Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集
国内写真集|北海道の函館 : 歴史に翻弄された漁業(港湾)と観光の街・函館は戊辰戦争最後の激戦地。 五稜郭タワー、函館山からの夜の函館ハリストス正教会、大沼国定公園、函館港、ガス燈 ノスタルジーをくすぐる色んなものがあります

ホーム>海外写真集>日本>北海道・函館


北海道・函館の良い所・お気に入りの場所の写真集

 北海道・函館の良い所やお気に入りの場所を写真でご案内します。 函館市(はこだてし)は、北海道の南部に位置する市。北海道内では旭川市に次ぐ第3の人口を有する。漁業(港湾)と観光の街。函館山からの夜景が美しく津軽海峡に浮かぶ漁り火(いさりび)がそれに花を添える。中核市に指定されている。 道内では比較的温暖な気候で亜寒帯と温帯の境界線に位置し、陸・海・空の交通の要衝として、また、道南地方の行政・経済・文化の中心として発展した。2004年12月1日、戸井町・恵山町・椴法華村・南茅部町(いずれも当時)が函館市に編入合併した。古来、この地はウスケシ(宇須岸)と呼ばれていた。1454年(享徳3年)、南部氏との戦いに破れた津軽の豪族・安東政季を擁し、武田信広らと共に蝦夷地に渡った河野政通が、函館山の麓(現在の弥生町付近)に築いた館(「宇須岸館」とも「河野館」とも呼ばれる)が箱に似ていたため箱館と呼ばれるようになり、明治時代になって函館と改められたとされるが、諸説ある。 函館は異国情緒に溢れる町。 戊辰戦争(ぼしんせんそう、慶応4年/明治元年 - 明治2年(1868年 - 1869年))は、薩摩藩・長州藩らの西南諸藩(薩長土肥)が明治天皇を擁立して王政復古にて明治政府を樹立し、江戸幕府側(旧幕府勢力(彰義隊・会庄同盟・榎本政権を含む))及び奥羽越列藩同盟と戦った日本の内戦。 この時、函館は最後の激戦地でした。 そんな血なまぐさい歴史がある町です。 写真画像はクリックで拡大します。 リンク:北海道ぐるり旅社団法人北海道観光振興機構公式サイト「北海道ぐるり旅」(北海道観光振興機構の公式サイト。観光情報からホテルなどの情報検索まで、北海道観光を総合的に案内する「ポータルサイト」です。)

ご注意)画像の無断転用はお断りします。

日本の写真・風景
    [北海道東北関東中部北信越関西奈良)|四国山陽・山陰九州沖縄
 

 北海道特別編 [ 小樽余市・積丹半島札幌洞爺湖・登別温泉・支笏湖真狩村とニセコ室蘭本線・襟裳岬
    稚内・宗谷サロベツ原野と旧花田家番屋網走とサロマ湖帯広と足寄・オンネトー
    中標津・野付半島・知床半島の羅臼・根室阿寒湖・屈斜路湖・摩周湖・釧路美瑛・富良野と層雲峡・旭川函館 ]


北海道・函館

■函館山から見る街並みは、非常に綺麗です。歴史に翻弄された漁業(港湾)と観光の街。函館山からの夜景が美しく津軽海峡に浮かぶ漁り火(いさりび)がそれに花を添える。函館の由来は、古来、この地はウスケシ(宇須岸)と呼ばれていた。1454年(享徳3年)、南部氏との戦いに破れた津軽の豪族・安東政季を擁し、武田信広らと共に蝦夷地に渡った河野政通が、函館山の麓(現在の弥生町付近)に築いた館(「宇須岸館」とも「河野館」とも呼ばれる)が箱に似ていたため箱館と呼ばれるようになり、明治時代になって函館と改められたとされるが、諸説ある。

函館・五稜郭タワー(高さ60m)からの特別史跡・五稜郭 

世界でも有数な夜景・函館山から見た夜の函館

■戊辰戦争で、榎本武揚ら旧幕府海軍を主体とする勢力は、もはや奥羽越列藩同盟の敗色が濃い慶応4年(1868年)8月19日になって江戸を脱出した。出航が遅れたのは、徳川慶喜への新政府の処置を見届ける必要を感じていたからと説明されている。8月26日仙台港に寄港し、同盟軍及び大鳥圭介・土方歳三等の旧幕府軍の残党勢力、約2500人を収容し、10月12日仙台領・石巻湾から蝦夷地(北海道)へと向かった。北海道の松前藩は奥羽越列藩同盟側に属していたが、同盟の劣勢に伴い新政府側に帰順していた。10月26日榎本は箱館五稜郭などの拠点を占領し、12月5日に北海道地域に事実上の権力を成立させた(通称、榎本政権または蝦夷共和国)。榎本らは北方の防衛開拓を名目として、朝廷の下での自らの蝦夷地支配の追認を求める嘆願書を朝廷に提出したが、新政府はこれを認めず派兵した。旧幕府軍は松前、江差などを占領する際に軍事力の要となる開陽丸を悪天候で座礁沈没させており、海軍兵力の低下は否めず、宮古湾海戦を挑んだものの敗れた。

切手や提灯でめぐる北海道(港町・函館)

函館ハリストス正教会
(重要文化財)

■五稜郭タワー(ごりょうかくタワー)は、北海道函館市の特別史跡五稜郭に隣接する展望塔。五稜郭タワー株式会社が経営する民間の観光施設。1964年(昭和39年)12月に五稜郭築城100年を記念して高さ60mの旧タワーが開業した。五稜郭が一望できます。

ハリストス正教会(函館市)

函館・五稜郭 

函館ハリストス正教会(重要文化財) ハリストス正教会(函館市) 函館・五稜郭

■五稜郭(ごりょうかく)は、江戸時代末期に現在の北海道函館市に建造された城郭および当時日本で建造された星形の城郭の通称。長野県佐久市の龍岡城(未完成)も五稜郭として知られるが、一般的に「五稜郭」といえば函館のそれを指す。当時の正式名称は亀田役所土塁(柳野城とも)。国の特別史跡に指定され、「五稜郭と箱館戦争の遺構」として北海道遺産に選定されている。
■函館ハリストス正教会は、日本ハリストス正教会に所属し、主の復活聖堂を有する、正教会の教会。主の復活聖堂は国の重要文化財。 「函館ハリストス正教会」は教会名。「主の復活聖堂」は聖堂の正式名称である。その名の通り、ハリストス(キリストのギリシャ語読み)の復活を記念する聖堂である。1859年にロシア領事のゴシケヴィッチが領事館内に聖堂を建てたのが源流。1916年に再建された現在の聖堂は、建築様式はビザンティン建築・ロシア建築の影響を受けており、煉瓦造一部3階建ての平屋で、基礎は石造り、外壁は白漆喰を塗っている。
この教会はガンガン寺という名前で親しまれている。最初に聖堂ができたときに5個の鐘を使って楽器のように鳴らしたところから付いている。

函館真景(部分)

函館港夜景:函館山の麓にある函館公園から望む函館港の夜景

函館真景(部分) 函館山からの函館港夜景

北海道・函館に関する書籍やDVDなど

大沼と駒ケ岳
(1961年、国定公園)

大沼(おおぬま)は、北海道南西部の渡島半島東側、亀田郡七飯町にある湖。大沼市街地の一部と大沼湖畔と駒ケ岳が大沼国定公園に指定されている。アイヌ語ではポロトー(大きな湖)と呼ばれ、「大沼」は意訳である。 1640年の駒ヶ岳の噴火時に発生した山体崩壊によって、折戸川の流れが止められてできた堰止湖。湖内には大小126の島々が、また周辺には蓴菜沼、長沼、円沼などの湖沼が点在する。大沼の観光拠点はJR函館本線の大沼公園駅周辺。池田園駅、流山温泉駅、銚子口駅も湖岸にある。 大学生時代に友人と3人で行った思いがある、その後家族で行った時は、今でこそ当たり前の商品「蛸わさび」にはまりました。 大沼へは函館市からは自動車で約45分。函館新道経由で35分。

 
大沼と駒ケ岳(1961年、国定公園) 北海道

■大沼国定公園内にある大沼、小沼、そしてジュン菜沼は、それら自身のもつ美しさだけでも訪れる人たちを堪能させます。
しかし、秀峰駒ヶ岳と対時させるとき、その美しさは両者のコントラストによって強調され、華麗に変身し、目を見張るほどの風光が限前に広ります。 大沼国定公園の歴史をひもとくとき、同時に「秀峰駒ヶ岳」の成りたちを語らなければ、大沼そのものを語り尽くすことはできません。  駒ヶ岳が記録にとどめられた文書のうち、もっとも古いのは寛永17年(1640)の大噴火のくだりです(『松前年年記』成立年不祥)。

函館山の提灯

五稜郭の提灯

函館山 五稜郭

■函館港 :
@函館真景(部分):開港初期の函館港の様子を伝える真景。 函館市中央図書館 蔵 
A函館港夜景:函館山から望む現代の函館港と函館市街の夜景。 
B八幡坂と函館港夜景:函館を代表する坂の一つ。函館山の麓から、まっすぐに函館港へと伸びる。 
C函館ハリストス正教会(重要文化財): 1860年にロシア領事館の礼拝堂として建てられたギリシア正教会。 
D旧桟橋と函館港夜景:明治後期まで青函航路の船着場であった。現在は整備され、観光名所となっている。 
E函館公園と函館港夜景: 函館山の麓にある函館公園から望む函館港の夜景。

松前城資料館(昭和時代)

■松前城(まつまえじょう)は、北海道渡島総合振興局管内松前町にあった平山城。福山城(ふくやまじょう)とも呼ばれる。
石田城と並び日本における最後期の日本式城郭である。戊辰戦争の最末期に蝦夷が島(北海道)の独立を目指す旧幕府の軍(元新選組の土方歳三が率いていた)との戦いにおいて落城した。天守は1959年(昭和34年)から1961年(昭和36年)にかけ、松前城資料館として鉄筋コンクリート造で再建されている。

松前城資料館

八幡坂と函館港夜景

函館ハリストス正教会
(重要文化財)

旧桟橋と函館港夜景
ガス燈

函館公園と函館港夜景

八幡坂と函館港夜景 函館ハリストス正教会(重要文化財) 旧桟橋と函館港夜景 函館公園と函館港夜景

■不思議なもので、私の記憶では函館は景色の綺麗さより本州に渡るための通過点のイメージが強い。その為、函館山には登るもハリストス教会は切手でしか訪問した事が無い。同じ様に小樽もそうですが、朝の腹ごしらえを市場でのイメージが強い。 何度も何度も行きました。 けど写真が限られる。 アットホームな感じが逆に観光客の障害となり、あえて写真も必要も無いほどな場所以外と北海道のほかの場所と比較し、損な場所なのかも知れない。


北海道・函館の良い所・お気に入りの場所の写真集

カウンター