Kunioの世界の切手紹介と海外写真集

Kunioの世界の切手紹介と海外写真集 国内写真集|北海道の阿寒湖・屈斜路湖・摩周湖・釧路 : 北海道の東南部に位置する釧路は暖流と寒流がぶつかり合う地点にほど近く、眼前には海、背後には広大なラムサール条約の釧路湿原  アイヌコタン、弟子屈・川湯パーク牧場、硫黄山、阿寒富士、毬藻(マリモ)

ホーム>海外写真集>日本>北海道の阿寒湖・屈斜路湖・摩周湖・釧路


北海道の阿寒湖・屈斜路湖・摩周湖・釧路の良い所・お気に入りの場所の写真集

 北海道の阿寒湖・屈斜路湖・摩周湖・釧路の良い所やお気に入りの場所を写真でご案内します。 北海道の東南部に位置する釧路は暖流と寒流がぶつかり合う地点にほど近く、眼前には海、背後には広大な釧路湿原。 まるで両方の海に浮かぶように存在する釧路には、独特の風土、文化が培われてきたように感じます。 北海道最大の穀物輸出入港釧路港が置かれた港湾都市、釧路湿原や阿寒湖など国際的観光地を有する観光都市です。市内を釧路川、阿寒川が流れるほか、阿寒湖、春採湖(はるとりこ)があります。 釧路のイメージは港。 写真画像クリックで拡大します。  [ 阿寒湖屈斜路湖摩周湖釧路 ]   最新の写真は2013年7月。
リンク:北海道ぐるり旅社団法人北海道観光振興機構公式サイト「北海道ぐるり旅」(北海道観光振興機構の公式サイト。観光情報からホテルなどの情報検索まで、北海道観光を総合的に案内する「ポータルサイト」です。)

ご注意)画像の無断転用はお断りします。

日本の写真・風景
    [北海道東北関東中部北信越関西奈良)|四国山陽・山陰九州沖縄
 

 北海道特別編 [ 小樽余市・積丹半島札幌洞爺湖・登別温泉・支笏湖真狩村とニセコ室蘭本線・襟裳岬
    稚内・宗谷サロベツ原野と旧花田家番屋網走とサロマ湖帯広と足寄・オンネトー
    中標津・野付半島・知床半島の羅臼・根室阿寒湖・屈斜路湖・摩周湖・釧路美瑛・富良野と層雲峡・旭川函館 ]


北海道の・釧路

■釧路湿原は、北海道釧路平野に位置する日本最大の湿原です。湿原の大半は、北海道川上郡標茶町と阿寒郡鶴居村、釧路郡釧路町に属する。湿原の中を釧路川が大きく蛇行しながら流れている。湿原の大部分はヨシ-スゲ湿原であるが、ミズゴケ湿原も一部あり、食虫植物のモウセンゴケやコタヌキモが生育する。また、タンチョウやエゾセンニュウ、ベニマシコなどの多くの鳥類の繁殖地・休息地となっている。特にタンチョウの夏季繁殖地が湿原を含む道東各地に広がっているが、冬には釧路湿原へ戻ってきて越冬する。流石に夏でしたのでタンチョウは見れませんでした。また、日本最大の淡水魚であるイトウ(サケ科)やキタサンショウウオなどの希少な動物も多く、貴重な自然の残る領域。ラムサール条約。 

釧路港とクルーザー(ワーフ)

釧路湿原の全景

霧多布湿原とエゾカンゾウ(蝦夷甘草、北海道)

釧路港とクルーザー(ワーフ) 釧路湿原

■霧多布湿原(きりたっぷしつげん)は北海道厚岸郡浜中町(釧路と根室のほぼ中間の太平洋岸)にある湿原である。面積は3,168haで、釧路湿原、サロベツ原野に次いで国内3番目の広さである。春(6月)から秋(9月)まで、さまざまな花が咲き湿原を彩り、花の湿原とも呼ばれる。

霧多布湿原とエゾカンゾウ

釧路市(くしろし)は、北海道東部、太平洋沿岸にある市である。大規模な製紙工場や製薬工場を擁する工業都市である。

△TOP

北海道の阿寒湖

■阿寒湖は北海道東部、釧路市(旧阿寒郡阿寒町)にある湖。全域が阿寒国立公園に含まれ、道東を代表する観光地となっている。北海道で5番目に大きい淡水湖。特別天然記念物のマリモや、ベニザケの湖沼残留型(陸封型)であるヒメマスが生息しています。

遊覧船乗り場

遊覧船

阿寒湖

阿寒湖
遊覧船乗り場

アイヌコタン マリモ(毬藻)

アイヌの写真

阿寒のマンホール蓋(鳥、遊覧船)

阿寒のマンホール蓋 阿寒のマンホール蓋

阿寒湖温泉は、国道240号と阿寒湖湖畔の間、遊覧船乗り場あたりに温泉街が広がる。観光の拠点となっている。道内最大のアイヌコタンが形成され、土産物店や、飲食店などが並ぶ。

阿寒富士(1950年、国立公園)

アイヌコタンで見かけたマリモ
2013年

日本・阿寒湖の毬藻
(マリモ、Aegagropila linnaei)

阿寒・阿寒湖と雄阿寒岳
(1969年、国定公園)

阿寒富士(1950年、国立公園) アイヌコタンで見かけたマリモ 阿寒・阿寒湖と雄阿寒岳(1969年、国定公園)

■マリモ(毬藻、緑藻綱・シオグサ目・シオグサ科,学名:Aegagropila Linnaei)は、球状の集合体を作ることで知られている淡水性の緑藻の一種である。特に阿寒湖に生育するマリモは、美しい球状体を作るため国の特別天然記念物に指定されている。絶滅危惧種。見た目は柔らかそうであるが実際には硬い藻であり、手で触れるとチクチクとした感触がある。

■阿寒湖のアイヌコタンには30軒ほどの個性的な民芸品店があり、それぞれの店で一流の木彫り師による独創的な作品が作られています。コタン内のアイヌチセでは、国の重要無形民族文化財に指定されたアイヌ古式舞踊をはじめとするさまざまな舞踊が演じられ、アイヌ生活記念館では生活用具や衣服等を展示しています。アイヌコタン内のオンネチセ(アイヌ語で「大きな家」の意。チセは「家」)では、ムックリを用いたアイヌの音楽やアイヌ古式舞踊等のショーが行われる。
■コタンは、アイヌの「集落」、または「部落」のことである。 コタンはアイヌ語で「宅地」をさし、アイヌ民族の生活の本拠地でありアイヌの社会を形成する最も小さな単位である。現在、日本国内最大のアイヌのコタンは釧路市阿寒町阿寒湖温泉にある。

コタン内のアイヌチセ

■キタキツネは寄生虫エキノコックスの中間宿主で、地元では害獣とされています。エキノコックスは人の肝臓や肺で成長し、独特の中毒症状をもたらすため、北海道でキタキツネを見かけても決して触ったり抱いたりしないでください。

阿寒湖のアイヌコタン(2013)

アイヌコタン入口 シマフクロウ

アイヌコタン全景

シマフクロウ シマフクロウ

アイヌコタンには30軒ほどの個性的な民芸品店があります。

シマフクロウ

アイヌとトーテムポールは何処に行ってもありますが、元来は米大陸のインディアンの作るものと思います。コタンにあるのが何故か不思議。

阿寒湖温泉商店街のキタキツネ

アイヌコタンの入口 1990年代

大きなトーテムポール?

阿寒湖温泉商店街のキタキツネ アイヌコタンの入口にて 大きなトーテムポール

アイヌコタンには30軒ほどの個性的な民芸品店があり、それぞれの店で一流の木彫り師による独創的な作品が作られています。

アイヌ生活記念館 ポンチセ(小さい家)

ポンチセ(小さい家)

アイヌ生活記念館 ポンチセ(小さい家)

■アトサヌプリは、北海道弟子屈町にある第四紀火山である。標高は512m。活火山に指定されている。硫黄山(いおうざん)とも呼ばれる。硫黄山の名は、狭義には明治年間にアトサヌプリの麓にあった硫黄の鉱山のみを指すことがある。当山付近をさす地名には「跡佐登」の字を用いる。酸性の火山噴出物の影響で周辺は丈の低いハイマツとイソツツジしか生えていない。

弟子屈町にあるアトサヌプリ(別名硫黄山) の駐車場

阿寒・硫黄山
(1969年、国定公園)

阿寒・硫黄山(1969年、国定公園)

硫黄山のビジターセンター
展示 蒸気機関車

阿寒・硫黄山のビジターセンター
売店 温泉卵もありました

弟子屈町にあるアトサヌプリ
の溶岩ドーム 凄い臭い

弟子屈町にあるアトサヌプリ山麓の噴気孔

弟子屈町にあるアトサヌプリ(別名硫黄山)

阿寒湖近くの弟子屈・川湯パーク牧場の馬 ジンギスカンを食べました (1990年代前半撮影、五右衛門風呂がありました)

弟子屈・川湯パーク牧場
2013年 右はポニー

ポニー
阿寒湖近くの川湯パーク牧場の馬

■弟子屈の川湯では空気中の水分が凍ってキラキラひかる「ダイヤモンドダスト現象」が見られる事があるそうです。弟子屈町(てしかがちょう)は、北海道釧路総合振興局管内の川上郡にある町。町名の由来はアイヌ語の「テシカ・カ」(岩盤の上)から。冬季の冷え込みは厳しい。 山: 藻琴山(1000m)、摩周岳(857m)、美羅尾山(554m)、硫黄山(アトサヌプリ512m) 河川: 釧路川 湖沼: 摩周湖、屈斜路湖

△TOP

北海道の屈斜路湖

■屈斜路湖(くっしゃろこ)は北海道東部、弟子屈町にある自然湖である。全域が阿寒国立公園に属する。謎の生物クッシーの棲む湖として一時期話題となった。藻琴山、サマッカリヌプリなどを外輪山とする屈斜路カルデラ内にできた、日本最大のカルデラ湖(屈斜路カルデラも長径約26km、短径約20kmの日本最大のカルデラである)。アトサヌプリや川湯温泉から強酸性(pH2前後)の温泉水を運ぶ湯川が北東部に流入し、屈斜路湖全体もpH5前後の酸性湖となっているため、魚類は乏しい。

阿寒国立公園

屈斜路湖の説明

屈斜路湖

美幌峠(びほろとうげ)

美幌峠(びほろとうげ)

■美幌峠(びほろとうげ)は、北海道網走郡美幌町と川上郡弟子屈町との境にある峠である。標高490m。 1920年(大正9年)10月に開通。屈斜路湖の西側、国道243号の途中にある。峠は阿寒国立公園に属し、美幌峠展望台からは屈斜路湖や阿寒の山々が一望できる。また、峠には道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠があり、レストハウス、売店、トイレが整備されている。

展望台からは屈斜路湖や阿寒の山々

美幌峠から見た屈斜路湖

屈斜路湖と中島

美幌峠から見た屈斜路湖

阿寒の山々

屈斜路湖南側の和琴半島 和琴温泉があります

和琴半島から屈斜路湖

屈斜路湖南側の和琴半島 屈斜路湖南側の和琴半島

美幌峠

クッシーは、北海道屈斜路湖で1973年から目撃証言のある未確認生物(UMA)。有名なイギリスのネス湖に生息するネッシーに倣って名付けられた。目撃証言以外にも、湖面の波紋などが幾つかの写真にも納められているが、正体は不明とされている。

謎の生物クッシー

美空ひばりの手紙

美空ひばりの手紙

■美幌峠は美空ひばりの楽曲「美幌峠」に歌われ、展望台にはその歌碑が置かれている。
■『君の名は』(きみのなは)は、日本の昭和期に放送されたラジオドラマのタイトル。映画化、テレビドラマ化、舞台化もされている。 / 映画 監督: 大庭秀雄 製作: 1953年 - 1954年 氏家真知子:岸惠子 後宮春樹:佐田啓二 。

氏家真知子:岸惠子 後宮春樹:佐田啓二 映画、ドラマ『君の名は』のロケ地

美幌峠は映画、ドラマ『君の名は』のロケ地にもなっている。


■女満別町(めまんべつちょう)は、北海道網走支庁管内の網走郡に属した町。女満別空港の所在地として知られ、町名の由来はアイヌ語の「メマンペッ」(泉池がある川)。2006年3月31日、大空町(おおぞらちょう)となった。
■大空町の道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」。 北の道の駅道の駅」が所在するメルヘンの丘は、道東の主要都市である北見・網走間を結ぶ国道39 号沿いに位置しています。ジャガイモや小麦、豆、ビートなどの畑がどこまでも続き、春は緑、夏はジャガイモの花の白、秋は小麦の黄金色と季節とともに丘の色が変化します。

■美幌町(びほろちょう)は、北海道オホーツク総合振興局管内にある町。町名はアイヌ語の「ピ・ポロ」(水多く、大いなる所)に由来する。隣接する女満別空港から市街地までの移動時間は自動車で10分程度、石北本線や国道4路線、道道6路線が交わる道東交通の要衝の位置に当たる。

大空町の中心地

大空町の道の駅
「メルヘンの丘めまんべつ」

ジャガイモや小麦、豆、ビートなどの畑がどこまでも続く

大空町の道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」 ジャガイモや小麦、豆、ビートなどの畑がどこまでも続く

美幌町の町中風景

美幌町の特産物のお店物産館ぽっぽ屋はJR美幌駅舎内

美幌町のジャガイモ畑

美幌町の町中風景 美幌町の特産物のお店物産館ぽっぽ屋はJR美幌駅舎内 美幌町の特産物のお店物産館ぽっぽ屋はJR美幌駅舎内 美幌町のジャガイモ畑

△TOP

北海道の・摩周湖

■摩周湖は、北海道東部・弟子屈町にある湖、周囲24キロメートル、面積19.6平方キロメートル、最深部212メートルのカルデラ湖です。世界有数の透明度で知られるとともに、周辺の自然もよく保全されており、その際だった景観は、北海道の湖沼と山岳の複合景観として最も代表的なものです。カムイヌプリ(摩周岳)など山岳との複合景観を、カムイシュ島も含めて描いています。流入・流出河川がない閉鎖湖であり、周辺の降雨が土壌に浸透した後十分にろ過されて流入するため有機物の混入が非常に少なく生活排水の影響もないためリン酸塩の流入もない。夏季の気温・水温が低いこともこの一帯の有機物の分解が進まない原因となっている。

霧と雨に煙る摩周湖(1990年頃)

摩周湖(2013年)

中ふらののメロン

霧と雨に煙る摩周湖 霧と雨に煙る摩周湖 中富良野のメロン

摩周湖 カムイヌプリ(摩周岳)

摩周湖 カムイシュ島

摩周湖の湖面 「摩周ブルー」

「カムイヌプリ(神の山)」(摩周岳・標高857m)

摩周湖「北海道遺産」

名横綱・大鵬のグッズが

■カルデラ状の火山である摩周湖のほぼ中央部には、カムイシュ島(中島)と呼ばれる小島がある。カムイシュ島は比高210mを越えるデイサイト質の溶岩ドームの頂上部分が湖面上に現れたもので、丸く崖に囲まれた形状をしている。
■1931年8月の透明度調査で、バイカル湖の40.5m(1911年調査)をしのぐ41.6mの透明度を記録している。これは当時確認された世界最高記録である。

摩周湖「北海道遺産」 名横綱・大鵬のグッズが

■摩周湖のレストハウス内売店等では「霧の缶詰め」という観光土産が販売されています。買いました。2013年にはありませんでした。 弟子屈(てしかが)は温泉でも有名です。(1990年代)

中富良野のメロン 200円

摩周湖のレストハウス

摩周湖の花

少し濃い目の「摩周ブルー」

摩周湖の説明

摩周湖のカムイシュ島 摩周湖展望道路(道道52号から)

摩周湖への途中で見える
硫黄山と屈斜路湖

摩周湖 第1展望台(有料)
摩周湖展望道路(道道52号)

摩周湖への途中で見える硫黄山と屈斜路湖 摩周湖 第1展望台

摩周湖と樹氷

■摩周湖(ましゅうこ)は、日本でもっとも透明度の高い湖の一つで、世界ではバイカル湖についで第2位、2001年には北海道遺産に選定された。 霧の摩周湖と言われるように、太平洋上を北上する暖かく湿った空気が北海道沿岸で急激に冷やされることで濃い霧が発生する。
■よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれている。北海道東部、阿寒国立公園内に位置する。日本の湖沼では20番目の面積規模を有する。約7000年前の巨大噴火によって生成された窪地に水がたまったカルデラ湖であり、アイヌ語では「キンタン・カムイ・トー(山の神の湖)」という。
■大鵬 幸喜(たいほう こうき、1940年(昭和15年)5月29日 - 2013年(平成25年)1月19日)は、北海道川上郡弟子屈町川湯温泉(出生地は樺太敷香郡敷香町)出身の元大相撲力士。

摩周湖と樹氷

△TOP


※Wikipediaを参考にさせていただきました。

 

北海道の阿寒湖・屈斜路湖・摩周湖・釧路の良い所・お気に入りの場所の写真集

カウンター