Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集
国内写真集|北海道・札幌と千歳 : 札幌は幕末ころまでは蝦夷(アイヌ)との交易が行われる土地、碁盤目状の計画都市 大通公園、さっぽろ雪まつり、恵庭岳、旧札幌農学校演武場の時計台、千歳空港、赤レンガの北海道庁、円山動物園、千歳のインディアン水車

ホーム>海外写真集>日本>北海道・札幌と千歳


北海道・札幌と千歳の良い所・お気に入りの場所の写真集

 北海道・札幌の良い所やお気に入りの場所を写真でご案内します。 札幌市は、北海道の市で、道庁所在地ならびに石狩支庁所在地。政令指定都市の中では浜松市、静岡市に次ぐ広大な面積を持ち、全国の市の中で4番目の人口を有し、江戸時代、松前藩によって開かれた石狩十三場所のうち五場所が集中し、幕末ころまでは蝦夷(アイヌ)との交易が行われる土地であったが、明治時代に置かれた北海道開拓使によって、京都あるいは、アメリカ合衆国のタウンシップ制をモデルとした碁盤目状の計画都市として本格的に開発された。 1972年の札幌オリンピック開催を機に観光都市としても世界的に知られるようになった。 もともと「サッポロ」は現在の豊平川にアイヌの人々がつけた名で、その流路一帯の地名にも転用されたものであるとされる。 香港とほぼ同じ面積を持ち、周辺に江別市、北広島市、恵庭市などのベッドタウンを擁して札幌都市圏を形成する。冬の札幌・円山動物園(まるやま)と旭川・旭山動物園(あさひやま)は動物ページで。 写真画像クリックで拡大します。  最新の写真は2013年7月。
リンク:北海道ぐるり旅社団法人北海道観光振興機構公式サイト「北海道ぐるり旅」(北海道観光振興機構の公式サイト。観光情報からホテルなどの情報検索まで、北海道観光を総合的に案内する「ポータルサイト」です。)

ご注意)画像の無断転用はお断りします。

日本の写真・風景
    [北海道東北関東中部北信越関西奈良)|四国山陽・山陰九州沖縄
 

 北海道特別編 [ 小樽余市・積丹半島札幌洞爺湖・登別温泉・支笏湖真狩村とニセコ室蘭本線・襟裳岬
    稚内・宗谷サロベツ原野と旧花田家番屋網走とサロマ湖帯広と足寄・オンネトー
    中標津・野付半島・知床半島の羅臼・根室阿寒湖・屈斜路湖・摩周湖・釧路美瑛・富良野と層雲峡・旭川函館 ]


北海道の中心 札幌

北海道大学

■北海道大学(Hokkaido University)は、北海道札幌市北区北8条西5丁目に本部を置く日本の国立大学。1872年設立の開拓使仮学校(東京府芝)、1876年(明治9年)設立の札幌農学校(石狩国札幌郡札幌)、1907年(明治40年)設立の東北帝国大学農科大学(北海道札幌区)を経て、1918年に設置された。 鈴木章 - 北大理学部出身で、北大名誉教授。2010年(平成22年)にノーベル化学賞受賞。

北海道大学正門

北海道大学構内風景

北海道大学構内風景

北海道大学構内風景

北海道大学正門 北海道大学構内風景 北海道大学構内風景 北海道大学構内風景

総合博物館

鈴木先生が貰ったノーベル賞

昔の北海道大学生の机

北海道大学植物園

北海道大学 総合博物館 鈴木先生が貰ったノーベル賞メダル 北海道大学植物園

新渡戸 稲造(にとべ いなぞう)

北大 有名なポプラ並木

総合博物館の廊下

ウィリアム・スミス・クラーク

新渡戸 稲造(にとべ いなぞう) 有名なポプラ並木 ウィリアム・スミス・クラーク

■新渡戸 稲造(にとべ いなぞう、1862年9月1日(文久2年8月8日) - 1933年(昭和8年)10月15日)は、日本の農学者・教育者・倫理哲学者。札幌農学校(後の北海道大学)の二期生として入学する。国際連盟事務次長も務め、著書 Bushido: The Soul of Japan(『武士道』)は、流麗な英文で書かれ、長年読み続けられている。
■ウィリアム・スミス・クラーク(William Smith Clark、1826年7月31日 - 1886年3月9日)は、札幌農学校(現北海道大学)初代教頭。いわゆるお雇い外国人のひとりである。日本ではクラーク博士として知られる。専門の植物学だけでなく、自然科学一般を英語で教えた。

北海道・札幌のポプラ並木と羊ヶ丘展望台

■北海道大学構内には、約40本の見事なポプラの大木が連なっています。このポプラ並木は、明治36(1903)年、同大学の前身旧札幌農学校の農場内に実習用に植えられたのが始まりといわれています。
■羊ヶ丘展望台では、牧草地でのんびりと草を食べる羊の群と、記念撮影等のスポットとして人気の高いクラーク博士像を見ることができます。

旧札幌農学校演武場
時計台(1878年)

北海道・札幌のポプラ並木と羊ヶ丘展望台 日本の近代洋風建築 旧札幌農学校演武場

△TOP

札幌市時計台

■札幌時計台、正式名称は「旧札幌農学校演武場」:時計台の愛称で全国に知られている札幌市時計台は、1878(明治11)年に札幌農学校の演武場として建設されました。札幌農学校は、北海道大学の前身で近代技術を導入し北海道開拓の指導者を養成する目的で開校しました。時計台は、農学校生徒の兵式訓練や心身を鍛える体育の授業に使う目的で建設され「演武場」と呼ばれました。時計塔正面下部の「演武場」と書かれた古びた木額は明治維新の元勲岩倉具視の筆で、文武両道を兼ねた当時の建物として最もふさわしい名であったと言われている。内部では時計台の歴史の史料が展示されている。

札幌・時計台(1990年代 夏)

夜の札幌時計台(2013年7月)

札幌時計台(2013年7月)

札幌・時計台 夜の札幌時計台(2013年7月)

時計台の前の大きな通り

時計台通り

札幌時計台(2013年7月)

札幌時計台(札幌市中央区)

時計台の前の大きな通り 時計台通り 札幌時計台(札幌市中央区)

△TOP

大通公園とさっぽろテレビ塔

■大通公園(おおどおりこうえん)は、札幌市の中心部を東西に横切る公園。中央区大通西1丁目から大通西12丁目まで長さ約1.5kmにわたって連なる。1871年(明治4年)の計画で、官地と民地を分ける「火防線」が、現在の大通公園の位置に設定された。大火の延焼を防ぐための空き地を確保するもので、実際明治時代にこの線がたびたび火災の広がりを食い止めた。幅は105メートル(58間)で、当時の日本の都市の常識を超えていた。大通公園名物「とうきびワゴン」

さっぽろテレビ塔

さっぽろテレビ塔

札幌市役所とさっぽろテレビ塔

さっぽろテレビ塔

大通公園の馬車(1990年代)

大通公園とさっぽろテレビ塔

大通公園とさっぽろテレビ塔

大通公園(2013.07)

札幌・大通公園の馬車 大通公園とさっぽろテレビ塔 2013年

札幌市役所ロビーでJAZZ

大通公園(2013.07)

大通公園(2013.07)

■さっぽろテレビ塔は北海道札幌市中央区大通西1丁目の大通公園内にある電波塔。総工費1億7000万円で1957年(昭和32年)に完成し、同年8月24日に開業・電波の発射を開始した。高さ147.2メートル。地上90メートルの位置に展望台がある。

札幌市役所ロビーでJAZZ 大通公園(2013.07)

さっぽろ雪まつり(2003年)

雪まつり・イルミネーション

さっぽろ雪まつり・お城

さっぽろ雪まつり・お城

さっぽろ雪まつり

■さっぽろ雪まつり(さっぽろゆきまつり、Sapporo Snow Festival)とは毎年2月はじめに北海道札幌市内の3つの会場(大通公園、すすきの、札幌コミュニティドーム(つどーむ))で開催されている雪の祭典です。雪で作った大小の像を中心にしたものだが、すすきの会場を中心に氷像も展示される。 札幌市や札幌商工会議所、市内の企業、団体などから構成される「さっぽろ雪まつり実行委員会」によって企画・運営され、北海道内のみならず日本全国、あるいは海外からもおよそ200万人もの観光客が訪れる、北海道で最も大規模なイベントの一つです。

札幌大通公園とさっぽろテレビ塔のイルミネーション(2009年12月)

札幌大通公園とテレビ塔のイルミネーション(2009年12月)

札幌大通公園のイルミネーション(2009年12月) 札幌大通公園のイルミネーション(2009年12月) 

札幌・大通公園のテレビ塔から見た雪の街・サッポロの様々な冬景色(2009年12月) 赤レンガの北海道庁も見えます。

札幌・大通公園のテレビ塔から見た雪の街・サッポロ(2009年12月) 札幌・大通公園のテレビ塔から見た雪の街・サッポロ(2009年12月) 札幌・大通公園のテレビ塔から見た雪の街・サッポロ(2009年12月) 札幌・大通公園のテレビ塔から見た雪の街・サッポロ(2009年12月)

△TOP

札幌駅とT38

■JRタワーは、北海道札幌市中央区の北海道旅客鉄道(JR北海道)札幌駅南口に所在する駅ビル(超高層ビル)。タワー棟は地上38階(最高173m)地下1階建て。最上階の38階は北関東以北で一番の高さ (160m) に位置する展望室「JRタワー展望室 T38(タワー・スリーエイト)」。

札幌駅前 北口

札幌駅改札口 朝の風景

札幌駅構内 SL時計

札幌駅構内 人魚姫の像

札幌駅前 札幌駅改札口 朝の風景 札幌駅構内 SL時計 人魚姫の像

札幌駅西口改札まえの待合にSL時計と人魚姫の像があります。デンマークのコペンハーゲンに展示されているものの二分の一の大きさだそうです。デンマーク国鉄との提携記念に平成3年に設置されました。 

JRタワー

札幌駅前 大丸

札幌駅の屋根は駐車場

夜の札幌駅(2013年7月)

札幌駅前 大丸 札幌駅の屋根は駐車場

■札幌駅は、JR北海道最大の拠点駅。1880年、手宮(小樽市)・札幌間に開通した幌内鉄道の終点に札幌停車場として開業した。

JRタワー展望室 タワー・スリー・エイト|T38からの夜景は絶品(左から 札幌駅から北東南西)

JRタワー展望室 タワー・スリー・エイト|T38からの夜景は絶品 JRタワー展望室 タワー・スリー・エイト|T38からの夜景は絶品

●北方:晴れていれば左手に遠く小樽を望むことができる北サイド。正面奥には札樽自動車道や丘珠空港、石狩湾新港が位置する北都・札幌のエントランスエリア。
●東方;石狩川の流れを抱く東サイドは、野幌原始林をはじめ肥沃な低地帯が広がるネイチャーエリア。空気が澄んだ晴れの日には夕張岳や芦別岳をも望む。

北海道大学の森が見えます
(北西方向)

●南方:札幌市役所やさっぽろテレビ塔をはじめ、大通・すすきの方面の都心部を一望。左手奥には札幌ドーム、右手には藻岩山、その奥には恵庭岳を望むことができます。夜ともなればすすきの一帯が美しく輝くアーバンエリア。
●西方:円山、大倉山、三角山、手稲山。手稲山系から支笏洞爺国立公園と山々がつづくマウントエリアでは、札幌は“山がある街”だったことを改めて認識。中心地には北海道大学や植物園など、緑あふれる都市景観が広がります。

北方 

東方

南方 左手奥には札幌ドーム

西方 円山、大倉山、手稲山

△TOP

すすきの 狸小路

■すすきの(Susukino)は北海道札幌市中央区にある歓楽街である。薄野、ススキノとも表記される。 歌舞伎町(東京都新宿区)、ススキノ、中洲(福岡市)を称して日本3大歓楽街と呼ばれる事もあり、東京以北最大の歓楽街でもある。1871年、北海道開拓使が現在の南4・5条、西3・4丁目の区画を遊廓地帯に指定した事が歓楽街の始まりである。開拓使はこの区画を「薄野遊郭」と命名した。

すすきの交差点 東

すすきの交差点 西

地下鉄とすすきの駅ホーム

すすきの交差点 東 すすきの交差点 西 地下鉄とすすきの駅ホーム

■すすきのの中心部、南4条西4丁目と南4条西3丁目の境界に位置する札幌駅前通と月寒通(南4条通)の交差点は「すすきの交差点」と呼ばれています。

すすきのの豊川稲荷 水子と娼妓供養の石碑が すすきのらしい

すすきの 成田山

すすきの

すすきのの豊川稲荷 水子と娼妓供養の石碑が すすきのの豊川稲荷 水子と娼妓供養の石碑が すすきの 成田山

昼間のすすきの界隈 飲食街

昼間のすすきの界隈

昼間のすすきの ラーメン本店

昼間のすすきの

昼間のすすきの界隈 昼間のすすきの界隈

■狸小路商店街(たぬきこうじ)は、北海道札幌市中央区にある商店街。狸小路商店街を中心とした繁華街一帯は、狸小路という通称で呼ばれる。札幌市営地下鉄大通駅とすすきの駅の中間に位置し、さっぽろ地下街ポールタウンにも直結している。大通地域、すすきの地域と合わせて東京以北最大の商業地域を構成する。海外からのお客さんが多いのか外国語の商品案内も多い。
明治初期に数軒の商店・飲食店が建てられたのが始まり。 公式サイト

狸小路

狸小路商店街 竿灯

狸小路 大きな木製タヌキ

まりもっこり

狸小路 大きな木製狸(タヌキ) まりもっこり

■「まりもっこり」は、日本北海道生まれのマスコットキャラクターである。2005年に土産物問屋が、日本の国の特別天然記念物である阿寒湖の「まりも」に「もっこり」をひっかけたダジャレをもとにキャラクター化。フィギュアスケートの安藤美姫が携帯電話端末のストラップにまりもっこりをつけていたことや、また安室奈美恵がはまっていると紹介したこと等から、テレビなどのメディアを通じて日本全国的にも広く知られることとなった。
■老舗の札幌ラーメン「大公」は中央区の狸小路付近にあるお店

老舗の札幌ラーメン「大公」で塩バター・ホタテラーメンを 絶品

老舗の札幌ラーメン「大公」で塩バター・ホタテラーメンを 老舗の札幌ラーメン「大公」で塩バター・ホタテラーメンを

狸小路

狸小路商店街 御輿(みこし)

狸小路 レトロなお店

お土産定番 バター飴

お土産定番 バター飴

■バター飴(あめ)は、バターを使用して製造される飴菓子。北海道を代表する土産菓子です。漢字表記は、「牛酪飴」。後に製造・販売される白い恋人・夕張メロンピュアゼリー・生チョコレート・生キャラメルなどの登場により、現在は人気が薄れている。 

△TOP

北海道庁旧本庁舎

■北海道庁旧本庁舎: 「赤れんが」の愛称で親しまれている北海道庁旧本庁舎は、1888(明治21)年にアメリカ風のネオ・バロック様式で建てられました。 日本の明治期を代表する建物とともに、緑豊かな前庭は札幌市のオアシスとなっています。 現在の「赤れんが」は実は二代目。最初の建物は煙突の不備により焼失してしまいました。

北海道庁旧本庁 入口

北海道庁旧本庁 正面

北海道庁旧本庁前 馬車

北海道庁旧本庁前 馬車

北海道庁旧本庁 正面

北海道庁旧本庁 南面

北海道庁旧本庁 南面

北海道庁旧本庁 裏面

北海道庁旧本庁 池の睡蓮

北海道庁旧本庁 建物内部

北海道庁旧本庁 執務室

北海道庁旧本庁舎

北海道庁旧本庁舎(1888年)

日本の近代洋風建築 北海道庁旧本庁舎
写真素材-フォトライブラリー ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

△TOP

中島公園 

■中島公園(なかじまこうえん)は、北海道札幌市中央区にある札幌市立の都市公園(総合公園)。中島の名は、後に鴨々川(創成川)にまとめられる二つの流れに挟まれた地であることに由来する。公園に移転してきた国の重要文化財に、豊平館と八窓庵がある。現在は、札幌コンサートホールKitara、人形劇場、児童会館、文学館、天文台などがある。

菖蒲池と藻岩山

中島公園 菖蒲池

中島公園の鴨の親子

菖蒲池と藻岩山 中島公園の鴨の親子

中島公園 オオヤナギ

中島公園 印象派の絵画のような風景

オオヤナギ  印象派の絵画のような

中島公園傍のレストラン
ユニークな形の「ノアの箱舟」

■札幌コンサートホール Kitara大ホールでは、札幌交響楽団の定期演奏会の他、国内外のオーケストラや室内楽、リサイタルなどが、小ホールでは主にリサイタルが催される。音響家が選ぶ優良ホール100選に選出されている。

札幌コンサートホールKitaraの玄関と大ホール 
大ホールには大きなパイプオルガンがあります

中島公園傍のレストラン ユニークな形の「ノアの箱舟」 札幌コンサートホールKitara 札幌コンサートホールKitara 内部

豊平館(1880年)

■豊平館: 明治文化の薫りが漂う豊平館は、北海道開拓使が洋風ホテルとして建築し、明治天皇北海道行幸の行在所となった明治14年8月30日に開館しました。 当初北1条西1丁目にあった建物は、その後公会堂を付設し、長く札幌の文化活動の拠点となりましたが、、昭和33年現在地の中島公園に移築されました。昭和39年には国の重要文化財に指定、昭和61年には老朽化と移築などで失われた創建時の姿を復元する修復工事が完了。館の白い外壁を縁取る美しいウルトラマリンブルーは、創建当初の様子を再現したものです。

豊平川 河川敷

日本の近代洋風建築 豊平館

△TOP

その他 札幌市内

札幌・円山動物園のペリカンと虎の穴

札幌市のマンホール蓋

鴨々川

札幌・円山動物園のペリカンと虎の穴 札幌・円山動物園のペリカンと虎の穴 札幌市のマンホール蓋

■円山動物園  住所 064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1  電話 011-621-1426 FAX 011-621-1428

ホテルから見えるT38

早朝 道の先が札幌駅

ホテル傍の白樺の木

早朝の豊平川

ホテルから見えるT38 早朝 道の先が札幌駅 ホテル傍の白樺の木 早朝の豊平川

サクランボ(札幌にて 2013.07)

■創成川(そうせいがわ)は、北海道札幌市の中心を流れる石狩川水系伏籠川支流の一級河川である。札幌市を東西に画する起点となっている。江戸時代に「大友堀」として作られ、明治時代に「創成川」と改名された。すすきの付近の南7条までの上流は鴨々川(かもかもがわ)と呼ばれ、流路が蛇行している。
■豊平川(とよひらがわ)は、北海道札幌市を流れる石狩川水系石狩川支流の一級河川。

サクランボ(札幌にて 2013.07)

サッポロビール園にて、倉庫の外側は一面緑に覆われています。古い煙突や醸造器具を見れます。ニッカを見た後なので少々ガッカリ。

サッポロビール園 サッポロビール園 アンティークな街灯 サッポロビール園

■サッポロビール園(札幌市東区北7条東9-2-10) 街灯が印象的

△TOP

千歳

千歳のインディアン水車

■恵庭岳(えにわだけ, アイヌ語:e(e)niwa, e-en-iwa)は、北海道千歳市と恵庭市の境界にある第四紀火山。標高は1320m。活火山に指定されている。恵庭市の名前の由来でもあり、アイヌ語の山名、「エ・エン・イワ」は「頭が尖った岩山」を意味します。

恵庭岳(千歳、恵庭)

新千歳空港のクリスマスツリー

千歳のインディアン水車 恵庭岳 札幌空港のクリスマスツリー2009年12月

■千歳のインディアン水車は、川を遡上するサケを捕獲するための施設で、千歳川の(通称)インディアン水車は国内でも珍しい水力のみで稼働する捕魚車として有名です。その歴史は、千歳ふ化場の実質責任者でのちに北海道庁初代水産課長となった伊藤一隆が、明治19(1886)年に研修のためアメリカに渡った際、西海岸のコロンビア川で見た捕魚車の設計図を持ち帰り日本に伝えたことに始まります。この捕魚車が千歳川に初めて設置されたのは明治29年(1896年)11月でその後、改良が重ねられて現在の形になりました。

新千歳空港内 構内の様子

新千歳空港内 北海道ラーメン道場 えびそば 一幻(いちげん)
2013.07撮影 

新千歳空港内 
北海道ラーメン道場

新千歳空港内 北海道ラーメン道場 えびそば 一幻(いちげん)  新千歳空港内 北海道ラーメン道場 えびそば 一幻(いちげん) 

千歳市の羊牧場 何だかジンギスカンを想像し可哀想な気がします

千歳から札幌への道

△TOP


北海道・札幌や千歳の良い所・お気に入りの場所の写真集

カウンター