浄土宗(じょうどしゅう)は、法然上人(1133年〜1212年)が開祖である、浄土教専修念仏を宗旨とする日本の仏教宗派の一つ。
浄土真宗(じょうどしんしゅう)は、鎌倉初期、法然の弟子親鸞(1173年〜1262年)が、法然の教え(浄土宗)を継承発展させ、後に教団として自立した仏教の日本独自の宗派。宗派の成り立ちの経緯から、真宗とする宗派もある。別名に一向宗、門徒宗とも言われる。所依の経典は浄土三部経(仏説無量壽経・仏説観無量壽経・仏説阿弥陀経)。 

高野山・宝善院

高野山・清浄心院

高野山・清浄心院

高野山・「ああ予科練揺籃の地」

■清浄心院の縁起 天長年間(八二四〜八三三)高祖弘法大師の草創にかかり、初め北坊と称す。後に勅号を賜り清浄心院と名づく。衰微の後、内大臣平宗盛公これを再建す。平家物語には此所にて滝口入道の行い澄ます一文を見出す。 御本尊は弘法大師御像にして、大師入定し給う前日、承和二年三月廿日自ら御作の塑像を本堂に安すと伝え、これを以って廿日大師と名づく。御本尊縁日(現在四月廿日)には、百味飯食を供え毎年盛大なる法要を修する。   北面には桃山時代の借景、百千の好花時を誤らず、門内の名木傘桜は太閤秀吉公が花見を催したと伝え往時を偲ぶ。

高野町 御衣寺 寶亀院
の山門

高野町 御衣寺 寶亀院
境内の大きな化石(霊石)

高野町 御衣寺 寶亀院
井戸の霊水が飲める

■宝善院は弘法大師空海が真言密教の根本道場として開いた
高野山の塔中(たっちゅう=本山を構成する子院)寺院です。庭園は小堀遠州作と伝えられる銘園で鶴亀式山水の山内最古の庭です。

宝亀院は、高野山で山号が唯一高野山でない院です。御衣とは、堂内に観賢僧正が掘ったと言われている井戸の霊水で染めた衣を供養することから号するようになった。空海が醍醐天皇の夢枕に立ち「高野山 むすぶ庵に 袖朽ちて 苔の下にぞ 有明の月」と詠じた。その折の姿が、髪も髭ものびて、袈裟や衣は汚れ破れていた。そこで天皇は、命日である3月21日に新しい法衣を廟所へ供養することを命じたと言われている。

■お遍路さんの格好:白の衣服は死に装束で、杖は卒塔婆と聞きました。それ程の思いでする事が、弘法大師に通じると思います。弘法大師は宗派を問わずお救いしてくれる。 

  △TOP

高野龍神スカイライン

■高野龍神スカイライン(こうやりゅうじんスカイライン)は、起点を和歌山県伊都郡高野町奥の院交差点、終点を田辺市龍神村(旧・日高郡龍神村)とする延長42.7km 全線2車線のスカイライン。 和歌山県と奈良県の県境の1000メートル級の尾根に沿って延び、護摩壇山の近くを通る。

高野龍神スカイライン(西方)
からの和歌山の山々

高野龍神スカイライン(西方)
からの淡路島方面

高野龍神スカイライン(北方)
からの奈良県吉野の山々

高野龍神スカイライン
からの高野山

高野龍神スカイラインからの奈良県吉野の山々 高野龍神スカイラインからの高野山

高野龍神スカイラインのアジサイ園。(7月が満開です)

高野龍神スカイラインのアジサイ園。白のアジサイ。

高野龍神スカイラインのアジサイ園。(7月が満開です) 高野龍神スカイラインのアジサイ園。白のアジサイ。
  △TOP

高野山・入口

■[道の駅] 紀の川万葉の里 - 和歌山   かつらぎ町は和歌山県北東部に位置し、北は和泉山脈、南は紀伊山地の高野山麓にあって、町の中央には清流紀の川がゆったりと流れる自然豊かな町です。 気候は四季を通し温暖で、フルーツはパイナップル、バナナ以外はなんでも栽培され、特に栗、柿、桃、ぶどう等が盛んです。 また、平成16年7月に「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録が成され、本町においても「丹生郡比売神社」 「町石道」「八町坂」の登録が決定され、「観光のまち」「人と人のふれあう町」を目指しております。
 車での行き帰り、九度山というところを通りました。ここはあの真田幸村が拠点にしていたところです。関が原で敗れた真田幸村は、この九度山に隠棲し、「十勇士」たちと反撃の機会をうかがったのです。
 

[道の駅] 紀の川万葉の里

[道の駅] 紀の川万葉の里 - 和歌山(かつらぎ町)

■九度山町(くどやまちょう)は、和歌山県北部に位置する町。真田信繁(幸村)所縁の地として知られる。紀の川の南岸にあり、そこに流れ込む不動谷川の川筋に沿ってできた谷間と、さらにそこへ東から流れ込む丹生川による谷間からなる。高野山への通り道である。
古くからの高野山領であり、明治まで続いた。関ヶ原の戦いで西軍に与して敗れた真田昌幸・信繁親子が、この地に蟄居させられた。
柿の葉は昔から民間薬として重宝がられました。鯖も塩をすることで鮮度を保ち海より遠く離れた紀ノ川上流まで運ばれました。九度山は柿の産地です。
いつしかこの二つは合体し祭りに欠かせないご馳走として現在にまで受け継がれました。

△TOP

高野山・切手編

ユネスコ世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」

地名としての「高野山」とは、八葉の峰(今来峰・宝珠峰・鉢伏山・弁天岳・姑射山・転軸山・楊柳山・摩尼山)と呼ばれる峰々に囲まれた盆地状の平地の地域を指す(行政上の字名としての「高野山」もおおよそこれと同じ地域である)。8つの峰々に囲まれているその地形は『蓮の花が開いたような』と形容されており、仏教の聖地としては大変良い場所であるとされている。転軸山・楊柳山・摩尼山の三山を高野三山という。なお、高野山という名称の山は無い。

金剛峯寺・大門、金剛峯寺:木造矜羯羅童子立像 

金剛三昧院・多宝塔

金剛三昧院・経蔵

 金剛峯寺・大門、金剛峯寺:木造矜羯羅童子立像 金剛三昧院:多宝塔  金剛三昧院:経蔵

和歌山・高野山・国宝
制多伽童子(せいたかどうじ)像

国宝・恵光童子
(えこうどうじ、金剛峰寺)

国宝・金剛三昧院・多宝塔

■国宝 八大童子立像(矜羯羅童子像(こんがら))は、寺伝では建久9年(1198年、鎌倉時代)運慶の 作と伝えられており、その作技などからも運慶乃至は運慶 工房で製作された可能性は極めて高い。
高野山の八大童子立像(はちだいどうじりゅうぞう)は、国宝。

■金剛三昧院多宝塔(国宝)貞応2(1223年)、源頼朝、実朝両公菩提のため、北条政子が覚智入道に命じて建立したのが、この多宝塔です。元仁2年(1225年)10月13日、入仏供養の際、栄西禅師が導師となり、北条時房が二位禅尼の代参として法廷に臨んだと伝えられています。
鎌倉初期の建立とされる石山寺の多宝塔についで古く、石山寺のものと同じく裳層を広くとり、安定感に富んでいることが特徴です。経蔵は、鎌倉時代初期(1223年)建立、校倉造 (重要文化財)。

運慶作
高野山・制多伽童子像

国宝・恵光童子 世界遺産 金剛峰寺 国宝・金剛三昧院多宝塔 金剛峰寺 世界遺産

神応ケ峰からの高野山

護摩壇山とシャクナゲ

金剛峯寺・国宝
恵喜童子(えきどうじ)像

(1969年、高野竜神国定公園) 高野竜神・神応ケ峰からの高野山

(1969年、高野竜神国定公園)

(1969年、高野竜神国定公園) 護摩壇山とシャクナゲ

(1969年、高野竜神国定公園)

金剛峯寺・恵喜童子像 高野山 世界遺産

高野山と国宝「矜羯羅童子像」(日本、1999年)

世界遺産・高野山・金剛峰寺のアクセスマップ

高野山 大きな地図で見る

高野山と国宝「矜羯羅童子像」(日本、1999年)

■奥の院 :弘法大師の御廟と灯籠堂がある(世界遺産)。参道には、皇室、公家、大名などの墓が多数並び、その総数は正確には把握できないものの、20万基以上はあると言われている。戦国大名の6割以上の墓所がある。奥の院の入り口は一の橋と中の橋の2箇所があるが、正式には一の橋から参拝する。一の橋から御廟までは約2kmの道のりとなっている。その途上には「みろく石」などの七不思議と呼ばれる場所がある。

■高野山の主な名物、みやげ : 各種仏具 、高野槇 、高野槙(饅頭) 、槙の雫(饅頭) 、大師餅 、高野豆腐 、胡麻豆腐 、みろく石(饅頭) 、梅干(高野山というよりは和歌山県特産) 、大師陀羅尼錠 、般若湯 、生麩 、あんぷ
■コウヤマキ(高野槙・高野槇、Sciadopitys verticillata)は、マツ目コウヤマキ科の種で日本固有種。常緑針葉樹で高木となる。別名ホンマキ。コウヤマキ科は1属1種であり、コウヤマキのみを含む。 庭園に植栽し、材木としても利用される。世界三大造園木の一つで、木曽五木の一つ。古代には、棺材として最上級とされた。水に強くて朽ちにくいことから、現在でも湯船材や橋梁材として重宝されている。和名は、高野山真言宗の総本山である高野山に多く生えていることに由来する。また、高野山では霊木とされる。高野山では古くからヒノキ・スギ・モミ・ツガ・アカマツ・コウヤマキの六種の樹木を「高野六木(こうやりくぼく)」と呼んで重視した。

 

平城遷都1300年関連 [ 平城遷都1300年のトップ宇陀市宇陀郡(曽爾、御杖)奈良市(旧月ヶ瀬、都祁)山辺郡山添天理市桜井市(山の辺の道)|桜井市(長谷寺奥の院・瀧蔵神社他)|西三重(名張市伊賀市津市壬申の乱)|橿原市・藤原京明日香薬師寺 ]

■名張・万葉の会 [ トップ奈良・高取(壺阪寺)|奈良・桜井(談山神社ほか)|大阪・藤井寺(葛井寺と羽曳野、古市の古墳)|滋賀・大津&琵琶湖 ]

パワースポット関連の書籍・DVD他

 
近所にある世界遺産・国宝・室生寺五重塔の紹介
日本の世界遺産(奈良編)の切手 法隆寺・東大寺他
古代日本のロマン:卑弥呼と邪馬台国のニュース(箸墓古墳)

関西・和歌山の良い所・お気に入りの場所の写真集 日本三大霊山の一つ高野山・奥の院

カウンター